クロアチアの元神童MFチョリッチがローマからスロベニアクラブにレンタル

2021.02.17 01:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スロベニアのオリンピア・リュブリャナは16日、ローマからクロアチア代表MFアンテ・チョリッチ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

2014年に17歳でディナモ・ザグレブでのトップチームデビューを飾ったチョリッチは、同シーズンのヨーロッパリーグ(EL)のアストラ戦でEL史上最年少となる17歳と157日でのゴールを記録。卓越した足元の技術と創造性を併せ持つ天才型のチャンスメーカーとして評価されていた。


その後、2018年7月にディナモ・ザグレブからローマへ加入も、同クラブでは公式戦3試合の出場に留まり、以降はスペイン2部のアルメリア、オランダのVVVフェンロへレンタルに出されていた。

今シーズン前半は買い取りオプション付きの1年間のレンタルでフェンロに加入も、公式戦3試合の出場に留まったことで、出場機会を求めるチョリッチは、レンタル契約を打ち切ってスロベニア行きを決断した。

関連ニュース
thumb

ローマに痛手…チームトップスコアラーのヴェレトゥが太もも負傷で約1カ月の離脱へ

ローマのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥが、太もものケガで1カ月以上の離脱を余儀なくされるようだ。イタリアの複数メディアが報じている。 ヴェレトゥは3日に行われたセリエA第25節のフィオレンティーナ戦で負傷。60分の失点直前のスプリントで足を痛めて続行不可能となっていた。 元々4日に検査を受ける予定だったが、状態が悪く、5日に延期されていたとのこと。『カルチョメルカート』によると、離脱期間はおよそ35日間。程度2のケガとなってしまったようだ。 この結果、ヴェレトゥはヨーロッパリーグ・ラウンド16のシャフタール・ドネツクとの2試合や、21日に行われるセリエA第28節のナポリ戦の欠場が濃厚となった。 今季のヴェレトゥは、セリエAではここまで24試合に出場し、チームトップの10ゴール2アシストをマークしていた。 2021.03.05 20:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、セリエA屈指の若手CBイバニェスと2025年まで契約延長!

ローマは4日、U-23ブラジル代表DFロジェール・イバニェス(22)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 ローマとの新たな契約にサインしたイバニェスは、クラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「今回の契約延長は僕にとって本当に大きな意味があるんだ。このクラブを代表してプレーすることに値することを示そうと、ここまでハードワークを続けてきたからね」 「自分自身、改善を続ける必要があることを理解しているけど、1つだけ確かなことがあるんだ。それは将来のために、僕が持っているすべてのものをローマに捧げることだ」 また、ローマでゼネラル・マネージャーを務めるチアゴ・ピント氏は、伸びしろ十分のイバニェスが過去に在籍した偉大なるブラジル人プレーヤーの系譜を受け継ぐ存在になると確信している。 「ロジェールは、このクラブが現在と将来の双方で共に築き上げたいと考えている、若くて才能のあるプレーヤーの1人だ」 「ローマに加入して以来、一貫して改善を続けているが、彼にはまだまだ成長の余地があることを確信している」 「また、歴史的にクラブで大きな成功を収めてきたローマのブラジル人プレーヤーの誇り高い伝統を継続できることを嬉しく思う」 2020年1月にアタランタから買い取り義務付きの1年半のレンタルで加入したイバニェスは、ここまでローマで公式戦36試合に出場し1ゴールを記録。今季ここまでは公式戦26試合に出場するなど、3バックのレギュラーに定着している。 ラツィオとのデルビー・デッラ・カピターレでは2失点に絡む失態を犯したが、機動力と出足の鋭さを生かした守備範囲の広さ、元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスを彷彿とさせる高精度のフィードや持ち上がりといったビルドアップの質も高く、セリエA屈指の万能型センターバックとしての評価を高めている。 2021.03.05 02:10 Fri
twitterfacebook
thumb

劇的ゴールで勝利のローマ、フォンセカ監督は白星に安堵「タフだったが勝利に値する試合」

ローマのパウロ・フォンセカ監督が、リーグ戦での重要な勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは3日に行われたセリエA第25節で、フィオレンティーナと対戦。前節ミランに敗れトップ4から陥落したローマだが、この日は後半先制に成功。一度は追い付かれたものの、88分にMFアマドゥ・ディアワラが決勝弾を記録し、2-1のスコアで勝利した。この結果、3試合ぶりの勝利を挙げたローマは5位のまま順位は変わらなかったものの、トップ4争いに踏みとどまることには成功している。 試合後のインタビューに応じたフォンセカ監督は、前節の敗戦から立ち直ったチームを称賛。そのうえで、現在抱えている課題についても語っている。 「今日は本当にタフな内容だったが、勝利に値する試合だったと思う。チャンスを作り出せており、守備もソリッドだった。ここでの勝利は、我々にとって本当に重要なものだったと感じている」 「これで物事が全て楽になったとは言い難いが、間違いなく重要ではあった。勝てなかった後、改善するために何をすべきかに気づくことが大切だったのだ。チームは正しい姿勢を見せ、勝利が必要な試合で勝つことができた」 「我々が強豪相手に勝てていないのは事実だ。相手がチャンスを作っているというより、自分たちがミスをしているシーンがよく見られる。ライバルとの試合であっても良いことはたくさんあったが、いつも何かしらの点で不足していた。最高の相手と対戦したときには、チームは改善する必要がある」 また、フォンセカ監督は勝利の立役者であるディアワラについてコメント。負傷から復帰した選手の活躍を喜んでいる。 「彼は長期間欠場していたが、復帰後は良いプレーを見せているね。今日は、ゴール以外でも素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれた。私は自由に起用できる選手の選択肢を得られて、とても嬉しいよ」 2021.03.04 13:44 Thu
twitterfacebook
thumb

伏兵ディアワラの劇的弾でローマがヴィオラに競り勝つ! トップ4争いに踏みとどまる《セリエA》

セリエA第25節、フィオレンティーナvsローマが3日にスタディオ・アルテミオ・フランキで行われ、アウェイのローマが1-2で勝利した。 前節、ミランとの上位対決に競り負けたローマ(勝ち点44)はアタランタに抜かれてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落。CL圏内再浮上に向け勝ち点3奪取必須のアウェイゲームでは14位のフィオレンティーナ(勝ち点25)と対峙した。ミラン戦からは先発3人を入れ替えてファシオ、カルスドルプ、ビジャールに代えて負傷明けのクンブラ、ディアワラとブルーノ・ペレスが起用された。 立ち上がりから主導権を握ったローマはディアワラ、ムヒタリアンとボックスの外からミドルシュートを放って相手守備をけん制。以降は左サイドのスピナッツォーラのドリブル突破を起点に攻め手を窺うが、マジョラルやムヒタリアンへのボールの収まりが今一つで攻撃に迫力が出ない。 逆に機動力のあるリベリとヴラホビッチの2トップを起点にカウンターを狙う相手の形に持ち込まれ、幾度かボックス内を陥れられる場面も目立った。 前半半ばから終盤にかけては膠着状態が続く。何とか前半のうちにリードを奪いたいアウェイチームは45分、ペナルティアーク付近でマジョラルからパスを受けたペッレグリーニが低い弾道のミドルシュートを枠の左に飛ばすが、これはGKドラゴウスキの好守に阻まれた。 攻撃のリズムを掴み切れぬまま試合を折り返したローマだが、後半開始早々に先手を奪う。49分、ボックス手前右でマンチーニが浮き球のパスをゴール前に入れると、左サイドから斜めのランニングで飛び出したスピナッツォーラが絶妙な右足のダイレクトシュートでニアを破り、前回対戦に続く今季リーグ2点目とした。 一方、先にゴールを許したフィオレンティーナは、失点直後にカストロヴィッリが足を痛めてプレー続行不可能に。前半のイゴールに続く負傷交代となり、嫌な流れが漂うが意外な形から同点に追いつく。60分、相手CKのロングカウンターから左サイド深くに抜け出したヴラホビッチの高速クロスが戻りながらの対応となったスピナッツォーラのオウンゴールを誘った。 不運なオウンゴールで追いつかれたローマは、さらに失点前の流れでスプリントした際にハムストリングを痛めたヴェレトゥがプレー続行不可能となり、ペドロを緊急投入。さらに、67分には疲労が見えたムヒタリアンを下げてエル・シャーラウィをピッチへ送り出した。 その後は一進一退の攻防が続く中、82分にはヴラホビッチに決定的な枠内シュートを許すが、ここはGKパウ・ロペスのビッグセーブで凌ぐ。すると、守護神の好守で流れを引き寄せたローマは伏兵が劇的ゴールを奪う。 88分、相手を押し込んでボックス手前中央のディアワラがボックス右でフリーのカルスドルプに斜めのパスを通してゴール前に走り込むと、カルスドルプからの絶妙な折り返しをワンタッチで合わせてゴールネットを揺らした。当初、オフサイドの判定が出るも、VARのレビューの結果、オンサイドでのゴールが認められた。 そして、ディアワラの今季初ゴールを最後まで守り切ったローマが苦しみながらも敵地で勝ち切ってトップ4争いに踏みとどまった。 2021.03.04 07:06 Thu
twitterfacebook
thumb

クラブロゴから動物の姿消える? 世界野生生物の日に各クラブが啓発活動

3月3日、世界中の多くのサッカークラブのクラブロゴから動物の姿が消えた。『ESPN』が伝えている。 3月3日は2013年から『世界野生生物の日』と設定された。これは1973年3月3日に採択されたワシントン条約と呼ばれる「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」に記念したもので、経済的、文化的に重要な野生動植物の保護の取組の強化を目的としたものだ。 そして、2021年の同日には世界自然保護基金(WWF)との連携によって、ローマ(オオカミ)やワトフォード(鹿)、アストン・ビラ(ライオン)、WBA(ツグミ)、ウォルバーハンプトン(オオカミ)といったヨーロッパのクラブでは同日限定でクラブロゴに描かれている動物を外す決定を下した。 この試みの狙いは、クラブロゴに馴染み深い動物たちの姿がないという違和感によって、世界中で増加している野生生物の損失を改めて多くの人たちに強調するというものだ。 また、WWFのロゴからも設立60年で初めてお馴染みのパンダの姿がなくなっている。 WWFは各サッカークラブなどと連携した今回のキャンペーンの意図を以下のように説明している。 「世界的に生物多様性が劇的に失われ、それがもたらす社会的・経済的リスクを強調します」 「私たちは、自然のない世界がどのようなものであるかを示したいと考えています。なぜなら、人間の活動を通じてわずか50年足らずで、野生動物の個体数を平均68%も減少させてしまったからです」 「自然のあらゆる部分を消滅させることで、人間と惑星の健康に関わるもう一つの重要な繋がりを失うことになります」 「今日、私たちは世界で最も愛されているブランドのいくつかと協力して、自然に関連した画像をロゴから削除し、#WorldWithoutNature がいかに空虚なものであるかを示しています」 「世界的に、私たちは方向性を逆転させ、自然を取り戻すことに着手しなければなりません。世界中の政府が今年のこの機会を重要なものと捉えて行動を起こす必要があります。さすれば自然が永久に消滅するリスクを回避し、自然界が繁栄することができます」 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wolves, Aston Villa and West Brom have removed the animals from their club badges to highlight the increasing loss of wildlife around the world <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldWildlifeDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldWildlifeDay</a> <a href="https://t.co/4Z23bCtZ4P">pic.twitter.com/4Z23bCtZ4P</a></p>&mdash; ESPN UK (@ESPNUK) <a href="https://twitter.com/ESPNUK/status/1367062196946165760?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.03 22:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly