“悪童”バートンが英3部ブリストルの新監督に就任!

2021.02.23 01:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フットボール・リーグ1(イングランド3部)に所属するブリストル・ローヴァーズは22日、ジョーイ・バートン氏(38)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。現役時代に幾度となく暴力事件などの騒動を起こしてきた“悪童”として知られているバートン氏。


2017年4月にイングランドサッカー協会(FA)の規則で禁止されている賭博に関与したとして、18カ月間のサッカー活動禁止処分を科された同氏は、処分が明ける2018年6月にフットボール・リーグ1のフリートウッド・タウンの新監督に就任。

就任2年目となった昨季は、チームをチャンピオンシップ(イングランド2部)昇格プレーオフ進出に導いていたが、今季は勝ちきれない試合が続き、今年1月に成績不振の責任を取り退任していた。

バートンが新監督に就任するブリストルは、今季ここまで7勝6分け15敗の19位に位置。直近10試合では1勝2分け7敗と大不振に陥っており、クラブは10日にポール・ティスデイル監督の解任を発表していた。
関連ニュース
thumb

松本で4シーズン過ごしたMFセルジーニョが韓国の大邱FCへ加入、ACLでは川崎Fと同組の可能性

Kリーグ1の大邱FCは26日、松本山雅FCでプレーしていたMFセルジーニョ(30)の完全移籍加入を発表した。 セルジーニョはサントスやオエステ、パウメイラスなど母国のクラブでプレー2017年1月にセアラーから松本に完全移籍で加入した。 松本で4シーズンを過ごしたセルジーニョは、公式戦通算113試合で27得点14アシストを記録。2020シーズンは明治安田J2で33試合に出場し9得点4アシストを記録していた。 シーズン後半戦はゲームキャプテンも務めていたセルジーニョは日本でのプレーを望んでいたものの、2月7日に退団が発表されていた。 大邱FCは、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグのプレーオフに出場しており、タイのチェンライ・ユナイテッドに勝利すれば本戦に出場。川崎フロンターレが所属するグループIに入ることとなる。 セルジーニョは「試合ごとに美しい応援とチームを思う心があると聞きました。皆さんのために最善を尽くし、良いプレーで応えます」とコメントしている。 2021.02.27 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季まで横浜FMでプレーしたFWエリキが中国の長春亜泰に加入、背番号「11」

中国スーパーリーグの長春亜泰は、昨シーズンまで横浜F・マリノスでプレーしたFWエリキ(26)をパウメイラスから獲得したことを発表した。 エリキはゴイアスやパウメイラス、アトレチコ・ミネイロ、ボタフォゴでプレー。2019年8月にパウメイラスから横浜FMへ期限付き移籍で加入していた。 横浜FMでは、J1通算41試合21得点、リーグカップ通算2試合出場、天皇杯通算1試合1得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で3試合1得点を記録していた。 2020シーズンは明治安田J1で29試合に出場しチーム最多タイの13得点を記録。パウメイラスと横浜FMは完全移籍に向けて年内から交渉を進めており、横浜FMの年末年始休暇を経てまとまるものだと報じられていたが、1月13日に退団していた。 なお、2021シーズンは背番号「11」をつけるとのことだ。 また、長春亜泰は元デンマーク代表DFヨレス・オコレ(28)をデンマークのオールボーから獲得していた。 2021.02.27 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

上海申花もC大阪からヨニッチ獲得を正式発表!

上海申花は26日、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ(30)の加入を正式発表した。 ヨニッチは2017年にセレッソ大阪入りすると、4シーズン連続でリーグ戦30試合以上に出場するなど、センターバックの絶対的軸に。その間、チームの一員としても天皇杯やYBCルヴァンカップのタイトル獲得に貢献した。 今季もレヴィー・クルピ新体制の下で守備陣の軸として期待されたヨニッチだが、C大阪が先月21日に中国スーパーリーグの上海申花に完全移籍で移ることを発表した。 上海申花は「チームの守備陣を総合的に向上させ、最終ラインの堅さと安定感を高めてくれる。新シーズンにチームメイトと連携して、安定したパフォーマンスで堅守を築き、好結果をもたらしてくれる」と期待した。 2021.02.27 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ホルヘ・サンパオリ氏の新監督就任を正式発表!

マルセイユは26日、アルゼンチン指揮官のホルヘ・サンパオリ氏(60)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 同クラブでは2日、アンドレ・ビラス=ボアス監督がフロントとの確執により辞任を表明。昨季は近年のリーグ・アン最高位の2位でフィニッシュしたが、今季はリーグ・アン21試合を消化した時点でわずか9勝と低迷。CL出場圏内の3位リールとは暫定で13ポイント差を付けられていた。 後任に据えられたのは、これまでチリ代表やアルゼンチン代表、セビージャなどの指揮官を歴任してきたサンパオリ氏。 2020年3月からアトレチコ・ミネイロの新指揮官に就任した同氏は、カンピオナート・ミネイロ制覇に加えて、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAを3位でフィニッシュさせ、コパ・リベルタ・ドーレス出場権獲得に導いていた。 なお、サンパオリ氏とアトレチコ・ミネイロの契約は2021年末までとなっていたが、フランス行きに向けて契約解消の話し合いを行っており、今シーズン終了後の22日に合意に至っていた。 2021.02.27 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

中国2部の武漢三鎮が元ガンバ大阪FWアデミウソンの獲得を正式発表!

昨シーズン途中にガンバ大阪との契約が解除されたFWアデミウソン(27)の新天地が決定した。中国甲級リーグ(2部)の武漢三鎮が26日、同選手の加入を発表した。 アンダー世代のブラジル代表としてもプレーし、Jリーグでは横浜F・マリノス、ガンバ大阪でプレーしたアデミウソン。Jリーグで6シーズンプレーし、154試合42得点を記録していた。 しかし、10月末に道路交通法違反(酒気帯び運転、報告義務違反)を犯し書類送検。その後は被害者との示談が成立。クラブは昨年12月28日にアデミウソンと契約を解除していた。 なお、武漢三鎮は同日にポルトガルのポルティモネンセからブラジル人FWジャジソン(29)をレンタルで、スウェーデンのミャルビーAIFからナイジェリア人FWモーゼス・オグブ(30)を完全移籍で獲得したことを併せて発表している。 2021.02.27 00:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly