密集地帯を切り裂く鮮やかなワンツー!元フランス代表の背番号「10」が決めた美しいカーブショット【インクレディブル・ゴールズ】

2021.02.17 08:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はメキシコリーグのティグレスに所属する元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックがマルセイユで決めたゴールだ。


◆密集地帯を崩す鮮やかなワンツー

2010年から2015年までフランスの名門マルセイユで活躍したジニャック。公式戦188試合で77ゴールを記録し、母国開催となったユーロ2016では代表チームの背番号「10」を背負っていた。

現在は活躍の場をメキシコに移しているジニャックだが、マルセイユ時代の2011年1月19日に行われたクゥープ・ドゥ・ラ・リーグ準決勝のオセール戦では、美しいゴールを決めている。

1-0とマルセイユがリードして前半を折り返し、迎えた68分、相手陣内左サイドでボールを受けたジニャックは、中央にドリブルで侵入する。ボックス前に人数をかけて守りを固める相手に対し、前線のMFルチョ・ゴンサレスと鮮やかな縦ワンツーを決めて、密集地帯を潜り抜けると、ペナルティーアーク手前左からミドルシュート。落ち着いて狙いすましたシュートは、ゴール右上へ吸い込まれ、見事な追加点となった。

このゴールで試合を決めたマルセイユが、2-0で勝利している。

関連ニュース
thumb

2回弾かれながらも捻じ込む!“グリー”ことグリエルミンピエトロが決めたパワフルな一撃/1998-99【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元アルゼンチン代表MFアンドレス・グリエルミンピエトロ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆グリエルミンピエトロが捻じ込むパワフルな一撃<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwM1dNZlpCbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くして母国アルゼンチンからミランに引き抜かれたグリエルミンピエトロ氏は、同クラブでプロデビューし、3シーズンに渡ってプレー。デビューシーズンにリーグタイトルを勝ち取るなど活躍をみせた。 豊富な運動量と両足でのドリブルが持ち味のサイドMFとして活躍したグリエルミンピエトロ氏だが、1999年5月23日に行われたセリエA第34節のペルージャ戦では、パワフルなゴールを決めている。 0-0で迎えた11分、ミランが左サイドを攻めると、MFズボミニール・ボバンのパスを受けたグリエルミンピエトロがボックス内に侵入。中央へ切り込んで右足でシュートを放った。パワフルなシュートは、相手DFのブロックに遭いながらもゴールに飛んでいくと、ディフレクトしたボールに何とか反応したGKの手も弾いてゴールインした。 このゴールで先手を取ったミランは2-1で勝利。ちなみにペルージャの得点を挙げたのは、当時同クラブでプレーしていた元日本代表MF中田英寿氏だった。 <span data-sg-movie-id="892" data-sg-movie-title="【2回弾かれながらも捻じ込む!】“グリー”ことグリエルミンピエトロが決めたパワフルな一撃"></span> 2021.03.08 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランの“マエストロ”ルイ・コスタが決めた痛烈グラウンダーミドル/2003-04【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ポルトガル代表MFマヌエル・ルイ・コスタ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ルイ・コスタの痛烈ミドルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFb050eVBsNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ポルトガルの強豪ベンフィカでデビューしたルイ・コスタ氏は、フィオレンティーナでブレイク。2001年夏に黄金期を迎えていたミランに加入し、多くのタイトルを勝ち取った。 類稀なパスセンスで“マエストロ”の異名を取ったルイ・コスタ氏だが、2004年5月16日に行われたセリエA第34節のブレシア戦では、素晴らしいゴールを決めている。 3-1とミランリードの60分、途中交代でルイ・コスタがピッチに立つと、直後の66分、MFフェルナンド・レドンドからのパスをボックス手前で受けたルイ・コスタが、ドリブルで仕掛けていく。素早いステップでペナルティーアーク内に入っていったルイ・コスタは、ゴール正面の位置からミドルシュート。痛烈なグラウンダーシュートは、GKに反応の隙を与えないまま足元を抜き、ゴール左隅に吸い込まれた。 このゴールでさらにリードを広げたミラン。その後1点を返されたものの、4-2で快勝している。 <span data-sg-movie-id="910" data-sg-movie-title="【“マエストロ”の一発!】ミランの“マエストロ”ルイ・コスタが決めた痛烈グラウンダーミドル"></span> 2021.03.08 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

大逆転達成!2点ビハインドをひっくり返したブラースヴァイトの劇的ダイビングヘッド/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイトが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆大逆転を達成した劇的ダイビングヘッド<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuQUVhUE03VyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国のエスビャウでのデビューを経て、トゥールーズで頭角を現したブラースヴァイトは、フランス、イングランド、スペインのクラブを渡り歩いた後、2020年2月にバルセロナに加入した。 ポストプレーの上手さやゴール前での勝負強さが持ち味のブラースヴァイトだが、2021年3月3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝セビージャとの2ndレグでは、劇的なゴールを決めている。 1stレグに0-2で敗れていたバルセロナは決勝進出には3点差以上での勝利が必要となっていた中、後半追加タイムの94分の劇的なゴールで延長戦に持ち込んだバルセロナ。 そして迎えた延長前半の95分、左サイドでボールを受けたDFジョルディ・アルバが、ゴール前にクロスを入れる。このボールに対し、素早くゴール前に動き出したブラースヴァイトがダイビングヘッド。GKの足元を抜いたシュートが決まり、ついに逆転に成功した。 バルセロナは3-0と初戦の点差をひっくり返す大逆転勝利で決勝進出を決めている。 <span data-sg-movie-id="909" data-sg-movie-title="【大逆転達成!】2点ビハインドをひっくり返したブラースヴァイトの劇的ダイビングヘッド"></span> 2021.03.08 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

この角度からどうやって決めた?引退後は副首相まで登り詰めた政治家フットボーラーがミランで決めた信じられないゴール/2001-02【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ジョージア代表DFカハ・カラーゼ氏がミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆元副首相の執念が生んだ見事なゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKNjU3NXJFSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国でのデビューを経て、ウクライナの強豪ディナモ・キエフで頭角を現したカラーゼ氏は、2001年1月にミランに加入。主力DFとして黄金期のミランを支え、在籍9シーズン半で公式戦284試合に出場した。 2012年に現役引退してからは、政界に進出し、ジョージアの副首相などを歴任したカラーゼ氏だが、2002年3月17日に行われたセリエA第27節のトリノ戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で前半を折り返して迎えた50分、右サイドからDFコスミン・コントラがボックス内へクロスを上げる。高く上がったボールは、ファーサイドに流れていってしまったものの、このボールをライン際まで追っていったカラーゼが滑り込みながら左足でシュート。ふわりとした軌道のシュートは、美しい放物線を描きながらGKの頭上を越えていき、ゴール右サイドのネットに決まった。 このゴールで先制したミラン。その後追いつかれたものの、終盤に勝ち越し、2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="907" data-sg-movie-title="【この角度からどうやって決めた?】引退後は副首相まで登り詰めた政治家フットボーラーがミランで決めた信じられないゴール"></span> 2021.03.07 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

起死回生の一撃!ピケが土壇場で決めた決勝への望みを繋ぐ劇的同点ヘッド/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ピケが決めた劇的ヘディング弾<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJdWRmZUFScyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バルセロナの下部組織で育ったピケは、一度はマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれたものの、2008年夏にバルセロナに復帰。以降は守備の要として最終ラインからチームを支えている。 抜群の守備力に加え、フィジカルを活かした攻撃参加も持ち味の1つであるが、2021年3月3日に行われたコパ・デル・レイ準決勝セビージャとの2ndレグでは、劇的なゴールを決めている。 1stレグに0-2で敗れていたバルセロナが、ディスアドバンテージを背負って迎えたこの試合。決勝進出には3点差以上での勝利が必要となっていたが、1-0とバルセロナがリードしつつも、合計スコアでは依然ビハインドの状況で迎えた後半追加タイムの94分、右CKの二次攻撃から左サイドで相手のクリアボールを回収したグリーズマンが絶妙なクロスを入れると、これをゴール前で競り勝ったピケがドンピシャのヘディングシュートをゴール右隅に流し込んだ。 最後の最後で劇的なゴールで追いついたバルセロナ。延長戦に持ち込むと、勝ち越しに成功し、3-0と1stレグの点差をひっくり返す大逆転勝利で決勝進出を決めている。 <span data-sg-movie-id="891" data-sg-movie-title="【起死回生の一撃!】ピケが土壇場で決めた決勝への望みを繋ぐ劇的同点ヘッド"></span> 2021.03.07 12:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly