フルアムvsスパーズで警備の問題発生! 不審者が忍び込みTV中継ブースの音声を盗聴か

2021.03.09 23:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日行われたフルアムvsトッテナムで警備上の問題が発生していたことがわかった。イギリス『デイリー・メール』が報じている。今回の問題が発生したのは、今月4日にクレイブン・コテージで開催されたプレミアリーグ第33節、フルアムvsトッテナムのロンドン・ダービー。同試合ではトッテナムが相手のオウンゴールで得た1点を守り抜き、敵地で1-0の勝利を収めていた。

フルアムの同点ゴールが微妙なハンドによって取り消されたことが話題となった一戦だったが、その裏では警備上の問題も発覚。


『デイリー・メール』によると、同試合では試合会場のクレイブン・コテージにスーツ姿の2人の不審者が無断で侵入していたという。さらに、試合前にはこの一戦を中継していた『BT sports』の中継ブースのメインデスクの下にスマートフォンを設置し、盗聴を行っていたことが明らかになったようだ。

現時点で犯人の動機は不明だが、『BT sports』で中継を担当していたリオ・ファーディナンド、スティーブ・シドウェルの解説者2名、司会のジェイク・ハンフリーを含む、中継スタッフのオフレコの発言を記録し、何らかの問題発言が行われた場合、恐喝や脅迫のネタにしようとしていた可能性。あるいは、識者しか知り得ない内部情報を得ることで、ギャンブルなどの不正材料にしようとしていた可能性も推測されているようだ。

ただ、新型コロナウイルスの感染防止対策の徹底により、スタジアムに入場できる関係者が限られている上、厳戒な警備態勢が敷かれている中で、犯人2名がいとも容易くチェックをすり抜けたことを受け、組織的な犯罪組織の関与を疑う声も挙がっている。

なお、今回の一件はすでに地元警察が捜査を開始しているが、「逮捕者は出ておらず、捜査は続いている」と、現時点で捜査状況に進捗はないようだ。

また、この一件を受け、フルアムとトッテナムを含む、多くのプレミアリーグのクラブがこれまで以上にマッチデイに関する警備対策を強化していくようだ。
関連ニュース
thumb

セインツが快勝で2連勝! 南野拓実は右サイドで先発しチャンスメークで存在感《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第36節、サウサンプトンvsフルアムが15日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、ホームのサウサンプトンが3-1で勝利した。なお、サウサンプトンのFW南野拓実は76分までプレーした。   すでに残留を確定させたものの、できるだけ上位でシーズンを終えたい14位のサウサンプトンは、連勝を目指して前節降格が決定した18位のフルアムをホームで迎え撃った。この一戦に向けて南野はクリスタル・パレス戦に続き2試合連続のスタメン起用となった。   立ち上がりから押し気味に試合を進めるサウサンプトンは10分過ぎに南野が見せ場を作る。まずは12分、ボックス左に走り込むレドモンドへ絶妙なラストパスを通すが、これはレドモンドがシュートを大きくふかしてしまう。直後の15分にはイングスの高い位置でのパスカットから入れ替わってボックス右に侵入した南野に絶好機も、ここはシュートをミートし切れず、ゴール前で相手DFにクリアされてしまう。   それでも、良い形で試合を運ぶホームチームは27分、相手陣内右サイド深くで得たFKの場面でキッカーのウォード=プラウズが絶妙なボールをゴール前に入れると、アダムスが難度の高いハーフボレーシュートを突き刺して先制に成功した。   その後も前線の流動的なコンビネーションやウォード=プラウズの直接FKで2点目に迫ったサウサンプトンは良い形で試合を折り返した。   後半も押し気味に試合を運ぶサウサンプトンは58分にイングスを下げてテラをピッチに送り出すと、この交代策が貴重な追加点をもたらす。相手陣内中央での南野とアームストロングのパス交換から右サイドでフリーのウォーカー=ピータースにパスが展開されると、ウォーカー=ピータースの正確なグラウンダークロスにファーで反応したテラがワンタッチで流し込み、待望のプレミアリーグ初ゴールとした。   その後はビハインドを追うフルアムが攻撃的なカードを切ってリスクを冒した攻勢を仕掛ける中、75分には右サイドでのデコルドバ=リードのスルーパスに抜け出した18歳MFカルヴァーリョがテラに続きプレミアリーグ初ゴールを奪取。   点差を縮められたサウサンプトンは直後の76分に南野を下げてウォルコットを投入すると、再びハーゼンヒュットル監督の采配が嵌る。82分、中盤でのルーズボールを回収した流れから美しい5本のパスが繋がると、ペナルティアーク付近でテラの落としを受けたウォルコットの右足シュートがゴールネットを揺らし、試合を決定づける3点目を奪った。   これでフルアムの気勢を削いだホームチームが危なげなく試合を締めくくり、クリスタル・パレス戦に続く3-1の快勝でリーグ2連勝を飾った。 2021.05.16 01:04 Sun
twitterfacebook
thumb

1年で降格のフルアム、パーカー監督が嘆く「クオリティが足りていなかった」

1年でのプレミアリーグからの降格が決定したフルアムのスコット・パーカー監督が、試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 フルアムは10日、プレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦した。降格圏のフルアムは、勝ち点差「9」で1つ上の順位にいるバーンリーをホームに迎えた。 ここで勝利すれば勝ち点差は「6」に。残り3試合での逆転残留にわずかな望みをかけたいフルアムだったが、35分にカウンターから先制点を許すと、44分にも自陣でボールを奪われると失点。そのまま0-2で敗れ、1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定してしまった。 試合後、大事な一戦で敗れ、降格が決まったパーカー監督は「私は傷付き、失望している。選手たちもそうだろう」とコメント。降格を残念がると共に、残留に向けて全力を尽くしたと語る一方で、この先どうすべきかを話し合う必要があると語った。 「誰もが可能な限り全てを試みた。クラブの誰もが、今年このリーグに残るために全力を尽くした」 「重要なのことは、我々が何をする必要があるかについて、これから正直に話し合わなければいけないということだ。共にそれを行い、立ち直ろうとしている」 「今年は失望の連続だった。手を挙げ、テーブルを囲み、クラブとしてどこに向かって行きたいのか。何をすべきかを理解する必要がある」 また、この試合でもシーズンを通して露呈した勝ち切れない内容を繰り返してしまったフルアム。選手たちの努力を認めながらも、ゴール前でのクオリティ不足を指摘した。 「おそらく、今夜の試合の公正な評価だと思う。我々のことを見たことがない人は、この試合が我々の1年を表していると思うだろう」 「今夜も同じ感じはした。自分たちが2つの悪い形でゴールを与え、最後の瞬間まで良いプレーをしたにも関わらず、ゴールを決めるためのほんの少しのクオリティが欠けていた」 「選手たちが今年与えてくれたものに心から敬意を払う。日々の努力、改善したい、良くしたいと思っているが、事実は我々が降格したということだ。クオリティが足りていなかった。だから、降格してしまったと思う」 2021.05.11 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

残留争い直接対決でバーンリーに敗れたフルアムが1年で2部降格…プレミア降格3チームが確定《プレミアリーグ》

10日、プレミアリーグ第35節のフルアムvsバーンリーが行われ、0-2でバーンリーが勝利した。この結果、フルアムのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。 降格圏の18位に位置する勝ち点27のフルアムと、1つ上の17位に位置する勝ち点36のバーンリーの一戦。残留を争う力クラブの直接対決となったが、フルアムは勝利を逃すと残留が限りなく難しい状況での一戦となった。 勝利が必要なフルアムは積極的な入りを見せるが、なかなか攻撃が完結せず。すると35分に、バーンリーに一瞬の隙を突かれる。ボビー・デコルドバ=リードがドリブルを仕掛けるも敵陣でカット。ここから前線へロングフィードが送られると、マチェイ・ヴィドラが受ける。 ヴィドラはボックス内左で深さを取りマイナスのクロス。これはGKアルフォンス・アレオラが触るも、最後は後方から走り込んだアシュリー・ウェストウッドが押し込み、バーンリーが先制する。 先制を許してしまったフルアムは、残留に向けて手痛い状況となると、44分にも失点。GKからのビルドアップに失敗すると、パスを繋がれ、最後はボックス手前からクリス・ウッドに豪快に決められてしまい、0-2となる。 前半で2失点を喫してしまったフルアム。後半はより攻勢を強めると70分に決定機。ボックス内左からのアデモラ・ルックマンからのグラウンダーのクロスを、ボックス手前でアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサが右足一閃。しかし、これはクロスバーに嫌われてしまう。 その後も攻め立てるフルアムだったが、結局最後までゴールを奪えずにタイムアップ。0-2で敗れ、1年でのチャンピオンシップ降格が決定してしまった。 なお、これにより2020-21シーズンの2部降格3チームは残り3節を残して確定。フルアム、WBA、シェフィールド・ユナイテッドの3チームが降格し、リーズ・ユナイテッド以外の2チームは昇格1年での降格となってしまった。 2021.05.11 09:31 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、今節で残りの降格2クラブが決まる可能性も

欧州各国のリーグ戦が佳境を迎え、すでに降格クラブが決定しているリーグもある中、プレミアリーグは今節にも全3チームが決まる可能性がある。 今節を入れて残り4試合となったプレミアリーグ。上位ではマンチェスター・シティの優勝が秒読み段階の中、残留争いではすでにシェフィールド・ユナイテッドの降格が決定。残り2枠を避ける戦いが続いているが、絶対的不利な状況に瀕しているのが、WBAとフルアムだ。 勝ち点「26」で19位のWBAは、昨年12月半ばに、それまでわずか1勝にとどまっていたスラヴェン・ビリッチ前監督を解任し、“残留請負人”の異名を持つビッグ・サムことサム・アラダイス監督を招へい。しかし、その後も思うような成果は残せず、1年での降格まであと一歩の崖っぷちまで来てしまった。 負ければその時点で降格が決まる今節の相手はアーセナル。相手はヨーロッパリーグ敗退直後で消沈中だが、アラダイス監督個人としては、プレミアリーグでアーセナルに一度も勝ったことがない(3分け11敗)。一方でクラブとしては、今回の舞台となるエミレーツ・スタジアムでは直近5試合で敗れたのは一度のみとなっている。 勝ち点「27」で18位のフルアムも1年での降格が迫っている。2019年2月に就任したスコット・パーカー監督体制で3シーズン目を迎えたが、WBA同様こちらもここまでわずか5勝と苦しいシーズンに。奇跡の残留を信じて臨む今節は、17位バーンリーとの対戦だ。 バーンリーとの勝ち点差は「9」となっており、勝てば一縷の望みを繋げられるものの、負ければWBAとともに即降格。WBAはたとえアーセナルに勝利したとしても、フルアムが負ければ降格という他力本願の状況だ。 だが、フルアムはホームでのバーンリー戦は過去9試合で8勝。残留は限りなく不可能に近いが、一矢報いることはできるだろうか。 2021.05.09 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

CK時に相手GKのグローブを脱がす…斬新な“嫌がらせ”に海外注目「今まで見たことがない」

チェルシーは1日、プレミアリーグ第34節でフルアムとホームで対戦し、2-0の勝利を収めた。 この試合、チェルシーの守護神エドゥアール・メンディは何度も好セーブを見せ、チームのクリーンシートの大きく貢献していたが、試合中には対戦相手からユニークな“妨害”も受けていたようだ。 57分、フルアムが左CKを獲得すると、フルアムのFWボビー・デコルドバ=リードがメンディとの距離を詰め、しれっと左手のキーパーグローブのテープを剥がそうとする。 一度目はメンディに気づかれ、手を引かれてしまい。主審からも注意を受ける。しかし、二度目はさらに大胆に。引っ込めた左手を追うように執拗にテープを剥がそうとしていた場面が、カメラに映っていた。 リードの斬新な努力は実らなかったものの、イギリス『SPORTBIBLE』も「今まで見たことがない」と伝えており、注目を集めている。 <span class="paragraph-title">【写真複数】相手GKのグローブを脱がす…斬新な“嫌がらせ”の一部始終</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">MATCHDAY<br>NEVER SEEN BEFORE<br><br>Fulham player, Bobby Reid tried to take off Edouard Mendy’s gloves, when corner kicks were taken. <br><br>He managed to unstrap his gloves twice. <a href="https://twitter.com/hashtag/ChelseaExeterTV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ChelseaExeterTV</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CFC</a> <a href="https://t.co/EDdtUAlL95">pic.twitter.com/EDdtUAlL95</a></p>&mdash; Chelsea Exeter TV (@ChelseaExeterTV) <a href="https://twitter.com/ChelseaExeterTV/status/1388592419697053702?ref_src=twsrc%5Etfw">May 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.04 21:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly