レーティング: アタランタ 0-1 レアル・マドリー《CL》

2021.02.25 06:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、アタランタvsレアル・マドリーが24日に行われ、0-1でレアル・マドリーが先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし▽アタランタ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
95 ゴッリーニ 6.0
カゼミロのヘディングシュートを好守で阻止


DF
2 トロイ 6.5
無理の効く守備で耐え凌いでいた

17 ロメロ 6.0
フロイラー退場後はライン設定を深くして1失点に凌ぐ

19 ディムスティ 6.5
アセンシオの突破を全く許さなかった

MF
3 メーレ 6.0
堅実に守備に奔走した

(→パロミーノ -)

15 デ・ルーン 6.0
相棒のフロイラーが退場した中、中盤を締める

32 ペッシーナ 6.0
フロイラー退場後はボランチでプレー。運動量豊富にボールホルダーを追いかけた

11 フロイラー 4.5
やや厳しい判定だったが、痛恨の退場

8 ゴセンズ 6.0
自身のサイドを破られることはなかった

FW
9 ムリエル 5.5
守備に追われ過ぎてカウンターの起点になることはできず

(→イリチッチ 4.5)
軽いプレーが多く途中出場ながら屈辱の交代を命じられる

(→マリノフスキー -)

91 D・サパタ 5.5
単騎で何度か打開を仕掛けた

(→パシャリッチ 5.5)
ボールホルダーにプレスに行き続けた

監督
ガスペリーニ 5.5
退場者を出した中、アウェイゴールを与えない采配に出るも実らず

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 クルトワ 5.5
守備機会なし

DF
17 L・バスケス 5.5
攻撃面でもう少しアクセントを付けたかった

5 ヴァラン 6.0
余裕を持ったプレーでチーム全体を押し上げた

6 ナチョ 6.0
意外な攻撃参加がアクセントに

23 F・メンディ 7.0
フロイラーを退場に追い込む抜け出しを見せ、決勝弾をマーク

MF
10 モドリッチ 6.0
さすがのゲームメーク力で中盤を支配、シュートも狙っていった

14 カゼミロ 6.0
リスクを負って攻撃参加に出ていた

8 クロース 6.0
モドリッチ、イスコらと共に中盤を制圧

FW
11 アセンシオ 5.0
今日に関しては目立たなかった

(→アリーバス -)

22 イスコ 6.0
中盤に降りてポゼッションを安定させた

(→ウーゴ・ドゥロ -)

20 ヴィニシウス 6.0
コンスタントにボールに絡み、フロイラーを退場に追い込むスルーパスを通す

(→マリアーノ 5.0)
スペースがなく生きない展開だった

監督
ジダン 6.0
苦しい台所事情の中、イスコの最前線起用が奏功。ただ、マリアーノ投入は失敗だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
メンディ(レアル・マドリー)
退場を誘発し、貴重なアウェイゴール獲得と文句なしのマン・オブ・ザ・マッチ。

アタランタ 0-1 レアル・マドリー
【レアル・マドリー】
F・メンディ(後41)
関連ニュース
thumb

アタランタ指揮官ガスペリーニ、ドーピング検査官侮辱で20日間の監督資格停止か

アタランタのジャンピエロ・ガスペリーニ監督が、20日間の監督資格停止処分を受ける可能性があるようだ。 イタリア『ANSA』によれば2月7日にアタランタの選手たちに対して行われた抜き打ちのドーピング検査時、ガスペリーニ監督は検査官を侮辱し、選手たちに検査をする必要はないと主張したとのことだ。 結果的に当時検査を受けた4選手はいずれも陰性だったが、検査官はガスペリーニ監督の言動を問題視し、提訴に至ったとのことだ。 5月10日に行われるヒアリング次第で、最大で6カ月の監督資格停止処分を受ける可能性もあるとのことだが、現状では20日間の監督資格停止が濃厚とのことだ。仮に検査官側の主張が通ると、5月19日に行われるコッパ・イタリア決勝ユベントス戦で指揮を執れない可能性があるとのことだ。 2021.04.14 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタ、PK弾でフィオレンティーナに競り勝ち4位死守《セリエA》

アタランタは11日、セリエA第30節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。 前節ウディネーゼ戦をコロンビアン2トップのゴールで逃げ切り勝利とした4位アタランタ(勝ち点58)は、5位ナポリが今節勝利しているため、暫定ながらチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に後退。4位死守のためには勝利が必須の中、前節に続きサパタとムリエルの2トップで臨み、4バックを採用した。 監督交代のあった14位フィオレンティーナ(勝ち点30)に対し、立ち上がりからアタランタが攻勢に出ると、13分に先制した。右CKからサパタのヘディングシュートが決まった。 先制後も主導権を握っていたアタランタだったが、26分にピンチ。FKからカセレスのヘディングシュートでゴールに迫られた。 それでも30分にマリノフスキーのパスを受けたサパタがGK強襲のシュートを浴びせて追加点に迫ると、40分に突き放した。マリノフスキーの浮き球パスに抜け出したサパタがGKとの一対一を制した。 迎えた後半、アタランタは57分に失点する。サイド攻撃で揺さぶられ、カセレスのヘッドでの落としをヴラホビッチにボレーで叩き込まれた。 さらに67分、アタランタは同点に追いつかれてしまう。スルーパスに抜け出したクアメにディムスティが入れ替わられ、ラストパスを受けたヴラホビッチに決められた。 それでも1分後、アタランタがすかさずPKを獲得する。イリチッチの仕掛けを起点にボックス内のクアルタのハンドを誘った。このPKをイリチッチが決めて勝ち越したアタランタが3-2のまま逃げ切り。4位の座を死守している。 2021.04.12 05:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アメリカ4大ネットワークで史上初のセリエAが放送!

アメリカの4大ネットワーク(テレビ局)で、初めてセリエAの試合が放送されることとなった。『フットボール・イタリア』が報じた。 その試合は11日に行われるセリエA第30節のフィオレンティーナvsアタランタの一戦。この試合が、アメリカのテレビ放送史に名を残すこととなる。 アメリカ4大ネットワークとは、『ABC』、『CBS』、『NBC』、『FOX』の4社のこと。今回の一戦は、『ABC』で放送されることが決定している。 今回の放送決定の背景には、フィオレンティーナのオーナーであるロッコ・コミッソ氏が絡んでいる状況。2019年6月にオーナーとなったコミッソ氏は、アメリカの通信事業会社『Mediacom』を創業し、現在は最高経営責任者(CEO)を務めている。 また、アメリカの経済紙『フォーブス』に紹介されたこともある世界的大富豪としても知られており、今回の歴史的な偉業に関与しているようだ。 なお、今シーズンの両者は2020年12月13日の第11節で対戦しており、アタランタがホームで3-0と勝利を収めている。 2021.04.10 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタのペッシーナがコロナ感染…イタリア代表では7人目に

アタランタは7日、イタリア代表MFマッテオ・ペッシーナ(23)が新型コロナウイルスに感染したことを報告した。 声明によると、6日に行われた検査で陽性が判明。症状はなく、現在はプロトコルに従って隔離された状態にあるとのことだ。 今季のペッシーナは、アタランタで公式戦32試合に出場。コッパ・イタリアのナポリとの準決勝2ndレグでは2ゴールを挙げて、決勝進出に貢献していた。 この活躍から、先月末のインターナショナルブレイクの際にイタリア代表に招集され、ワールドカップ予選の3試合に出場。31日に行われたリトアニア代表戦では初の先発出場も果たしていた。 ところがそのイタリア代表では、現在新型コロナクラスターが発生中。MFマルコ・ヴェッラッティ、DFアレッサンドロ・フロレンツィのパリ・サンジェルマン勢をはじめ、ユベントスのDFレオナルド・ボヌッチとFWフェデリコ・ベルナルデスキ、そしてフライブルクのMFヴィンチェンツォ・グリフォも後のクラブの検査で感染が判明しており、ペッシーナで7人目の感染者となった。 2021.04.07 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、最下位クロトーネに大苦戦も打ち合い制してアタランタを追走《セリエA》

ナポリは3日、セリエA第29節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、4-3で競り勝った。 前節ローマとのデルビー・デル・ソーレを快勝し、ここ5試合で4勝目を挙げた5位ナポリ(勝ち点53)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位アタランタを2ポイント差で追う中、クリバリを出場停止で欠いた以外はベストメンバーで臨んだ。 最下位クロトーネ(勝ち点15)に対し、最前線にオシムヘン、2列目に右からポリターノ、メルテンス、インシーニェと並べたナポリが開始4分にバカヨコのコントロールシュートでゴールに迫る。 そして勢いそのまま19分に先制した。右サイドを上がったディ・ロレンツォのマイナスクロスをインシーニェがダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。 さらに22分、ファビアン・ルイスの浮き球パスをゴールエリア左に走り込んだインシーニェが折り返し、最後はオシムヘンが押し込んでナポリに追加点が生まれる。 その後、25分にシミーにゴールを許したナポリだったが、34分に3点目。ボックス手前左で得たFKをメルテンスが直接沈めた。 しかし前半終盤の43分、CKの流れからシミーに再びゴールを許し、前半を3-2で終えた。 迎えた後半もナポリが押し込む展開となっていたが、59分にミスから同点とされる。マクシモビッチがシミーにボールをかっさらわれてそのままゴールを許し、試合を振り出しに戻されてしまう。 それでも72分、ナポリが勝ち越す。ボックス右でパスを受けたディ・ロレンツォがカットインから左足のシュートでネットを揺らした。 これが決勝点となってナポリが勝利。最下位のクロトーネに大苦戦を強いられたが勝利を掴み、上位陣を追走している。 2021.04.04 00:24 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly