広島、流通経済大から仙波大志&満田誠が来季加入内定! ともにユース育ち

2021.02.25 18:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サンフレッチェ広島は25日、流通経済大学に在学するMF仙波大志(21)、FW満田誠(21)の来季加入内定を発表した。広島県生まれの仙波は広島の下部組織育ち。熊本県生まれの満田も広島ユース在籍歴を持ち、両選手ともに高校卒業後、流通経済大学に進学した。


育った広島への凱旋となる両選手はクラブを通じて、それぞれ意気込みを語っている。

◆仙波大志
「このたび、サンフレッチェ広島に加入することになりました流通経済大学の仙波大志です。幼い頃から育てていただいたこのクラブで、また紫のユニフォームに袖を通して戦えることを大変嬉しく思います! 今まで支えてくださった方々に感謝し、サンフレッチェ広島に結果という形で恩返ししていきたいと思います。サンフレッチェファミリーの皆さま、よろしくお願いします!!」

◆満田誠
「来季からサンフレッチェ広島に加入することになりました満田誠です。小さい頃からの目標であったプロサッカー選手としてのキャリアをユース時代にお世話になったサンフレッチェ広島という素晴らしいクラブでスタートできることを嬉しく思います。これまでお世話になった方々へ恩返しができるように全力でプレーし、チームの勝利に少しでも貢献できるよう頑張ります。サンフレッチェ広島に関わるすべての皆さま、応援よろしくお願いします」
関連ニュース
thumb

名古屋がJ1記録の連続クリーンシートを9試合に更新!広島相手に今季5度目のウノゼロ勝利【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島が14日に豊田スタジアムで行われ、1-0で名古屋が勝利した。 AFCチャンピオンズリーグの影響で、前倒し開催となった今カード。11日に行われた第9節で大分トリニータに0-3で勝利した名古屋は、第2節以降無失点を継続し、J1新記録となる8試合連続無失点を達成。未だ無敗で首位の川崎フロンターレを猛追している。 一方の広島も、名古屋や川崎F同様無敗を続けていたが、10日の湘南ベルマーレ戦で初黒星。そんな両チームによる上位戦がミッドウィークに行われた。 立ち上がりは名古屋がチャンスを演出。7分に左サイドから仕掛けたマテウスのグラウンダーのクロスに柿谷が反応。ゴール前に飛び込んだが惜しくも合わせられず。 対して、なかなかボールが繋げられない広島はセットプレーから活路を探す。11分、敵陣中央左寄りの位置での浅野のクロスから、ボックス右の今津が折り返し、最後は野上がシュート。だが、ここは今津がオフサイドの判定となった。 試合が動いたのは22分。名古屋の左CKのシーンでマテウスがアウトスイングのクロスを入れると、目測を誤り中途半端に飛び出したGK大迫とDF今津がお見合い。その隙に丸山が頭で合わせてネットを揺らした。 失点後は広島も盛り返したものの、28分に川辺が放ったミドルシュートは枠の上へ。前半は互いに2本ずつのシュートにとどまったものの、唯一の枠内シュートが明暗を分けることとなった。 後半の立ち上がりは広島のペースに。50分過ぎにエゼキエウが放ったミドルシュートはGKの正面に。56分の左CKではジュニオール・サントスをターゲットにしたが、上手く合わせることはできなかった。 その直後に最初の選手交代を行った名古屋も隙を突いてゴールに迫る。58分、敵陣右サイドで稲垣がボールを奪い速攻へ。ボックス手前で柿谷と途中出場の阿部を経由してボックス左へボールが展開されると、最後はマテウスがフィニッシュ。しかし、惜しくも右ポストの外側を掠めた。 広島は64分に浅野と柴崎を下げてハイネルと青山を投入。するとここから広島のペースに。ポゼッションを高めて相手を押し込む中、72分にジュニオール・サントスがボックス手前からループシュートでゴールに迫る。続く74分には、エゼキエウのスルーパスで川辺がGKと一対一になりかけるが、ここは惜しくも追いつけず。 76分のFKの場面では、一度跳ね返されたボールを青山がゴール前に放り込むと、味方の落としを荒木がシュート。しかし、これもネットを揺らすことができず、その後は広島の勢いも衰えていく。 そして、6分の後半アディショナルタイムも逃げ切った名古屋が1-0で勝利。今季5度目のウノゼロ勝利を収めるとともに、J1記録の連続クリーンシートを9試合に更新した。敗れた広島は前節の初黒星から2連敗となった。 名古屋グランパス 1-0 サンフレッチェ広島 【名古屋】 丸山祐市(前22) <span class="paragraph-title">【動画】ウノゼロの真骨頂、名古屋DF丸山祐市の決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=b7v8evx09eaf1xya0l0w9stxu" async></script> 2021.04.14 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:名古屋vs広島】J1記録樹立の名古屋は9試合に伸ばすか? 連敗避けたい広島は風穴開けるか

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2021年4月14日(水) 19:30キックオフ 名古屋グランパス(23pt/2位) vs サンフレッチェ広島(16pt/6位) [豊田スタジアム] J1記録の8試合連続無失点を達成した名古屋が、前節初黒星を喫した広島を迎えての一戦。名古屋の記録は継続するか? ◆堅守でついにJ1記録達成なるか【名古屋グランパス】 前節はアウェイでの大分トリニータ戦となったが、結果は0-3で快勝。堅守を誇るチームは7試合連続無失点でこの試合に臨んだが、見事クリーンシートを達成。J1記録の8試合連続無失点を樹立した。 なお、今季唯一の失点は開幕戦のアビスパ福岡戦でDF吉田豊が記録したオウンゴールであり、相手チームにゴールを決められたことはまだない状況。その堅守で今節も勝利を目指す。 さらに、FW柿谷曜一朗にも移籍後初ゴールが生まれるなど、チームとしては明るい材料が多い。その中で、曲者である広島をホームに迎える。 チームとしてはこれまでと変わらない戦いを見せるだけ。その中でのキーマンになりそうなのは、攻守でチームを支えているMF稲垣祥だろう。日本代表にも選ばれた稲垣は、2、3月のJ1月間MVPも受賞。ノリに乗っている男が古巣相手にどんなパフォーマンスを見せるか楽しみだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、柿谷曜一朗、マテウス FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆堅守の名古屋をどうこじ開ける【サンフレッチェ広島】 前節はホームに湘南ベルマーレを迎えた一戦。拮抗した試合となったが、56分にMF田中聡にプロ初ゴールを許し、今季初黒星を喫した。 これまでの広島は4勝4分け1敗と五分の成績を残しているが、安定感がないのが気になるところだ。特に攻撃陣の調子によって結果が変わる中、チャンスメイクまではできるもののフィニッシュの精度が安定しないことが気になる。 今節の相手は名古屋だけに、完璧に封じられてしまう可能性もある中、強力なアタッカー陣がこじ開けることもある状況。どちらの広島が顔を出すのかに注目が集まる。 次節は週末には川崎フロンターレとの一戦も控えており、難敵との連戦。勢いづけるためにも、名古屋の堅守をこじ開けてゴールを奪いきれるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、井林章、荒木隼人、東俊希 MF:川辺駿、青山敏弘、森島司 FW:浅野雄也、ドウグラス・ヴィエイラ、エゼキエウ 監督:城福浩 <span class="paragraph-title">【動画】古巣戦を迎える名古屋MF稲垣祥のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1r84ixgikbqq81jghunm1299r3" async></script> 2021.04.14 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

FWジュニオール・サントスの広島への移籍で古巣が3250万円をゲット

フォルタレザが、サンフレッチェ広島FWジュニオール・サントス(26)の移籍により170万レアル(約3250万円)を受け取ることになったようだ。ブラジル『グローボ』が報じた。 ジュニオール・サントスは、イトゥアーノやポンチ・プレッタ、そしてフォルタレザでプレー。2019年7月にイトゥアーノから柏レイソルへと完全移籍で加入した。 2020年8月に横浜F・マリノスへと期限付き移籍すると、途中加入ながら明治安田生命J1リーグで22試合に出場し13ゴールを記録。チーム内得点王となっていた。 そのジュニオール・サントスは、横浜FMへの期限付き移籍を終えて今シーズンからはサンフレッチェ広島に完全移籍。ここまで明治安田J1で8試合に出場し2ゴール、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。 柏に移籍した際に所属していたのはイトゥアーノだったが、フォルタレザはジュニオール・サントスの保有権の25%を持っていたとのこと。そのため、広島へ移籍したことで170万レアルを受け取ることとなった。 フォルタレザは2019年にジュニオール・サントスの保有権の50%を100万レアル(約1910万円)で取得。そのうちの半分を売却したため、合計で270万レアル(約5160万円)をチームにもたらせたこととなる。 2021.04.13 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

田中聡がプロ初ゴール!無敗の広島を破った湘南が今季2勝目【明治安田J1第9節】

明治安田生命J1リーグ第9節、サンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレが10日にエディオンスタジアム広島で行われ、0-1で湘南が勝利した。 ここまで4勝4分けで無敗を維持する広島は、前節は横浜FCを浅野の2ゴールなど前半だけで3得点し快勝。4位に浮上した。2度目の連勝を目指す今節は、前節からスタメンを8名変更と、大幅なターンオーバーを行った。 対する湘南はここ3試合引き分け続き。ここまでわずか1勝で、暫定15位という状況だ。5試合ぶり勝利を目指す今節はのスタメンは3名変更となった。 試合は序盤からボールを持って攻撃の形を作る広島と、しっかりブロックを敷いて守りから入る湘南という構図に。広島は幾度かCKやリーグ戦4試合ぶりの先発出場となった柏のシュートなどの攻撃を見せるが、いずれも相手を脅かすまでには至らない。 一方で守勢に回る湘南も、17分の高橋のミドルシュートを除けばチャンスラシイチャンスはない。 あまり動きのない前半だったが広島は40分、右サイドから切り込んだ藤井の縦パスをドウグラス・ヴィエイラがスルーし、反応した柏がシュートへ。前半最大の決定機を迎えると、42分には青山のミドルシュートが炸裂。ここはGKに弾かれたが、ゴールの匂いを窺わせながら後半へ向かう。 ハーフタイムには両チームともテコ入れ。広島は藤井を下げて森島、湘南は茨田と石原直樹を下げて名古と町野を投入すると、この交代が功を奏したのは湘南だった。 56分、敵陣中央でボールを奪った田中が、ボックス手前で町野とワンツー。これで守備の網を掻い潜りゴール前に侵入した田中が左足で蹴り込み、湘南が先制に成功した。 これを受けて広島は59分に一挙に3枚替え。ハイネル、ドウグラス・ヴィエイラ、柏を下げて、川辺、ジュニオール・サントス、浅野と、休ませていた主力を投入する。 ここから盛り返したい広島だが、62分の長沼のシュートは大きく枠を越え、64分のCKでは森島のクロスに井林が頭で合わせたが、こちらも枠を捉えられず。 さらに79分にはジュニオール・サントスが単騎突破を見せるが、湘南もシュートまでは許さず上手く対応。その後は殊勲の田中を下げて大岩を送り出し、守備固めに入る。 そして、4分のアディショナルタイムも過ぎ試合終了。湘南は第4節のベガルタ仙台戦以来、今季2勝目。広島は初黒星となった。 サンフレッチェ広島 0-1 湘南ベルマーレ 【湘南】 田中聡(後11) 2021.04.10 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:広島vs湘南】気がつけば8戦無敗の広島、下位相手の連勝で上位対決に勢いを

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月10日(土) 14:00キックオフ サンフレッチェ広島(16pt/4位) vs 湘南ベルマーレ(6pt/15位) [エディオンスタジアム広島] 開幕から8戦無敗の広島。3試合連続ドローの湘南をホームに迎え連勝を目指す。 ◆難敵との対決前に勢いづくか【サンフレッチェ広島】 前節は横浜FCを相手に浅野雄也が2ゴールを記録するなど、前半だけで3得点を奪い快勝を収めた広島。気がつけば開幕から8戦無敗で4位に位置している。 開幕直後は昨シーズンの悪癖が出て勝ち切れない試合が続き、今シーズンも不穏な空気が立ち込めていたが、ここ5試合では3勝2分けと勝利を手にし、上位争いに食い込んでいる。 前々節からトライしている[4-3-3]のシステムもハマり、前節は右ウイングの浅野が2得点の活躍。チームとしてのバランスも取れ、勝利を掴んでいる事も自信に繋がっているはずだ。 横浜FCに続き、下位との対決が続くことになるが、次節は名古屋グランパス、その次は川崎フロンターレとトップ2との対戦が待ち受けている。その前にしっかりと連勝を記録し、勢いをつけることができるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、今津佑太、東俊希 MF:川辺駿、青山敏弘、森島司 FW:浅野雄也、ドウグラス・ヴィエイラ、ジュニオール・サントス 監督:城福浩 ◆奮起を期待したい攻撃陣【湘南ベルマーレ】 直近の3試合は全て引き分けている湘南。開幕3連敗から比べれば、チームの戦い方も確立され、着実に勝ち点を奪えるようになってきていると言えるだろう。 特に守備面は整理され、セレッソ大阪、横浜F・マリノス、名古屋グランパスとの3連戦をわずか1失点に抑えていることは大きく評価できる点だ。オーガナイズされた守備が身を結んでいると言って良いだろう。 一方で、やはり攻撃陣は相変わらずと言ったところだろう。とにかくゴールが奪えないという悩みは今シーズンも継続してしまっている状況。相手ゴールに迫るシーンがとにかく少ないため、少ないチャンスを決め切る力が求められている。 期待のFWウェリントンがついに来日し、Jリーグバブルによる隔離期間を経ればチームへ合流するはず。早ければゴールデンウィークあたりで出番が来るかもしれない。 そこまでにしっかりと攻撃の形を作っておきたいところ。守備陣が奮闘しているだけに、前線がもう少し精度を高められるかがカギとなる。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:大岩一貴、石原広教、大野和成 MF:岡本拓也、田中聡、高橋諒 MF:名古新太郎、山田直輝 FW:町野修斗、大橋祐紀 監督:浮嶋敏 出場停止:三幸秀稔 <span class="paragraph-title">【動画】広島MF浅野雄也が左足一閃</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1fdgsa4l329431iixw6616j8he" async></script> 2021.04.10 10:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly