GKの裏をかく変則FK!見事なサインプレーから決めたピンポイントFK!/2011-12【ビューティフル・フリーキック】

2021.03.20 14:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、元ベネズエラ代表MFフアン・アランゴがボルシアMGで決めたフリーキックだ。


◆雨のピッチで決めた鋭いカーブFK

母国ベネズエラやメキシコでの活躍を経て、マジョルカで欧州デビューしたアランゴは、2009年にボルシアMGに加入。主力として在籍5シーズンで公式戦175試合に出場した。

ボルシアMGではセットプレーのキッカーを務め、同クラブで決めた35ゴールの内13ゴールをFKから決めたアランゴだが、2012年2月11日に行われたブンデスリーガ第21節のシャルケ戦でも、見事なFKを決めている。

開始早々から攻勢に出たボルシアMGが2点を先制して迎えた32分、ボックス前、ゴール正面やや左の位置でボルシアMGがFKのチャンスを得る。するとMFマルコロイスとの意表を突く連携から変則FKを敢行すると、すこし位置をずらし、アランゴがシュート。タイミングを外し、壁のブラインドを利用して放たれたシュートは、GKの裏をかきゴール右に決まった。

アランゴのFKを含め、前半だけで3ゴールを奪ったボルシアMGが3-0で勝利している。

関連ニュース
thumb

パワフルなロングFK!リーズのレジェンドSBがユナイテッドを粉砕/2001-02【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は元アイルランド代表DFイアン・ハート氏がリーズ・ユナイテッドで決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆リーズのレジェンドが決めた豪快な一撃<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmM2drTEtoOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> リーズの下部組織出身のハート氏は、1995年にファーストチームに昇格すると、2004年に退団するまで9シーズンに渡ってプレー。公式戦272試合に出場した。 SBながらプレースキッカーを務めたハート氏だが、2002年3月30日に行われたプレミアリーグ第32節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、豪快なFKを決めている。 1-4とリーズビハインドの62分、相手陣内ほぼ中央でリーズがFKを獲得すると、キッカーはハート。左足でパワフルなFKを放つと、豪快な一撃はカーブを描きながらゴール右に飛んでいき、GKファビアン・バルテズが守るゴールに突き刺さった。 勢いに乗るリーズはその後、3-4と1点差に詰め寄ったものの、反撃はここまでとなり、試合に敗れている。 <span data-sg-movie-id="1034" data-sg-movie-title="【パワフルなロングFK】リーズのレジェンドSBがユナイテッドを粉砕"></span> 2021.03.31 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

強烈な縦変化!ブラジル人FWが見せた素晴らしいFK!/2021【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は大邱FCのブラジル人FWセシーニャが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆セシーニャの鋭い縦変化FK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJETkVYT1VSQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国ブラジルで多くのクラブを渡り歩いたセシーニャは、2016年2月にレンタル移籍で大邱FCに加入。翌年完全移籍で移籍を果たしている。 大邱FCではここまで公式戦170試合で72ゴールとゴールを量産しているセシーニャだが、2020年10月17日に行われたKリーグ1第3節の金泉尚武FC戦では、素晴らしいFKを決めている。 0-2と大邱ビハインドの79分、ペナルティーアークの外、ゴール正面の絶好の位置で大邱がFKのチャンスを得る。キッカーのセシーニャは短めの助走から直接ゴールを狙うと、ボールは壁の右側を抜けてから急激に縦に落ち、そのままゴール右下に決まった。 FKから一矢報いることに成功した大邱FCだったが、1-2で敗れている。 <span data-sg-movie-id="1021" data-sg-movie-title="【強烈縦変化FK】ブラジル人FWが見せた素晴らしいFK!"></span> 2021.03.30 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

GKの手を弾いて完璧コースにゴールイン!メキシコの伝説的FWが見せた美しいFK/1985-86【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は元メキシコ代表FWのウーゴ・サンチェス氏がレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆マドリーのレジェンドFWが決めた美しいFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaWURQQ0QwQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> メキシコ史上最高のストライカーとして名高いサンチェス氏は、1985-86シーズンにアトレティコからレアル・マドリーに移籍すると、「キンタ・デル・ブイトレ(ハゲワシ部隊)」の異名を取り、リーグ5連覇を達成したチームの絶対的エースとして君臨し続けた。 4度のリーグ得点王に輝くなど、類稀な得点能力を持ったサンチェス氏だが、1986年4月6日に行われたラ・リーガ第32節のセルタ戦では、美しいFKを決めている。 2-0とマドリーリードの22分、ボックス手前左でマドリーがFKを得ると、ウーゴ・サンチェスが左足で直接ゴールを狙う。ゴール左上の完璧なコースにカーブしながら飛んでいったボールは、必死に手を伸ばしたGKの手を弾いてゴールインした。 この他にも1点を加え、前半だけで4-0としたマドリーが5-1で大勝を収めている。 <span data-sg-movie-id="998" data-sg-movie-title="【GKの手を弾いてゴールイン】メキシコの伝説的FWが見せた美しいFK"></span> 2021.03.24 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

鋭いカーブ!レマルがモナコで決めた雨中の絶妙FK/2016-17【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、アトレティコ・マドリーのフランス代表MFトマ・レマルがモナコ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆雨のピッチで決めた鋭いカーブFK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0YjZJNVlpQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カーンでプロデビューしたレマルは、2015年夏に加入したモナコでブレイク。多くのトップクラブの関心を集め、2018年夏にアトレティコに移籍した。 スピードとテクニックを兼ね備え、攻撃面で大きな存在感を発揮するレマルだが、2016年11月18日に行われたリーグ・アン第13節のロリアン戦では、見事なFKを決めている。 雨の降りしきる中行われた試合は、モナコ先制直後の67分、ボックスの前、ゴール正面の位置でモナコがFKを得る。キッカーのレマルは、短い助走から左足で直接シュート。濡れたボールをものともせず、強烈なカーブのかかったシュートは、鋭く変化しながらゴール右に決まった。 相手を突き放したモナコは、終了間際にも3点目を加え、3-0で快勝している。 <span data-sg-movie-id="971" data-sg-movie-title="【雨でもこの曲がり】レマルがモナコで決めた鋭くカーブする絶妙FK弾"></span> 2021.03.18 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

完璧なコースへ!軽めのキックとほぼゼロ助走から決めた美しい直接FK/2016-17【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、インテルナシオナウに所属するブラジル人MFガブリエル・ボスキリアがモナコ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆軽めのキックから完璧なコースへ!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4bFNObmNGVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 強豪サンパウロでプロデビューしたボスキリアは、10代でモナコに引き抜かれ、欧州デビュー。複数のレンタル移籍を経て、2020年1月に母国ブラジルに復帰している。 モナコでは公式戦35試合で8ゴールを記録しているボスキリアだが、2016年11月26日に行われたリーグ・アン第14節のマルセイユ戦では、美しいFKを決めている。 0-0で迎えた23分、ボックスの外ゴールのほぼ正面の位置でモナコがFKを獲得。キッカーを務めたボスキリアは、ほとんど助走がない状態から左足で直接シュートを蹴る。力の抜けたスイングから蹴られたシュートはカーブしながらゴール右上の完璧なコースに吸い込まれ、見事な先制ゴールとなった。 先手を取ったモナコは、得点を重ね、4-0で大勝を収めている。 <span data-sg-movie-id="954" data-sg-movie-title="【完璧なコースへ】軽めのキックとほぼノー助走から決めた美しい直接FK"></span> 2021.03.16 14:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly