【CLプレビュー】20季ぶり16強のラツィオが王者バイエルンと初対戦《ラツィオvsバイエルン》

2021.02.23 18:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ラツィオvsバイエルンが23日29:00にキックオフされる。20季ぶりにベスト16進出を決めたラツィオが、昨季王者バイエルンを本拠地オリンピコに迎える初対戦だ。

今季12シーズンぶりにCL出場を果たしたラツィオは、ドルトムントが同居したグループを2位で通過。クラブ・ブルージュとは最終節まで競り合い、2ポイント差で何とか20季ぶりにノックアウトラウンドに勝ち上がった。他のクラブ同様、コロナ感染に苦しめられたラツィオだが、リーグ戦では前々節インテル戦こそ敗れたものの、ここ8試合で7勝と絶好調の中でバイエルン戦を迎えている。


一方、昨季王者バイエルンはアトレティコ・マドリーが同居したグループを5勝1分けの戦績で余裕の首位通過。ただ、クラブ・ワールドカップ遠征があった上、コロナ感染や負傷で離脱者が増えており、チーム状態は下降気味。直近のフランクフルト戦では1-2と敗れ、リーグ戦ここ2試合1分け1敗と躓いている。

◆ラツィオ◆
【3-5-2】

▽ラツィオ予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:レイナ
DF:パトリック、アチェルビ、ムサッキオ
MF:ラッツァーリ、ミリンコビッチ=サビッチ、ルーカス・レイバ、ルイス・アルベルト、マルシッチ
FW:インモービレ、コレア
負傷者: GKストラコシャ、DFラドゥ、ルイス・フェリペ
出場停止者:なし

守備陣にケガ人を抱えているものの、カバーできる範囲となっている。バイエルン戦に向けてほぼベストメンバーで臨める状態だ。

◆バイエルン◆
【4-2-3-1】

▽バイエルン予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ノイアー
DF:サール、ジューレ、リュカ、アルフォンソ・デイビス
MF:キミッヒ、アラバ
MF:サネ、ゴレツカ、コマン
FW:レヴァンドフスキ
負傷者:DFクアシ、MFトリソ、FWニャブリ、FWドグラス・コスタ
コロナ:DFパヴァール、MFミュラー
出場停止者:なし

直近のフランクフルト戦でゴレツカとハビ・マルティネスがコロナから復帰した。ただ、主力にケガ人が多く、メンバーはギリギリの状態だ。

★注目選手
◆ラツィオ:FWチーロ・インモービレ
Getty Images

両チームの絶対的存在であるストライカー対決に注目したい。ラツィオのエースFWはセリエAで3度得点王に輝いているイタリア代表のインモービレだ。動き出しとシュート精度に優れるストライカーは、今季の公式戦26試合の出場で19ゴールとさすがの得点力を発揮。CLグループステージでは4試合の出場で5ゴールを挙げ、ラツィオの決勝トーナメント進出に大きく貢献した。王者バイエルン撃破のためにはインモービレのゴールが欠かせない。

◆バイエルン: FWロベルト・レヴァンドフスキ
Getty Images

対するバイエルンは言わずもがなブンデスリーガで5度の得点王に輝いている世界屈指の点取り屋であるレヴァンドフスキだ。CLでは4試合の出場で3ゴールと大人しいが、ブンデスリーガでは21試合の出場で25ゴールと記録的なペースで得点を量産している。2020年の年間最優秀選手に選出された万能型ストライカーは、王者バイエルンをまずはベスト8に導くゴールを挙げることができるか。


関連ニュース
thumb

冨安負傷欠場のボローニャ、バイエルンに惨敗のラツィオに快勝《セリエA》

セリエA第24節、ボローニャvsラツィオが27日に行われ、2-0でボローニャが快勝した。ボローニャのDF冨安健洋は負傷欠場となっている。 前節サッスオーロ戦を10人となった中、何とか1-1で引き分けた12位ボローニャ(勝ち点25)は、今季フルタイム出場を続けていた冨安がふくらはぎを痛めて欠場となった。 一方、前節サンプドリア戦を制してリーグ戦ここ8戦で7勝とした6位ラツィオ(勝ち点43)だったが、4日前に行われたバイエルン戦ではまさかの1-4と惨敗。ショックの大きい敗戦を喫した中、バイエルン戦のスタメンからムサッキオに代えてホードのみを変更した。 立ち上がりから押し込んだラツィオは16分、コレアがボックス左で仕掛けてPKを獲得。しかし、キッカーのインモービレのシュートはGKスコルプスキにキャッチされてしまう。 すると19分、ボローニャが先制する。オルソリーニのボレーシュートがGKレイナを強襲すると、ルーズボールをエムバイェが詰めた。 先制以降はボローニャが自陣に引きながらカウンターを狙い、主導権を握ったままハーフタイムに入った。 迎えた後半もラツィオが前がかるも、ボローニャの守備陣を崩せない展開が続く。すると64分、バロウの右クロスからサンソーネのボレーシュートが決まってボローニャが突き放した。 厳しいラツィオは直後に3枚替えを敢行。インモービレらを諦めてムリキらを投入したが、終盤にかけても反撃できずに0-2で完敗。バイエルン戦の大敗を引きずり、公式戦連敗となった。 2021.02.28 04:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンに大敗のラツィオ、指揮官はCL王者との差強調「困難な試合になると分かっていた」

ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での敗戦を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。 23日に行われたCLラウンド16・1stレグで、ラツィオはバイエルンとホームで対戦。CL王者との対戦は開始9分で先制を許したことを皮切りに、前半だけで3点を奪われる厳しい展開に。MFホアキン・コレアが1点を返すのが精一杯であり、1-4で敗れた。 4つのアウェイゴールを献上しての敗戦により、ラツィオのCLベスト8進出は、3月17日に行われる2ndレグを前に非常に厳しい状況となっている。 S・インザーギ監督は試合後、チームのパフォーマンスは決して悪くなかったと強調。一方で、先制点を許す原因となったDFマッテオ・ムサッキオのミスを悔やんだ。 「試合へのアプローチが悪かったわけではないが、今日は困難な試合になると分かっていた。最初の失点後、臆病になってしまったと思う。違う試合をしたかったのは事実だが、この敗戦は我々の成長につながるだろう。ページをめくり、次の試合を考える必要がある」 「(マッテオ・)ムサッキオにはミスがあり、注意が足りていない場面もあった。彼はこの試合、苦しんでいたと思う。だからこそ、(31分で)彼を交代させたんだ」 また、S・インザーギ監督は、DFステファン・ラドゥやDFルイス・フェリペらディフェンス陣に負傷者が続出していることに言及。絶対的な強さを見せるバイエルンに対抗するのは難しかったと語っている。 「戦力的に厳しい今シーズンに、ここまで来られるとは思っていなかった。(ステファン・)ラドゥとルイス・フェリペはまだしばらく復帰はできないだろう。ただ、(アダム・)マルシッチは守備の選手として計算できる」 「この試合はフルスカッドで臨みたかったが、常に想定外のことが起こっており、それはできなかった。この敗戦が、チームに心理的な影響を与えるとは思わない。とはいえ、バイエルン相手にゴールを許したくなかったのは確かであり、残念だ」 「この1年半、バイエルンに対抗できるチームはなかった。我々は謙虚であり、このCLでも負けないチームだと思う。だが、今夜は難しい試合になると分かっていたが、彼らを助ける試合をしてしまった」 2021.02.24 11:09 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:ラツィオ 1-4 バイエルン《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのラツィオvsバイエルンが23日に行われ、1-4でバイエルンが圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210224_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 レイナ 5.0 古巣対決。4失点も責任は問えない DF 4 パトリック 4.0 3失点目に絡む。ムサッキオ同様、CLレベルでは考えられないミス (→ホード 5.5) 3バックの中央に入る。大きなミスはなかった 33 アチェルビ 4.5 守備を統率しきれず。オウンゴール献上 37 ムサッキオ 3.5 序盤の軽率なミスで試合を壊す。前半の内に懲罰交代 (→ルリッチ 5.0) 左サイドに投入される。攻守に凡庸だった MF 29 ラッツァーリ 5.0 スピードを生かして打開を狙うもケアされていた 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0 さほど攻撃に絡めず (→カタルディ -) 6 ルーカス・レイバ 4.5 3失点目はパトリックとの連係がまずかった (→エスカランテ 5.5) 対人の強さで存在感 10 L・アルベルト 5.5 バイタルエリアでボールを受けてアクセントを付ける (→アキャプロ -) 77 マルシッチ 5.0 サネのケアに奔走 FW 17 インモービレ 5.0 レヴァンドフスキとのストライカー対決が注目されたが完敗 11 コレア 6.0 ドリブルでの仕掛けでアクセントになっていた。1点を返す 監督 S・インザーギ 4.5 懲罰交代敢行もつまらないミスから1stレグの前半で終戦 ▽バイエルン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210224_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ノイアー 6.0 枠内シュートを的確にセーブ DF 4 ジューレ 6.0 フランクフルト戦の不出来から挽回。前半は攻撃面でも存在感 17 J・ボアテング 6.0 インモービレの対応で及第点 27 アラバ 6.0 ラッツァーリのスピードをアルフォンソ・デイビスと共にケア 19 アルフォンソ・デイビス 6.0 抜群のスピードを生かしてラッツァーリに対応 MF 10 サネ 7.0 決定的な3つ目のアウェイゴールをゲットし、4点目のオウンゴールを誘発 (→サール -) 18 ゴレツカ 6.0 攻守に集中。チームにソリッドさをもたらした 42 ミュージアラ 6.5 CL初ゴール。先発抜擢に応える (→チュポ=モティング -) 6 キミッヒ 6.0 ゴレツカ、ミュージアラと共に中盤を制圧 29 コマン 6.5 3点目を演出。スピードでラツィオを切り裂いた (→リュカ -) FW 9 レヴァンドフスキ 6.5 ミスを突いて先制点。さすがの得点力 監督 フリック 6.5 手持ちの駒が乏しい苦しい台所事情の中、ミュージアラの先発抜擢が奏功 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サネ(バイエルン) スピードでラツィオ守備陣を翻弄。2点に絡んで圧勝に導いた。 ラツィオ 1-4 バイエルン 【ラツィオ】 コレア(後4) 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(前9) ミュージアラ(前24) サネ(前42) OG(後2) 2021.02.24 06:53 Wed
twitterfacebook
thumb

王者バイエルンが敵地で余裕の4発、ラツィオは軽率ミス響く《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのラツィオvsバイエルンが23日に行われ、1-4でバイエルンが圧勝した。 今季12シーズンぶりにCL出場を果たしたラツィオは、ドルトムントが同居したグループを2位で通過。そのラツィオはセリエAでは前々節インテル戦こそ敗れたものの、ここ8試合で7勝と絶好調の中でバイエルン戦を迎えた。 一方、昨季王者バイエルンはアトレティコ・マドリーが同居したグループを5勝1分けの戦績で余裕の首位通過。ただ、クラブ・ワールドカップ遠征があった上、コロナ感染や負傷で離脱者が増え、直近のフランクフルト戦では1-2と敗戦。チーム状態が下降気味の中でラツィオ戦を迎えた。 一進一退の攻防で立ち上がった中、開始9分にバイエルンがラツィオのミスを突いて先制する。ムサッキオのバックパスミスをカットしたレヴァンドフスキがGKレイナとの一対一を制した。 先制後、バイエルンの攻勢が強まると、24分に加点した。ゴレツカのパスを受けたペナルティアーク中央のミュージアラが右足を一閃。正確なミドルシュートがゴール左に決まった。 2点を追う展開となったラツィオは1失点目に絡んだムサッキオを下げてルリッチを左サイドに投入。マルシッチが左センターバックに回った。 36分にGKレイナのキックミスからレヴァンドフスキが3点目に迫ったバイエルンが主導権を握る中、42分に3つ目のアウェイゴールを獲得する。パトリックからボールを奪ったコマンが独走。GKレイナを強襲するシュートを放ち、ルーズボールをサネが押し込んだ。 迎えた後半開始2分、バイエルンが4点目を奪う。カウンターからサネがスピードでパトリックを振り切り、ボックス左からクロス。アチェルビのオウンゴールを誘った。 絶望的なラツィオは2分後、ルイス・アルベルトのお膳立てからコレアがドリブルシュートを決めて1点を返す。 息を吹き返しかけたラツィオに対し、バイエルンは病み上がりのゴレツカに代えてハビ・マルティネスを投入。さらにコマンに代えてリュカを左サイドバックに投入し、A・デイビスを1列前に配置する守備重視の布陣にシフトした。 終盤にかけてはバイエルンが試合をクローズし、4-1のまま圧勝。3週間後にホームで行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。 2021.02.24 06:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオ指揮官インザーギ、絶対王者バイエルン相手に決意「5年間の集大成」

ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、バイエルン戦に向けて意気込みを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ラツィオは23日、チャンピオンリーグ(CL)ラウンド16でバイエルンと対戦する。20年ぶりとなるCL決勝トーナメントに臨むラツィオだが、相手は昨年の大会を圧倒的な強さで制した絶対王者。一筋縄ではいかないだろう。 そんな一戦を前に、インザーギ監督は「素晴らしいチームとの5年間の仕事の集大成だ」とコメント。就任から5年間でのチームの成熟を実感し、この試合でもいつも通り全力を尽くすと意気込んだ。 「我々はいつも通りの謙虚さ、そして気を楽にして試合に臨みたい」 「バイエルンは世界チャンピオンとなり、その後直近2試合で引き分けと負けを記録している。しかしそれ以前には5連勝している」 「バイエルンの弱みではなく、ラツィオの強みにフォーカスしたい。これまでやってきたように、この試合でもベストを尽くすつもりだ」 「我々は成熟しており、決勝戦のような重要な試合を多く戦ってきた。昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝でもプレーした」 また、現役時代に自身が指導し、現在はバイエルンのヘッドコーチを務めるクローゼ氏についても言及。再会を喜んだ。 「彼に再会できて嬉しいよ、彼は就任して最初の試合でも私をとても助けてくれた」 「コーチとしての彼はとても評判がいい。しかし明日の夜のような試合では最高の形で相手にすることができると思う」 2021.02.23 18:36 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly