浦和がブラジル人FW獲得に動くも、サンパウロがオファーを拒否

2021.03.26 10:06 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズが新たなブラジル人FW獲得に動いていたが、拒否されていたようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。報道によると、浦和が獲得に動いていたのはサンパウロのFWガブリエウ・ノヴァエス(21)とのこと。今年12月まではバイーアにレンタル移籍している選手だ。

サンパウロの下部組織で育ったガブリエウ・ノヴァエスは、バルセロナBへのレンタル移籍も経験。その他、スペインのコルドバでもプレーしていた。

両ウイングが主戦場で、サンパウロでの出場経験はまだないが、バルセロナBでは6試合に出場し1アシストを記録。レンタル先のバイーアでは公式戦20試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。

『グローボ』によると、ガブリエウ・ノヴァエス獲得に向けて浦和は6月までの買い取りオプション付きのレンタル移籍に10万ドル(約1100万円)、その後の保有権の70%の買い取りに200万ドル(約2億1900万円)を提案したとのことだ。

しかし、サンパウロはバイーアへのレンタルを継続した方が良いと考えたことに加え、レッドブル・ブラガンチーノが買い取りに興味を持っているともされている。

サンパウロのフットボール・ディレクターであるカルロス・ベルモンテ氏は『グローボ』に対し「実はこのオファーは日本から来たものだが、受け入れなかった。売りたい、貸し出したいと思えば契約上は呼び戻せるが、我々は選手を貸すつもりはないし、バイーアのオファーを上回っているとは思っていない」とコメント。オファーの内容が問題だったと明かした。
関連ニュース
thumb

「すべてクラブの不手際によるもの」浦和が無資格選手の出場を謝罪、柏戦欠場のGK鈴木彩艶について説明

浦和レッズは23日、出場資格がない選手を出場させていたことを謝罪した。 当該選手は、U-24日本代表GK鈴木彩艶。Jリーグエントリー資格認定委員会への未申請により、リーグ戦の出場資格がない状態で試合に出場してしまった。 鈴木は6月にU-24日本代表として活動。そのためJリーグの公式検査(PCR検査)を受けることができなかった。しかし、日本サッカー協会(JFA)によるPCR検査結果をJリーグエントリー資格認定委員会に申請し、エントリー資格の認定を受ける必要があったが、クラブがこれを実施していなかったとのことだ。 クラブの不手際により出場資格がなかった鈴木だが、20日(日)に行われた明治安田生命J1リーグ第18節の湘南ベルマーレ戦は先発フル出場。しかし、23日(水)の明治安田J1第19節 柏レイソル戦はベンチ外だった。 なお、浦和はJリーグへと報告し、詳しい調査と確認の上で、Jリーグとしての判断をしてもらうとのことだ。 23日に戸苅淳フットボール本部本部長がオンラインで記者会見。鈴木が柏戦を欠場したことを報告するとともに、今回の経緯を説明。クラブの認識不足が起こした事態だと説明し謝罪した。 「本日行われました明治安田生命J1リーグ第19節柏レイソル戦に弊クラブ所属のGKであります、鈴木彩艶選手が欠場しました理由についてですが、クラブからJリーグへエントリーに必要な申請が行われていなかったためであることをご報告させていただき、本人を含む全てのみなさまへ心よりお詫び申し上げます」 「このような状況でJリーグの本日の試合には出場できませんでした。それにつきまして、経緯を説明させていただきます」 「鈴木彩艶選手については、U-24日本代表に選出され、6月5日(土)と6月12日(土)に国内で行われました国際親善試合のためにチームを離れておりました」 「その期間、チームは定期的に実施しているJリーグ公式検査を行っており、代表活動のため公式検査が実施できなかった鈴木彩艶選手についてはJFAによるPCR検査の結果をもって、Jリーグエントリー資格認定委員会に申請し、エントリー資格の認定を受けなければなりませんでした」 「今回、当該選手はJFAのPCR検査で、陰性判定であったものの、クラブの認識不足が原因でJリーグへの申請を怠ったことが判明し、その結果、本日の試合で本人は欠場せざるを得ない状況となりました」 「選手本人には瑕疵はなく、すべてクラブの不手際によるものです」 「また、6月20日(日)に開催されました明治安田生命J1リーグ第18節湘南ベルマーレ戦において、試合へのエントリー資格がないことを弊クラブが認識できておらず、鈴木彩艶選手をエントリー、出場させております」 「本案件についても、本日Jリーグに報告し、今後詳しい調査と確認の上で、Jリーグとしての判断をいただく予定です。なお、鈴木彩艶選手については、6月27日の試合に向けて、Jリーグエントリー資格認定委員会へ手続きを行う予定です」 「クラブとしては、今後このような事態が起きぬよう、再発防止に努めると共にJリーグを含む関係各所と連携して取り組んでまいります。改めまして、このたびはクラブの不手際により鈴木彩艶選手、対戦相手であります湘南ベルマーレさま、柏レイソルさまをはじめ、ファン・サポーターのみなさま、パートナー企業のみなさま、日ごろご支援いただいている全ての関係者のみなさまに多大なるご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます」 2021.06.24 09:40 Thu
twitterfacebook
thumb

宇賀神、柴戸弾で浦和が快勝!柏は8試合白星から遠ざかる【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、柏レイソルvs浦和レッズが23日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、アウェイの浦和が0-2で勝利を収めた。 前節はサンフレッチェ広島に惜敗し、7試合勝ちなしと長いトンネルに入っている柏。ウォーミングアップ中に仲間が負傷するアクシデントに見舞われ、急遽瀬川をスタメンで起用した。 一方の浦和は、前節湘南ベルマーレとホームで対戦し、主導権を握りながらもミスから失点を喫して逆転負け。中2日ということもあり、岩波、伊藤敦樹を除く9人を変更して臨んだ。 立ち上がりは高い位置でのボール奪取からチャンス作った両チーム。柏は宇賀神が自陣深い位置から出したパスをヒシャルジソンがカットし、シンプルにクリスティアーノへ。ボックス手前からのミドルはGK西川に防がれた。 対する浦和は7分、伊藤敦樹が奪って即座に汰木へと渡す。スルーパスが送られ、興梠が抜け出してGKと一対一となるが、オフサイドの判定を取られた。 大きくメンバーを入れ替えた影響からか、浦和はビルドアップがままならない。縦パスが全くと言っていいほど通らず、ことごとく柏の網に引っ掛かってしまう。 飲水タイム明けの28分、浦和は武藤がセンターサークル付近から縦のボールを送ると、興梠が受けてボックス内でキープ。味方の上がりを待ってヒールで出し、走り込んだ汰木が狙い澄まして右足インサイドで狙うも、シュートはわずかに枠の右へ外れた。 以降は守備から流れを引き寄せた浦和は、素早く取り返すことでボールを握る時間が増加。39分には伊藤敦樹が自陣でヒシャルジソンからボールを奪って持ち上がり、武藤に預けてリターンを受ける。ボックス左から狙ったシュートは、GK佐々木の守備範囲に収まった。 両チームともにハーフタイムでの交代はなくゴールレスで迎えた後半は、アウェイチームが最初に決定機を迎える。50分、トーマス・デンが持ち上がってスルーパスを送ると、最終ラインと駆け引きをした興梠がGKと一対一に。だが、ボックス右からのフィニッシュはわずかにポストの右へ外れた。 柏は57分、右サイドの高い位置からクリスティアーノがスローインを入れ、イッペイ・シノヅカがボックス右から柔らかいボールを中央へ。アンジェロッティが西川と競り合いながらも頭で合わせるも、ボール1つ分クロスバーの上へそれた。 先にベンチが動いたのは浦和。61分に興梠、武藤を下げてユンカーと小泉のゴールデンコンビを送り出す。すると、2人はファーストプレーでフィニッシュに絡む。伊藤敦樹が小泉とのパス交換でボックス左に侵入してクロスを入れると、ユンカーが収めて左足で狙うも、相手ブロックに阻まれた。 これで完全に流れを引き寄せた浦和は63分、左サイドの山中が上げたクロスのセカンドボールをボックス右で関根が回収。マイナスのパスを送ると、ペナルティアークの右から宇賀神が絶妙な右足のシュートを沈め、今季初ゴールで浦和にリードをもたらした。 追い掛ける展開となった柏は77分にボックス内で瀬川がシュート。これはトーマス・デンにブロックされ、続けざまの右CKから今度は大南がヘディングで狙う。しかし、これもGK西川にキャッチされてしまう。 ピンチの後にはチャンスあり。81分に浦和に追加点が生まれる。左CKのシーン、山中のクロスはファーサイドへ流れるものの、こぼれ球に反応した柴戸が左足を振り抜いてネットを揺らし、リードを2点に広げた。 後半のアディショナルタイムには浦和エースにビッグチャンス。神戸GK佐々木のミスフィードが小泉に渡り、ユンカーとともに二対一という状況に。最後は小泉のプレゼントパスをユンカーが流し込みにいったが、決死に戻った大南に寸前のところでブロックされた。 結局、このまま試合終了。浦和は前節の敗戦を払しょくする完勝で、リーグ戦3試合ぶりの勝利を収めた。一方の柏は、4連敗で8試合勝ちなしにとなってしまった。 柏レイソル 0-2 浦和レッズ 【浦和】 宇賀神友弥(後19) 柴戸海(後36) 2021.06.23 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:柏vs浦和】課題山積の柏、浦和は前節の悔しい敗戦を払拭なるか

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年6月23日(水) 19:00キックオフ 柏レイソル(18位/14pt) vs 浦和レッズ(9位/28pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆圧倒的に攻められ完敗、課題山積【柏レイソル】 引き分けを挟んで6連敗。前節は天皇杯で屈辱の大敗を喫したサンフレッチェ広島のホームに乗り込んだが、0-1で敗戦となった。 躍起になった相手の前に、圧倒されてしまった試合。スコアこそ0-1だったが、21本という数多くのシュートを浴びせられ、内容では完敗。無力で敗れた。 光明はデビュー戦となったGK佐々木雅士が好セーブを連発したこと。多くのシュートを1失点で終えた背景には若き守護神の活躍があってこそだ。 しかし、チームとしては課題山積。降格圏にいてしかるべきパフォーマンスだっただけに、なんとか改善していきたいところだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:佐々木雅士 DF:高橋峻希、高橋祐治、大南拓磨、古賀太陽 MF:ドッジ、椎橋慧也、仲間隼斗 MF:神谷優太 FW:クリスティアーノ、アンジェロッティ 監督:ネルシーニョ ◆恩返し弾で敗戦、仕切り直したい一戦【浦和レッズ】 前節はホームに湘南ベルマーレを迎えた一戦。キャスパー・ユンカーが2ゴールの活躍を見せたものの、チームは古巣対決となった岡本拓也に土壇場で被弾し2-3で敗れた。 エースの活躍が勝利に繋がらず、つまづいてしまった浦和。積極補強を繰り返しているチームとしては、彼らが合流するまでの残り試合でしっかりと上位に食らいついておきたいところだ。 とはいえ、やっている内容は変える必要はないだろう。前節はメンバーも入れ替えて臨んでいただけに、今節はしっかりと反省をして勝利を目指して戦う。 ユンカーも二桁得点まで早くも3点に迫っており、今節もゴールが期待される。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:鈴木彩艶 DF:西大伍、岩波拓也、槙野智章、明本考浩 MF:柴戸海、伊藤敦樹 MF:田中達也、小泉佳穂、大久保智明 FW:キャスパー・ユンカー 監督:リカルド・ロドリゲス 2021.06.23 16:47 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和からポルティモネンセにレンタル中のDFマウリシオはサウジアラビア行きへ

浦和レッズからポルティモネンセへとレンタル移籍しているブラジル人DFマウリシオ(29)だが、サウジアラビアのクラブへと完全移籍するようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 マウリシオは、ポルティモネンセやポルトのBチーム、マルティもでプレーした後、2017年8月に浦和へと完全移籍で加入した。 浦和ではセンターバックの一角として90試合に出場し8ゴール1アシストを記録。2017年のAFCチャンピオンズリーグや2018年の天皇杯優勝などを経験した。 2020年8月にポルティモネンセへとレンタル移籍すると、今シーズンはプリメイラリーガで33試合に出場し1ゴールを記録していた。 報道によれば、マウリシオはサウジアラビアのアル・バティンに完全移籍する予定。3年契約を結ぶとのことだ。 2021.06.23 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「なんでデンマーク代表じゃないんだ」ユンカーがまた決めた!美ループ弾含む2ゴールに「ゴールまで一切無駄がない」

浦和レッズの新助っ人、FWキャスパー・ユンカーがまたもそのポテンシャルの高さを見せつけた。 浦和は20日、明治安田生命J1リーグ第18節で湘南ベルマーレとホームで対戦。チームのトップスコアラーであるユンカーはフル出場を果たした。 まずは9分、左サイドのDF明本考浩がダイレクトでクロスを入れると、ゴール前で混戦となり、攻め残っていたDF槙野智章が倒れながらも粘ってユンカーへ繋ぐと、冷静に左隅を射抜いて見せた。 その後同点に追いつかれて試合を折り返した浦和だが、後半も先に試合を動かす。クリアボールを自陣中央でユンカーが落とし、MF小泉佳穂は高い最終ラインの裏へスルーパスを送る。ハーフウェイラインより少し高い位置でリターンを受けたユンカーはファーストタッチでDF2人を置き去りにし、飛び出してきたGK谷晃生の動きを見て鮮やかなループシュート。美し過ぎるカウンターがさく裂し、53分に浦和が再びリードを奪った。 その後64分にも縦パスを受けたユンカーが左右のステップでマークをはがし、ボックス手前左から狙ったが右のポストに嫌われてハットトリックならず。攻勢を強めた浦和だったが、2度のリードを守り切れずに逆転負け。ユンカーがメンバー入り後、初の黒星を喫してしまった。 それでも、ユンカーの無駄のない動きとレベルの高い技術、そして決定力には絶賛の声が相次いでおり、湘南戦のゴールシーンが『DAZN』の公式ツイッターで公開されると、「なんでデンマーク代表じゃないんだ」「ゴールまで一切無駄がない」「小泉のスルーパスも完璧」「レベルが違うな」との声もあった。 これで公式戦10戦10発としたユンカー。どこまでそのゴール数を伸ばすだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ユンカーの美ループ弾含む22ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=12f6dfdi07v3i1f39nq03va56h" async></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>キャスパー <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ユンカー</a><br>美しさ大渋滞<br>\<br><br>芸術的ループでこの試合2得点<br><br>明治安田J1第18節<br>浦和×湘南<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> でライブ中<a href="https://twitter.com/hashtag/2021%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2021のヒーローになれ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/EverydayJ%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EverydayJリーグ</a><a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://t.co/GZguWgeMvW">pic.twitter.com/GZguWgeMvW</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1406572794884890629?ref_src=twsrc%5Etfw">June 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.21 12:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly