大迫ブレーメン、DFBポカール準々決勝が相手クラブ監督のコロナ変異種感染により延期

2021.03.02 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカー連盟(DFB)は1日、明日行われる予定だったDFBポカール準々決勝、レーゲンスブルクvsブレーメンを延期することを発表した。代替日は決まっていない。2部のレーゲンスブルクでは2月26日にメルサド・セリムベゴビッチ監督がイギリスで流行している新型コロナウイルスの変異種に感染したことが発表されていた。


このため、地元の保健当局がチーム全体を検疫下に置くことが決まり、試合を行えない状況に陥っていた。
関連ニュース
thumb

敵地でブレーメンに4発快勝のライプツィヒが首位を追走!大迫は途中出場も見せ場を作れず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第28節のブレーメンvsライプツィヒが10日に行われ、1-4でライプツィヒが勝利した。ブレーメンのFW大迫勇也は83分からプレーした。 リーグ戦3連敗中の13位ブレーメン(勝ち点30)が、2位ライプツィヒ(勝ち点57)をホームに迎えた一戦。 ミッドウィークに延期されていたDFBポカール準々決勝のヤーン・レーゲンスブルク戦を1-0で勝利し4強入りを決めたブレーメンは、その試合からスタメンを5人変更。その試合で決勝点を記録した大迫はベンチスタートとなった。 一方、前節バイエルンとの天王山を惜敗したライプツィヒは、その試合からスタメンを5人変更。フォルスベリやハイダラ、ウパメカノらに代えてセルロートやクライファート、カンプルらがスタメンに名を連ねた。 試合は地力で勝るライプツィヒがボールを保持すると13分、エンクンクのサイドチェンジをボックス左で収めたクライファートがチャンスを迎えたが、シュートは左サイドネットに外れた。 主導権を握るライプツィヒは23分、ドリブルで仕掛けたカンプルのパスをザビッツァーがワンタッチで前線に送ると、ダニ・オルモの落としを再び受けたカンプルがラストパス。ゴール前に上がっていたダニ・オルモのダイレクトシュートがゴールに吸い込まれた。 対するブレーメンは、直後にセットプレーからチャンスを迎える。27分、フリードルの右CKニアに走り込んだゼルケがヘディングで合わせたが、これはわずかにゴール左に逸れた。 先制したライプツィヒは、32分にもアダムスのパスで右サイドを抜け出したエンクンクがクロスを供給すると、ボックス中央のセルロートがヘディングシュートをゴール左に流し込んだ。 さらに38分にはザビッツァーのスルーパスからボックス左に抜け出したハルステンベルクがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 その後も攻撃の手を緩めないライプツィヒは、41分に右サイドを突破したオルバンのクロスをゴール前に走り込んだセルロートが流し込み、3点のリードで前半を折り返した。 迎えた後半、ブレーメンはディンクシ、エンボム、トプラクを下げてラシツァ、モフワルド、ヴェリコビッチを投入。対するライプツィヒは、アダムスを下げてヘンリクスをピッチに送り出した。 そして、後半先にゴールをこじ開けたのはブレーメンだった。59分、左サイド深くまで侵入したラシツァのクロスはザビッツァーにクリアされるも、このボールがボックス内のカンプルの腕に当たり、ブレーメンがPKを獲得。このPKはラシツァがゴール右下に沈めた。 ミスから1点を返されたライプツィヒはすぐさま反撃を開始。すると63分、右クロスのこぼれ球をボックス内で拾ったエンクンクのパスでボックス右深くまで侵入したヘンリクスの折り返しをザビッツァーが流し込み、再びリードを広げた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。ブレーメンは83分にサージェントを下げて大迫を投入したが、終盤にかけても反撃できず。試合はそのまま1-4でタイムアップ。完敗を喫したブレーメンはリーグ4連敗。大勝したライプツィヒは逆転優勝へ首位を追走している。 2021.04.11 00:35 Sun
twitterfacebook
thumb

1トップで決勝ゴール、大迫勇也のボレー弾にブレーメン監督も喜ぶ「美しいゴール」

ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督が、ヤーン・レーゲンスブルク(ドイツ2部)との一戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブレーメンは7日、延期されていたDFBポカール準々決勝でレーゲンスブルクと対戦。アウェイでの戦いで0-1と勝利を収め、ベスト4に進出した。 この試合では日本代表FW大迫勇也が1トップで起用。ブレーメンが押し込む展開となる中、なかなかゴールが生まれない。 それでも52分、マルコ・フリードルがハーフウェイライン付近から前線にロングボールを送ると、ボックス内で大迫が胸トラップからボレー。これが決まり、0-1となりそのままブレーメンが勝利した。なお、大迫にとってはブレーメンでの今季初ゴールとなった。 準決勝に駒を進めたブレーメンのコーフェルト監督は試合を振り返り、上手くコントロールできたとコメント。大迫のゴールも称賛した。 「長い時間、試合を上手くコントロールでき、反撃もほとんど許さなかったが、得点を決めるチャンスもほとんどなかった。ハーフタイムで中央であまりプレーしないように、そしてゲームにより厚みを持たせた」 「その後、ニクラス・モイサンデルとセオドル・ゲブレ・セラシェにチャンスがあった。そのあと、マルコ・フリードルが大迫勇也に素晴らしいパスを送り、大迫が美しいゴールを決めた」 「チャンスが多かった局面では、もっと早くに試合を決めなければならなかった。ただ、相手が盛り返してきて、最後の10分間はとても厄介だった」 「それでも、最終的にはセミファイナリストとしてここにいる。それが唯一重要なことであり、我々にとってとても素晴らしい結果だ」 「今、ライプツィヒとの試合を楽しみにしている。これまでに何度も準決勝に進出してきた我々が、ようやく最後の一歩を踏み出せることを願っている」 <span class="paragraph-title">【動画】大迫勇也の華麗なボレー弾!(0:46~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="aAXMBCqW0os";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.04.08 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫決勝点のブレーメンが準決勝進出《DFBポカール》

ブレーメンは7日、延期されていたDFBポカール準々決勝でレーゲンスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 3月2日に開催予定だったものの、レーゲンスブルク陣営に新型コロナウイルスの感染者がいたことから延期となっていた今カード。 大迫が[4-3-3]の最前線で先発したブレーメンが押し込む展開で推移すると、52分に均衡を破った。フリードルのフィードでディフェンスライン裏を取った大迫が胸トラップからのボレーシュートでゴールネットを揺らした。 大迫の待望の今季初ゴールが決勝点となってブレーメンがベスト4に進出。準決勝は5月1日に行われ、ライプツィヒと対戦する。 2021.04.08 06:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ケガに泣かされるブレーメンFWフュルクルク、つま先を骨折

ブレーメンのドイツ人FWニクラス・フュルクルクがつま先を骨折したようだ。ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督が明かしている。 フュルクルクは4日に行われたブンデスリーガ第27節シュツットガルト戦に先発していたが、この試合で負傷した模様だ。 コーフェルト監督によれば長期離脱にはならないとのことだが、フュルクルクにとっては今季3度目の負傷離脱となってしまった。 昨年10月にふくらはぎを痛めて約2カ月離脱していたフュルクルクは、1月からは足首を痛めて約1カ月離脱を強いられていた。 2021.04.07 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルトが大迫途中出場のブレーメンに競り勝つ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第27節、シュツットガルトvsブレーメンが4日に行われ、1-0でシュツットガルトが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場、ブレーメンのFW大迫勇也は73分から出場している。 9位シュツットガルト(勝ち点36)と、12位ブレーメン(勝ち点30)による日本人対決。 日本代表ではボランチの位置で質の高いプレーを見せた遠藤が開幕から27試合連続スタメンとなった。 一方、代表戦で初のハットトリックを達成した大迫は引き続きベンチスタートとなった。 ブレーメンが積極的な入りを見せた中、10分にFKの流れからシュミットがGK強襲のシュートを浴びせた。その後も良い入りを見せたブレーメンが流れを引き寄せると、続く22分にはアウグスティンションのボレーシュートでシュツットガルトを牽制する。 一方、慎重な入りとなったシュツットガルトは25分、フェルスターのミドルシュートでオンターゲットを記録。ここはGKパブレンカの好守に阻まれるも、ここからシュツットガルトが盛り返す流れとなった。 ただ、ハーフタイムにかけては膠着状態となり、ゴールレスのまま前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、55分にブレーメンに先制のチャンス。しかし、ラシツァの右クロスにダイレクトで合わせたフュルクルクのシュートは枠を捉えきれなかった。 対するシュツットガルトも58分、クリモビッツが枠内シュートを浴びせてゴールに迫ったが、徐々に前半同様に膠着状態へ。状況を打破するべくブレーメンは73分に大迫を投入した。 そんな中81分、シュツットガルトが均衡を破る。ソサの左クロスがアウグスティンションのオウンゴールを誘った。 追う展開となったブレーメンは追加タイム1分、大迫が際どいシュートを浴びせたが、わずかに枠を捉え切れずにシュツットガルトが勝利。バイエルン戦の完敗からバウンスバックする結果となっている。 2021.04.05 00:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly