伏兵ディアワラの劇的弾でローマがヴィオラに競り勝つ! トップ4争いに踏みとどまる《セリエA》

2021.03.04 07:06 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第25節、フィオレンティーナvsローマが3日にスタディオ・アルテミオ・フランキで行われ、アウェイのローマが1-2で勝利した。前節、ミランとの上位対決に競り負けたローマ(勝ち点44)はアタランタに抜かれてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落。CL圏内再浮上に向け勝ち点3奪取必須のアウェイゲームでは14位のフィオレンティーナ(勝ち点25)と対峙した。ミラン戦からは先発3人を入れ替えてファシオ、カルスドルプ、ビジャールに代えて負傷明けのクンブラ、ディアワラとブルーノ・ペレスが起用された。

立ち上がりから主導権を握ったローマはディアワラ、ムヒタリアンとボックスの外からミドルシュートを放って相手守備をけん制。以降は左サイドのスピナッツォーラのドリブル突破を起点に攻め手を窺うが、マジョラルやムヒタリアンへのボールの収まりが今一つで攻撃に迫力が出ない。


逆に機動力のあるリベリとヴラホビッチの2トップを起点にカウンターを狙う相手の形に持ち込まれ、幾度かボックス内を陥れられる場面も目立った。

前半半ばから終盤にかけては膠着状態が続く。何とか前半のうちにリードを奪いたいアウェイチームは45分、ペナルティアーク付近でマジョラルからパスを受けたペッレグリーニが低い弾道のミドルシュートを枠の左に飛ばすが、これはGKドラゴウスキの好守に阻まれた。

攻撃のリズムを掴み切れぬまま試合を折り返したローマだが、後半開始早々に先手を奪う。49分、ボックス手前右でマンチーニが浮き球のパスをゴール前に入れると、左サイドから斜めのランニングで飛び出したスピナッツォーラが絶妙な右足のダイレクトシュートでニアを破り、前回対戦に続く今季リーグ2点目とした。

一方、先にゴールを許したフィオレンティーナは、失点直後にカストロヴィッリが足を痛めてプレー続行不可能に。前半のイゴールに続く負傷交代となり、嫌な流れが漂うが意外な形から同点に追いつく。60分、相手CKのロングカウンターから左サイド深くに抜け出したヴラホビッチの高速クロスが戻りながらの対応となったスピナッツォーラのオウンゴールを誘った。

不運なオウンゴールで追いつかれたローマは、さらに失点前の流れでスプリントした際にハムストリングを痛めたヴェレトゥがプレー続行不可能となり、ペドロを緊急投入。さらに、67分には疲労が見えたムヒタリアンを下げてエル・シャーラウィをピッチへ送り出した。

その後は一進一退の攻防が続く中、82分にはヴラホビッチに決定的な枠内シュートを許すが、ここはGKパウ・ロペスのビッグセーブで凌ぐ。すると、守護神の好守で流れを引き寄せたローマは伏兵が劇的ゴールを奪う。

88分、相手を押し込んでボックス手前中央のディアワラがボックス右でフリーのカルスドルプに斜めのパスを通してゴール前に走り込むと、カルスドルプからの絶妙な折り返しをワンタッチで合わせてゴールネットを揺らした。当初、オフサイドの判定が出るも、VARのレビューの結果、オンサイドでのゴールが認められた。

そして、ディアワラの今季初ゴールを最後まで守り切ったローマが苦しみながらも敵地で勝ち切ってトップ4争いに踏みとどまった。
関連ニュース
thumb

フロレンツィがローマ指揮官就任のモウリーニョに期待「新たな風を吹かせてくれる」

イタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィが、ローマに新たに就任するジョゼ・モウリーニョ監督への期待を口にした。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 4日にパウロ・フォンセカ現監督のシーズン終了後の退任と、それに伴うモウリーニョ氏の就任を発表したローマ。期待と不安が入り混じる人事となったが、今季はローマからパリ・サンジェルマンへローン移籍しているフロレンツィは、ポルトガル人指揮官へ期待の言葉を残した。 「新しい風を吹かせてくれるだろう。モウリーニョはおそらく最も経験豊富で魅力のある監督の一人だ。ローマの環境をコントロールできる一人になれるはずだ。上手くいくことを願っているよ」 そんなフロレンツィに関しては、パリ・サンジェルマンが買い取りオプションを有しているものの、フランス『レキップ』の報道では行使を見送る模様。その一方でインテルからの関心も伝えられているが、プレーだけに集中していると主張した。 「インテルのようなトップクラブと縁があるのは嬉しいことだけど、噂やメディアが言うことに惑わされることはない」 「ピッチ上のことを話してもらいたいね。僕は多くを語ることなく、PSGでの経験を積んでいる。アル・ケライフィ会長やレオナルド、(マウリシオ・)ポチェッティーノの信頼に応えたいんだ。ベストを尽くしたい。それからどうなるか見てみよう」 2021.05.07 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

2ndレグ勝利も…決勝進出逃したローマ、19歳MFも落胆「勝ったのは確かだが…」

ローマのガンビア代表MFエブリマ・ダルボーがマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは7日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。3-2と本拠地で勝利を挙げるも、2戦合計8-5と1stレグで大きく広げられたリードを覆すことは叶わず、準決勝敗退となった。 この試合で途中出場からELデビューを飾り、存在感を見せたダルボー。試合後の会見では「勝ったのは確かだけど、残念ながら次のラウンドには進出できなかった」と結果に落胆しつつも「自分自身には満足しているよ。そして、チームメイトのニコラ・ザレフスキにもね。彼は得点を挙げたからだ」と語っており、個々のパフォーマンスには満足がしていると語った。 また、パウロ・フォンセカ監督、そして自身が育ったプリマヴェーラの指揮官であるアルベルト・デ・ロッシ監督についても言及。今シーズン限りでの退任が決まっている両監督に感謝の言葉を送った。 「パウロ・フォンセカ、アルベルト・デ・ロッシの両監督をはじめ、ここに来てから僕を指導してくれたすべての人に感謝したいと思う」 「今まで知らなかった多くのことをコーチやスタッフから学んだ。今の自分があるのは、彼らのおかげだ」 念願のELデビューを果たしたダルボーは、現在19歳。 ガンビアから5年前に難民としてイタリアへ移住してきた苦労人は、2日に行われたセリエA第34節のサンプドリア戦で、ファーストチームデビューを飾っていた。 2021.05.07 13:54 Fri
twitterfacebook
thumb

EL敗退のローマ、退任決定の指揮官はクラブに感謝「ローマの監督になれてとても光栄だった」

ローマのパウロ・フォンセカ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)敗退を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。 ローマは6日に行われたEL準決勝2ndレグでマンチェスター・ユナイテッドと敵地で対戦。1stレグを2-6で落としたことで決勝進出は絶望的な状況となっており、この日も前半で先制点を許す展開に。しかし、後半は反撃に転じると、3ゴールを奪い3-2で勝利した。 なんとか意地を見せる形となったローマだが、1stレグの惨敗が大きく響き合計スコア5-8でEL準決勝敗退が決定。決勝進出はならなかった。 試合後のインタビューに臨んだフォンセカ監督は、敗退という結果となったもののチームのパフォーマンスを称賛。守備が崩壊した1stレグの後半を除けば、ファイナル進出も十分に可能なチームだったと強調している。 「この敗退を説明するのは難しい。今日も、1stレグの前半も我々はよくやっていたと思う。ユナイテッドが相手だったとしても、決勝に行ける可能性はあると考えていた。そして今日や1stレグの前半で、それは可能だと示せただろう」 「しかし、マンチェスターでの戦いでは、後半の展開を間違えてしまった。ユナイテッドのようなチームを相手に、2ndレグだけで4ゴールを決めるのは難しいと思われていたかもしれない。しかし、我々は今日3点を奪い、もう数点決めることもできた。ユナイテッドに数少ないチャンスをものにされてはしまったがね」 また、フォンセカ監督は今季限りでの指揮官退任が既に発表されており、後任としてジョゼ・モウリーニョ氏の就任が決定していることにも言及。ローマで仕事ができた喜びを語ると共に、同胞でもあるモウリーニョ氏との関係についても触れている。 「ローマの監督になれたことはとても光栄だった。そして、イタリアのフットボールの一部になれたことも大きな喜びだ。私は多くのことを学んだよ。厳しい経験ではあったが、やりがいのある仕事だった」 「今のところはイタリアに残るか分からない。私はイタリアのフットボールとイタリアが本当に好きだが、すべてはチャンスがあるか次第だ。どうなるか見てみよう」 「辞任を考えたことはなかった。私は諦めるような人間ではないんだ。難しい局面もあったが、常に自分の仕事に集中して、どうすればチームの改善に貢献できるか考えていた。たとえプレッシャーから逃れることが最も簡単な選択肢であったとしても、常に視野は広く持っておかなければならない」 「(モウリーニョからのメッセージは)あったよ。彼のことはよく知っているし、私にとても敬意を払ってくれている。彼へのアドバイスはない。話す時間はあると思うが、私からのアドバイスを必要とはしないだろう」 2021.05.07 10:29 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 3-2(AGG:5-8) マンチェスター・ユナイテッド《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグ、ローマvsマンチェスター・ユナイテッドが6日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で勝利した。ただ、2戦合計スコアでは5-8としたユナイテッドの決勝進出が決定している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210507_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 83 ミランテ 5.5 1失点目は虚を突かれたが、それ以外の場面では安定したシュートストップにスペースケアを見せた   DF 2 カルスドルプ 6.5 対面が同胞ファン・デ・ベークであったこともあり、サイドで優位性を保った。攻守両面で良い出来だった   6 スモーリング 5.5 前回対戦で惨敗した古巣相手に気迫の入りを見せたが、筋肉系のトラブルで前半半ばに負傷交代…   (→ダルボー 6.5) 5年前に難民としてイタリアに来た19歳が直近のサンプドリア戦でのセリエAデビューに続きELデビュー。緊急投入となった中、ユナイテッド相手に堂々たるパフォーマンス。鋭いターンで相手をいなすなど、見事なプレーだった   3 イバニェス 6.0 2失点は喫したが、個人としては初戦に続きソリッドなプレー。前がかりなチームを後方から支援   33 ブルーノ・ペレス 5.5 後半半ばに負傷交代するまで攻守に奮闘。全体的に質はそこまで高くなかったが、ハードワークが光った   (→サントン 5.5) 決勝点をお膳立て   MF 11 ペドロ 6.5 負傷明け即先発で1アシストを記録するなど、チャンスメークでさすがの存在感を発揮   (→ザレフスキ 6.0) トップチームデビュー戦となった19歳。決勝点はオウンゴールに訂正も大仕事をやってのけた   4 クリスタンテ 7.0 見事なフィニッシュで1ゴールを記録。ロングフィードは捨てがたいが、やはり持ち味はダイナミズムであることを改めて証明する一戦に   7 ペッレグリーニ 7.0 カピターノとして最後まで攻守に奮闘。クリスタンテのゴールをアシストするなど、司令塔として躍動   23 G・マンチーニ 6.0 1失点目はB・フェルナンデスを深追いしてしまったが、試合を通してはアンカーとセンターバックの両ポジションで強度の高い守備など素晴らしい出来だった   77 ムヒタリアン 6.5 古巣相手の恩返し弾はならずも、再三のチャンスメークで相手の脅威であり続けた   FW 9 ジェコ 6.5 2戦連発に確度の高いポストプレーと存在感を発揮。ただ、ゴール以外の決定機のいずれかを決め切りたかった   (→マジョラル 5.5) すんなり試合に入ったが、決定的な仕事はできず   監督 フォンセカ 6.5 苦しい台所事情の中で一矢報いた。システム変更に加え、スモーリング負傷時にクンブラではなくダルボーを入れ、抜擢したザレフスキが仕事を果たすなど、未来への種も蒔いた   ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210507_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 デ・ヘア 7.0 低調なチームの影響で3失点も、個人としては鬼神のごとくビッグセーブを連発。2戦合計スコアで逆転負けもあり得そうな苦境を救った   DF 29 ワン=ビサカ 5.5 危険なタックルでカードをもらうなど、本来の出来ではなかったが、それでも要所は締めた   (→B・ウィリアムズ 4.5) 攻守両面でクオリティ不足を露呈。相手の攻撃陣に翻弄される   3 バイリー 4.5 試合勘のなさが顕著で判断ミスやポジショニングミスが散見。ジェコに決定的な仕事を許した   5 マグワイア 4.5 あわやハンドという不用意な対応を含め、低調なチームに引きずられる形で拙守が目立った   23 ショー 5.5 出来は今一つだったが、それでも交代で入ったテレスの数倍上のパフォーマンスレベルだった   (→テレス 4.5) 後半立ち上がりにリスキーな攻撃参加を見せるなど、試合展開を全く読めていなかった。オウンゴールは不運だったが、守備面の低調さが目立った   MF 11 グリーンウッド 5.0 トップチーム通算100試合達成もほろ苦い一戦に。前後半に訪れた決定機は決めたかった   6 ポグバ 4.5 初戦の大差による油断があったか、明らかに試合に入れていなかった。攻守両面で切り替えの鈍さが相手に流れを渡す一因に   (→マティッチ 5.0) 中盤の引き締め役としての起用となったが、その役目を果たせず   18 ブルーノ・フェルナンデス 6.5 絶妙なチャンスメークで2点をお膳立て。カバーニとデ・ヘアと共に唯一普段のパフォーマンスレベルを維持   (→マタ -)   17 フレッジ 5.5 前半にアシスト場面を含め2本の絶好機を演出。ただ、2失点目に繋がる軽率なロストは猛省を   34 ファン・デ・ベーク 4.5 得意ではない左ウイングでのプレーだったとはいえ、ポジション奪取に繋がらない低調なパフォーマンス。今後の過密日程がなければ、フル出場はできないレベルの出来   FW 7 カバーニ 7.0 2度の決定機は逸したが、ストライカーのお手本のようなプレーで2ゴール。デ・ヘアと共に突破の立役者となった   (→ラッシュフォード 5.0) 攻守に無難にプレーもカウンターの脅威を与えられず   監督 スールシャール 5.0 初戦の大勝と今後の過密日程を考えれば、モチベーションの低下は否めないとしても控え選手の覇気のなさは頂けなかった   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) 勝利したローマからクリスタンテやペッレグリーニを選ぶ考えもあったが、ユナイテッドのあまりの劣勢の中で孤軍奮闘だったスペイン代表GKをMOMに選出。驚異的な反応で後半の連続ピンチを見事に凌ぎ切った。今日のパフォーマンスで新天地候補に良いイメージも与えたか。   ローマ 3-2(AGG:5-8) マンチェスター・ユナイテッド 【ローマ】 ジェコ(後12) クリスタンテ(後15) OG(後38) 【マンチェスター・ユナイテッド】 カバーニ(前39) カバーニ(後23) 2021.05.07 06:54 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが4季ぶりの決勝進出! ローマに意地の勝利許すも初戦のアドバンテージで逃げ切る《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグ、ローマvsマンチェスター・ユナイテッドが6日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で勝利した。ただ、2戦合計スコアでは5-8としたユナイテッドの決勝進出が決定している。   先週にオールド・トラフォードで開催された1stレグは、優勝候補筆頭のユナイテッドが6-2という衝撃的なスコアで先勝に成功し、今回の一戦を待たずしてグダニスク行きの切符をほぼ手中に収めた。   前半に3選手が負傷交代するアクシデントがあったとはいえ、課題の守備崩壊によって惨敗したローマは、先週末のセリエAではサンプドリアに0-2の完敗を喫し、来シーズンのEL出場権獲得も絶望的となった。   さらに、4日には今シーズン限りでのフォンセカ監督の退任および、モウリーニョ氏の来季新監督招へいという驚きのニュースが舞い込んだ。そんな激動の1週間を過ごしたチームは公式戦7戦ぶりの白星を目指す中、1stレグから先発4人を変更。いずれも初戦で負傷したGKパウ・ロペス、ディアワラ、ヴェレトゥ、スピナッツォーラに代えてサスペンション明けのマンチーニ、GKミランテ、ブルーノ・ペレス、ペドロが起用された。   一方、ユナイテッドは2つのアウェイゴールを与えこそしたものの、圧巻のゴールショーで2016-17シーズン以来のELファイナル進出をほぼ確実なモノとした。ただ、クラブを巡ってはヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に同意したオーナー一家に対するサポーターからの批判が高まっており、2日に開催予定だったリバプール戦が一部の過激なサポーターによる本拠地での過激な抗議活動の結果、開催延期となる事件に見舞われた。   これにより、今週末からの5日間にリーグ戦3試合の超過密日程を強いられることになったスールシャール監督は、難しい用兵を迫られた中で1stレグから先発3人を変更。リンデロフ、マクトミネイ、ラッシュフォードをベンチに置き、バイリー、ファン・デ・ベーク、グリーンウッドを起用した。   逆転突破に最低4点が必要なローマは本職センターバックのマンチーニを中盤に上げた前輪駆動の[4-2-3-1]を採用。これに対してユナイテッドは同じ[4-2-3-1]を採用も、ポグバをボランチ、ファン・デ・ベークを左ウイングと配置に変化を加えた。   戦前の予想通り、キックオフ直後から前がかるローマは開始直後に得た連続のセットプレーからゴール前のマンチーニが左足ボレー、ムヒタリアンがヘディングシュートといきなり相手ゴールに迫る。以降も前から激しく圧力をかけて良い形でボールを奪い、ペッレグリーニやペドロが積極的に足を振っていくが、最後の精度を欠き開始早々のゴールには至らなかった。   一方、初戦の大量リードが足かせとなったか、あるいはローマの4バックへの変更が想定外だったか、防戦一方の展開が続くユナイテッド。それでも、徐々に相手の圧力に慣れてくると、うまく試合を落ち着けていく。さらに、前がかりな相手の背後を突く形の攻撃から20分にフレッジの浮き球スルーパス、26分にブルーノ・フェルナンデスのスルーパスに抜け出したカバーニに続けてビッグチャンスが訪れるが、一度目はループシュートが枠の上、2度目はコースの甘いシュートをGKミランテに阻まれてアウェイゴール奪取とはならず。   その後、筋肉系のトラブルによってスモーリングがプレー続行不可能となり、初戦に続いて前半に負傷交代を余儀なくされたローマは30分、これがELデビューとなる19歳MFダルボーをスクランブル投入。この交代でマンチーニがセンターバックにポジションを下げた。   すると、相手のメンバー変更で生まれた一瞬の隙を試合巧者のアウェイチームが見事に突く。39分、ショーの縦パスに反応したトップ下のブルーノ・フェルナンデスがセンターバックに落ちたマンチーニを釣り出してレイオフ。サポートに入ったフレッジが前向きに持ち運んで背後を狙うカバーニへ絶妙なスルーパスを通すと、百戦錬磨のウルグアイ代表FWはこの試合3度目の決定機をきっちり決め切り、決勝進出を決定づけるアウェイゴールを奪った。   ハーフタイムにかけてはよりオープンな展開となり、ローマはムヒタリアン、ユナイテッドはグリーンウッド、B・フェルナンデスと互いに決定機を作り合うが、前半はユナイテッドの1点リードで終了した。   迎えた後半、ようやく突破を確信したスールシャール監督はワン=ビサカとショーの両サイドバックを下げてブランドン・ウィリアムズ、テレスをハーフタイム明けに投入し、今後の連戦を睨んだ采配を見せた。   一方、逆転突破は絶望的も何とかホームゲームを勝利し、一矢報いたいローマは後半も引き続き攻勢を仕掛けていく。GKデ・ヘアの牙城を破れず、早い時間帯の同点ゴールとはならなかったが、55分を過ぎてようやく序盤からの攻勢が結実する。   57分、クリスタンテのスルーパスに反応したムヒタリアンがボックス左のゴールライン際で浮き球の折り返しを入れると、これをファーのペドロがダイレクトシュート。当たり損ねとなったボールがゴール前のジェコへの絶好の折り返しとなり、ユナイテッドキラーがヘディングで初戦に続くゴールとした。   このゴールで完全に勢いづいたローマは直後の60分に相手ボックス付近でフレッジからボールを奪ったペッレグリーニのショートパスに反応したクリスタンテが半身から鋭い右足のシュートをゴール左隅に突き刺し、逆転に成功した。   さらに、畳みかけるホームチームは1分後にも右サイドのスペースに抜け出したカルスドルプからの絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだジェコがヘディングシュート。さらに、こぼれ球に詰めたペドロがゴール至近距離からシュートを放つが、いずれもGKデ・ヘアのビッグセーブに遭う。続く62分にもボックス右でペドロがグラウンダーで折り返したボールをニアに飛び込んだムヒタリアンがワンタッチで合わすが、これもデ・ヘアの身体を張ったビッグセーブに阻まれた。   デ・ヘアの連続セーブがなければ、2戦合計スコアでも危うい展開になりかねなかったユナイテッドは、精彩を欠いたポグバを下げてマティッチを64分に投入。攻守のバランスを整えにかかる。すると、初戦と同様に苦しい展開を救ったのは、絶対的司令塔とストライカーのコンビだった。   68分、グリーンウッドのボックス内でのボールキープからマイナスの落としを受けたB・フェルナンデスが絶妙な斜めのクロスをゴール前に入れると、ボックス右から完璧に相手の背後を取って斜めにゴール前に飛び出したカバーニが頭で合わせ、2戦連続での2ゴールを達成した。   これで2戦合計の勝負は完全に決した中、ユナイテッドは殊勲のカバーニを下げてラッシュフォードを投入。対してこの試合での勝利にこだわるローマは、76分にジェコとペドロを下げてマジョラルと、これがトップチームデビューとなる19歳MFザレフスキをピッチに送り込んだ。   すると、この一戦へのモチベーションで上回るホームチームが勝ち越す。83分、ボックス左角でサントンが入れた浮き球のクロスをファーで反応したザレフスキが右足ダイレクトボレー。これがDFテレスに当たって大きくコースが変わり、GKデ・ヘアの股間を抜けたボールがゴールネットに吸い込まれた。   記録上はテレスのオウンゴールもトップデビューのザレフスキの大仕事で勝ち越しに成功したローマは以降も懸命にゴールを目指したが、さすがにここから大量ゴールを奪うまでには至らず。   この結果、カバーニの2戦連続2ゴールの活躍によってトータルスコアを8-5としたユナイテッドが4シーズンぶりの決勝進出を果たした。なお、今月26日にポーランドで行われる決勝ではアーセナルを破って初の決勝進出となったビジャレアルとの対戦が決定している。 2021.05.07 06:08 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly