CSKAモスクワ、大連一方からロンドンを半年レンタルで獲得

2021.02.15 22:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
CSKAモスクワは15日、大連一方に所属するベネズエラ代表FWサロモン・ロンドン(31)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。ベネズエラのアラグアでプロデビューしたロンドンは、2008年の夏にラス・パルマスへ移籍したことで欧州上陸を果たす。その後、マラガやWBA、ニューカッスルで活躍すると、2019年7月にニューカッスル時代の恩師ラファエル・ベニテス氏の誘いを受け、大連一方に完全移籍した。


大連一方では、1年半で公式戦28試合に出場し14ゴール7アシストを記録していた。

なお、ロンドンは2012年~14年1月までルビン・カザンで、2014年1月~2015年8月までゼニトでプレーしており、約5年半ぶりのロシア復帰となる。
関連ニュース
thumb

英4部オールダム、“オズの魔法使い”キューウェル監督を成績不振で解任

リーグ2(イングランド4部)に所属するオールダム・アスレティックは8日、ハリー・キューウェル監督(42)とアシスタントコーチを務めるアラン・メイベリー氏(42)を成績不振で解任したことを発表した。 現役時代にリーズ・ユナイテッドやリバプールでなどで活躍したキューウェル監督は、昨年8月にオールダム・アスレティックの監督に就任。しかし、今季はここまでリーグ戦32試合を消化した時点で11勝6分15敗の16位に位置しており、昇格プレーオフ圏の7位に位置するボルトンとは12ポイント差を付けられていた。 オールダム・アスレティックは公式サイトで「今シーズンの2人の努力に感謝するとともに、今後の活躍を祈っている」と、感謝の声明を発表した。 なお、後任に関する発表はされていない。 2021.03.08 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

エルチェ、バレンシアやエスパニョールで活躍したピアッティをフリーで獲得!

エルチェは6日、メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCから元アルゼンチン代表FWパブロ・ピアッティ(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 母国のエストゥディアンテスでキャリアをスタートした163cmの小柄な体躯と圧倒的なアジリティとテクニックを武器とするアタッカーは、アルメリア、バレンシア、エスパニョールでプレー。ラ・リーガでは通算で294試合に出場して48ゴール42アシストをマークしていた。 2020年冬に加入したトロントFCでは、公式戦19試合で4ゴール3アシストを記録したが、契約延長オプションは行使されず。昨シーズン限りでトロントFCを退団していた。 2021.03.07 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

サッスオーロのMFスキアッパカッセが母国の名門・ペニャロールへレンタル移籍

ウルグアイの名門であるペニャロールは5日、サッスオーロの元U-20ウルグアイ代表MFニコラス・スキアッパカッセ(22)がレンタル移籍で加入することを発表した。 スキアッパカッセは、ウルグアイのリーベル・プレートでキャリアをスタート。その後、アトレティコ・マドリーのBチームへと移籍加入する。 アトレティコからはマハダオンダやパルマ、ファマリカンなどへとレンタル移籍を繰り返すと、2020年10月にサッスオーロへと完全移籍していた。 サッスオーロに加入したスキアッパカッセだが、出場はセリエAで1試合、コッパ・イタリアで1試合に留まっており、2月に入ってからはメンバー外が続いていた。 すでにスキアッパカッセはウルグアイへと到着。ペニャロールは検疫期間を終えた後、メディカルチェックと正式契約を結ぶとしている。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> Nicolás Schiappacasse arribó esta mañana. Ahora cuarentena, chequeos médicos, firma del contrato... y a la cancha. <a href="https://t.co/nTu3D6RgXI">pic.twitter.com/nTu3D6RgXI</a></p>&mdash; PEÑAROL (@OficialCAP) <a href="https://twitter.com/OficialCAP/status/1367859622443425792?ref_src=twsrc%5Etfw">March 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.06 21:17 Sat
twitterfacebook
thumb

バーンリーが35歳の元スコットランド代表RBと契約延長 ダイク監督も「真のプロ」と信頼強調

バーンリーは6日、元スコットランド代表DFフィル・バーズリー(35)との契約延長を発表した。新契約は2022年夏までとなる。 バーズリーはマンチェスター・ユナイテッド育成出身の右サイドバックで、過去にアントワープやレンジャーズ、アストン・ビラ、サンダーランド、ストーク・シティなどでプレー。2017年夏の移籍市場で2005-2006シーズンを過ごしたバーンリーに2年契約で加入した。 今季はここまで公式戦9試合に出場。昨夏に続いてバーズリーと1年間の新契約を結び、来季の戦力としてキープしたショーン・ダイク監督はクラブを通じて、喜びの思いとともに信頼を強調した。 「バルドは真のプロだ。無駄がなく、健康で、ハングリーだ。良い歳だが、『よくやっている』と尊敬の念を抱くのに十分な賢明さがある」 2021.03.06 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

若月所属のシオン、グロッソ監督を解任

FW若月大和が所属するスイスのFCシオンは5日、ファビオ・グロッソ監督(43)の解任を発表した。 今季からシオンの指揮官に就任したグロッソ監督だったが、10チームが参加するスイス・スーパーリーグで4勝10分け9敗と苦戦。残留プレーオフに回らなければならない9位に低迷していた。 現役時代にペルージャやパレルモ、インテル、リヨン、ユベントスでプレーし、2006年のドイツ・ワールドカップでは優勝メンバーとなったグロッソ監督は、引退後はユベントスのU-19で監督キャリアをスタート。その後はバーリ、エラス・ヴェローナ、ブレシアで指揮を執っていた。 2021.03.06 06:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly