マディソン&バーンズ弾のレスターがビラ撃破で2連勝! 暫定2位に浮上《プレミアリーグ》  

2021.02.22 01:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第25節、アストン・ビラvsレスター・シティが21日にビラ・パークで行われ、アウェイのレスターが1-2で勝利した。
 
2試合未消化ながら8位に付けるアストン・ビラ(勝ち点36)と、3位のレスター(勝ち点46)による上位対決。前節、リバプールに鮮やかな逆転勝利を挙げたレスターだが、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)ではスラビア・プラハとのアウェイゲームを0-0のドローで終えることになった。
 
主力を起用したそのスラビア・プラハ戦からはアマルテイ、オルブライトンに代えてカスターニュ、リカルド・ペレイラと負傷明けの2選手をいずれも右サイドで縦に並べた。
 
グリーリッシュを負傷で欠くホームチームに対して、立ち上がりからエンジン全開のレスターは、積極的に足を振っていきGKマルティネスを脅かす。すると19分、ヴァーディへのロングボールのこぼれ球を拾ったバーンズがペナルティアーク付近のマディソンの足元に繋ぐと、マディソンがすかさず狙いすました右足のミドルシュートをゴール左下隅の完璧なコースに突き刺した。
 
敵地で幸先よく先制に成功したレスターは続く23分には右サイドのスローインからティーレマンス、バーンズとボックス付近で繋いでヴァーディが左足の鋭いシュートを放つ。これはGKマルティネスの好守に遭うが、バーンズが冷静にこぼれ球を蹴り込んだ。
 
この連続ゴールで完全に流れを掴んだアウェイチームは、ホームチームの反撃を枠内シュート0に抑え込むなど、ほぼ完ぺきな内容でハーフタイムを迎えた。
 
それでも、ハーフタイムに修正を図ったビラは立ち上がりの48分、左サイド深くに侵攻したターゲットからのクロスをゴール前に飛び込んだマッギンがワンタッチシュート。これはDFのブロックに遭うも、ゴール前でこぼれ球に反応したトラオレが冷静に左足で蹴り込んでこの試合最初の枠内シュートをゴールに結びつけた。
 
緩い入りからいきなり点差を縮められたレスターだが、これをキッカケに気を引き締め直すと、前半同様にここから攻勢を強めていく。59分にはボックス手前の好位置で得たFKをマディソンが直接狙うが、壁を越えて枠の右隅に向かったシュートはGKマルティネスのビッグセーブに阻まれる。さらに、64分には前半から積極的にサイドに流れてサイドバックの背後を狙っていたヴァーディがボックス左からシュートを放つが、これは枠の右に外れる。
 
失点以降は危なげなく試合を運んでいたレスターだったが、アクシデントが発生。後半序盤にシュートを放った際に左足の違和感を訴えていたマディソンがプレー続行不可能となり、メンディを投入することになった。
 
攻撃の全権を握る司令塔の不在を受けて、後半半ばから終盤にかけてより堅守速攻の色合いを強めるアウェイチームは、リカルド・ペレイラ、ティーレマンスに代えてアマルテイ、チョードリーと守備的な選手を終盤にピッチへ送り込んで逃げ切り態勢に入る。
 
一方、今冬加入のサンソンやトレゼゲをピッチに送り込んだビラは左サイドのターゲットのクロスを起点にトラオレが2点目に迫るなど、幾度か良い攻めを見せるが、グリーリッシュ不在を感じさせる最後のところでの工夫が足りない。試合終了間際の94分にはセットプレーの流れからの波状攻撃でエル・モハマディのクロスをゴール前のミングスが頭で合わすが、これは枠の左に外れて万事休す。
 
そして、難敵ビラを敵地で退けたレスターがリーグ連勝で暫定2位に浮上した。

関連ニュース
thumb

情報漏えいの可能性? エース欠場がキックオフ24時間前に噂に…アストン・ビラ監督「私を幸せにするものではない」

アストン・ビラの内部事情が漏洩している可能性に監督が苦言を呈した。イギリス『BBC』が伝えた。 アストン・ビラは21日、プレミアリーグ第25節でレスター・シティと対戦、上位のレスター相手に善戦するも、1-2で敗れていた。 問題となったのは、この試合をイングランド代表MFジャック・グリーリッシュが欠場したこと。15カ月ぶりにリーグ戦を欠場。先発出場が48回で途切れることとなった。 しかし、問題はグリーリッシュがケガをしたこと以上に、その情報がどこからか漏洩していたことだ。 グリーリッシュが欠場するという情報は、レスター戦の24時間前にソーシャルメディア上で広がり、実際に欠場。アストン・ビラのディーン・スミス監督は、この情報漏洩が、レスターの手助けになったと主張した。 「ソーシャルメディアで、グリーリッシュがプレーしないという噂が出ていることを知らされた」 「もし、それが我々のトレーニンググラウンドから出ているのであれば、どこから来たものなのか、誰から来ているのかにかかわらず、それを見つけて叱責するだろう」 「それは私を幸せにするものではない」 単なる噂話ではなく、確度が高い情報だったことで、チーム内部からの漏洩を疑ったスミス監督。一方で、グリーリッシュのケガは長引かないだろうとの見解を示した。 「我々は様子を見ていくことになる。確かに昔のケガの再発ではないし、長期的なものでもない」 「私は永遠の楽観主義者であり、来週のリーズ戦で復帰することを願っている。ただ、それはメディカルスタッフに任せることにする」 2021.02.22 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、逸材MFラムジーと2025年まで契約延長

アストン・ビラは9日、U-20イングランド代表MFジェイコブ・ラムジー(20)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 6歳の頃にアストン・ビラの下部組織に入団したJ・ラムジーは、2019年1月にプロ契約を締結。プロ契約後はリーグ1(イングランド3部)のドンカスター・ローバーズへ半年間の武者修行に出て、7試合3ゴールという数字を残した。 そして、レンタルバックして迎えた今シーズンは、第2節のフルアム戦でプレミアデビューを飾ると、ここまで公式戦13試合に出場し1アシストをマーク。また、昨年10月に飛び級で招集されたU-20イングランド代表では、デビュー戦となったU-20ウェールズ代表戦で初ゴールを記録した。 2021.02.09 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

岩渕真奈が衝撃のゴール! トッテナム相手に貴重な勝ち点3を獲得

INAC神戸レオネッサからアストン・ビラへと移籍したなでしこジャパンのFW岩渕真奈が、衝撃のゴールを決めた。 アストン・ビラは6日、FA女子スーパーリーグでトッテナムと対戦。岩渕は先発フル出場を果たした。 試合は12分、いきなり岩渕が見せ場を作る。 自陣からのロングボールを相手DFがクリア。これを岩渕が拾うと、ドリブルで持ち出しボックス手前で右足一閃。鋭いシュートが左サイドネットに突き刺さり、先制ゴールとなった。 このゴールは岩渕にとって移籍後2点目。このゴールで1-0と勝利したアストン・ビラは今季3勝目となり、貴重な勝ち点3に貢献した。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WOW <br><br>What a strike from <a href="https://twitter.com/buchi_mana?ref_src=twsrc%5Etfw">@buchi_mana</a>! <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysFAWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysFAWSL</a> <a href="https://t.co/aino2C2Lyc">pic.twitter.com/aino2C2Lyc</a></p>&mdash; Barclays FA Women&#39;s Super League (@BarclaysFAWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysFAWSL/status/1358034259143892992?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.08 20:07 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルが連敗…デビュー戦の代役GKライアン奮闘もビラにシーズンダブル喫す《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、アストン・ビラvsアーセナルが6日にビラ・パークで行われ、ホームのビラが1-0で勝利した。 現在10位のアーセナル(勝ち点31)は前節、ウォルバーハンプトンを相手に2人の退場者が響き1-2の逆転負けで8戦ぶりの黒星を喫した。その敗戦からのバウンスバックを図るこの一戦では9位のアストン・ビラ(勝ち点32)と対戦した。 ウルブス戦からはいずれも出場停止となる守護神レノ、ダビド・ルイスに代わってこれがデビュー戦となるGKライアン、ガブリエウが代役に起用された以外、同じメンバー構成となった。 試合は開始早々に動く。開始2分、ビラがGKから縦にパスを繋いで行きマッギンが前線に入れたロングボールをDFガブリエウが短くクリア。これを受けたセドリックがガブリエウにマイナスに戻すと、パスの弱さとコミュニケーション不足によってこれをトラオレに奪われる。そして、ボックス右から左足アウトでマイナスに折り返したボールをゴール前のワトキンスがダイレクトで合わすと、DFホールディングに当たってコースが変わったボールがゴール左隅に決まった。 軽率なミスからいきなりビハインドを負ったアーセナルはすぐさま反撃を開始。ラカゼット、スミス・ロウを起点に相手を押し込む形を作ってセットプレーを獲得するが、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができず。 先制点以降、互いに決定機まで持ち込めない状況が続いた中、前半半ばを過ぎて徐々に試合が動き始める。まずは29分、アーセナルが相手陣内ボックス手前右で得たFKの場面でキッカーのジャカがゴール右上隅を捉える強烈なシュートを放って古巣対戦のGKマルティネスを脅かす。 直後の31分には左サイドでのビラの崩しからボックス中央で巧みなボールタッチでゴール前に抜け出したトラオレがループシュートで2点目に迫るが、ここはGKライアンが見事な反応で阻止。さらに、こぼれ球に反応したバークリーのシュートもDFのブロックに阻まれた。 その後はボールを握ったアーセナルが押し気味に試合を運びペペらに幾度かシュートチャンスが訪れたものの、中央の危険なエリアをきchしり固めるビラの守備をこじ開けることはできなかった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半は積極的にシュートを打ち合うオープンな展開となる。前半同様にアグレッシブに試合に入ったビラはバークリー、ワトキンス、マッギンとボックス付近で積極的に足を振っていくが、GKライアンの好守に阻まれて追加点とはならず。 一方、前半は流れの中でのシュートがほとんどなかったアーセナルも52分にペペが放った枠のわずか右に外れる際どいシュートを皮切りにベジェリンのカットインからの左足シュートなど、良い形でフィニッシュに繋げていく。 何とか早い時間帯に追いつきたいアーセナルは59分、やや存在感を欠いていたラカゼットを下げてオーバメヤンをピッチへ送り込む。さらに、、65分にはセドリックを下げてウーデゴールを投入し、この交代でサカが左サイドバック、トップ下にウーデゴール、右ウイングにスミス・ロウという攻撃的な布陣に変更した。 そして、67分には左サイドの高い位置まで侵攻したサカの浮き球のクロスを中央のオーバメヤンが頭で合わすが、これは惜しくも枠の右に外れる。 その後、筋肉系のトラブルによってトーマスがプレー続行不可能となり、ウィリアンの投入を余儀なくされたアーセナルは、このアクシデントによって流れを失う。 一方、トラオレ、バークリーに代えてトレゼゲ、ラムジーとフレッシュな選手を投入したビラは79分、カウンターからボックス左で仕掛けたグリーリッシュがGKライアンにファインセーブを強いると、83分にも同じようなシチュエーションからワトキンスに2点目のチャンスも、左足のシュートはわずかに枠の右に外れ、試合を殺すことができない。 その後はアーセナルがサカの左サイドを起点に攻勢を仕掛けて同点を目指すが、最後まで集中力を切らさないホームチームの守備を最後までこじ開けることはできなかった。 そして、ビラに屈辱のシーズンダブルを喫したアーセナルは7戦無敗からの2連敗と再び厳しい状況に陥った。 2021.02.06 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラで構想外のMFランズバリーが昇格目指す2部のブリストルへ完全移籍

チャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティは29日、アストン・ビラのMFヘンリ・ランズバリー(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 契約期間はシーズン終了までの半年間となるとのことだ。 ランズバリーは、アーセナルのアカデミー出身で2008年7月にファーストチーム昇格。その後は、スカンソープ・ユナイテッド、ワトフォード、ノリッジ、ウェストハムへとレンタル移籍を繰り返していた。 2012年8月にノッティンガム・フォレストへ完全移籍すると、2017年1月にアストン・ビラへと完全移籍で加入する。 アストン・ビラでは公式戦53試合に出場し2ゴール9アシストを記録。しかし、近年は出場機会がほとんどない状況となると、今シーズンはプレミアリーグのメンバーから外れていた。 ブリストル・シティは現在チャンピオンシップで8位につけており、6位以内で出場できる昇格プレーオフを目指している状況。ノリッジやウェストハム時代には昇格に貢献したこともあり、その力を求めての補強となった。 2021.01.30 17:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly