吉田不出場のジェノヴァ・ダービーは譲らずドロー《セリエA》

2021.03.04 06:54 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第25節、ジェノアvsサンプドリアのジェノヴァ・ダービーが3日に行われ、1-1で引き分けた。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。

前節はアタランタに力負けとなった10位サンプドリア(勝ち点30)と、インテルに力負けとなった13位ジェノア(勝ち点26))によるジェノヴァ・ダービー。

フラットな[4-4-2]で臨んだサンプドリアはクアリアレッラとケイタの2トップで臨み、[3-5-2]で臨んだジェノアはショムロドフとデストロの2トップで臨んだ。

試合は互角の攻防で推移し、互いにシュートチャンスを作らせない膠着状態で進んでいった。

結局、守備意識の高い両チームの意地がぶつかりあった前半はゴールレスで終えた。

迎えた後半、サンプドリアが前がかる入りを見せていたものの、ジェノアが53分に均衡を破る。ザッパコスタがDF2人をかわしてボックス左にうまく侵入。右足でゴール左を射抜いた。

攻め手がなくゴールに迫れないサンプドリアは71分、ガッビアディーニを投入。すると77分、カンドレーバの右CKからトネッリのヘディングシュートが決まり、サンプドリアが同点とした。

終盤にかけては互いに譲らず、今季の1stマッチ同様、譲らず1-1の引き分けに終わった。


関連ニュース
thumb

ユーベ、吉田麻也ゴールのサンプドリアに競り勝ち2連勝! ディバラ&モラタ負傷でチェルシー戦に懸念《セリエA》

セリエA第6節、ユベントスvsサンプドリアが26日に行われ、3-2でユベントスが勝利した。サンプドリアの吉田麻也はフル出場し、1ゴールを記録している。 アッレグリ政権復権後、ここまで苦しい状況が続くユベントス。前節のスペツィア戦でなんとか逆転に持ち込み、ようやくリーグ戦初白星を手にした。対するサンプドリアは、前々節のエンポリ戦で初勝利を挙げたものの、前節はナポリに4失点大敗を喫している。 互いに低空飛行の中迎えた今回の一戦。まずはアウェイのサンプドリアが攻め込んでCKのチャンスを得るが、ここは簡単に跳ね返される。一方のユベントスもディバラがパスワークでボックス右に侵入するが、ここはDFに対応されボールをロスト。 序盤から一進一退となった中、ユベントスは10分に左サイドのアレックス・サンドロからクロスが上がると、一度跳ね返されたボールをロカテッリがシュート。ここはDFにぶつけてしまうが、こぼれ球を横に繋いで最後はボックス手前右のディバラが左足ボレーシュートをゴール右下に突き刺した。 幸先よく先制したユベントスは、12分にもカウンターから決定機。中央のディバラからキエーザがボックス右で受け、フリーでシュートを放つが、DFが気になったかわずかに右に外してしまった。さらに14分には、再び速攻の形からモラタにゴールチャンスが訪れるも、ボックス左から流し込むように狙ったシュートはGKアウデーロに止められた。 追加点の雰囲気が漂うユベントスだが、20分過ぎにアクシデント。ディバラが相手との接触を避けた際に足首を痛めて自ら交代を要求。涙を浮かべながらピッチを後にした。代わりにクルゼフスキが投入されている。 その後はユベントスの勢力が衰えたことで試合は膠着状態に。だが、前半終了間際に大きく動く。43分、キエーザがボックス右から放ったシュートがムッルの腕に当たってユベントスがPKを獲得。これをボヌッチが決めてリードを広げる。 しかし、その直後の44分、サンプドリアがクアリアレッラのシュートで左CKを獲得すると、ショートコーナーからカンドレーバが右足でクロス。これをボヌッチに競り勝った吉田が頭で合わせて1点差に縮めた。吉田は第3節のインテル戦に続いて今季2ゴール目となった。 ユベントスの1点リードで迎えた後半。ボールは握るものの、なかなかシュート数が増えなかったが57分、左サイドでロカテッリの巧みなループパスを受けたキエーザがゴール前に侵入。ここはサンプドリアDFに止められてしまうものの、その後の不用意なパスをボックス左でクルゼフスキが奪取。マイナスの折り返しをロカテッリが押し込んで3点目を決めた。 その直後にサンプドリアは3枚替えを敢行し、主に中盤に変化を加える。対するユベントスは70分にラムジーとキエッリーニを投入し、3バックを敷いて守備固め。それでも74分にはベンタンクールが決定的なシュートを放つなど、隙あらば決着をつけにいく強かさも見せる。 80分過ぎにはモラタも追加点に迫ったが、その際のシュートで腿裏を負傷。ディバラに続いて先発した2トップがケガに見舞われる事態となった。 するとサンプドリアは83分、敵陣でのボール奪取から速攻を仕掛け、ボックス左にトールスビーが侵入。そのマイナスの折り返しをカンドレーバがボックス中央から流し込み、1点差に縮めた。 しかし、スコアはこれ以上は動かず試合終了。ユベントスはリーグ戦連勝を収めたものの、守備に課題を残す一戦に。また、29日に控えるチャンピオンズリーグのチェルシー戦に向けて、ディバラとモラタの負傷交代という懸念を残すことになった。一方のサンプドリアは連敗で3つの黒星がついた。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】吉田麻也がユベントス相手にゴール!(1:30〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4pBKe9V-kKY";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.26 21:45 Sun
twitterfacebook
thumb

好調ナポリ、吉田先発のサンプドリアに4発快勝で開幕5連勝!《セリエA》

セリエA第5節のサンプドリアvsナポリが23日にルイジ・フェラリスで行われ、0-4でナポリが勝利した。サンプドリアの日本代表DF吉田麻也はフル出場している。 前節のエンポリ戦で今季初勝利を飾ったサンプドリアは、その試合と同じ先発メンバーを採用。吉田はセンターバックで5試合連続のスタメン出場となった。 一方、リーグ戦4連勝と絶好調のナポリは、直近のウディネーゼ戦からスタメンを2人変更。ポリターノとエルマスに替えてロサーノとジエリンスキをスタメンで起用した。 試合は開始早々の10分にナポリが先制する。中盤でアドリエン・シウバのパスミスからボールを奪ったオシムヘンが素早くサイドチェンジ。これを受けたインシーニェがボックス左手前からクロスを供給するとゴール前に駆け上がったオシムヘンがジャンピングボレーシュート。このシュートはGKアウデーロが弾くもボールはゴールラインを割っており、ゴールが認められた。 先制を許したサンプドリアは19分、細かなパスワークで相手ボックス内に侵入するとベレシュインスキの落としをボックス手前のアドリエン・シウバがダイレクトシュートで狙ったが、これはGKオスピナがファインセーブ。さらに直後のCKでは吉田がヘディングシュートでゴールに迫ったが、これもGKオスピナの好セーブに阻まれた。 ピンチを凌いだナポリは、直後の21分にザンボ・アンギサのスルーパスからDFの裏に抜け出したオシムヘンが決定機を迎えると、飛び出したGKの上を越すチップキックでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ハーフタイムにかけてもナポリが押し込んだ中、39分に追加点が生まれる。右サイドから仕掛けたロサーノがボックス右横から折り返しを供給すると、ボックス中央で受けたインシーニェが後方へ落とし、最後は走り込んだファビアン・ルイスがダイレクトシュート。狙いすましたシュートがゴール左隅吸い込まれた。 迎えた後半、ナポリは開始早々の46分にアクシデントに見舞われる。不調を訴えたラフマニがピッチに座り込むと、プレー続行不可能なりメディカルスタッフと共に歩いてピッチを後に。マノラスが緊急投入された。 不運な形で交代枠を使ったナポリだったが、直後の50分にジエリンスキのパスをボックス右で受けたロサーノの折り返しをオシムヘンが流し込み、3点目を奪取。 さらに58分にも、ザンボ・アンギサのパスをボックス右で受けたロサーノがマイナスに折り返すと走り込んだジエリンスキが強烈なダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺した。 4点差となったサンプドリアは、71分にベレシュインスキとトールスビーを下げてデパオリとアスキルセンを投入。すると73分、カンドレーバのパスをボックス左で受けたカプートが折り返しを供給。ゴール前のクリバリに当たったボールを駆け上がったカンドレーバが押し込むが、VARの末にカプートのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 結局、試合はそのまま0-4でタイムアップ。敵地で4ゴールを奪ったナポリがセリエA開幕5連勝を飾っている。 2021.09.24 03:31 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田麻也がフル出場、サンプドリアが新加入FWカプートの初ゴールなどで今季初勝利《セリエA》

19日、セリエA第4節のエンポリvsサンプドリアが行われ、0-3でサンプドリアが勝利を収めた。 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也はこの試合も4バックの右CBで先発出場し、フル出場を果たした。 昇格組のエンポリはここまで1勝2敗の勝ち点3で14位、対するサンプドリアは2分け1敗で勝ち点2の15位に位置。勝ち点1差で迎えた大事な一戦となった。 立ち上がりからペースをつかんだのはエンポリ。2分、クトローネがボックス内左で吉田を背負いながら反転パス。最後はマンクーゾがダイレクトでシュートもGKアウデーロがセーブする。 サンプドリアは4分、相手のミスからチャンス。ディフェンスラインの裏に蹴ったボールをイスマイリがクリアも、これがゴール方向へ。しかし、これは枠を越えていきことなきを得る。 12分には相手のハンドでボックス手前の良い位置でFKを獲得したサンプドリア。しかし、クアリアレッラのシュートは壁に阻まれてしまう。 攻め立てるサンプドリアは14分、カンドレーバがボックス内左でドリブルを仕掛け、DFをかわして右足シュート。しかし、これはGKがニアサイドを消してシュートを防ぐ。 31分、ドリブルで持ち出したカンドレーバがスルーパス。タイミングを見計らって飛び出したカプートがボックス内から左足シュート。これが決まり、サンプドリアが先制する。 先制を許したエンポリだが攻撃の手は緩めない。39分、ロングボールを送ると、こぼれ球を拾ったマンクーゾがボックス手前から鋭いシュート。これは枠を外れる。さらに40分には、ドリブルで持ち込んだマルキッツァがボックス手前からクロス。これをファーサイドでマンクーゾがダイレクトボレーも、シュートはわずかに右に外れる。 時間の経過とともに試合前から降っていた雨も激しさを増していき、ボールが転がらないピッチコンディションとなる。 そんな中、押し込まれていたサンプドリアだったが一瞬の隙を突く。42分、相手と入れ替わったカプートがドリブルで独走。そのままボックス内に入るとGKとの一対一でシュートも、GKがセーブする。その後にはクアリアレッラがボックス手前中央からミドルシュートも、これはワンタッチがあり枠を外れる。 サンプドリアの1点リードで迎えた後半も、立ち上がりからサンプドリアが押し込む。48分にはダムスゴーアがボックス内左からシュートを放つがGKがセーブ。これで得たCKからサインプレー。マイナスのグラウンダーのパスをダムスゴーアがミドルシュートで狙うが、GKヴィカーリオが再びセーブする。 50分には左CKからのクロスをコリーがヘディングで落とすと、カプートが反転してシュート。しかし、これはクロスバーを直撃してゴールとはならない。 それでも52分、右サイドを仕掛けたベレシュインスキがボックス右からマイナスのクロス。これをボックス内右で受けたカプートが相手をかわして左足シュート。これがGKの手を弾いて決まり、リードを2点に広げる。 エンポリは62分、クロトーネが後方からのパスに完全に抜け出すと、そのままボックス内へと持ち込み右足シュート。これがネットを揺らすが、オフサイドディレイによりゴールが認められず。VARのチェックの末にノーゴールとなった。 互いに選手を入れ替えて臨む中、70分にはカンドレーバが美しいゴールを決める。左サイドへと展開したボールをしっかりとコントロールすると、ボックス内左で相手DFと対峙。一瞬の隙を見てコースを作ると、右足一閃。見事なシュートがゴール右へと突き刺さった。 エンポリはここから徐々に押し込み出すが、決定力を欠き最後までゴールを奪えず。サンプドリアは無失点で今季初勝利を収めた。 エンポリ 0-3 サンプドリア 【サンプドリア】 カプート(前31、後7) カンドレーバ(後25) 2021.09.19 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田麻也にクラブ会長が契約延長の打診「2年間の延長に値する」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、クラブから2年契約の打診を受けたことを明かした。イタリア『Il Secolo XIX』のインタビューで答えた。 吉田は名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトンでプレーした後、2020年1月にレンタル移籍でサンプドリアへと加入。クラウディオ・ラニエリ監督の下で評価を高めると、2020年8月には完全移籍でチームに加入した。 サンプドリア加入以降、チームの守備の要となると、ここまで51試合に出場し2ゴール3アシストを記録している。 その吉田は、今夏はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選、そしてオーバーエイジとして東京オリンピックに参加。フル稼働したままチームに合流。ロベルト・ダヴェルサ監督が率いる新体制になった今シーズンも合流間も無く試合に出場していた。 9月の日本代表活動にも参加した吉田は、復帰後の初戦となったインテル戦では今シーズン初ゴールを記録。チームはまだ新体制でのセリエA初勝利を挙げていないが、徐々に戦えるようになっている。 その吉田に対して、サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長がインテル戦後に契約延長の打診を行ったと、吉田がインタビューで明かした。 「インテル戦のゴールの後に会長が言ったのは「さらに2年間の延長に値する」ということでした。彼がそういうなら、僕もそのつもりです」 クラブからの要請があればそれに応えるとした吉田。そのインタビューでは、東京オリンピックにも触れていた。 「自国でのオリンピックだったので、メダルを夢見ていましたが、ガッカリしたとは言えません」 「悪い結果ではなかったです。残念ながらファンはスタジアムにはいませんでしたが、テレビで僕たちを熱心に応援してくれました。日本のサッカー界の動きは、その恩恵を受けています」 また、その中でチームに即合流し、その後も代表活動に参加してからゴールを決めたことについても言及。プレーすることが大事だとした。 「夏の間はずっとプレーを続けており、オリンピックでは6試合に出場し、一度も休んでいないような状態でサンプドリアに戻りました」 「僕は1週間の休暇しか取れませんでしたが、それは本当の休暇というよりも回復のためのものでした」 「疲れたとは思いますが、足には正しいリズムが残っています。僕のような選手は、たくさんプレーして、体を鍛えることが大事です」 クラブからも信頼の厚い日本代表のキャプテン。サンプドリアを高みに導けるかに注目だ。 <span class="paragraph-title"> 【動画】2020-21シーズンの吉田麻也の輝かしいプレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIR05UbUxyYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.18 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「100%僕のもの」今季チーム初ゴールの吉田麻也がインテル戦を振り返る「ポイントを獲得できて満足」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、今季初ゴールと勝ち点獲得を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 12日、サンプドリアはセリエA第3節でインテルと対戦。吉田は先発フル出場を果たした。 今季未勝利、そして無得点のサンプドリアが、3連勝を目指すインテルを迎えた一戦。試合は18分にフェデリコ・ディマルコのゴールでインテルが先制する。 王者相手に苦しいスタートとなったサンプドリアだったが、33分にその時が訪れる。右CKを獲得したサンプドリアは、クロスがゴール前で混戦に。インテルのクリアが小さくなると、最後は吉田がボレーシュート。これが相手DFに当たってディフレクトし、そのままゴールに入った。 サンプドリアのシーズン初ゴールを決めた吉田。その後試合は、互いに1点ずつを奪い合い、2-2のドローに終わった。 吉田は日本代表帰りの試合で難しかったとコメント。しかし、試合に集中していたと語った。 「代表活動から戻った後は特に難しいです。僕は最初に日本へ行き、次にカタールにいました。疲れていると思うのが普通ですが、僕はいつも集中しています」 また、勝ち点1をインテルから奪えたことに満足感を示すと共に、オウンゴールとも言われた中、自身のゴールを主張した。 「ポイントを獲得できて満足しています。僕たちはもっと多くのことができたかもしれないですが、彼らはチャンピオンです。十分でしょう。これを続けなければなりません」 「あれは僕のゴールでしょう。100%僕のものです。あまり良い形ではないですが、僕たちにとって重要でした。今はエンポリ戦が控えており、道は拓けています」 <span class="paragraph-title">【動画】見事なムーブから吉田麻也のボレーが決まる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%90%89%E7%94%B0%E9%BA%BB%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#吉田麻也</a> が決め<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%90%89%E7%94%B0%E9%BA%BB%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#吉田麻也</a> が吠えた<br>\<br><br>王者相手の同点ゴールは、<br>チームの今季初得点<br><br>セリエA第3節<br>サンプドリア×インテル<br>Live on <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SerieADAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SerieADAZN</a> <a href="https://t.co/RRajUmU0en">pic.twitter.com/RRajUmU0en</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1437010572676108291?ref_src=twsrc%5Etfw">September 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.13 11:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly