南野負傷欠場のサウサンプトン、エバートンに敗れてここ9戦で8敗目《プレミアリーグ》

2021.03.02 07:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第26節、エバートンvsサウサンプトンが1日に行われ、1-0でエバートンが勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実は負傷欠場となっている。前節リーズ戦では南野がベンチスタートとなった中、0-3と完敗した14位サウサンプトン(勝ち点30)。これでここ8戦7敗目を喫した不調のチームは、南野がハムストリングの負傷により欠場となった中、イングスとアダムスの2トップで臨んだ。


一方、前節リバプールとのマージーサイド・ダービーを2-0と勝利した7位エバートン(勝ち点40)は、キャルバート=ルーウィンとリシャルリソンの2トップで臨んだ。

試合は9分、ポゼッションを譲る入りとしていたエバートンが先制する。シグルドソンのスルーパスに抜け出したボックス中央のリシャルリソンがシュートを決めきった。

続く25分にはFKの流れからキーンがヘッドでネットを揺らすも、わずかにオフサイドでVARの末、ノーゴールに覆った。

助かったサウサンプトンがハーフタイムにかけては前がかる展開の中、凌いだエバートンが1点をリードしたまま前半を終えた。

迎えた後半はエバートンが試合をコントロールし、時間を進めていく。

クローズな展開に持ち込み、サウサンプトンの反撃を許さないエバートンがリードを保つ中、終盤の85分のジェネポのシュートがわずかに枠を外れて助かると、90分のCKの流れからヴェステルゴーアの放った決定的なシュートはGKピックフォードが好守で凌いだエバートンが1-0のまま逃げ切り。6位リバプールに勝ち点で並んでいる。

一方、敗れたサウサンプトンはここ9戦で8敗目を喫している。
関連ニュース
thumb

エバートン指揮官、欧州挑戦権暗雲の5試合足踏みも…「ファイトし続けねば」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督はライバルとの直接対決で痛み分けに終わったものの、内容面の手応えを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 プレミアリーグ8位のエバートンは16日に本拠地で行われた第32節でCL出場圏内の4位滑り込みを狙う7位トッテナムと対戦。後半に一時逆転まで持っていったが、イングランド代表FWハリー・ケインにこの日の2ゴール目となる同点弾を許して、2-2の痛み分けで終了した。 未消化試合も残しているといえど、これで5試合未勝利となり、ヨーロッパの出場権獲得が遠ざかる結果に終わったエバートン。試合後のアンチェロッティ監督も結果に悔しさを滲ませたが、戦いぶりに満足感を示して、継続性を求めた。 「我々は良い試合をした。今季のホーム戦におけるベストゲームだったんじゃないかな。アンラッキーだったね。イージーミスが多々あった。ハリー・ケインを相手にミスをすれば、そこを突かれるものだ」 「残念な結果だが、パフォーマンスぶりに関しては良かった。ヨーロッパの出場権獲得がさらに難しくなってしまったが、ファイトし続けないとね。今夜のようなプレーを続ければ、まだ可能性がある」 「前によくプレスをかけていき、アグレッシブなプレーできた。10分、15分ぐらいはボールをうまく扱えなかったが、次第に多くのチャンスを作り出せてもいた。このパフォーマンスをやり続けていかないとね」 2021.04.17 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、CL権遠のくドローも「妥当な結果」…後半AT交代ケインにも言及

足踏みを強いられてしまったトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督だが、結果は妥当なものと感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指してトップ4滑り込みを狙う7位トッテナムは16日に行われたプレミアリーグ第32節でライバルの一角であるエバートンとアウェイで対戦。2-2のドローに終わった。 先制した一戦だったが、一時逆転まで持っていかれ、勝ち点1をもぎ取るにとどまり、3試合未勝利のトッテナム。CL出場権がさらに遠のいたモウリーニョ監督は試合後、チーム事情に自虐を交えながら振り返った。 「多くの類似点のあるチーム同士の試合だったと思う。ゴールを決める力があり、失点も喫するという部分においてもね。それぞれが勝利を目指した良い試合だったが、おそらく妥当な結果だ」 ポルトガル人指揮官はまた、2ゴールの活躍を披露しながら後半アディショナルタイムに右足首を痛め、足を引きずりながらピッチを後にしたケインについてもコメント。ケガによる交代を口にした上で、楽観視した。 「何かを言うのはまだ早い。彼が残り数分のところでピッチを去ったのは明らかに何かを感じたからだ」 「楽観的になり、回復する時間があると信じよう。そして、楽観的になり、深刻なものじゃないと信じよう」 「我々にとって、彼が大事な選手なのは明白。私は多くを語ることも、推測することもできない」 2021.04.17 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ケインとシグルドソン2発のスパーズとエバートンは痛み分け《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、エバートンvsトッテナムが16日に行われ、2-2で引き分けた。 ここ2試合引き分け5戦勝ちのない8位エバートン(勝ち点48)と、前節マンチェスター・ユナイテッドに逆転負けした7位トッテナム(勝ち点49)によるチャンピオンズリーグ出場権争いへ生き残りを懸けた一戦。 共に[3-5-2]で臨んだ中、立ち上がりからボールを握ったエバートンが最初にチャンスを迎える。22分、ハメス・ロドリゲスのスルーパスを受けたリシャルリソンがボックス左からシュートに持ち込んだが、GKロリスの好守に阻まれた。 すると27分、トッテナムが先制する。左サイドからのエンドンベレのクロスがファーサイドに流れところを、ケインが見事なトラップで収め、左足ボレーでゴール左に蹴り込んだ。 ケインの今季20点目で先手を取ったトッテナムだったが、エバートンが30分にPKを獲得する。左サイドからのクロスに対し、ボックス中央のハメス・ロドリゲスがシュートに持ち込みかけたところで後方からレギロンに倒された。 このPKをシグルドソンが決めてエバートンがすかさず追い付くと、37分にはハメスが強烈なミドルシュートを浴びせれば、1分後にはシグルドソンとのパス交換からボックス中央に侵入したハメスが決定的なシュートに持ち込むも、GKロリスの好守に阻まれる。 1-1で迎えた後半、52分にソン・フンミンがドリブルシュートでゴールに迫ったトッテナムは、57分に右CKからアルデルヴァイレルトが際どいヘディングシュートを放った。 しかし62分、エバートンが逆転に成功する。直前に投入されていたコールマンがリシャルリソンとのパス交換から右サイドを突いてクロスを上げると、シグルドソンが左足ダイレクトでゴール左へ流し込んだ。 追う展開となったトッテナムはルーカス・モウラとラメラを投入。すると、68分に追いついた。ラメラが右サイドからクロスを上げると、相手DFが重なってルーズとなったボールをケインがボレーで蹴り込んだ。 その後は互いにゴールに迫った中、84分にエバートンに決定機。直前に投入されていたJ・キングがハメスのスルーパスに反応してシュートに持ち込むも、GKロリスの守備範囲だった。 終盤にかけてはエバートンの攻勢が強まったが、試合は譲らず2-2で終了。痛み分けに終わり、上位陣にプレッシャーをかけることができなかった。 2021.04.17 05:56 Sat
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ監督がキャルバート=ルーウィンのトッテナム戦欠場を明言

16日にトッテナム戦を控えるエバートンだが、イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの欠場が確実となった。 キャルバート=ルーウィンは筋肉系の負傷で、12日に行われたプレミアリーグ第31節のブライトン戦を欠場していた。 エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、トッテナム戦に向けた会見の場でキャルバート=ルーウィンを含む負傷者について言及。キャルバート=ルーウィンの復帰は来週のアーセナル戦になると明かした。 「ジョーダン・ピックフォード、ジョシュア・キング、アンドレ・ゴメスは金曜日の試合に出場できる。来週にはキャルバート=ルーウィン、ジェリー・ミナ、ベルナールが復帰できるだろう」 エバートンは第31節終了時点で1試合消化がなく勝ち点48の7位に位置。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ウェストハムとは勝ち点差7、ヨーロッパリーグ出場圏内の5位チェルシーとは勝ち点差6となっており、残り試合でシビアな戦いが待っている。 2021.04.16 01:35 Fri
twitterfacebook
thumb

負傷者続出で失速のエバートン、アンチェロッティ監督は前向きな姿勢崩さず「重要な試合はまだ残っている」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、チームに負傷者が続出している事態を嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 エバートンは12日に行われたプレミアリーグ第31節で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。勝てば未消化試合が1つある状態で4位に5ポイント差まで詰められる状況だったが、多くの選手を負傷で欠くチームは苦戦。ブライトンに23本ものシュートを打たれるも何とか凌ぎ切り、ゴールレスドローで試合を終えている。 この結果、エバートンは8位にとどまっており、トップ4争いからは一歩後退となった。 試合後のインタビューに臨んだアンチェロッティ監督は、チームが不調であること認めつつ、まだ何も諦めていないと強調している。 「今は良い時期ではなく、多くの選手が負傷していることもあって我々は困難を抱えている。それでも、我々は前進しなければならない。重要な試合はまだ残っているからだ。我々はまだ戦いの中にいる。より困難な状況にあるとはいっても、結果が予測できない奇妙なシーズンである以上、諦めたりはしない」 「我々は前に進むことに対して、自信を持っている。これからトッテナム、アーセナルとの試合や、アストン・ビラとの2試合、ウェストハムとの試合も残っている。すべての試合が本当に重要であり、欧州カップ戦に行くため負けられない」 また、アンチェロッティ監督は、負傷者の状況について説明。同時に、長期離脱からの復帰に向かっていたものの、再び負傷したジャン=フィリップ・グバミンについても触れている。 「ジェリー・ミナは内転筋に問題があり、数週間は出場できないだろう。他の選手については回復を願っている。(ジョーダン・)ピックフォードは確実に起用できるだろう。アランと(アンドレ・)ゴメスも起用できるだろうし、(ドミニク・)キャルバート=ルーウィンとジョシュア・キングも起用できるようになって欲しい」 「グバミンのヒザの負傷については本当に残念だ。彼は良いトレーニングができており、優れたクオリティを見せていた。幸せそうに見えたんだ。彼はこれからスキャンを受けるだろう。しかし、彼は本当に強い選手だ。早く回復して、プレーできることを願っている」 2021.04.13 10:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly