シャルケが今季4人目の指揮官にグラモジス氏を招へい!

2021.03.03 07:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルケは2日、ギリシャ人指揮官ディミトリオス・グラモジス氏(42)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。今季ここまで1勝16敗6分けで最下位に沈むシャルケは、昨年9月にデイビッド・ワグナー、昨年12月にマヌエル・バウムと2人の指揮官を解任。


昨年12月末からはクリスティアングロス監督がチームを率いていたが、就任後のリーグ戦10試合で1勝2分け7敗と立て直しに失敗すると、クラブは2月28日に解任を発表していた。そして、今回新たに招へいされたのが、グラモジス氏だ。

現役時代ハンブルガーSVやカイザースラウテルン、ケルンなどで活躍したグラモジス氏は2013年に現役を引退すると、2015年から監督業をスタート。直近では2019年2月からダルムシュタットの監督を務め、就任初年度に低迷していたチームを残留に導くと、2019-20シーズンは5位と躍進させた。

なお、グラモジス新監督の初陣は5日に予定されるブンデスリーガ第24節マインツ戦となる。
関連ニュース
thumb

シャルケ指揮官、フンテラールの現役続行の可能性は「話し合っていく」

シャルケのディミトリオス・グラモジス監督は元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール(37)の現役続行を排除しなかった。ドイツ『キッカー』が伝えている。 今シーズン限りでの現役引退を表明したフンテラールは降格危機に瀕する古巣シャルケを救おうと、今冬に電撃復帰。しかし、奇跡の残留を目指すシャルケはフンテラール加入後も大きな変化なく、降格が濃厚だ。 そうした状況を受け、現役続行の可能性も出てきており、先日のインタビューで否定しなかったフンテラール。そのなか、グラモジス監督もドイツ『スカイ』のインタビューでフンテラールの現役続行について言及した。 「クラースがどの程度準備が出来ているかを確かめたい」とした上で「リラックスした状態で話したい。その上で双方にとって意味のあることなのかを考える」とも語り、可能性を排除しなかった。 今季はここまで1勝7分け19敗のリーグ最下位という成績で2部降格が確実視されるシャルケ。今年で38歳を迎えるフンテラールはシャルケで最後の挑戦を続けることになるだろうか。 2021.04.12 21:42 Mon
twitterfacebook
thumb

フンテラールが引退撤回か…現役続行の可能性に「誰にもわからないこと」

今季限りの引退を表明しているシャルケ所属の元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール(37)だが、現役続行の可能性を否定しなかった。ドイツ『キッカー』が伝えている。 37歳という年齢ながらアヤックスでプレーを続け、昨年12月に今季限りでの現役引退を明言したフンテラール。降格危機に瀕する古巣のシャルケを救おうと、今年1月に電撃復帰した。 しかし、奇跡の残留を目指すシャルケはフンテラール加入後も劇的な変化なく、ブンデスリーガ27試合を消化した現段階で残留プレーオフに回る16位と13ポイント差の最下位。降格が濃厚だ。 このままいけば、シャルケの降格を見届ける形で、現役生活に終止符を打つことになるフンテラールだが、引退撤回の可能性があるようだ。7日のトレーニング後、来季についての質問に応じた。 「アヤックスにいるときに引退の話をしたが、今は現状のことしか頭にない」と残留に向け、決意のコメント。その一方で、来季もシャルケでプレーを続ける可能性を尋ねられると、「誰にもわからないことだ」とあらゆる可能性を排除しなかった。 今季のここまで1勝7分け19敗という成績で2部降格が確実視されるシャルケ。フンテラールのラストミッションは1部残留から1部昇格へと変わるのだろうか。 2021.04.09 18:28 Fri
twitterfacebook
thumb

最下位シャルケ、降格してもグラモジス監督は続投へ…クラブ幹部が明かす

ブンデスリーガで最下位に沈むシャルケだが、2部に降格してもディミトリオス・グラモジス監督は続投するようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 今季ここまで1勝7分け19敗で最下位に沈むシャルケは、シーズン通して3人の指揮官を解任。現在は3月に就任したグラモジス監督とともに、降格圏脱出を目指しているが、27試合を消化した現段階で残留プレーオフに回れる16位とは13ポイント差が開いており、降格が確実視されてきている。 苦しい状況のシャルケだが、クラブの競技部門取締役を務めるペーター・クネーベル氏はグラモジス監督の来季の続投について「間違いない。残留と降格、両方のシナリオをカバーするということを意識していた」とコメント。2部に降格しても、契約を解除することはないようだ。 また、今季の残留については「すべての試合で勝ちを望まないのはフィールドにおいて間違いだ」と意気込んだクネーベル氏。しかし、一方では「もちろん、私たちの来季のプランは主に2部でのプレーに向けられている」とも語っており、残留が現実的に難しいことは受け入れているようだ。 2021.04.05 14:05 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケ、ガスプロムとのスポンサー契約を2025年まで延長

シャルケは30日、メインスポンサーである『ガスプロム』と契約を延長したことを発表した。 2006年からシャルケのメインスポンサーを務めるガスプロムは、シャルケがブンデス2部に降格した場合に、2022年まで結んでいる現行の契約を解除する権利を有していたが、ロシア企業はこれを行使せず、逆に2025年までの新契約締結に至ったという。 新契約の詳細については明かされていないが、ドイツ『キッカー』によると、2部に降格した場合でもシャルケはガスプロム社から年間1000万ユーロ(約13億円)の契約料を受け取るとのこと。さらに1年でブンデス1部に復帰を果たした場合には、ボーナスが上乗せされるようだ。 シャルケのマーケティング、セールス担当を務めるアレクサンダー・ヨープスト氏は、「最も重要なパートナーであるガスプロムとの契約延長は、シャルケにとって大きな意味を持つものだ。苦境に喘ぐクラブにも信頼を示してくれた。これには多大な感謝をしている。ガスプロムが長期的に我々のそばにいてくれることを嬉しく思っている」 2021.03.31 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGが最下位シャルケに快勝で公式戦連敗を7でストップ《ブンデスリーガ》

ボルシアMGは20日、ブンデスリーガ第26節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ローゼ監督のドルトムント行きが発表されて以降、極度の不振に陥る公式戦7連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点33)が、最下位シャルケ(勝ち点10)のホームに乗り込んだ一戦。 立ち上がりからボールを握ったボルシアMGが圧力をかける展開とすると、15分に順当に先制する。左サイドからテュラムが入れたクロスを起点に、最後はシュティンドルが蹴り込んだ。 先制後もボルシアMGの攻勢が続き追加点に迫っていったが、前半は1点のリードで終了した。 迎えた後半もボルシアMGのペースで試合が進むと、63分に加点する。ホフマンの右CKからニアサイドのライナーがヘッドで合わせた。 そして72分、前がかるシャルケに対してボルシアMGが決定的な3点目を挙げる。CKの流れからテュラムの右クロスをエルベディがヘッドで合わせると、GKは横っ飛びでキャッチにかかったが、落下した際にファンブルしてボールはゴールラインを割った。 このままボルシアMGが3-0で快勝。公式戦連敗を7で止めている。 2021.03.21 05:44 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly