ダニエウ・アウベスの16年ぶりの無冠が決定

2021.02.23 21:22 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジル代表DFダニエウ・アウベスの持つ偉大な記録についに終止符が打たれた。ブラジル・セリエA第37節のボタフォゴvsサンパウロが23日に行われた。勝てば優勝の可能性が残るサンパウロだったが、ダニエウ・アウベスを累積警告による出場停止で欠くチームは、後半の失点で最下位ボタフォゴに敗戦。僅かながらの逆転優勝の望みは完全に断たれた。


サンパウロはコパ・ド・ブラジルも準決勝で敗退していたため、2020シーズンの無冠が決定。そして、実に15年もの間、毎年何かのタイトルを獲得していたダニエウ・アウベスも、その偉大な記録にピリオドが打たれることとなった。

37歳のブラジル人DFが最後に無冠に終わったのは、セビージャ在籍時代の2004-05シーズン。翌シーズンにUEFAスーパーカップを獲得して以降は、毎年毎シーズンのようにタイトルを掲げてきた。

史上初の6冠に貢献したバルセロナのほか、ユベントスやパリ・サンジェルマンでも次々とリーグ制覇を成し遂げたダニエウ・アウベスの獲得した総タイトルは「40」に上る。同選手同様にバルセロナやPSGでプレーした元ブラジル代表DFマクスウェルや、バルセロナスペイン代表のレジェンドMFアンドレス・イニエスタも「37」と及ばない。

2019年夏に加入したサンパウロは8シーズンの間、タイトルから遠ざかっているが、ダニエウ・アウベス個人ではブラジル代表としてコパ・アメリカで優勝していたため、15年連続のタイトル獲得という偉業を成し遂げていた。

関連ニュース
thumb

元アトレティコのDFファンフランがサンパウロを退団、ブラジルでは公式戦56試合

サンパウロは、元スペイン代表DFファンフラン(36)の退団を発表した。 レアル・マドリーの下部組織出身のファンフランは、2003年7月にファーストチーム昇格。その後エスパニョールへレンタル移籍すると、2006年7月にオサスナへと完全移籍。2011年1月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍していた。 アトレティコは右サイドバックのレギュラーとしてプレー。8年半の在籍で公式戦355試合に出場し6ゴール41アシストを記録。2019年8月にサンパウロへと完全移籍していた。 サンパウロでも公式戦56試合に出場し3アシストを記録。今シーズンもカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで23試合に出場し1アシストを記録していた。 なお、ファンフランの契約は2020年12月までとなっていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でリーグ戦が延長されており、そのためにチームにとどまっていた。 今後はスペインへ戻り、現役を続けるかどうかを決めるとのことだ。 2021.03.01 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団後フリーのジエゴ・コスタ、サンパウロも獲得レースに参戦か

シーズン途中に個人的な理由によりアトレティコ・マドリーを退団していた元スペイン代表FWジエゴ・コスタだが、新たなクラブが獲得に動き出したようだ。 今シーズン終了までの契約をアトレティコと結んでいたジエゴ・コスタだが、2020年12月29日に電撃的に契約を解消。詳細は明かされず、個人的な理由での退団となった。 そのジエゴ・コスタは、ブラジルのパウメイラスへの移籍が濃厚とされ、一部では2年契約を結ぶとも報じられたが、現時点では正式に契約を結んでいない状況だ。 さらに、サウジアラビアのアル・ナスルが獲得に乗り出し、2022年夏までの契約で600万ユーロ(約7億6600万円)をジエゴ・コスタへと払うというオファーを出したが、ジエゴ・コスタが800万ユーロ(約10億2200万円)を望んだために手を引いたとされている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、パウメイラスは2年契約で年間300万ユーロ(約3億8300万円)を支払うオファーを出していたという。交渉のため、ジエゴ・コスタはすでにブラジルにいるようだが、パウメイラスの会長は交渉中であることを否定しているという。 そんな中、パウメイラスのライバルでもあるサンパウロも獲得レースに参加したとのことだ。 パウメイラスとサンパウロは同じサンパウロ州のクラブ。ブラジル生まれのジエゴ・コスタだが、プロとしてブラジルのクラブでのプレー経験はなし。キャリアの最後をブラジルで迎えたい願望があるようだが、果たしてどのクラブへ加入するのだろうか。 2021.02.23 09:57 Tue
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表FWのクレスポ氏、2年契約でサンパウロ監督に就任

サンパウロは12日、エルナン・クレスポ氏(45)の監督就任を発表した。契約期間は2年となる。 現役時代にインテルやミラン、チェルシーなどの欧州クラブを渡り歩き、アルゼンチン代表FWとしても活躍したクレスポ氏。イタリアのパルマで指導者キャリアをスタートさせた。 2020年1月から母国クラブのデフェンサ・イ・フスティシアを率いると、コパ・スダメリカーナ2020で優勝に導き、クラブの初タイトルに寄与。しかし、同シーズン限りで退任した。 サンパウロは今季のここまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA4位につけるが、直近7試合で未勝利。1日にフェルナンド・ディニス監督が解任され、クレスポ氏が後任候補の1人に挙がっている状況だった。 2021.02.13 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジルの名門・サンパウロ、元アルゼンチン代表のエース・クレスポ氏を新監督に招へいか

ブラジルの名門・サンパウロが、新たな監督候補に元アルゼンチン代表のエースを迎える可能性があるようだ。 サンパウロは、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで現在4位に位置。しかし、2月1日にフェルナンド・ディニス監督を解任し、現在は暫定監督が指揮を執ることとなっている。 そのサンパウロは、新監督を迎え、ボールポゼッションを高めて攻撃的なチームを作りたいと考えているとのこと。その中で、3人の新監督候補が挙がっている。 ブラジル『グローボ』によると、そのうちの1人は現役時代にヨーロッパで多くのゴールを決め、アルゼンチン代表のエースとしても活躍したエルナン・クレスポ監督(45)とのことだ。 2012年の現役引退後、パルマの下部組織で監督業をスタートさせたクレスポ氏は、モデナや、母国のバンフィエルドの監督を歴任し、2020年1月にデフェンサ・イ・フスティシアの監督に着任した。 1年間で公式戦32試合を指揮し、13勝10分け9敗という成績を収めたクレスポ氏。コパ・スダメリカーナ2020で見事優勝し、クラブに初タイトルをもたらしていたが、今シーズン限りで退任していた。 サンパウロは、そのほかにもエクアドルの印でペンディエンテ・デル・バジェで指揮を執っていたスペイン人指揮官のミゲル・アンヘル・ラミレス氏(36)やオリンピアコスで現在指揮を執るポルトガル人指揮官のペドロ・マルティンス監督(50)が候補として挙がっている。 2021.02.10 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルやユーベでも活躍したMFエルナネスがサンパウロで決めた美しいミドルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はサンパウロの元ブラジル代表MFエルナネスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆エルナネスが決めた美しいミドルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrM3YxYXNMQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2005年にサンパウロでプロキャリアをスタートしたエルナネスは、2010年にラツィオに完全移籍。以降、インテルとユベントスでプレーを続け、2017年2月からは河北華夏に活躍の場を移し、現在は古巣のサンパウロでプレーを続けている。 高い守備力と攻撃力を併せ持ったMFとして活躍するエルナネスだが、2020年12月10日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)第18節のボタフォゴ戦では、見事なゴールを決めている。 3-0とサンパウロの大量リードで迎えた90分、ボックスの前、ゴール正面でエルナネスがボールを持つと、そのまま左足でシュート。カーブのかかったシュートは美しい軌道を描きながらゴール右上に決まり、ダメ押しとなる4点目となった。 この完璧なコースのシュートに相手GKは一歩も動けず。試合はそのままサンパウロが4-0で勝利している。 2021.01.09 14:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly