【CLプレビュー】最激戦区突破の古豪が公式戦18連勝中の優勝候補に挑戦!《ボルシアMGvsマンチェスター・シティ》

2021.02.24 18:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ボルシアMGvsマンチェスター・シティが日本時間24日29:00に中立地ブダペストのプスカシュ・アレーナでキックオフされる。グループステージ最激戦区を突破したブンデスリーガの古豪が、現時点で優勝最有力のプレミア首位チームをホームで迎え撃つ一戦だ。

ボルシアMGは2016-17シーズン以来の参戦となったCLでレアル・マドリー、インテル、シャフタールと格上3チームと同居したグループBに入った。下馬評ではグループ4番手の評価も、序盤から堂々たる戦いぶりを見せると、最終節を残して全チームに突破の可能性があった大混戦をマドリーに次ぐ2位で通過し、前身UEFAチャンピオンズカップ時代の1977-78シーズン以来となる決勝トーナメントに駒を進めた。

ただ、ブンデスリーガの戦いにおいてはCL出場圏内のフランクフルトと9ポイント差の8位に甘んじるなど、苦しい戦いが続く。とりわけ、直近はケルンとのライン・ダービー、格下マインツに敗れるなど、2敗2分けの4戦未勝利と不振にあえぐ。さらに、先週にはマルコ・ローゼ監督の今季限りでの退団および来季のドルトムント行きが発表されており、その影響も気がかりなところだ。

一方のシティはポルト、マルセイユ、オリンピアコスと同居したグループCに入った。同期間には国内リーグで苦戦していたが、CLの舞台においては5勝1分けの無敗で余裕の首位通過を決めた。

さらに、昨年12月半ば以降ではプレミアリーグ13連勝、公式戦18連勝と攻守両面で全く隙のない圧巻の戦いぶりをみせ、プレミアリーグでは2位以下に10ポイント差を付ける独走状態を築き上げている。ここ数試合ではリバプール、トッテナム、エバートン、アーセナルと厳しい相手との連戦が続いたが、いずれも説得力のある内容で危なげなく勝ち切っている。

なお、両者の対戦成績はシティの3勝1敗2分け。2016-17シーズンのグループステージで実現した直近の対戦ではシティホームの初戦がFWアグエロのハットトリックの活躍でホームチームが4-0の圧勝。ただ、ボルシアMGホームの2戦目は1-1のドローに終わっている。

ちなみに、今回の一戦はドイツとイギリスの新型コロナウイルス感染防止措置の渡航制限によって中立地ハンガリーでの開催となる。

◆ボルシアMG◆
【4-2-3-1】
▽ボルシアMG予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ゾンマー
DF:ライナー、ギンター、エルベディ、ベンセバイニ
MF:クラマー、ノイハウス
MF:ホフマン、シュティンドル、テュラム
FW:プレア

負傷者:DFドゥクレ、FWテュラム
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはマッチフィットネスに問題を抱えるドゥクレが起用できない。軽傷を抱えるテュラムに関しては間に合うものの、先発か途中投入か微妙な状況だ。

システムに関しては[4-4-2(4-3-1-2)]や、[3-5-2]などのオプションもあるが、より攻守のバランス、前線からのプレスに向いている[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。スタメンに関してはテュラムの状態次第でヴォルフやヘアマンが代役を担うことになる。

◆マンチェスター・シティ◆
【4-3-3】
▽マンチェスター・シティ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:エデルソン
DF:ウォーカー、ストーンズ、ルベン・ジアス、カンセロ
MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン
FW:フォーデン、ガブリエウ・ジェズス、スターリング

負傷者:DFアケ
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してもマッチフィットネスに問題があるアケ以外、全選手が起用可能な状況だ。

スタメンに関してはほぼ全員が好調を維持しており、グアルディオラ監督にとっては悩ましい選考となるが、アーセナル戦で温存されたウォーカー、ロドリ、フォーデンの3選手と、30分ほどのプレータイムとなったガブリエウ・ジェズスのスタメン起用を予想する。アーセナル戦で負傷明け後初スタメンを飾ったものの、ブランクを感じさせるパフォーマンスとなったデ・ブライネに関しては継続起用とみる。

★注目選手
◆ボルシアMG:MFフロリアン・ノイハウス
Getty Images

ボルシアMGの注目プレーヤーは若き司令塔のノイハウスだ。2018-19シーズンからセントラルMFの絶対的な主力に君臨する23歳は、高精度の右足とパスセンスに加え、ローゼ監督の下で運動量、プレー強度にも磨きをかけており、MFトニ・クロースの後継者としてドイツ国内でも高い評価を受ける大器だ。さらに、今季は得意のミドルシュートや2列目、3列目からの飛び出しでより決定的な仕事を見せている。

劣勢必至の中で戦う今回のシティ戦ではチーム全体で前から圧力をかける勇敢な戦い方を選択することが想定される。その中でノイハウスにはクラマーと共に最も運動量とインテンシティが求められるところ。さらに、攻撃の局面では相手のハイラインの裏を狙う味方に持ち味のミドルレンジの正確なパスを通し、決定機を演出する仕事が期待される。

今季のリーグ戦ではいずれも勝利したバイエルン戦で1ゴール、ドルトムント戦で2アシストとビッグマッチで決定的な仕事を果たしており、その勝負強さで優勝候補筆頭を相手に好結果を残せるか。

◆マンチェスター・シティ:DFルベン・ジアス
Getty Images

シティの注目プレーヤーは若きディフェンスリーダーのルベン・ジアス。昨夏、6800万ユーロの移籍金でベンフィカから鳴り物入りで加入した23歳は、加入直後から世界で最も難解とされるスペイン人戦術家の戦術に適応。以降、センターバックの絶対的な主力に君臨。そして、覚醒したストーンズと本格的にコンビを組み始めた昨年11月下旬以降、攻守両面で異次元のパフォーマンスを継続中だ。

ベンフィカ時代からライン統率、対人守備に定評があったが、シティ加入後はベンフィカやポルトガル代表で共にプレーしてきた守護神GKエデルソン、カンセロらと共に高い戦術眼、攻撃センスを発揮。立ち位置の妙、優れた判断力を武器に、最後尾からまるで司令塔のようなゲームメイクまで披露している。

終始押し込む展開が予想される敵地での一戦ではカウンターから一発を狙う相手に対して、ストーンズと共にリスク管理がまず求められるところだ。また、前から相手が嵌めに来るビルドアップの場面では直近のアーセナル戦で見せたような局面を変える判断、プレーを期待したい。

関連ニュース
thumb

PL王者シティがマフレズの圧巻FK弾などでPSM初戦で快勝!

マンチェスター・シティは27日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノースエンドとのプレシーズンマッチに臨み、2-0で勝利した。 昨シーズンのプレミアリーグ王者であるシティは、リーグ連覇と昨季あと一歩まで迫ったチャンピオンズリーグ(CL)制覇を目指す。その新シーズンに向けたプレシーズンマッチ初戦ではプレストンと対戦した。 ユーロ2020、コパ・アメリカ2021に多くの主力選手を送り出した中、ジョゼップ・グアルディオラ監督はこの初戦に向けてMFフェルナンジーニョ、FWリヤド・マフレズ、DFバンジャマン・メンディ、DFジョアン・カンセロと前述の大会に不参加だったメンバーと、ユーロ決勝トーナメントで早い段階でチームが敗退となったDFルベン・ディアス、DFナタン・アケがスタメンで起用された。 立ち上がりから押し気味に試合を進める中、若手が前線に並んだ影響もあり、決定機まであと一歩という状況が続く。だが、25分にはボックス手前右の好位置で得たFKをキッカーのマフレズが見事な左足のシュートを右上隅の完璧なコースに突き刺し、先制に成功した。 以降も主導権を渡さないシティはカンセロ、マフレズ、メンディの鮮やかな連携から最後はゴール前のMFコール・パーマーに2点目のチャンスが訪れるなど、相手ゴールに迫ったが、1点リードで試合を折り返した。 後半は前述の主力を下げてほぼ若手主体のメンバー構成で臨んだ中、64分にはMFジェームズ・マカティーのラストパスに反応したMFサミュエル・エドジーがゴール左から冷静にニア下にシュートを流し込み、追加点を奪い切った。 その後、相手の反撃を危なげなく抑え込んだシティが2-0のスコアでプレシーズンマッチ初戦を快勝で飾った。 なお、グアルディオラ監督は試合後、クラブ公式サイトを通じて今回の一戦を以下のように振り返っている。 「我々はトップチームから3、4人しか出ていない中で適応しなければならなかった」 「毎週、プレーヤーがやってくる。願わくば、彼らができるだけ早く戻ってきて、トレーニングし、休んだり隔離したりする必要がないようにしたい」 「11日後にはコミュニティ・シールドがあるから、時間がないことはわかっているよ」 「(全体のパフォーマンスに関して)本当に良かった。本当に嬉しいよ」 「トップチームの数人のプレーヤーが、たった2回のトレーニングに参加しただけだった」 「セカンドチームのほとんどのプレーヤーは(コロナウイルスの感染防止対策で)10日間隔離されていたため、信じられないほどの準備不足だったが、彼らは本当によくやってくれたよ」 なお、クラブ内で新型コロナウイルスの陽性判定者が出た影響でフランスへの遠征を中止したシティは、今週末にチャンピオンシップのバーンズリーとのプレシーズンマッチに臨む。 マンチェスター・シティ 2-0 プレストン 【マンチェスター・シティ】 マフレズ(25分) エドジー(64分) 2021.07.28 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ所属のFW食野亮太郎、新シーズンもポルトガル1部でプレーへ

マンチェスター・シティに所属するFW食野亮太郎(23)だが、新シーズンもポルトガルでプレーを続けるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 ガンバ大阪の下部組織出身の食野は、2017年2月にトップチーム昇格。2019年8月にその才能が認められ、マンチェスター・シティへと移籍した。 移籍加入と同時にスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)へとレンタル移籍。公式戦21試合に出場し3ゴール1アシストを記録すると、2020-21シーズンはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のリオ・アヴェへとレンタル移籍する。 リオ・アヴェでは公式戦24試合で4ゴールを記録。チームは残留争いをする中、プレーオフで敗れて降格が決定。食野はハーツに続き2年連続で降格を味わった。 東京オリンピック世代の食野は最終選考となった6月のU-24日本代表の活動に招集されるも、五輪メンバーからは落選。新シーズンの去就が注目されていた。 『O Jogo』によると、食野の獲得に動いているのは新シーズンから昇格するエストリルとのこと。すでにシティとエストリルは食野のレンタル移籍で合意しているとのこと。近日中に正式発表されるとのことだ。 2021.07.27 11:37 Tue
twitterfacebook
thumb

シティのPSMが新型コロナの影響で中止に、フランスからの帰国時に10日間の隔離期間が必須に

マンチェスター・シティは21日、トロワとのプレシーズンマッチを中止にすることを発表した。 シティ・フットボール・グループ(CFG)同士のプレシーズンマッチは、7月31日に開催予定。フランスで実施される予定だった。 しかし、イギリス政府による渡航制限が改定され、フランスからの帰国者は10日間の隔離措置を取らなければいけない状況となったため、今回の親善試合をキャンセすることになったという。 シティは27日にプレストンとのプレシーズンマッチがあるが、2020-21シーズンのプレミアリーグ王者であるシティは、8月7日にFAカップ王者のレスター・シティとのコミュニティ・シールドが控えており、10日間の隔離期間中に試合が行われることとなるためにキャンセルとなった。 なお、プレミアリーグの開幕戦は8月15日にトッテナムと行われる。 シティはここまでプレシーズンマッチを行なっておらず、27日のプレストン線が、シーズン開幕前の最初で最後のプレシーズンマッチとなるようだ。 2021.07.22 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

兄を追い掛けシティからヴォルフスブルクへ、MFフェリックス・エンメチャが完全移籍

ヴォルフスブルクは21日、マンチェスター・シティの元U-19イングランド代表MFフェリックス・エンメチャ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。 フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2024年6月30日までの3年間。背番号は「22」をつける。 エンメチャはハンブルク出身で、ドイツとイングランドにルーツを持ち、2008年にシティの下部組織に加入した。ファーストチームには昇格していないものの、FAカップ、EFLカップ、チャンピオンズリーグでそれぞれ1試合に出場し1ゴールを記録している。 シティのU-23チームでは47試合に出場し15ゴール5アシスト。トップ下やセントラルミッドフィルダーでプレーした。 また、世代別の代表ではU-16、U-18、U-19のイングランド代表と、U-18、U-19のドイツ代表を経験している。 エンメチャは今回の移籍について「ここに来られて嬉しい。ヴォルフスブルクが僕を信頼してくれたことに感謝する。チームのために最善を尽くし、成功する準備ができている」とコメントしている。 なお、今夏ヴォルフスブルクは兄のU-21ドイツ代表FWルーカス・エンメチャ(22)もシティから完全移籍で獲得しており、兄弟揃ってヴォルフスブルクへと活躍の場を移すこととなった。 2021.07.22 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

シティが19歳のポルトガル代表SBヌーノ・メンデスに興味! スポルティングは54億円要求の姿勢か

マンチェスター・シティが、スポルティング・リスボンのポルトガル代表DFヌーノ・メンデス(19)に興味を示しているようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えている。 スポルティング生え抜きのヌーノ・メンデスは2020年6月のリーグ戦でトップチームデビュー。当時同じポジションでレギュラーだったDFマルコス・アクーニャの負傷離脱で出番が回ってくると、瞬く間に監督の信頼を掴み、その後のリーグ戦全9試合に出場。そのうち8試合は先発だった。 シーズン終了後にアクーニャがセビージャに移籍したことで、昨季は完全に定位置を掴み公式戦35試合に出場。また、今年の3月にはポルトガル代表デビューも果たし、ユーロ2020にもメンバー入り。出場機会はなかったが、今後の成長が期待される大器として注目されている。 そして、いち早く目をつけたのがシティだ。将来的に左サイドバックを担う逸材として先行投資を考えているようだ。しかし、ロマーノ氏によるとスポルティングは5000万ユーロ(約54億5000万円)の値札を貼っているようで、少なくとも3000万ユーロ(約38億7000万円)以下のオファーは受け付けないとのことだ。 2021.07.19 20:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly