Jリーグと専門家がガンバ大阪のクラスター発生を分析、課題は「ロッカールーム」と「移動中バスのトイレ」

2021.03.22 21:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグと日本野球機構(NPB)は22日、「第28回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

Jリーグはすでに開幕から約1カ月が経過しようとしており、プロ野球もオープン戦の全日程が終了し、開幕を待つ状態となった。

さらに、サッカーでは日本代表の試合が2019年11月以来となる国内で開催。対戦国や海外でプレーする選手の入国に関しては、日本政府から特別な措置を取られる許可を得ることとなった。
一方で、Jリーグではガンバ大阪でクラスターが発生。合計8名の選手とスタッフが感染する事態となり、すでに6試合が中止となっていた。

今回の対策連絡会議では、ガンバ大阪の事例についても分析結果が共有されたといい、疫学の専門家よる調査結果が共有されたようだ。

専門家チームの座長を務める賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「ガンバ大阪の今回の感染者発生については、疫学の先生、地域アドバイザーの先生が、ガンバ大阪のチームに入り、チームドクターや関係者の方々とかなり詳細に議論し、疫学調査も実施しました」とコメント。その中で、2つの問題点が指摘されたという。

賀来先生は「その内容が今日提示されましたが、1つはロッカールームです。プロ野球もJリーグもロッカールームは狭く、試合の緊張感から解けて、色々会話が弾んだりすることもあります。1つの感染の可能性はロッカールームの換気があまり良くなかったのではないか。またはマスクの着用がしっかりできていなかったかもしれない」とコメント。ついマスクなしでの会話などが行われやすい場所であると指摘。「マニュアル上はしっかりと書かれていますが、守られていなかったのではないかということがリスクとして共有されました」と、リスクがある可能性を指摘した。

またもう1つについては「あとは、移動の中で、特にバス移動でトイレを使ったりしますが、非常に狭いです。トイレのリスク、多くの方が共有することになるので、トイレに関しては十分に注意して、パーキングエリアのトイレを使うようにしてほしいという話があった」とコメント。移動中のバスでのトイレ使用が可能性の1つとしてあげられた。

また、検査についても言及され「PCR検査も課題があり、陰性確認があった後に陽性になることがあります。色々な数値があるが、まだまだ難しいところがある」と検査も100%ではないとコメント。「感染のリスクが共有できたこと、これから先、ロッカールームを含めて、もう1度見直し、移動の見直し、検査体制についても、今後継続的に議論していきましょうという話になりました」と語った。

なお、G大阪自体はしっかりと感染対策を行っていたとし、「チームドクターを含めてしっかりとやられていて、疫学の先生もしっかりと準備をしていながらも、盲点があると。新型コロナウイルスの難しさがあるという議論がされました」と語り、今回の新型コロナウイルス自体が難しい感染症であることを再確認できたと語った。

また、Jリーグの村井満チェアマンもこの件について言及。「今回のガンバ大阪の事例に関して、疫学のプロフェッショナルの皆様が、都合8名の陽性者に対する感染ルートの推測を行っていただきました」と感染ルートとして想定できるものを提示されたとコメントした。

「今回の事案の難しさは、ガンバ大阪は初発事例があった後、のべ6回に渡ってPCR検査を行っていきますが、最初の1回、2回は陰性でしたが、後半になって陽性が出てくる。もしくは無症状だけども、後発的に微熱など症状が出てくるということがある」

「そうした時系列の中で、段階的に発生することを後追いしていただいたので、解析が非常に困難を極めるということがありました」と、解析が困難を極めたことを報告した。

今後の対策についても言及し、「反省点に関しては、基本中の基本。ロッカールームでの会話、試合前にはマスクをしてロッカールームに入るわけですが、ゲームとロッカールームの転換点ではマスクが外されていたような状況もあります」とコメント。さらに、「バスの移動等でも本当であればパーキングエリアで用をたすべきなんですが、バスのトイレを利用することがリスクに晒される可能性があった。細かいことに踏み込んでご助言いただきました」とし、ちょっとしたことであっても感染リスクがあることを痛感したとコメント。「ロッカールームは施設の関係で、換気性能が低い可能性もありますが、そこでも配慮した十分な対応を求めた次第です」とし、より一層気を配る必要があると語った。

関連ニュース
thumb

湘南がMF山田直輝、FWタリクら4選手と契約更新、山田「Jリーグにビッグウェーブを起こせるように」

湘南ベルマーレは4日、MF山田直輝(32)、FWタリク(34)、GK立川小太郎(25)、MFミケル・アグ(29)との契約更新を発表した。 山田は浦和レッズでプロキャリアをスタート。2015年から2017年、2019年と4年間期限付き移籍で湘南でプレーし、2020年からは完全移籍に切り替え。今シーズンは明治安田生命J1リーグで21試合に出場していた。 タリクは元ノルウェー代表で、スウェーデンのAIKソルナから2020年に加入。今シーズンはリーグ戦で31試合に出場し1得点を記録した。 立川はAC長野パルセイロから2021年に加入。今シーズンはリーグ戦の出番がなかった。 ミケル・アグは、元ナイジェリア代表で今季から湘南に加入。しかし、ケガのため出場はなかった。 4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF山田直輝 「2023シーズンも湘南ベルマーレで戦わせていただくことになりました。湘南からJリーグにビッグウェーブを起こせるように全力で戦います!大切なのはいつも”今”」 ◆FWタリク 「湘南ベルマーレで来シーズンもプレーできることになり非常に嬉しく思います。湘南ベルマーレで働けること、戦えることを楽しみにしています。並びに皆さんと喜びと成功を一緒に分かち合いましょう」 「いつも素晴らしい応援をありがとうございます。そして引き続きたくさんの声援をよろしくお願いします。またすぐに会いましょう!」 ◆GK立川小太郎 「一年間、熱い応援ありがとうございました。来シーズンも湘南のために戦える喜びと感謝を忘れずにひたむきに頑張ります」 「来シーズンこそ試合に出てサポーターの皆さんと勝利の喜びを味わえるように1日1日を大切にしていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆MFミケル・アグ 「2022シーズンはケガのためにチームに貢献することができなかったにもかかわらず、ベルマーレサポーターからの多大な応援に感謝しています。来シーズン、ベルマーレと共に歴史を作るため全力を尽くします」 2022.12.04 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京がエンリケ・トレヴィザンと来季契約合意 移籍1年目の今季はケガに泣く

FC東京は3日、DFエンリケ・トレヴィザン(25)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 エンリケ・トレヴィザンは2021年の大分トリニータ入りでJリーグ初挑戦。今季からFC東京に活躍の場を移したが、4月末の試合で左肩関節脱臼のケガを負い、公式戦9試合にとどまった。 今年7月に治療による一時帰国がリリースされ、結局はシーズンの大半を棒に振ったが、来季もFC東京でプレーする運びに。契約更新を受け、クラブ公式サイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーできることをとても嬉しく思います。ケガにより2022シーズンは難しいシーズンとなりましたが、この困難な状況を支えてくださったクラブ、スタッフ、ファン・サポーターのみなさんには感謝しきれません。みなさんにもっと信頼をしていただけるように努力を積み重ね、チームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.03 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡GK山ノ井拓己が契約更新

アビスパ福岡は3日、GK山ノ井拓己(24)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 ジェフユナイテッド千葉U-15出身の山ノ井は静岡学園高校を挟み、2017年から福岡でプレーしている。 入団6年目の今季も出番が限られ、ルヴァンカップの3試合にとどまったが、1年間の出場数としてはキャリア最多だった。 2022.12.03 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

2年修行が続いた松本大弥、来季から広島復帰! 金沢での今季はJ2リーグ8得点

サンフレッチェ広島は3日、MF松本大弥(22)の来季復帰決定を発表した。 広島アカデミー卒の松本は2種登録を経験して、2019年に正式昇格。2021年から武者修行に出て、大宮アルディージャに続き、今季からツエーゲン金沢でプレーした。 その金沢ではケガによる戦線離脱もあったが、公式戦35試合に出場。明治安田生命J2リーグでは34試合出場でチーム2位の8ゴールと活躍した。 3年ぶりの広島復帰となる松本はクラブを通じてサンフレッチェ・ファミリーの皆さん、ただいま!」と復帰を報告。そして、喜びと決意を語った。 「2年間の期限付き移籍を経て、もう一度広島に帰ってくることができました。また素晴らしいチームの一員として戦えることを嬉しく思います。決して順風満帆な2年間ではありませんでしたが、この2年間でさまざまな経験もできました」 「この経験を生かしつつ、サンフレッチェ広島に新たな風を吹かせられるように全力で頑張りたいと思います。ファミリーの皆さんにエディオンスタジアム広島で会えることを楽しみにしています!」 一方、金沢の公式サイトを通じては「この度サンフレッチェ広島に復帰することになりました」と退団の挨拶とともに、感謝の言葉を綴っている。 「1年間という短い間でしたが本当に金沢が大好きになりました。もっともっとこの街に住みたい、金沢に貢献したいという思いが強くなりました。 しかし今回このような決断をしたのは今後の自分のサッカー人生を考え、また新しい場所でチャレンジしたい、厳しい環境でチャレンジしたいという思いが強かったからです」 「来シーズン金沢でプレーすることはできませんが、金沢のサポーターの皆さんに自分が活躍する姿を見せることが最大の恩返しだと思ってます! 引き続き応援してもらえると幸いです! 本当に1年間温かい応援ありがとうございました! 今後のツエーゲン金沢の躍進を願っています。ゲンゾーまたね!!」 2022.12.03 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

京都10番、アカデミー卒の福岡慎平が契約更新! 「2023シーズンもタフに自分らしく貪欲に」

京都サンガF.C.は3日、MF福岡慎平(22)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 京都のアカデミー卒である福岡は2種登録も経験して、2019年に正式昇格。アンダー世代の日本代表歴も持つヤングタレントで、2年目から一気にポジションを掴み、チームがJ1昇格を果たした今季から背番号を10番に変更した。 自身にとっては初挑戦のJ1リーグだったが、インサイドハーフやアンカーで28試合に出場。そのほか、ルヴァンカップ7試合出場1得点、天皇杯4試合出場、J1参入プレーオフ1試合出場の数字をマークした。 契約更新を受けて、クラブ公式サイトで「今シーズンも熱い声援ありがとうございました!」と今季を通じてのサポートに感謝しつつ、来季に向けて決意を新たにしている。 「来季もこの素晴らしいクラブでプレーできることを誇りに思います。2023シーズンもタフに自分らしく貪欲にプレーして、このクラブにタイトルをもたらせるよう日々成長していきます!」 2022.12.03 10:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly