指揮官不在の徳島先制も…ホームの大分が新加入の渡邉弾で1-1のドロー【明治安田J1第1節】

2021.02.27 16:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ開幕節の1試合が27日に昭和電工ドーム大分で行われ、大分トリニータvs徳島ヴォルティスは1-1のドローに終わった。J1リーグ3年目の大分は新戦力から坂、井上、高畑、渡邉が先発。一方、7年ぶりのJ1リーグ挑戦となる徳島はいまだダニエル・ポヤトス監督が入国できず、甲本コーチが代行で指揮を執り、開幕戦に挑んだ。

試合は敵地に乗り込んでの一戦だった徳島が立ち上がりからボールの主導権を握り、大分を攻め立てる。左サイドの藤原や最前線の垣田裕暉にボールを集めての攻撃で大分ゴールを脅かしていく。


そのなかで、開始5分に猛烈なプレッシャーをかけた渡邉が前がかったGK上福元からボールをかっさらい、無人のゴールマウスにボールを流し込んだ大分だが、主審はファウルの判定。得点は認められない。

肝を冷やした徳島だが、焦れずに攻めの姿勢を打ち出すと、37分にボランチに入る岩尾がボックス右に浮き球パスを供給。相手がクリアし切れなかったボールを拾った岸本が左足シュートを決め、徳島が先取する。

前半を通じて守勢に回る時間が長く続いた大分だが、後半の頭から野村と町田の交代を施して巻き返しを図ると、徐々に反攻。高澤が左足シュートでゴールに迫るなど、攻撃陣が躍動感を際立たせていく。

やや劣勢の徳島は交代カードで立て直しを図るが、大分は59分に坂のロングフィードを右サイド深くで受けた井上がボックス右の町田にボールを配給。こぼれ球を拾った渡邉が左足シュートを叩き込み、追いついた。

互いに勝ち越しを目指す構図になるなかで、75分を過ぎたあたりで相手と競り合った石井が脳しんとうの疑いでピッチを退くアクシデントに見舞われてしまった徳島だが、守りで集中を切らさず、一進一退の戦いを披露する。

何とかホーム開幕戦を白星で飾りたい大分も勝ち越しを狙って攻勢に転じたが、1-1のドローで終了。徳島が指揮官不在の状況下で奮闘した一戦だったが、後半から巻き返した大分が勝点1をもぎ取る形で終わっている。

大分トリニータ 1-1 徳島ヴォルティス
【大分】
渡邉新太(後14)
【徳島】
岸本武流(前37)
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第14節:大分vs鳥栖】対照的な両者が相見える“九州ダービー”、攻略の糸口は?

【明治安田生命J1リーグ第14節】 2021年5月15日(土) 16:00キックオフ 大分トリニータ(17位/8pt) vs サガン鳥栖(4位/27pt) [昭和電工ドーム大分] 置かれた状況が対照的な両チームによる九州ダービー。 攻撃に大きな課題を残す大分が、堅守鳥栖をどう攻略するのか。 ◆改善されない攻撃、フィニッシュ精度を【大分トリニータ】 前々節、7連敗中のチームはホームに清水エスパルスを迎えた一戦で1-0と勝利。しかし、前節はアウェイで湘南ベルマーレに敗れてしまった。 なかなか苦境から抜け出す術を見出せていない大分。降格圏からも抜け出せず、苦しい戦いからいち早く脱却したいところだろう。 何と言ってもチームの課題は得点力だろう。12試合でたったの8ゴール。リーグワースト2位の数字であり、これではなかなか浮上のキッカケがつかめない。 前節は戦い方を変えた結果、無得点で敗戦。幅を使った攻撃を取り戻し、相手を引きつけたカウンターを見せたいところ。ゴールを奪わなければ勝ち点3を得られないだけに、堅守の鳥栖に対してどうゴールを奪うのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ポープ・ウィリアム DF:小出悠太、坂圭祐、三竿雄斗 MF:松本怜、小林裕紀、下田北斗、福森健太 MF:町田也真人、渡邉新太 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 ◆術中にハマらずハメ返せるか【サガン鳥栖】 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎えての一戦。4連勝を目指したが、0-0のゴールレスドローに終わった。 主導権を握り続けながらも、広島の守備を崩しきることができなかった試合。攻撃陣としては悔しさを持って、この戦いに臨むことになる。 一方で、守備陣は安定感が増し、焦れずに90分間を戦い抜いた。前がかりになりすぎてカウンターを受けるなどで失点をしなかったことはプラス。大分の得意とするパターンも防げる自信はあるだろう。 互いにポゼッションをしたいチームだが、鳥栖は一発の力を持っている状況。隙を突いてスピーディにゴールを奪い切れれば、勝利は見えてくる。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、林大地 監督:金明輝 2021.05.15 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南が4試合ぶり勝利で8戦負けなしのクラブ記録更新! 名古&ウェリントンの一発で大分戦制す【明治安田J1第13節】

明治安田生命J1リーグ第13節の1試合が9日にレモンガススタジアム平塚で催され、ホームの湘南ベルマーレが2-0で大分トリニータを下した。 7戦負けなしと安定感のある一方、うち6試合が引き分けの15位湘南は前節の北海道コンサドーレ札幌戦から先発を2人変更。大橋が今季初めてベンチスタートとなり、前節に決定的な場面を作ったタリクが初スタメンを飾った。 9試合ぶりの勝利を手にし、7連敗の長いトンネルから抜け出した大分は前節の清水エスパルス戦からスタメンを2選手入れ替え、香川、小林成豪が外れ、福森、渡邉が名を連ねた。 自陣の深い位置からボールを繋ぐ大分に対して、高い位置からプレッシャーをかける湘南。大分がプレス回避のためにロングボールを織り交ぜるも、強く巻いた風の影響もあり、前線の長沢に収まらない。 そうしたなか、9分に敵陣右サイドで獲得したFKのチャンスからクロスの跳ね返りを拾った名古の右足シュートでゴールに迫った湘南が17分に先取する。左サイドで町野が高橋からボールを引き出し、深い位置から左足のクロス。風に戻されて大きく曲がったボールが名古に収まると、ペナルティエリア中央から倒れ込みながら左足を振り抜く。低い弾道のシュートは右のポストに当たってゴールに吸い込まれた。 飲水タイム明けから大分がボールを握り倒すものの、縦パスを入れるコースやタイミングを見つけられず、湘南の守備ブロックの前に攻めあぐねる時間が続く。すると、直近7試合でわずか2失点の堅守が光る湘南は40分、波状攻撃からまたしても名古。ペナルティアーク付近から右足のシュートを放っていくが、GKポープ・ウィリアムにセーブされる。 攻撃の糸口を見いだせず、前半にシュートシーンがなく、後半に入った大分だが、59分に味方とのワンツーで右サイドのスペースに走り込んだ松本のクロスから渡邉がフィニッシュ。大分の1stシュートだったが、GK谷のビッグセーブに阻まれ、セカンドボールに反応した渡邉の押し込みも左ポストに嫌われてしまう。 守備に体力を割かれた湘南は60分に3枚替え。町野、名古、山田に代えて大橋、茨田、古林を投入し、落ち始めた中盤の運動量を再び上げて大分のパス回しに対して制限をかけにいく。 その湘南は67分、GK谷からロングボールが送られると、大橋が飛び出してきたGKポープ・ウィリアムと入れ替わり、右サイドの深い位置から無人のゴールにシュート。しかし、角度が厳しく、枠に飛ばせない。 72分には大分も選手交代。屋敷、エンリケ・トレヴィザンを入れ、三竿を一列上げて攻撃の活性化を図ると、81分には町田のクロスをボックス内の長沢が収めて、反転からシュート。さらに84分、町田の縦パスを長沢が落としてペナルティエリア手前から下田が左足で狙うも、枠の右に外れる。 押し込まれる展開となった湘南だったが、途中出場選手が絡んで後半アディショナルタイムに貴重な追加点。左サイドでこぼれ球を拾った池田がインスイングのクロスを上げると、77分から出場のウェリントンが得意のヘディングシュートをゴール左に決めて、勝利をさらに手繰り寄せた。 結局、粘る大分を無失点で振り切った湘南が4試合ぶりの白星。J1での7試合負けなしのクラブ記録をさらに更新して、「8」に伸ばした。 湘南ベルマーレ 2-0 大分トリニータ 【湘南】 名古新太郎(前17) ウェリントン(後47) 2021.05.09 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

大分、陽性判定の1名以外は新型コロナ陰性…5日の徳島戦は開催

大分トリニータは4日、3日に行われた新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査の結果を発表。全選手とスタッフの陰性が確認されたとのことだ。 大分は3日、トップチームの選手1名の陽性判定を発表。当該選手は4月30日に実施したJリーグ公式検査でのPCR検査で陰性判定を受けており、5月1日と2日のチーム活動にも参加していた。 その後、2日の夕方に37.0度の微熱と寒気訴えた為、3日に自主的にPCR検査を受診。その結果、陽性判定を受けたとのことだ。 これを受け、当該選手を除くトップチームの全選手とスタッフが3日にPCR検査を実施。全員が陰性となったとのことだ。 なお、5日に予定されているYBCルヴァンカップ第5節の徳島ヴォルティス戦は、陽性判定者1名と濃厚接触者2名を除いて開催。また、キックオフ3.5時間前にJリーグのオンサイト検査を実施し、陰性判定を受けた者だけが試合にエントリーされるとなる。 2021.05.04 12:47 Tue
twitterfacebook
thumb

連敗ストップの大分、トップチームの選手1名が新型コロナ陽性を報告…その他選手の検査結果は4日に判明

大分トリニータは3日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は4月30日に実施したJリーグ公式検査でのPCR検査で陰性判定を受けており、5月1日と2日のチーム活動にも参加していた。 その後、2日の夕方に37.0度の微熱と寒気訴えた為、3日に自主的にPCR検査を受診。その結果、陽性判定を受けたとのことだ。 大分では、当該選手の陽性判定が発覚した3日にトップチーム選手及びスタッフを対象にPCR検査をを実施。検査結果は4日判明する予定だという。 なお、5日に予定されているYBCルヴァンカップ・グループステージ第5節の徳島ヴォルティス戦は、試合当日のキックオフ3時間半前に実施されるオンサイト検査で陰性判定を得た選手・スタッフのみが当日の試合にエントリーされることとなる。 今後の対応やトップチームの活動、選手の状況については、PCR検査の結果を踏まえ、関係各所と連携して順次発表するとしている。 大分は今シーズンの明治安田生命J1リーグで2勝2分け7敗と降格圏の17位に位置。7連敗で臨んだ2日の第12節清水エスパルス戦で9試合ぶりの白星を飾り、連敗を止めていた。 2021.05.04 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

これぞスポーツマンシップ!「本当に申し訳ありませんでした」大分DF三竿雄斗の謝罪に浦和DF槙野智章が反応「気にするな!」

浦和レッズのDF槙野智章と大分トリニータのDF三竿雄斗が見せた紳士的なやり取りが話題だ。 浦和と大分は25日、埼玉スタジアム2002で明治安田生命J1リーグ第11節で対戦した。 試合は3分にDF西大伍の加入後初ゴールで浦和が先制するも、MF町田也真人の2ゴールで大分が逆転に成功。後半も大分が守り切るかと思われが、75分に槙野が同点ゴールを決めると、82分にMF田中達也がゴールを決め、浦和が逆転勝利を収めた。 この試合の75分、槙野がゴールを決めたシーンでは、ゴール内で素早くリスタートしたい槙野と三竿が縺れ合う展開に。その際に槙野が転んだことが話題となっていた。 そんな中、三竿が自身のツイッターで謝罪した。 「本日の試合の2失点目の後にネットに入ったボールを取り合った後に槙野選手を押して倒してしまった場面ですが、槙野選手、浦和サポーター、ファンの皆様、不快に思われた全ての方々へ謝罪したいと思います。本当に申し訳ありませんでした」 「しかし自分としては槙野選手とはプライベートでも面識がある中でゴールに入ったボールを取り合う形になった後に軽くポンって押した感覚で意図して転ばせようとかは全く思っていません。それでも映像上は印象が良くないのはわかりますし、不必要な行動でした」 「改めて槙野選手、浦和レッズの関係者やサポーター、Jリーグのファンの皆様、申し訳ありませんでした」 自身のプレーを反省し、律儀に謝罪した三竿。一方で、このツイートに対し槙野も返信。漢気を見せた。 「気にするな!オフの旅行先で一緒に宮古島の船に乗って語った仲じゃないか!またお互い頑張ろぜ!」 両者に間にはわだかまりは全くない状況。2人の関係性がよく分かるやりとりとなった。 なお、浦和サポーターからは「槙野が急いでネットに引っかかっただけにみえましたよ」や「押し倒してるようには見えないから、大丈夫」と言ったコメントの他、「素直に謝れる三竿選手もかっこいいですよ」、「素直な謝罪、尊敬します」と三竿の謝罪にも賞賛の声が挙がっていた。 <span class="paragraph-title">【SNS】理解しあった三竿、槙野のやりとり</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日の試合の2失点目の後にネットに入ったボールを取り合った後に槙野選手を押して倒してしまった場面ですが、槙野選手、浦和サポーター、ファンの皆様、不快に思われた全ての方々へ謝罪したいと思います。本当に申し訳ありませんでした。</p>&mdash; 三竿雄斗 Yuto Misao (@yutomisao) <a href="https://twitter.com/yutomisao/status/1386327924710658050?ref_src=twsrc%5Etfw">April 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">気にするな!<br>オフの旅行先で一緒に宮古島の船に乗って語った仲じゃないか!<br>またお互い頑張ろぜ!</p>&mdash; 槙野智章 (@tonji5) <a href="https://twitter.com/tonji5/status/1386337964800708609?ref_src=twsrc%5Etfw">April 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.26 14:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly