止まらぬシティ、ペップは公式戦18連勝のチームを称賛 「驚きと感銘を受けている」

2021.02.22 10:34 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が連勝を伸ばしたチームを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。

シティは21日に行われたプレミアリーグ第25節でアーセナルと対戦。公式戦17連勝と破竹の進撃を続けるシティはこの日も開始90秒で先制に成功すると、そのまま逃げ切り、1-0で勝利した。


これで公式戦18連勝。リーグ戦においても13連勝となり、首位独走状態のグアルディオラ監督は試合後、いつか記録が止まるときが来るとしつつ、チームのパフォーマンスを称賛した。

「この勝ち点3を喜んでいる。エミレーツでのアーセナルとのアウェイゲームであり、ミケル(・アルテタ)のチームがどれだけ良いプレーをしているかは知っている。だから、我々にとって本当に重要な勝利だ」

「連勝記録はいつか破られる。いつかは試合に負けるだろう。だが、我々は次の試合のことしか考えていない、それが唯一の秘密だ。私は今のチームに対して、驚きと感銘を受けている」

「この世界で誰もが苦しみ、ポイントを落としているとき、我々はアンフィールドで、トッテナムで、そしてグディソン・パークで勝った。1-0で勝てたことは何より嬉しいね。何らかの記録を残すため、こうした勝ち方は必要だ。いつも3、4点差で勝てるわけではない」

「我々には何かをしている時間はなく、ただ回復して次の試合に向けて精神を整えるだけだ。残り13試合、チャンピオンになるために勝利が必要であり、次の試合でもそれに挑戦していく」

また、第21節のシェフィールド・ユナイテッド戦以来となる先発出場となったMFフェルナンジーニョにも言及。久しぶりのフルタイム出場だったにもかかわらず、出色のパフォーマンスだった元ブラジル代表MFを称えている。

「私が彼を忘れることはない。就任初日からずっと一緒にいたし、とても重要な存在だ。彼は自分の身体を完璧に理解しており、多くの瞬間で何をすべきか知っている。彼は話すタイミングや、我々がすべきリズムを把握しているんだ」

「非常に賢い選手だ。35歳の彼が週に1試合プレーするのは完璧なことだと思う。彼は自分がすべきことを正確に知っており、今日はタフな試合をしてくれた」

関連ニュース
thumb

シティの“問題児”、世界で900台しかない6000万超えランボルギーニが押収

マンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディが愛車を押収されてしまった。イギリス『サン』が伝えている。 メンディはフランスで高級車ランボルギーニを購入。世界で900台のみというレアモノでエンジン性能も抜群、47万5000ポンド(約6600万円)もする超一級品だそう。 イギリスでも高級車を乗り回していたメンディだったが、2020年11月、フランスのナンバープレートを付けたまま走っていたところを警察に見つかると、無免許で保険にも未加入だったことが判明していた。 必要な書類を提出するまで返却できない決まりとなっていたが、保管期限を過ぎてもメンディは提出せず、この度正式に押収されたようだ。 チェシャー警察は「プレストベリー出身の26歳の男性が、保険なしでの運転と無免許での運転を行い、オンラインで有罪判決が出た」と発表。「男性は罰金880ポンド(約12万2000円)を科され、88ポンド(約1万2200円)の被害者課徴金と90ポンド(約1万3500円)の追加金の支払いのほか、6ポイントの減点が科せられた」としていた。 自動車保険局によると、イギリスでは昨年13万7410台の車両が無保険で押収されており、4台に1台が正式に押収されているそうだ。 メンディは以前にも度重なるスピード違反で免許停止をくらっており、素行の悪さはジョゼップ・グアルディオラ監督にとっても悩みの種となっている。 <div id="cws_ad">◆6600万円のランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Lamborghini?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Lamborghini</a> poor <a href="https://twitter.com/hashtag/Aventador?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Aventador</a> SVJ is about to meet its end belongs to Manchester City player Benjamin Mendy <a href="https://t.co/ayOqtrruBQ">pic.twitter.com/ayOqtrruBQ</a></p>&mdash; 24wheel_news (@24wheel_news) <a href="https://twitter.com/24wheel_news/status/1337039758346735616?ref_src=twsrc%5Etfw">December 10, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.25 18:44 Thu
twitterfacebook
thumb

シティで進歩続けるカンセロ絶賛のファーディナンド氏「SBの新しい形を見せている」

マンチェスターユナイテッドのレジェンドであり、元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏がマンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロを称賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 カンセロは今シーズン、公式戦30試合出場2ゴール4アシストを記録。従来のサイドバックの位置に留まらず、中盤にポジションを移すプレーは「カンセロ・ロール」とも呼ばれ、注目を集めている。 24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのボルシアMG戦にも先発出場したカンセロは1ゴール1アシストをマークしており、チームの勝利に多大な貢献を果たした。 このポルトガル代表DFのプレーぶりに対して、イギリス『BTスポーツ』に出演していたファーディナンド氏も目を細めた。新しいサイドバックの形を見せてくれていると絶賛している。 「カンセロはサイドバックとしてプレーする選手だが、従来のサイドバックとは異なるね。彼はピッチの中央に入ってくる」 「彼のポジションはピッチの内側に寄っており、ほとんど中盤の選手のようなものだ。シティはボールを持っている際、後ろに3人、前に2人を置く配置をしているが、彼は前にいる選手の1人だ」 「彼はときに10番のポジションにまで上り、プレーメイカーのように振舞っている。これはジョゼップ・グアルディオラとカンセロが試合を異なる視点で見ているからだろう」 「リバプールのトレント(・アレクサンダー=アーノルド)は誰よりも優れたパスレンジを持っている。だが、カンセロには機動力と素早さがあり、ボールの有無に関わらず、シャープでアグレッシブだ。サイドバックの新しいプレーを見られるのは素晴らしいね」 また、カンセロについてはファーディナンド氏と同じく『BTスポーツ』に出演していたシティOBのジョレオン・レスコット氏も高く評価。シティのなかで、最も代えの効かない選手だと語った。 「チームで代えが効かないのはおそらくカンセロだろう。彼はチームの後方で様々なポジションに適応できる。前線はフィル・フォーデン、(イルカイ・)ギュンドアン、ケビン・デ・ブライネ、(セルヒオ・)アグエロと層が厚いからね。カンセロはチームの中で重要な役割の1つを担っており、彼が欠ければちょっとした隙になるだろう」 2021.02.25 16:28 Thu
twitterfacebook
thumb

1G1AのB・シウバ「力になれて嬉しい」 アシストのカンセロにも称賛の言葉

マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバが先勝を喜んだ。 目下公式戦18連勝中と向かうところ敵なし状態のシティ。24日に代替開催の地ブダペストに赴いて、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのボルシアMG戦に臨み、見事に2-0の先勝で飾った。 フル出場のB・シウバは29分にポルトガル代表DFジョアン・カンセロからのクロスに頭で合わせて先制点を記録。続く65分、頭で折り返したボールでブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの追加点をお膳立てした。 殊勲のB・シウバは試合後、イギリス『BT Sport』でチームの勝利に満足感を示した。 「僕らからすれば、良いゲームだった。この大会がどれだけタフなのかは知っている。シンプルにプレーして、ミスをしないよう心がけた。僕らにとって、良い勝利だが、まだ終わっていない」 ポルトガル人技巧派MFはまた、自身のゴールに言及。同胞のポルトガル代表DFルベン・ディアスと内々で得点を争い合っていると述べ、カンセロに賛辞の言葉を送った。 「普段はヘディングは得意じゃない! ルベン・ディアスとは誰が最もゴールを決められるかで勝負しているんだ。今夜、チームの力になれて嬉しいよ」 「カンセロは素晴らしい選手で、彼のことをよく知ってもいる。僕らには良い関係性が築かれていて、今夜の彼からのボールは素晴らしいものだった」 「彼は素晴らしいシーズンを過ごしているよね」 2021.02.25 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

謙虚さ保つペップ「我々がCL優勝候補? 人々がそう言い張るなら、それで構わない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が先勝の一戦を振り返っている。 目下公式戦18連勝中と向かうところ敵なし状態のシティ。24日に代替開催の地ブダペストに赴いて、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのボルシアMG戦に臨み、2-0の先勝で飾った。 突破に一歩前進したシティだが、グアルディオラ監督は試合後、イギリス『BT Sport』で全体的ば戦いぶりを評価しつつ、勝ち進めば勝ち進むほど熾烈さを極める今後に向けての課題を口にしている。 「全体的に良かった。試合の主導権を握るなかで、最後にチャンスを許してしまったがね。残念ながら冷静な判断も欠いた。特に、相手GKと一対一の場面でね。そこに関しては改善していく必要がある」 「1stレグでの戦いはいつだってより難しくなるもの。より冷静さが求められるのだ。(ガブリエウ・ジェズスが迎えた)GKとの一対一の場面とかね。この大会を勝ち進めためには完璧じゃなければ」 スペイン人指揮官はまた、突破口を開く先制ゴールを記録したポルトガル代表MFベルナルド・シウバを称賛した。 「我々がボックス内に攻め入っていける攻撃的なMFを求めるなかで、彼はその役割をやってくれた」 「改善すべきところやリスクを冒す必要性を感じるときもあるが、彼は非常にクレバー。我々に何かしら特別なものを与えてくれ、フィジカル面も良い」 そして、「今季のシティが今大会の優勝候補に目されるべきか?」との問いにも考えを示している。 「(ラツィオとの1stレグを4-1の先勝で飾った)昨日のバイエルン・ミュンヘンを見る限り、そう思わないね」 「選手を休ませ、可能な限りベストなコンディションに持っていくのは大きな課題だ」 「人々が優勝候補だと言い張るのであれば、それはそれで構わない。我々もそう受け止める」 2021.02.25 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ボルシアMG 0-2 マンチェスター・シティ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ボルシアMGvsマンチェスター・シティが24日に中立地ブダペストのプスカシュ・アレーナで行われ、アウェイのシティが0-2で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽ボルシアMG採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210225_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ゾンマー 5.0 失点はいずれもノーチャンス。セービングは安定もリスタート時に相手の圧力を感じて効果的にボールを繋げず   DF 18 ライナー 5.5 粘りの守備対応に加え、スペースに飛び出していく意識は高かった。ただ、プレー精度の部分で相手に劣る   (→ラザロ 5.0) 攻撃面を期待されて投入されたが、直後の失点によって難しい展開に   28 ギンター 5.5 ボックス内で繊細かつ身体を張った守備で粘る。ただ、繋ぎの部分では相手の嫌らしい守備に苦しめられた   30 エルベディ 5.5 ギンターと共に粘りの守備を見せた。失点場面ではカンセロのパーフェクトクロスに屈したが、後半立ち上がりに見事なスライディングでジェズスの決定機を阻止   25 ベンセバイニ 5.5 一対一の守備で劣勢も最後のところで何とか耐えた。得意の左足のキックを生かす場面はほぼなかった上、不用意なバックパスでジェズスに決定機を献上   MF 8 ザカリア 5.5 中盤でギュンドアンを監視。守備で強度を保ち、後半は幾度かカウンターの場面で良い絡みを見せた   6 クラマー 5.0 中盤の底でスペースを埋めつつ要所で前に出て献身的に守備をした。ただ、1失点目の場面のパスは軽率だった   32 ノイハウス 5.5 中盤で攻守両面にハードワークをこなしたが、相手とのクオリティの差を感じさせられる一戦に   FW 23 J・ホフマン 5.0 カンセロのマークという難しいタスクを任されたが、チーム全体のレベルの差もあって個人としては攻守に不完全燃焼の試合に   (→ヴォルフ -)   13 シュティンドル 5.0 最前線で起点役を期待されたが、相手のセンターバックコンビに封殺される。フラストレーションが溜まる形でピッチを後に   (→エンボロ 5.0) 展開的に裏のスペースを狙いづらいこともあり、見せ場を作れず   14 プレア 5.0 惜しいシュートを1本放ったが、ウォーカーとのマッチアップで終始劣勢を強いられた   (→テュラム 5.0) 簡単に潰されるなど切り札としては物足りないプレー内容だった   監督 ローゼ 5.0 やりたいことは理解できたが、個々のクオリティ、チームとしての完成度の差があまりに大きかった   ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210225_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 6.5 相手の狙っていた背後のスペースを的確な飛び出しで阻止。ラストプレーの場面で唯一の枠内シュートを見事に阻止   DF 2 ウォーカー 7.0 攻守両面でハイパフォーマンスを披露。守備の切り替えや球際の強度ではジンチェンコやカンセロら後輩にまだまだ譲らず   3 ルベン・ジアス 6.5 相手の狙いをしっかりと見極めて最終ラインをほぼ完ぺきに統率。ビルドアップの場面でもいつも通り貢献   14 ラポルテ 6.5 相手のアタッカーに対してそつなく対応。ストーンズを凌駕するまでには至らないが、バックアッパーとしては及第点以上の出来だった   27 カンセロ 7.5 繋ぎ崩しの局面で司令塔としての才能を遺憾なく発揮。2ゴールを演出した   MF 20 ベルナルド・シウバ 7.0 珍しいヘディングで1ゴール1アシスト。守備ではジェズスと共にファーストディフェンダーとして機能。得点以外でも気の利くプレーが光った   16 ロドリ 6.5 最後の場面での不用意なバックパスはトーナメントでやってはいけない軽率なプレーだった。ただ、それ以外では好パフォーマンスを披露   8 ギュンドアン 6.5 相手の中盤に徹底監視に遭った中、黒子としての役目を完遂し周囲をうまく生かす。守備の切り替えも素晴らしかった   FW 7 スターリング 6.0 決定的な仕事はできなかったが、序盤は鋭い仕掛けで相手の脅威に   (→マフレズ 5.5) 仕留めるチャンスでフィニッシュまで至らなかったが、逃げ切りに貢献   ガブリエウ・ジェズス 6.5 値千金の追加点を奪取。前線からの強度の高い守備と、最終ラインとの駆け引きでじわじわ消耗させた   (→アグエロ -)   47 フォーデン 6.5 フィニッシュのフィーリングは今一つもほぼミスのない繋ぎと献身的な守備で勝利に貢献   (→フェラン・トーレス -)   監督 グアルディオラ 6.5 イングランドのトップカテゴリー所属チームで初の公式戦アウェイ12連勝達成。攻守両面で相手を圧倒する完勝   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カンセロ(マンチェスター・シティ) 攻守両面で異次元のパフォーマンスを見せた多才なサイドバックが文句なしのMOM。ペップから授けられた“カンセロロール”を完遂し、相手のバランスを崩す決定的な役割を見事にこなした。   ボルシアMG 0-2 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 ベルナルド・シウバ(前29) ガブリエウ・ジェズス(後20) 2021.02.25 07:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly