エバートンの新スタジアム建設が許可、2024-25シーズンに開場か

2021.02.23 23:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールの市議会は23日、エバートンの新スタジアム建設計画を満場一致で承認したことを発表した。

エバートンはリバプールの北西部ブラムリー・ムーア・ドックに新スタジアム建設を予定している。新スタジアムの収容人数は5万2888人で2024-25シーズンに開場を予定しているとのことだ。総工費は5億ポンド(約740億円)で1万5000人の雇用を生み出すとしている。


新スタジアムでは結婚式や葬儀、クリスマスパーティーの他、年間4度のコンサートなども行われるという。

また、1892年から使用しているグディソン・パークに関しては8200万ポンド(約121億円)をかけて再開発が行われ、住宅や医療施設、レジャー施設などに生まれ変わるとのことだ。


関連ニュース
thumb

アンチェロッティ「できる限り長くエバートンにいたい」 長期指揮願望を明かす

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が長期的な指揮を希望した。イギリス『BBC』が報じている。 アンチェロッティ監督の下で本格的な強豪入りを狙うエバートンだが、チームはその裏で本拠地グディソンパークからの移転を計画。2024-25シーズンからの使用を目指した5万2888人収容のブラムリー・ムーア・ドック・スタジアム建設計画は今週、市議会に承認されたという。 現行契約が2024年までのアンチェロッティ監督は「できる限り長くここにいたい」と述べ、チームが新スタジアムに移転後も率い続けたい思いと主張した。 「新スタジアムが開場するときまで、ここにいたい。その時期までここにいられるとしたら、自分が良い成果を上げたということになるだろうね」 「私は良い仕事をして、2024年までの契約を終えたいと思っている。良い仕事をしたら、契約も2024年で終わらず、継続されるはずだからね」 アンチェロッティ監督は長い指導者キャリアのなかで、ユベントスやミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)、レアル・マドリー、バイエルン、ナポリといった錚々たるメガクラブを指揮。2019年12月に2024年までの契約でエバートンの監督に就任した。 そんなイタリア人の名将がマネジメントするエバートンは今季のここまでプレミアリーグ12勝4分け8敗の暫定7位。浮き沈みの時期もあるが、アンチェロッティ監督はビッグ6相手にここまで4勝2分け2敗と白星先行の好結果を残して、チームを上位争いに導く手腕を発揮している。 2021.02.26 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、リーグ屈指の左SBディーニュと契約延長! 「ここで続けたいという気持ちはハッキリしていた」

エバートンは24日、フランス代表DFリュカ・ディーニュ(27)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 トフィーズとの現行契約をさらに2年間延長したディーニュは、クラブ公式サイトを通じてマージーサイドでの充実した日々への満足感を口にしている。 「ファンのみんなは初めから僕の気持ちに寄り添い、大きな愛を示してくれて、僕のためにチャントも作ってくれた」 「それこそ僕が本当に感謝していることであり、安定性を保つことは非常に重要なことなんだ」 「僕らとクラブは大きなプロジェクトを持っていて、今シーズンの終わりと今後数年間、非常に良いものに到達することができると思っているよ」 「僕はヨーロッパでプレーしたいと思っているし、エバートンはそのための最高の場所だと思っている」 「エバートンとの契約は素晴らしい結婚式のようなものなんだ。そして、僕たちはエバトニアンが自分たちに示す愛に報いるため、毎日ベストを尽くす必要があると思っているし、それこそが僕らの仕事なんだ」 「そして、自分の心の中でもエバートンで続けたいという気持ちはハッキリしていたんだ」 リールでプロデビューを飾たディーニュは、パリ・サンジェルマン、ローマ、バルセロナを経て2018年にバルセロナからエバートンに完全移籍で加入した。 1年目から左サイドバックのレギュラーに定着すると、カルロ・アンチェロッティ体制ではサイドバック、ウイングバック、サイドハーフと左サイドのあらゆるポジションで起用され、今季はプレミアリーグ16試合で6アシストを記録。安定した守備に加え、高精度のクロスと積極果敢な縦への仕掛けと、攻守両面でハイパフォーマンスを披露しており、プレミアリーグ屈指の左サイドバックとの評価を確立している。 2021.02.25 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「本当にハッピー」 鬼門での会心勝利にエバートン指揮官もご満悦

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が歴史的勝利に喜びの心境を語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 7位エバートンは20日に行われたプレミアリーグ第25節で6位リバプールと対戦して、2-0の白星。1999年9月を最後に勝利から遠ざかる鬼門アンフィールドを見事に攻略してみせ、リバプールと勝ち点で並んだ。 歴史的な1勝で2連敗を含む3戦未勝利の流れを止めたアンチェロッティ監督は試合後、「本当にハッピーだ」と率直な思いを口にした上で、チームの精神面を称賛した。 「この勝利が意味するものは我々も争い合っていけるということ。我々にリバプールほどの技術的なクオリティはないかもしれないが、強いスピリットがある。信念も向上している」 「良い戦いぶりだった。難しかったが、チームのスピリットは良かったよ。本当によく競り合り、前線も冷静だった。少なかったが、チャンスはあり、それをうまく生かせたね」 「守りの面もよく頑張った。ジョーダン・ピックフォードと最終ラインは本当に良い働きをしてくれたね。ハメスとリシャルリソンを含む前線も落ち着いたプレーぶりだった」 2021.02.21 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 0-2 エバートン《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第25節、リバプールとエバートンによるマージーサイド・ダービーが20日にアンフィールドで行われ、アウェイのエバートンが0-2で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽リバプール採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210221_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 アリソン 5.5 失点はノーチャンス。コールマンの決定機をビッグセーブで阻止し、ヘンダーソン離脱後は急造CBコンビを気遣いながら落ち着いた対応を続けた   DF 66 アレクサンダー=アーノルド 5.5 比較的プレッシャーが少ない中で攻撃時はビルドアップ、崩しの一歩手前の場面で貢献。守備では相手のカウンターに対してアラートな状態を維持したが、PK献上場面は不運だった   19 オザン・カバク 5.0 失点場面は難しい対応だったが、リシャルリソンに背後を取られた。強い風の影響は多分にあったが、ハイボールや戻りながらの対応で危うさも散見   14 ヘンダーソン 5.5 苦境の中のダービーでいつも以上のリーダーシップが期待されたが、前半半ばに右足ハムストリングを痛めて無念の負傷交代   (→フィリップス 5.5) キャプテンの離脱を受けてスクランブル投入。チームが押し込み続けていたことで難しい対応が少なかった中、PKに繋がる場面では軽い対応で入れ替わられてしまった   26 ロバートソン 5.5 高い位置を取ってマネを後方支援。守備の切り替えを意識しながら二次攻撃の起点に。一度コールマンに背後を取られたが、守護神の好守に救われる   MF 6 チアゴ 5.0 C・ジョーンズと立ち位置を入れ替えながらパスワークの中心に。ただ、局面を変えるプレーを見せられず、攻撃面では物足りない出来に   (→オリジ -)   5 ワイナルドゥム 5.5 アンカーで中盤のバランスを取りつつ、要所で持ち場を離れてフィニッシュの局面に顔を出した   17 C・ジョーンズ 5.5 地元っ子らしくダービーで攻守に気迫のこもったプレーを見せた。チアゴに比べて仕掛けのパスなどリスクを冒したプレーを多く見せた   (→シャキリ 5.5) 一度サラーの決定機に絡んだが、流れを変えるような存在感は放てず   FW 11 サラー 5.5 アレクサンダー=アーノルドと共に攻撃の起点となったが、ディーニュら相手の集中した守備をこじ開けられず   9 フィルミノ 5.0 密集地帯でのチャンスメークに加え、積極的にシュートを放ったが、プレミア通算200試合目で決定的な仕事はできなかった   10 マネ 5.0 後半立ち上がりは決定機に絡んだが、以降は相手守備のタイトな寄せに苦しんでフラストレーションが溜まる一戦に   監督 クロップ 5.0 試合内容自体は決して完敗ではなかったが、攻撃面での手詰まり感を解消する手立てが求められる。ヘンダーソンの離脱は更なる苦境を招くことに   ▽エバートン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210221_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ピックフォード 7.0 再三の好守を見せて勝利の立役者に。前回対戦の因縁を考えれば、そのハートの強さも賞賛に値する   DF 23 コールマン 6.5 ダービーでのゴールこそ逃したが、持ち味の献身的な守備でクリーンシートに貢献   4 ホルゲイト 6.5 持ち味の機動力を生かしてマネに粘り強く対応。危険なスペースをきっちり埋めた   5 M・キーン 7.0 最終ラインの要としてソリッドな対応を続けた。後半の押し込まれた時間に繊細かつ大胆なプレーでピンチを凌ぎ続けた   22 ゴッドフリー 6.5 ディーニュとの距離感を意識しながら中に入ってくるサラーやアレクサンダー=アーノルドにうまく対応。空中戦でも強さを発揮   12 ディーニュ 6.5 サラーに対して幾度か際どい対応はあったが、90分間を通して決定的な仕事はさせず。攻撃面でも幾度か精度の高いボールでチャンスを演出   MF 16 ドゥクレ 5.5 イージーなパスミスも多かったが、屈強なフィジカルを生かしたダイナミックなプレーを90分間続けた   26 トム・デイビス 6.5 持ち味の機動力と球際の粘りで中盤のフィルター役として奔走。ボールロストも少なくなかったが、全体を通しては素晴らしい出来だった   21 アンドレ・ゴメス 5.5 持ち味の展開力やキープ力など攻撃面の貢献は限定的も、守備では献身的に味方をサポート   (→シグルドソン 6.0) プレッシャーがかかるPKをきっちり決め切ってダメ押しゴールを記録   FW 19 ハメス・ロドリゲス 6.5 値千金の絶妙なスルーパスで決勝点をアシスト。それ以外は自身の得意とする試合ではなかったが、無難に守備をこなしつつ攻撃時はボールを落ち着かせて休む時間を作った   (→キャルバート=ルーウィン 6.0) やや幸運な判定だったが、PK奪取という決定的な仕事を果たした   7 リシャルリソン 6.5 前回対戦は終盤に一発退場も、その悔しさを晴らす決勝点を記録。PK奪取の起点にもなった   (→イウォビ -)   監督 アンチェロッティ 6.5 粘り強い戦いでエバートンに歴史的なアンフィールドでのダービー勝利をもたらす。直近失点が続いていた中できっちり守備を立て直した   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ピックフォード(エバートン) ファン・ダイクとの一件を受けて、難しい精神状態で敵地に乗り込んだが、その一戦で見事なゴールキーピングを披露。とりわけ、後半半ばのサラーの決定機阻止は流れを引き寄せるビッグプレーだった。   リバプール 0-2 エバートン 【エバートン】 リシャルリソン(前3) シグルドソン(後38[PK]) 2021.02.21 05:00 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートンが鬼門アンフィールドで1999年以来の歴史的勝利! 泥沼リバプールは1923年以来の歴史的ホーム4連敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第25節、リバプールとエバートンによるマージーサイド・ダービーが20日にアンフィールドで行われ、アウェイのエバートンが0-2で勝利した。   前節、レスター・シティに逆転負けを喫し、3連敗で6位に転落したリバプール(勝ち点40)。それでも、直近のチャンピオンズリーグのRBライプツィヒ戦では相手の2つのミスを突いて奪った2ゴールを無失点で守り抜き、2-0の快勝を収めてひとまず嫌な流れを払しょくした。リーグ&ホームゲームでの3連敗ストップを目指す今季2度目のダービーではライプツィヒ戦と同じメンバーを継続した。   一方、ミッドウィークに行われたマンチェスター・シティ戦で1-3の完敗を喫した7位のエバートン(勝ち点37)はこちらも2連敗中と調子は下降気味。1999年9月以来、公式戦23戦未勝利が続くアンフィールドでの今季2度目のダービーではシティ戦から先発3人を変更。負傷のミナ、シグルドソン、イウォビに代えてコールマン、ハメス・ロドリゲス、アンドレ・ゴメスを起用。アンカーにトム・デイビス、2トップにハメス、リシャルリソンを置いた[5-3-2]を採用した。   ファン・ダイクの長期離脱に繋がるGKピックフォードのラフプレーが物議を醸した前回対戦を受けて、より因縁深まるマージーサイドの両雄による今季2度目のダービーは早い時間帯に動く。   開始3分、相手陣内右サイドでヘンダーソンのクリアボールをドゥクレが頭で中央のハメスに繋ぐと、ハメスの絶妙なスルーパスに反応したリシャルリソンがDFオザン・カバクの背後を取ってボックス内へ抜け出すと、冷静にゴール左下隅に右足のシュートを流し込んだ。   緩い入りからいきなりビハインドを負ったホームチームは引いて中央のスペースを消す相手に対して、圧倒的にボールを握って両サイドバックを常に高い位置に出してサイドを起点に攻略を試みる。また、クロップスタイルの真骨頂である押し込んだ状態での即時ボール奪回で二次攻撃を仕掛ける。   一方、エバートンは相手の分厚い攻めを撥ね返しながら強い風が舞うコンディションを生かして、機動力のあるリシャルリソンをスペースに走り込ませるロングボールを積極的に活用。自陣でのボールロストのリスクを減らすと共に、相手の連携ミスによる事故を誘発させようとする狙いを見せた。   15分を過ぎた辺りからリバプールが良い仕掛けを見せ始め、20分にはセットプレーの流れからヘンダーソンが見事な右足のダイレクトボレー、直後にはアレクサンダー=アーノルドが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、いずれもGKピックフォードの好守に阻まれる。だが、ここからさらに攻勢を強めていこうという状況の中、アクシデントが発生。自陣から果敢に持ち上がった際に右足ハムストリングを痛めたヘンダーソンがプレー続行不可能となり、30分にフィリップスが緊急投入された。   頼れるスキッパーの戦線離脱に乗じて相手の隙を狙うアウェイチームは32分、相手陣内左サイドのディーニュが入れた絶妙なクロスに反応したコールマンがDFロバートソンの死角からゴール前に飛び出して渾身のダイビングヘッド。だが、この決定的なシュートはGKアリソンが見事な反応ではじき出した。   守護神の好守で2失点目を凌いだリバプールは前半終盤にかけて押し気味に試合を進めるが、流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めず。38分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でロバートソンのクロスをボックス右のフィリップスが頭で合わすが、これは惜しくも右サイドネットを叩いた。   結局、1点ビハインドで試合を折り返したリバプールは後半開始直前にクロップ監督がピッチ上で選手たちを集めて逆転に向けた策と共に檄を飛ばす。すると、後半は立ち上がりからリバプールがよりゴールの匂いを感じさせる仕掛けを見せる。   開始直後にロバートソンの左クロスからマネがヘディングで最初の枠内シュートを放つと、その直後にもボックス右で仕掛けたアレクサンダー=アーノルドがゴール前のマネを狙った際どいクロスを供給。以降はフィニッシュの数こそ増えないものの、相手に全く攻撃の機会を与えずに押し込み続けて相手の体力を奪っていく。   予想以上に守勢が続くエバートンは59分、イエローカードを1枚もらっていたアンドレ・ゴメスを下げてシグルドソン、62分にはハメスを下げて負傷明けのキャルバート=ルーウィンを投入する。   対するリバプールはカーティス・ジョーンズを下げてシャキリを63分にピッチに送り込むと、69分には左に流れたフィルミノからの斜めのショートスルーパスに反応したシャキリが短く落としたボールをサラーがゴール至近距離からシュート。だが、この決定的なシュートはうまくコースを消したGKピックフォードのビッグセーブに阻まれた。   その後、試合はやや膠着状態に陥るが、エバートンがワンチャンスを生かしてリードを2点に広げる。   81分、自陣ボックス内で相手のクロスを撥ね返してトム・デイビスからリシャルリソンに縦パスが通る。ここでDFフィリップスと完璧に入れ替わったリシャルリソンがそのまま持ち上がってボックス内に走り込みキャルバート=ルーウィンにスルーパスを通す。キャルバート=ルーウィンのシュートはGKアリソンに阻まれるが、こぼれ球に詰めようとしていた際に先にスライディングしていたアレクサンダー=アーノルドと交錯。すると、微妙な判定ながらもこのプレーでPKが与えられた。これをキッカーのシグルドソンが冷静に左隅へ流し込んだ。   やや不運な判定で痛恨の2失点目を喫したリバプールは完全に引いたアウェイチームを相手に最後まで懸命にゴールを目指したが、集中したエバートンの守備を前に一矢報いるゴールを奪うことも叶わず。   この結果、エバートンは1999年9月以来となる敵地アンフィールドでのダービーで歴史的な勝利を挙げると共にリーグ戦連敗をストップ。一方、敗れたリバプールは1923年以来のアンフィールドでのリーグ戦4連敗と泥沼の状況が続く。 2021.02.21 04:33 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly