あのフッキの筋肉がバージョンアップ!? さらに絞られた肉体美に称賛「永遠にビースト」

2021.02.19 12:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
母国に復帰した元ブラジル代表FWフッキ(34)のコンディションは良好のようだ。かつてJリーグでもプレーしたフッキは、2020年12月に上海上港(現・上海海港)を退団し、1月にアトレチコ・ミネイロに加入。16年ぶりに母国に戻ることを決断した。


まだ、新天地でのデビューには至っていないフッキだが、トレーニング中の1枚の写真が話題になっている。

SNS専門メディアの『433』が掲載した写真では、半袖半ズボンのフッキが写っており、Tシャツは逞しい上半身にピチッと張り付き、短めのショーツからはサラブレッドの脚のような脈打った太ももが露わになっていた。

『433』は「フッキは永遠にビースト」とブラジルでも変わらぬ筋骨隆々ぶりを伝えると、サポーターからは「怪物だ」「オレもトレーニングしよう」「エグいな!」と羨望や憧れの声が多く寄せられた。

上海上港時代もガタイの良さでは群を抜いていたフッキだが、この写真ではさらに絞られ、より研ぎ澄まされた印象を受ける。16年ぶりの母国でやる気は十分のようだ。

◆フッキの肉体美がえげつない

関連ニュース
thumb

キレキレ連続直角ターンでDFを翻弄!中島&塩谷の同僚が決めた華麗なスーパーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアル・アインに所属するUAE代表FWカイオ・カネドが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆連続直角ターンで相手を翻弄!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0MnRNRjZNZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> ブラジル生まれのカイオは母国のクラブを渡り歩いた後、2014年夏にUAEリーグに移籍。2019年夏からは、日本代表の塩谷司や中島翔哉も所属する強豪アル・アインに活躍の場を移している。 2020年11月には、UAEに帰化して代表デビューを果たしているカイオだが、2021年2月19日に行われたアラビアン・ガルフリーグ第17節のアル・フジャイラ戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた23分、DFバンダル・モハメドの自陣からのロングパスを相手陣の左サイドでカイオが受ける。ボックスの手間でボールを収めたカイオは、鮮やかなキックフェイントからの直角ターンでマークをかわすと、ブロックに来たもう1人のDFも鮮やかなターンで軽々と抜き去る。フリーでゴール前に進むと、GKの頭上を抜く強烈なシュートを叩き込んだ。 このゴールで勢いに乗ったアル・アイン。後半も攻勢が続き、3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="842" data-sg-movie-title="【連続直角ターンでDFを翻弄!】中島&塩谷の同僚が決めた華麗なスーパーゴール"></span> 2021.02.25 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京から移籍したFW原大智がイストラデビュー!カップ戦で1ゴール+ダメ押し弾に絡む

FC東京から移籍加入したFW原大智が、クロアチアのイストラでデビュー。いきなりゴールを決めた。 イストラはクロアチアカップ・ラウンド16でシベニクと対戦。原は[4-2-3-1]の1トップで移籍後初出場を果たした。 試合は前半から両チームともに攻勢を見せるが、フィニッシュの精度を欠いて得点を奪えない。 26分には、イストラの選手がボックス内でハンドが疑われたが、VARのチェックが入り認められなかった。 互いにシュートチャンスは作るものの、精度を欠いた前半はゴールレス。迎えた47分、CKからの流れからボールを繋ぐと、右サイドからのクロスをヨシプ・シュタロがヘッド。これはGKがセーブするも、こぼれ球を原が蹴り込み、イストラが先制する。 そのままイストラがリードで試合は終盤へ。後半アディショナルタイムには原が右サイドでボールをキープすると、相手を背負いながらスルーパス。シメ・グルジャンが受けると、ボックス内に持ち込みシュート。追加点を奪い、0-2で勝利を収めた。 原はデビュー戦で2得点に絡む活躍を見せた。 シベニク 0-2 イストラ 0-1 47分:原大智(イストラ) 0-2 95分:シメ・グルジャン(イストラ) <div id="cws_ad" >◆原がデビュー戦で先制ゴール!後半ATにもゴールに絡む(2:06~)</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "UVyWvTco70g";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.02.25 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

パワフルなアンストッパブルFK!ゴールからの距離を感じさせない豪速球ゴール【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ミッティランのデンマーク代表FWピオネ・シストが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆パワフルかつ精密なピンポイントFK!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJMWI3cVFVMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてデンマークの強豪ミッティランの下部組織に入団したシストは、同クラブでデビュー。セルタへの移籍を経て2020年夏に古巣ミッティランに復帰している。 高い身体能力が持ち味のアタッカーとして活躍するシストだが、2020年10月17日に行われたデンマーク・スーペルリーガ第5節のオーデンセ戦では、豪快なFKを決めている。 2-1とミッティランリードの86分、相手陣内中央付近、ゴール正面の位置でミッティランがFKを得る。キッカーのシストは、ゆっくりとした助走からシュートを放つと、パワフルなシュートはゴール右上のGKの届かない完璧なコースに素早く飛んでいき、見事にゴールネットに突き刺さった。 このゴールで勝負を決めたミッティランが3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="840" data-sg-movie-title="【パワフルなアンストッパブルFK!】ゴールからの距離を感じさせない豪速球ゴール"></span> 2021.02.25 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

橋本拳人同僚の元フィンランド代表MFエレメンコがロストフ退団…家庭の事情で母国帰還へ

日本代表MF橋本拳人が在籍するFCロストフは23日、元フィンランド代表MFロマン・エレメンコ(33)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 これまでウディネーゼやディナモ・キエフ、ルビン・カザン、CSKAモスクワ、スパルタク・モスクワを渡り歩いたエレメンコは、2019年1月にロストフに加入。 ここまで公式戦48試合10ゴール7アシストの数字を残し、今シーズンはゲームキャプテンを務めるなど、主力として活躍していた。 しかし、フィンランド代表として通算73キャップを誇る攻撃的MFは、「僕にとっては家族が第一だからフィンランドに戻る。ロストフの将来の幸運を祈っているよ」と、詳細については言及していないものの、家庭の事情からクラブとの契約を解消したことを明かした。 また、ロストフのアルタシュ・アルチュンヤンツ会長もエレメンコ退団に際して、「我々のクラブの扉はロマンのために常に開かれており、彼は常に我々のクラブに欠かせない存在となるだろう」と、同選手の決断に理解を示している。 2021.02.24 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェラード、ライバルクラブの監督解任に「驚きはない」

レンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督が、セルティックの監督解任について言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えた。 セルティックは24日、ニール・レノン監督の解任を発表した。2019年2月に2度目の就任を果たし、リーグ記録タイの9連覇に導いたが、今季は最大のライバルレンジャーズの後陣を拝し、残り8試合という状況で18ポイントも離されていた。 2018年5月に就任したジェラード監督にとって、これまでにセルティックで監督交代が起きたのは2度目。25日に控えヨーロッパリーグのアントワープ戦に向けた会見で質問を受けた指揮官は「驚きはない」と答えた。 「驚いたとは言えない。あのクラブで何が起きているかは明らかだったからね。しかし、ニールやその他監督に対するそのようなニュースを見ても、私は個人的に満足感を得られない。彼の今後の活躍を祈っているよ」 「今朝知ったばかりだが、私が焦点を置いているのは明日の試合だけだ」 なお、レノン監督を解任したセルティックは、アシスタントコーチのジョン・ケネディ氏が暫定監督を務めることが発表されている。 2021.02.24 20:52 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly