モンペリエ、カメルーンDFオヨンゴがクラスノダールにレンタル移籍

2021.02.23 22:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンペリエは22日、カメルーン代表DFアンブローズ・オヨンゴ(29)がFCクラスノダールにレンタル移籍することを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。母国カメルーンのコトン・スポルトでプロキャリアをスタートしたオヨンゴは、2014年にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズにレンタル移籍で加入。その翌年にモントリオール・インパクトに完全移籍で加入すると、以降は左サイドバックのレギュラーとして活躍。

2018年1月に加入したモンペリエでは左ウイングバック、サイドバックを主戦場に、ここまで公式戦67試合に出場し3ゴール2アシストを記録。だが、今シーズンはセルビア代表DFミハイロ・リスティッチとのポジション争いに敗れ、リーグ・アンでの先発出場は5試合に留まっていた。


2012年にデビューを飾ったカメルーン代表ではこれまで42試合に出場し1ゴールを記録。2017年に開催されたアフリカ・ネイションズカップでは全試合に出場し、同国優勝に貢献していた。
関連ニュース
thumb

シュツットガルト、ディダヴィと2022年まで契約延長

シュツットガルトは18日、ドイツ人MFダニエル・ディダヴィ(31)と2022年6月まで契約を延長したことを発表した。 レフティーのプレーメーカーであるディダヴィはシュツットガルトの下部組織出身で、2016年夏にヴォルフスブルクに移籍後、2018年夏にシュツットガルトに復帰。 昨季はブンデス2部で19試合に出場して6ゴール3アシストを記録し、1部復帰に貢献。今季は最終節を前にブンデスリーガ22試合の出場(うち先発は10試合)で4ゴール4アシストを記録している。 ディダヴィとの契約延長についてスポーツ・ディレクターを務めるスヴェン・ミスリンスタット氏は以下のように述べている。 「スタメンでもサブでも彼は我々にとってとても重要な存在だ。彼の前向きな性格はピッチだけなくロッカールームでも重要な役割を担っている」 2021.05.18 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

サンプ新指揮官噂のスタンコビッチ監督がツルヴェナ・ズヴェズダと契約延長

ツルヴェナ・ズヴェズダは18日、デヤン・スタンコビッチ監督(42)との契約を2024年まで延長したことを発表した。 現役時代にラツィオやインテルで活躍したスタンコビッチ監督は、現役引退後にウディネーゼやインテル、欧州サッカー連盟(UEFA)でコーチングスタッフやフロント業務に従事。その後、昨年12月に古巣ツルヴェナ・ズヴェズダの指揮官に就任していた。 ツルヴェナ・ズヴェズダでは2シーズン連続でリーグ優勝に導く手腕を発揮している一方、先月にはクラウディオ・ラニエリ監督の後任としてサンプドリアの新指揮官に就任する可能性が伝えられていた。 2021.05.18 22:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ウォルコットが来季もセインツでプレー! 2年契約で基本合意、「この喜びをどう表現したら…」

元イングランド代表FWセオ・ウォルコット(32)が来季もサウサンプトンでプレーする。 サウサンプトンは18日、エバートンからレンタル加入中のウォルコットと来季からの完全移籍加入で基本合意に達したと発表。エバートンとは今季限りで契約満了となり、サウサンプトンに2年契約での加入となる。 ウォルコットはサウサンプトンのアカデミー出身で、2005年8月にクラブ史上最年少の16歳143日でトップチームデビュー。2006年1月から引き抜かれる形でアーセナルに移り、約12年の在籍期間で公式戦通算398試合108得点78アシストの数字を収めた。 その一方で、度重なるケガにも悩まれ、2018年夏にエバートンへ。公式戦85試合11得点9アシストを記録したが、コロンビア代表FWハメス・ロドリゲスがエバートンに加入した昨夏にシーズンローンで約15年ぶりのサウサンプトン復帰を果たした。 そんなサウサンプトンでここまで公式戦24試合に出場して、3得点3アシストをマーク。来季以降もサウサンプトンでプレーすることが決定したウォルコットはクラブを通じて「この喜びをどう表現したら良いのかわからないね」と喜びの心境を語った。 「サウサンプトンは僕にとってすごく大切なクラブで、今季をセント・メリーズで過ごせたのも僕にとって、すごく特別なことだった。でも、さらに2年間のチャンスを得られたというのは個人的にも、いちプロとしてもすごく大きな意味がある」 「僕を歓迎してくれたクラブ、チームメイト、そしてファンに感謝している。次の2シーズンもユニフォームに袖を通すのが待ち切れない。また特別な思い出を作れると良いね。それと、お世話になったエバートンのみんなにも感謝したい。今後の成功を祈る」 2021.05.18 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレスのホジソン監督が今季で退任、45年の監督キャリアも「トップクラスの厳しさから離れるのにふさわしい時期」

クリスタル・パレスは18日、ロイ・ホジソン監督(73)が今シーズンをもって退任することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ホジソン監督は1976年にスウェーデンのハルムスタッズで監督キャリアをスタート。その後、ブリストル・シティ、スウェーデンのエーレブルー、マルメ、スイスのザマックスで指揮を執ると、1992年7月からスイス代表監督に就任する。 その後、インテルやブラックバーン、グラスホッパーズ、コペンハーゲン、ウディネーゼとクラブチームを率いると、2002年4月から2004年4月まではUAE代表の監督に就任。その後はノルウェーのバイキング、フィンランド代表、フルアム、リバプール、WBAを指揮。2012年5月から2016年6月には母国のイングランドを指揮した。 地元であるロンドンのクロイドン区にあるクリスタル・パレスの監督には、2017年9月に就任。4シーズンを過ごしチームはプレミアリーグに残留を続け、公式戦160試合を指揮し54勝36分け70敗の成績を残していた。 退任にあたり、ホジソン監督はクラブを通じてコメント。プレミアリーグでの監督業を終えると語っている。 「45年以上も指導してきたが、プレミアリーグのトップクラスの厳しさから離れるのにふさわしい時期だと判断した。最後の2試合がクリスタル・パレスの監督としての最後の試合になる」 「この4シーズンをパレスで過ごすことができたのは、私のサッカー人生とキャリアの中で特にやりがいのある時期だった。プレミアリーグに残留するという今シーズンの終わりに、フルタイムの監督としての責任から退く時が来たと感じている」 「キャリアを通じて妻と家族から多くのサポートを受けて来た。この決断についてしばらく考えていた。そして今、彼女らのことを考え、将来を見極めるのに適切な時期だと思っている」 「パレスでの時間を本当に楽しんでいた。プロの熱心な選手たちの優れたグループと一緒に仕事ができて光栄だ。彼らのほとんどが4年間私と一緒にいた。監督はピッチでプレーする選手のおかげで成り立っている。幸運なことに、私の指揮する選手たちは私にそのような能力を与えてくれた。彼らには感謝している」 「私は全ての選手、コーチングスタッフ、バックルームのチームを代表し、この時期にプレミアリーグの地位を維持するために一緒にやって来たことを誇りに思っている」 「また、スティーブ・パリッシュ会長、パートナーのデイビッド・ブリッツァーとジョシュ・ハリス、そしてスポーツディレクターのドギー・フリードマンの長年に渡るサポートに感謝する。彼らは私に故郷のクラブに戻る機会を与えてくれた。そして、私はいつも共通の目標を達成しようとし、同じ賛美歌を歌っていると感じていた。将来の成功のために、彼らの幸運を祈るしかない。クラブは益々力を増していくと確信している」 なお、クリスタル・パレスは19日にアーセナルとホームで対戦。ホジソン監督の最後の試合はアウェイのリバプール戦となり、古巣との試合となる。 2021.05.18 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

元ブラジル代表FWタリスカ、中国からサウジへ! アル・ナスルと3年契約

アル・ナスルは17日、広州FCから元ブラジル代表FWアンデルソン・タリスカ(27)の獲得を発表した。 タリスカは長身190cmの大柄ながら卓越したテクニックを誇るレフティー。ブラジル代表にも上り詰めた実績者で、ベンフィカやベシクタシュでのプレーを経て、2018年6月から中国スーパーリーグの広州恒大(現・広州FC)に活躍の場を移した。 欧州ビッグクラブへのステップアップも取り沙汰されながら、広州FC行きを選択したタリスカはその中国で公式戦通算65試合の出場で39得点13アシストをマーク。2019年の中国スーパーリーグ優勝にも貢献した。 かつてブラジル代表監督も務めたマノ・メネゼス監督のアル・ナスルはツイッターで「ブラジルのスターであるアンデルソン・タリスカと正式に契約した。契約期間は3年。我々のスターたちとともに彼の幸運を祈る」と加入を歓迎している。 なお、ブラジル『Globo』によると、タリスカは新型コロナウイルスの感染拡大による渡航制限で4月の中国スーパーリーグ開幕に間に合わず、今季の出場なし。2022年末まで契約があったが、サウジアラビアに活躍の場を移すことになったという。 2021.05.18 19:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly