ボルシアMG戦控えるグアルディオラ、18連勝中も驕り見せず「目の前の試合に集中する」

2021.02.24 18:44 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
目下絶好調のマンチェスター・シティだが、ジョゼップ・グアルディオラ監督に全く油断はないようだ。

24日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでボルシアMG戦が控えるシティ。現在公式戦18連勝と破竹の勢いを見せており、下馬評ではシティの圧倒的有利との見方が強い。

しかしグアルディオラ監督は、ボルシアMG戦も同じ90分の試合であることを強調。次のラウンドや他のコンペティションのことは考えず、これまで同様のアプローチで臨むと話した。クラブ公式サイトが伝えている。

「これも同じ90分の試合だ。我々は良い試合をして、良い結果を得られるよう努力する。それから(次戦の)ウェストハム戦のことを考える」

「我々は良いプレーをしたいという強い願望を持っている。それはこの大会だけではなく、アーセナルやエバートン戦でもそうだった。我々がしなければならないことだ」

「もし我々が勝ちに値すれば、リードを得て2ndレグを戦うことができる。自分たちの実力が十分であれば、このラウンドを突破する。それ以上の期待はしていないし、我々は目の前の試合以外にはフォーカスしていない」

また、対戦相手であるボルシアMGについても言及。選手たちにとっては対戦経験の少ないチームだが、プレミアリーグの試合との違いはないと見解を述べた。

「プレミアリーグのように90分間集中しなければならない。唯一の違いは、選手たちがボルシアMGの選手たちのことをそれほどよく知らないということだ」

「だから紹介しないといけないだろう。選手たちは、彼らのことをもう少しよく知る必要がある。レアル・マドリー、シャフタール・ドネツク、インテルがいる厳しいグループの中で、彼らは信じられないほど良くやった」

「しかし、だからといって特別なことは何もない。ここ数ヶ月と同じように準備するだけだ」


関連ニュース
thumb

PL王者シティがマフレズの圧巻FK弾などでPSM初戦で快勝!

マンチェスター・シティは27日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノースエンドとのプレシーズンマッチに臨み、2-0で勝利した。 昨シーズンのプレミアリーグ王者であるシティは、リーグ連覇と昨季あと一歩まで迫ったチャンピオンズリーグ(CL)制覇を目指す。その新シーズンに向けたプレシーズンマッチ初戦ではプレストンと対戦した。 ユーロ2020、コパ・アメリカ2021に多くの主力選手を送り出した中、ジョゼップ・グアルディオラ監督はこの初戦に向けてMFフェルナンジーニョ、FWリヤド・マフレズ、DFバンジャマン・メンディ、DFジョアン・カンセロと前述の大会に不参加だったメンバーと、ユーロ決勝トーナメントで早い段階でチームが敗退となったDFルベン・ディアス、DFナタン・アケがスタメンで起用された。 立ち上がりから押し気味に試合を進める中、若手が前線に並んだ影響もあり、決定機まであと一歩という状況が続く。だが、25分にはボックス手前右の好位置で得たFKをキッカーのマフレズが見事な左足のシュートを右上隅の完璧なコースに突き刺し、先制に成功した。 以降も主導権を渡さないシティはカンセロ、マフレズ、メンディの鮮やかな連携から最後はゴール前のMFコール・パーマーに2点目のチャンスが訪れるなど、相手ゴールに迫ったが、1点リードで試合を折り返した。 後半は前述の主力を下げてほぼ若手主体のメンバー構成で臨んだ中、64分にはMFジェームズ・マカティーのラストパスに反応したMFサミュエル・エドジーがゴール左から冷静にニア下にシュートを流し込み、追加点を奪い切った。 その後、相手の反撃を危なげなく抑え込んだシティが2-0のスコアでプレシーズンマッチ初戦を快勝で飾った。 なお、グアルディオラ監督は試合後、クラブ公式サイトを通じて今回の一戦を以下のように振り返っている。 「我々はトップチームから3、4人しか出ていない中で適応しなければならなかった」 「毎週、プレーヤーがやってくる。願わくば、彼らができるだけ早く戻ってきて、トレーニングし、休んだり隔離したりする必要がないようにしたい」 「11日後にはコミュニティ・シールドがあるから、時間がないことはわかっているよ」 「(全体のパフォーマンスに関して)本当に良かった。本当に嬉しいよ」 「トップチームの数人のプレーヤーが、たった2回のトレーニングに参加しただけだった」 「セカンドチームのほとんどのプレーヤーは(コロナウイルスの感染防止対策で)10日間隔離されていたため、信じられないほどの準備不足だったが、彼らは本当によくやってくれたよ」 なお、クラブ内で新型コロナウイルスの陽性判定者が出た影響でフランスへの遠征を中止したシティは、今週末にチャンピオンシップのバーンズリーとのプレシーズンマッチに臨む。 マンチェスター・シティ 2-0 プレストン 【マンチェスター・シティ】 マフレズ(25分) エドジー(64分) 2021.07.28 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ所属のFW食野亮太郎、新シーズンもポルトガル1部でプレーへ

マンチェスター・シティに所属するFW食野亮太郎(23)だが、新シーズンもポルトガルでプレーを続けるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 ガンバ大阪の下部組織出身の食野は、2017年2月にトップチーム昇格。2019年8月にその才能が認められ、マンチェスター・シティへと移籍した。 移籍加入と同時にスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)へとレンタル移籍。公式戦21試合に出場し3ゴール1アシストを記録すると、2020-21シーズンはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のリオ・アヴェへとレンタル移籍する。 リオ・アヴェでは公式戦24試合で4ゴールを記録。チームは残留争いをする中、プレーオフで敗れて降格が決定。食野はハーツに続き2年連続で降格を味わった。 東京オリンピック世代の食野は最終選考となった6月のU-24日本代表の活動に招集されるも、五輪メンバーからは落選。新シーズンの去就が注目されていた。 『O Jogo』によると、食野の獲得に動いているのは新シーズンから昇格するエストリルとのこと。すでにシティとエストリルは食野のレンタル移籍で合意しているとのこと。近日中に正式発表されるとのことだ。 2021.07.27 11:37 Tue
twitterfacebook
thumb

シティのPSMが新型コロナの影響で中止に、フランスからの帰国時に10日間の隔離期間が必須に

マンチェスター・シティは21日、トロワとのプレシーズンマッチを中止にすることを発表した。 シティ・フットボール・グループ(CFG)同士のプレシーズンマッチは、7月31日に開催予定。フランスで実施される予定だった。 しかし、イギリス政府による渡航制限が改定され、フランスからの帰国者は10日間の隔離措置を取らなければいけない状況となったため、今回の親善試合をキャンセすることになったという。 シティは27日にプレストンとのプレシーズンマッチがあるが、2020-21シーズンのプレミアリーグ王者であるシティは、8月7日にFAカップ王者のレスター・シティとのコミュニティ・シールドが控えており、10日間の隔離期間中に試合が行われることとなるためにキャンセルとなった。 なお、プレミアリーグの開幕戦は8月15日にトッテナムと行われる。 シティはここまでプレシーズンマッチを行なっておらず、27日のプレストン線が、シーズン開幕前の最初で最後のプレシーズンマッチとなるようだ。 2021.07.22 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

兄を追い掛けシティからヴォルフスブルクへ、MFフェリックス・エンメチャが完全移籍

ヴォルフスブルクは21日、マンチェスター・シティの元U-19イングランド代表MFフェリックス・エンメチャ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。 フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2024年6月30日までの3年間。背番号は「22」をつける。 エンメチャはハンブルク出身で、ドイツとイングランドにルーツを持ち、2008年にシティの下部組織に加入した。ファーストチームには昇格していないものの、FAカップ、EFLカップ、チャンピオンズリーグでそれぞれ1試合に出場し1ゴールを記録している。 シティのU-23チームでは47試合に出場し15ゴール5アシスト。トップ下やセントラルミッドフィルダーでプレーした。 また、世代別の代表ではU-16、U-18、U-19のイングランド代表と、U-18、U-19のドイツ代表を経験している。 エンメチャは今回の移籍について「ここに来られて嬉しい。ヴォルフスブルクが僕を信頼してくれたことに感謝する。チームのために最善を尽くし、成功する準備ができている」とコメントしている。 なお、今夏ヴォルフスブルクは兄のU-21ドイツ代表FWルーカス・エンメチャ(22)もシティから完全移籍で獲得しており、兄弟揃ってヴォルフスブルクへと活躍の場を移すこととなった。 2021.07.22 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

シティが19歳のポルトガル代表SBヌーノ・メンデスに興味! スポルティングは54億円要求の姿勢か

マンチェスター・シティが、スポルティング・リスボンのポルトガル代表DFヌーノ・メンデス(19)に興味を示しているようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 スポルティング生え抜きのヌーノ・メンデスは2020年6月のリーグ戦でトップチームデビュー。当時同じポジションでレギュラーだったDFマルコス・アクーニャの負傷離脱で出番が回ってくると、瞬く間に監督の信頼を掴み、その後のリーグ戦全9試合に出場。そのうち8試合は先発だった。 シーズン終了後にアクーニャがセビージャに移籍したことで、昨季は完全に定位置を掴み公式戦35試合に出場。また、今年の3月にはポルトガル代表デビューも果たし、ユーロ2020にもメンバー入り。出場機会はなかったが、今後の成長が期待される大器として注目されている。 そして、いち早く目をつけたのがシティだ。将来的に左サイドバックを担う逸材として先行投資を考えているようだ。しかし、ロマーノ氏によるとスポルティングは5000万ユーロ(約54億5000万円)の値札を貼っているようで、少なくとも3000万ユーロ(約38億7000万円)以下のオファーは受け付けないとのことだ。 2021.07.19 20:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly