指揮官不在の徳島先制も…ホームの大分が新加入の渡邉弾で1-1のドロー【明治安田J1第1節】

2021.02.27 16:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ開幕節の1試合が27日に昭和電工ドーム大分で行われ、大分トリニータvs徳島ヴォルティスは1-1のドローに終わった。J1リーグ3年目の大分は新戦力から坂、井上、高畑、渡邉が先発。一方、7年ぶりのJ1リーグ挑戦となる徳島はいまだダニエル・ポヤトス監督が入国できず、甲本コーチが代行で指揮を執り、開幕戦に挑んだ。


試合は敵地に乗り込んでの一戦だった徳島が立ち上がりからボールの主導権を握り、大分を攻め立てる。左サイドの藤原や最前線の垣田裕暉にボールを集めての攻撃で大分ゴールを脅かしていく。

そのなかで、開始5分に猛烈なプレッシャーをかけた渡邉が前がかったGK上福元からボールをかっさらい、無人のゴールマウスにボールを流し込んだ大分だが、主審はファウルの判定。得点は認められない。

肝を冷やした徳島だが、焦れずに攻めの姿勢を打ち出すと、37分にボランチに入る岩尾がボックス右に浮き球パスを供給。相手がクリアし切れなかったボールを拾った岸本が左足シュートを決め、徳島が先取する。

前半を通じて守勢に回る時間が長く続いた大分だが、後半の頭から野村と町田の交代を施して巻き返しを図ると、徐々に反攻。高澤が左足シュートでゴールに迫るなど、攻撃陣が躍動感を際立たせていく。

やや劣勢の徳島は交代カードで立て直しを図るが、大分は59分に坂のロングフィードを右サイド深くで受けた井上がボックス右の町田にボールを配給。こぼれ球を拾った渡邉が左足シュートを叩き込み、追いついた。

互いに勝ち越しを目指す構図になるなかで、75分を過ぎたあたりで相手と競り合った石井が脳しんとうの疑いでピッチを退くアクシデントに見舞われてしまった徳島だが、守りで集中を切らさず、一進一退の戦いを披露する。

何とかホーム開幕戦を白星で飾りたい大分も勝ち越しを狙って攻勢に転じたが、1-1のドローで終了。徳島が指揮官不在の状況下で奮闘した一戦だったが、後半から巻き返した大分が勝点1をもぎ取る形で終わっている。

大分トリニータ 1-1 徳島ヴォルティス
【大分】
渡邉新太(後14)
【徳島】
岸本武流(前37)
関連ニュース
thumb

名古屋がJリーグ新の8戦連続無失点! 柿谷の移籍後初弾などで大分戦快勝【明治安田J1第9節】

明治安田生命J1リーグ第9節の1試合が11日に昭和電工ドーム大分で催され、アウェイの名古屋が3-0で大分トリニータを下した。 4連敗中の16位大分はその間に1得点の攻撃力不足を露呈するなか、前節から4選手を変更。坂、高畑、小林成豪、高澤が先発した。一方、2戦連続ゴールレスドローながら自慢の堅守で着実に勝ち点を積み上げる2位名古屋も4選手のメンバーチェンジを決行。木本、米本、前田、齋藤がスタートから出場した。 ホームで連敗を止めようと意気込む大分が立ち上がりの勢いで上回るが、名古屋も鉄壁の守りでチャンスを作らせず、徐々に反攻。高澤がGKランゲラックの意表を突くロングシュートでゴールを脅かした大分だが、ボールの主導権を握り返した名古屋が敵陣に押し上げる時間を増やし始めていく。 すると、名古屋は切り込み役のマテウスが突破口となり、先制する。33分、マテウスが敵陣左サイド深くで対峙した羽田を出し抜く股抜きドリブルで突破すると、ボックス左からゴール前に浮き球パス。処理しようとしたGK高木がキャッチし損ねたボールをゴール前の山崎がすかさず押し込んだ。 先手を奪った名古屋はその後のペースも握り続けるなか、マテウスの左足から再びゴールネットを揺らす。敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得した44分、キッカーを務めたマテウスのキックにゴール前の木本が反応。木本の背後でクリアしようとした坂のオウンゴールで追加点を手にした。 劣勢の大分は後半の立ち上がりから巻き返そうと攻撃姿勢を強めるが、名古屋も流れが悪いと見るや59分に相馬と柿谷を投入。さらに、65分に稲垣を入れ、打開を図る。そんな名古屋を崩そうと67分に黒崎と長谷川の交代カードを切った大分だが、J屈指の堅守を誇る名古屋を崩し切れない。 突破口を探る大分は74分に香川と井上も送り込み、80分に最後の交代カードで伊佐を投入。ボールを動かしながら、前がかる展開が続く。しかし、名古屋も中央を固める守りで決定機すら許さず、87分に殊勲のマテウスを下げて中谷をピッチへ。より守りの意識を高め、試合を終わらせにかかる。 そんな名古屋は後半アディショナルタイム2分、カウンターに転じると、敵陣右サイド深くの成瀬が折り返したボールにゴール前で詰めた柿谷が移籍後初弾を決め、勝負あり。3試合ぶり白星の名古屋が開幕から9戦無敗として、2014年の浦和レッズを抜く8戦連続無敗のJリーグ新記録に華を添えた。 大分トリニータ 0-3 名古屋グランパス 【名古屋】 山崎凌吾(前33) OG(前44) 柿谷曜一朗(後45+2) 2021.04.11 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:大分vs名古屋】名古屋がJ1記録の8戦連続クリーンシートに挑戦、大分は5連敗阻止なるか

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月11日(日) 15:00キックオフ 大分トリニータ(5pt/16位) vs 名古屋グランパス(20pt/2位) [昭和電工ドーム大分] 現在7試合連続クリーンシート中の名古屋。今節クリーンシートを達成すればJ1最多記録の8試合連続となるが、ここまでわずか5得点の大分は穴を開けられるか。 ◆攻撃陣が不発、連敗ストップなるか【大分トリニータ】 前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦し、1-0で敗戦。これで4連敗、5戦未勝利となってしまった大分が3試合ぶりにホームに戻ってくる。 過密日程が続く中でのアウェイ連戦は響いたが、4つに伸びた連敗はそろそろ止めていかなければいけない。 しかし、深刻な得点力不足は目下の悩みのタネ。第2節の横浜FC戦では2得点を奪ったが、その試合以外は1得点以下。この4連敗中は無得点が3試合となっており、事態は深刻だ。 大分が毎シーズンのように抱えている問題ではあるが、やはり戦力の大幅な入れ替えにより、シーズン序盤は全くと言っていいほど成績が振るわなくなることは恒例でもある。 今シーズンは攻守の要を失っただけに、事態は深刻。守備陣はなんとか奮闘しているがクリーンシートはなし。一方げ攻撃陣は鳴かず飛ばずの状況だけに、なんとか立て直したいが、堅守の名古屋を相手にどうゴールを奪うのか注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:羽田健人、刀根亮輔、三竿雄斗 MF:松本怜、小林裕紀、下田北斗、福森健太 MF:町田也真人、渡邉新太 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 ◆堅守でついにJ1記録達成なるか【名古屋グランパス】 サガン鳥栖の開幕6戦無失点に注目が集まっていた中、第2節から気がつけば7戦無失点。J1タイ記録に並んだ名古屋。新記録樹立に注目が集まる。2014年に浦和レッズが達成した7試合連続には並んだだけに、あと一歩踏み出したいところだ。 とはいえ、その記録達成よりも欲しいのは勝利だろう。2試合連続ドロー。開幕からの無敗は「8」に伸ばしたが、この2試合で川崎Fとの差を開けられることとなった。 さらに2試合連続でゴールレスドロー。特に、前節は湘南ベルマーレに退場者が出たにも関わらず、ゴールを奪えないまま引き分けることとなった。 この課題は昨シーズンから継続されるもの。堅守が注目される名古屋だが、深刻なのは攻撃陣の得点力不足だ。 もちろん、無失点に抑えているからこそ最少の1ゴールでも勝利が掴めるというもの。一方で、無失点に抑えても得点が奪えなければ勝てないため、勝ち点を取りこぼす可能性も同じだけあるということだ。 首位を追いかける上ではやはり勝利が必要。無失点を目指すことはもちろんだが、勝利のために攻撃陣がどこまで奮闘できるのかも見ものだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 MF:前田直輝、ガブリエル・シャビエル、マテウス FW:柿谷曜一朗 監督:マッシモ・フィッカデンティ <span class="paragraph-title">【動画】J1月間MVPに輝いた日本代表MF稲垣祥のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1r84ixgikbqq81jghunm1299r3" async></script> 2021.04.11 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「自分自身で分析した」目標達成のカギとなるか、戦術にも長けた大分の勤勉な助っ人DFエンリケ・トレヴィザン

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、外国人の新規入国制限がかかっていた日本。Jリーグでも多くの選手や監督が入国できず、大きな誤算が生まれたチームが数多くある。 しかし、その制限もついに緩和。3月末から各クラブの新外国人選手が順次入国。さらに、Jリーグが一括して管理するJリーグバブルを考案。入国後に14日間の隔離生活を行わせ、選手個々がトレーニングできる環境を提供。その後、感染が確認されなければクラブに合流することとなる。 そんな中、また1人入国を果たした外国人選手がいる。大分トリニータのブラジル人DFエンリケ・トレヴィザンだ。 U-20ブラジル代表歴もあるエンリケは、フィゲイレンセやポンチ・プレッタでプレーしたのちにポルトガルへと渡り、エストリル・プライア、ファマリカンでプレー。エストリル・プライアから期限付き移籍で大分に加入した。 3月29日に日本へ入国を果たしたエンリケは、3日間の隔離期間を受けて陰性が確認。現在はJリーグバブルというリーグが一括で管理する隔離措置を受けている。Jリーグバブルは14日間にわたって隔離され、周りとは一切接触ができない完全隔離状態。その中で選手はトレーニングを行い、最終的に陰性が確認されればチームへ合流が可能となる。 ついに来日が叶ったエンリケは「様々な制限があった中で日本になかなか来れなかったですが、日本に入国できた事は嬉しく思います」とコメント。「隔離期間で大分には着いていませんが、うまく活用して、日本の文化を学んだり、食生活等の変化もあるので、徐々に適応できるようにこの期間を有効に活用したいです」と語り、Jリーグバブルの期間を利用し、日本に馴染みたいと語った。また「大分に着いた時に万全になるように、自主トレーニングもしっかり励みたいと思います」とし、コンディションを整えると意気込んだ。 移籍が発表されてから1カ月半の間、ポルトガルで過ごしていたエンリケだが「ポルトガルではロックダウンがあったので公共の練習場も使えず、2カ月間はピッチで満足いくトレーニングができなかったです」と語り、ポルトガルでも難しい時期を過ごしていたと語った。それでも、無駄にすることはせず「この期間でできることは何かを考え、自主トレーニングで仲の良いフィジカルコーチをつけてトレーニング、彼の奥さんが栄養学を勉強されていたので、食事に関しても徹底した2カ月を過ごしていました」と語り、「大分に合流したときのことを逆算して、個人練習、食事、睡眠というプロ選手のあり方を隔離期間で再度調整し、日本にやってこれたと思っています」としっかりとできる範囲での調整をしてきたようだ。 ここまでの話を聞いても分かる通り、24歳と日本ではまだ若手と呼ばれる年齢ながら、しっかりとプロとしての意識が高く、日本でのキャリアを成功させようと考えていることが見受けられる。 加えて、大分というクラブに自分がどう貢献できるかをしっかりと考え、勉強熱心な一面があり、非常に意識の高い勤勉な選手であることを印象付けた。 トリニータのイメージについても「日本に来られなかった期間でチームから練習や試合の映像を送ってもらって、自分自身で分析していました」と語り、「システムが昔自分がプレーしたことがある[3-4-3]であることだったり、守るだけのチームではなく、しっかり全員で攻撃をするところ、カウンターを完結させる攻撃スタイルにとても好感を持っています」とチームの特徴を捉え、「大分に到着してからはチームに合流できるので、自分自身がピッチに立っていてしっかりとチームに貢献する選手になりたいと思っています」と語り、すでにある程度のビジョンを持っていることを明かした。 <span class="paragraph-title">◆「日本でのキャリアをしっかりと」</span> 左利きのCBであるエンリケ。「まず大分の皆さんにしっかりとしたプレーを見せられるように、一生懸命な姿勢を見せ、100%で練習や試合に真摯に取り組んでいきたいと思います」と真面目な一面を見せた中、自身の特徴については「ビルドアップに自信があります」とコメント。さらに、「185cmという身長を生かして対人の強さだったり、カウンターの時もスピードもあるので、相手にも抜かれない良さを持っています」と守備面でも攻撃面でもチームに貢献できることをアピールした。 さらに「オーガナイズの部分では、チームメイトと声を掛け合って、最終ラインからオーガナイズし、チームをまとめることも得意としているので、大分でもしっかりと発揮できればと思っています」と語り、チームとしてもしっかりと機能できる部分もアピールしていた。 これまではブラジルではカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(1部)とセリエB(2部)でプレーし、ポルトガルのプリメイラ・リーガ(1部)でもプレーしてきたエンリケ。映像などで感じているJリーグのイメージは「Jリーグというのは非常にテンポも早いと感じています」と、多くの外国人選手と同様にスピードを口にした。 また「最近はイニエスタのような名選手がプレーしていることもあり、外国人選手でも結構有名な選手がプレーしている印象です」と語り、「その中でも自分も外国籍選手なので、100%を出して日本でのキャリアの挑戦というのをしっかりとやりたいと考えています」と語り、助っ人として結果を出すことに意欲を示した。 <span class="paragraph-title">◆「戦術が確立されたチームという印象」</span> そのエンリケだが、これまでのチームメイトにもJリーグでプレー経験がある選手がいたとのこと。さらに、FWエヴェラウド(鹿島アントラーズ)やMFヘナト・アウグスト(清水エスパルス)とはフィゲイレンセでチームメイトでもあり、色々な情報を聞いたという。 「ここ最近ではヘナト選手と話をして、いくつかのアドバイスというよりは良い部分を共有してもらっています。その中でもサッカーだけではなく、日本の治安の安定性、食事や勤勉さなどの文化についても良い情報を聞いて、そこをしっかりと自分の頭の中で想像できています」 「サッカーに関しては日本人の性格もあって、試合にはしっかり落ち着いて、予測し考えてプレーしないといけないということを聞いています。そういったところを自分が経験していくので、しっかりやっていきたいです」 先輩からのアドバイスも受け、Jリーグへの理解も深めているエンリケ。その中で、大分は戦術的にも理解が必要なサッカーを展開している。しかし、その点も戦術に優れているポルトガルでのプレーが生きるといい「自分が所属していたファマリカンでも戦術の理解度はかなり求められてきました」とコメント。「大分は最近の試合を見る限り、しっかり戦術が確立されたチームという印象です。片野坂監督が志向するスタイルが、自分の持ち味とマッチするようにできれば、左利きのCBとしてしっかりと機能できるのではないかと考えています」とコメント。チーム戦術の中で、しっかりと自身の特徴を出していきたいと意気込みを語った。 そんなエンリケだが、お手本にしているCBもいるという。「チアゴ・シウバやセルヒオ・ラモス、ダビド・ルイス、マルキーニョスを参考にしています」と、ブラジル人を中心に、ヨーロッパでも屈指のCBを参考にしているとのこと。「彼らはそれぞれの持ち味があるので良い部分をしっかり吸収できたらと思います」と、それぞれの個性を取り入れたいと語った。 まだ入国が叶っていない同僚になるMFペレイラとはフィゲイレンセのユース時代のチームメイトという偶然も。「ペレイラとは練習を通して毎日会話をして仲が良かったです」とコメント。「今回幸運なことに、ペレイラと一緒にトリニータに加入できてとても嬉しいです。ペレイラはボランチですが、しっかりと足元の技術もあるし、CBとしてもプレーできる。彼がもたらす武器というのはトリニータとして大きなものになると願っています」とコメント。2人の力がチームの後押しになることができれば、チーム目標の1桁順位も見えてくるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】隔離期間にトレーニングに励むエンリケ・トレヴィザン</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/oit20210404enrique_1.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸOITA F.C.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/oit20210404enrique_2.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸOITA F.C.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/oit20210404enrique_3.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸOITA F.C.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/oit20210404enrique_4.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸOITA F.C.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/oit20210404enrique_5.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸOITA F.C.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/oit20210404enrique_6.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸOITA F.C.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/oit20210404enrique_7.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">ⒸOITA F.C.<hr></div> 2021.04.04 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

代表帰りの三笘薫が2ゴール!川崎Fが大分に完勝!【明治安田J1第7節】

明治安田生命J1リーグ第7節、川崎フロンターレvs大分トリニータが3日に等々力陸上競技場で行われ、2-0で川崎Fが勝利した。 代表マッチウィークが明けて2週間ぶりに再開するリーグ戦。川崎Fは前々節のヴィッセル神戸戦で開幕からの連勝がストップしたが、前節の浦和レッズ戦では小林の2ゴールなどで5発圧勝し、いい流れで中断期間に入った。 対する大分は、中断直前のリーグ戦ではサンフレッチェ広島に逆転負けし2連敗。だが、その後のルヴァンカップでは徳島ヴォルティスに競り勝ち、この一戦を迎えた。 川崎Fの浦和戦からのスタメン変更はGKチョン・ソンリョンや田中を含めて4人。先発には代表帰りの山根や旗手、三笘が名を連ね、トップに入ったレアンドロ・ダミアンの開始3分のシュートでジャブを打っていく。 広島戦から先発2名変更の大分は5分、右サイドに抜け出した井上がゴールに迫るも、谷口の対応に遭ってチャンスを作れず。その後は徐々に川崎Fがペースを掴んでいく。18分には左からの折り返しを家長、21分には三苫がドリブルシュートを浴びせるが、どちらもDFのブロックに捕まりGKまで届かない。 それでも圧倒的にボールを支配し大分を攻め立てる王者。37分にはL・ダミアンが至近距離からシュートを放つも、GK高木が右足でビッグセーブ。だがその直後のFKで、左サイドの深い位置から脇坂がグラウンダーでクロスを入れると、混戦の中から三苫が相手の股を抜くシュートを突き刺し、先制に成功した。 後半も川崎Fが押し込む時間が続くが、所々で連携ミスが生じてなかなか決定機を作れない。すると57分、大分もようやく反撃に出る。右サイドのパス回しで相手を崩し、抜け出した町田の折り返しに渡邉。完璧な攻撃を見せたが、シュートは惜しくも右に外れた。 さらに61分には、速攻の流れからボールを持った渡邉がボックス手前左からシュートへ。相手に当たってCKになると、そのCKの流れで左から上がったクロスのこぼれ球を再び渡邉がシュート。これは手前のDFに当たってゴールとはならなかった。 流れを掴みかけた大分だったが、もったいない形から失点してしまう。66分、GKからパスを繋ぐ大分に対してプレスをかける川崎Fは、三笘がボックス手前で相手からボールを奪取。そのままシュートを流し込み、追加点を挙げた。 その後は徐々に下火となった大分の攻撃をかわしつつ、交代カードでフレッシュな選手を入れ替えながら支配を続けた川崎Fが危なげなく勝利。リーグ戦2連勝を収めた。一方の大分は3連敗となった。 川崎フロンターレ 2-0 大分トリニータ 【川崎F】 三笘薫(前39) 三笘薫(後21) 2021.04.03 20:57 Sat
twitterfacebook
thumb

大分GK吉田舜が負傷、右手舟状骨骨折で手術

大分トリニータは1日、GK吉田舜の負傷を発表した。 クラブの発表によると、吉田は3月15日のトレーニング中に負傷。大分市内の病院で検査を受けた結果、右手舟状骨骨折と診断。手術を受けたとのことだ。 なお、全治には3カ月を要する見込みで、経過を見ながらリハビリを開始するとのことだ。 2021.04.01 09:31 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly