シント=トロイデン鈴木優磨が幻弾直後に文句なしのヘディング弾! 今季14得点目も2連敗《ジュピラー・プロ・リーグ》

2021.02.14 08:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンの鈴木優磨が2試合連続弾をマークした。15位シント=トロイデンはジュピラー・プロ・リーグ第26節で11位ズルテ・ワヘレムとホームで対戦。鈴木はシュミット・ダニエルとともに先発した。


残留安全圏を維持するためにも敗戦した前節からの立ち直りが求められるシント=トロイデンは序盤からズルテ・ワヘレムのゴールに迫り、試合を優位に進めていく。そのなかで、チーム最多13得点の鈴木が多くの決定機を迎えるが、右足シュートが右ポストに嫌われ、ヘディングシュートも相手GKの正面を突き、チャンスをモノにできない。

すると、52分に失点。さらに、55分にも追加点を許してしまい、一気に劣勢を強いられてしまう。チームを窮地から救い出したい鈴木は69分にフィードをバイタルエリア中央で胸トラップで収めてゴールをねじ込むが、ハンドを取られ、VAR判定でノーゴールに。ジャッジも味方せず、なかなか反撃の糸口を見いだせない。

それでも、72分に右サイドのブルースがクロスを上げると、ゴール前の鈴木が高打点の位置からヘディング。これは文句なしのゴールとなり、シント=トロイデンが1点を返す。しかし、鈴木の2試合連発となる今季14得点目は勝利に繋がらず、1-2で敗戦。これで2連敗となり、上位追走とはならなかった。

シント=トロイデン 1-2 ズルテ・ワヘレム
【シント=トロイデン】
鈴木優磨(後27)
【ズルテ・ワヘレム】
ドンペ(後7)
ブルーノ(後11)
関連ニュース
thumb

橋岡大樹が先発デビュー!強烈シュートもドロー、鈴木優磨は負傷で途中交代《ジュピラー・プロ・リーグ》

5日、ジュピラー・プロ・リーグ第29節のシャルルロワvsシント=トロイデンが行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 この試合ではGKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発出場。また、先日途中出場でデビューしたDF橋岡大樹も先発出場を果たした。 9分、シント=トロイデンは左サイドを崩すと、ボックス内左からイロンベ・ムボヨがクロス。ボックス中央で待つ鈴木を超えたクロスを、ファーサイドで橋岡がヘッド。しかし、これはGKがキャッチする。 その橋岡は20分、ヨリス・カイェンベの突破を阻もうと掴んでしまうと、ベルギー初のイエローカードをもらう。 ゴールレスで迎えた後半立ち上がりにも橋岡が魅せる。相手陣内でカイェンベがトラップミス。これを見逃さなかった橋岡がこぼれ球を拾って持ち上がると、ボックス手前から右足一閃。強烈なシュートが枠を捉えるが、GKがキャッチする。 橋岡が積極的なプレーを見せる一方でアクシデント。59分に鈴木がピッチ内に倒れ込むと、ハムストリングを痛めた様子。自力でピッチを後にしたが、デュカン・ナゾンと交代する。 64分には橋岡が早いタイミングで入れたクロスが流れると、そのナゾンがボックス内を仕掛けると強烈シュート。これをGKが弾くが押し込めない。 シャルルロワも多くの決定機を作り出すことができずにそのままタイムアップ。0-0の引き分けに終わった。 シャルルロワ 0-0 シント=トロイデン <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=9ragsojfqwl01kqutin0luie1" async></script></div> 2021.03.06 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「物凄くスピーディ」ベルギーデビューのシント=トロイデンDF橋岡大樹は一定の手応え「悪くはなかった」

新天地でのデビューを果たしたシント=トロイデンのDF橋岡大樹が、デビュー戦となったオイペン戦を振り返った。 橋岡は2月28日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第28節のオイペン戦で、退場者を出した後の64分に途中出場を果たし、ベルギーでのデビューを飾った。 試合はオイペンが0-2で勝利を収め、橋岡は黒星デビューとなってしまった。 橋岡はデビュー戦について「1人少ない状況での投入ということでしたが、一緒に入った選手とリズムを作る形も何回かあったので、悪くはなかったと思います」と自身のプレーについては一定の手応えを感じていると語った。 出場時の監督からの指示については「サイドをどんどん駆け上がって、1人少ないですけど、チャンスメイクしてくれと言われました」とコメント。初めて戦ったベルギーリーグについては「物凄くスピーディで、個人個人のレベルもすごく高いなと思いました」と、改めて印象を語った。 シント=トロイデンは現在リーグ戦で4戦勝ちなし。順位も15位に転落した。 5日には8位のシャルルロワとの一戦を控えるが、橋岡は「今はこういう風にチームがなかなか勝てない状況ですけど、みんなで1つになって金曜日にしっかりと良い結果を出せるように、練習からしっかり取り組んでいきたいと思います」と意気込みを語った。 2021.03.01 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

橋岡大樹がベルギーデビュー! 鈴木優磨&シュミットと共演もオイペンに敗戦《ジュピラー・プロ・リーグ》

2月28日、ジュピラー・プロ・リーグ第28節のシント=トロイデンvsオイペンが行われ、0-2でオイペンが勝利した。 この試合ではGKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発フル出場。また、浦和レッズから今冬加入したDF橋岡大樹が63分から途中出場を果たした。 前節のアントワープ戦で引き分け、連敗をストップした15位のシント=トロイデン。14位のオイペンとの一戦に勝利すれば、順位が入れ替わる状況だった。 しかし、立ち上がりからオイペンが攻勢。7分にはアドリアーノの縦パスを受けたナレッジ・ムソナがボックス内からシュート。しかし、これは枠をわずかに外れる。 そのシント=トロイデンは27分、ボール奪取からカウンターを仕掛けると右に展開。パスを受けたクリスティアン・ブルースがグラウンダーのクロスをGKとDFの間に入れると、ファーに走り込んだ鈴木が滑り込んで合わせにいくがわずかに届かない。 すると41分、オイペンは左CKをクイックスタート。クロスに対して、アマラ・バビが打点の高いヘッドで合わせると、右隅に決まり、オイペンが先制する。 シント=トロイデンは51分、左サイドからのクロスにニアにブルースが飛び込むと、合わせらないものの相手DFにあたってオウンゴールに。しかし、VARのチェックによりその前にオフサイドがあったとしてゴールは取り消された。 ピンチをしのいだオイペンは60分、自陣でのボール奪取からカウンター。ムソナがドリブルで持ち込むと、ボックス手前でテイシェイラが倒し、DOGSOで一発退場となった。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=mdbb4thk9tix19sdzwhrf7woe" async></script></div> 0-1で迎えた64分には橋岡がマキクシミリアーノ・カウフリーズとの交代でデビューを果たす。 77分には左CKからのクロスを鈴木がヘッド。しかし、これはGKがキャッチ。85分には上がった橋岡がクロスを頭で折り返すも、味方につながらない。 すると89分、右サイドからの大きな展開からボックス内左でスマイル・プレヴリャクがトラップ。そのままカットインすると、右足を振り抜きゴール。オイペンが決定的なゴールを奪い、0-2で勝利を収めた。 シント=トロイデン 0-2 オイペン 0-1 41分:アマラ・バビ(オイペン) 0-2 89分:スマイル・プレヴリャク(オイペン) 2021.03.01 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンが2位アントワープに引き分け連敗ストップ、GKシュミットが躍動《ジュピラー・プロ・リーグ》

21日、ベルギーのジュピラー・プロ・リーグ第27節のアントワープvsシント=トロイデンが行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 シント=トロイデンは、FW鈴木優磨と日本代表GKシュミット・ダニエルが先発出場。鈴木は88分までプレーした。また、DF松原后はベンチ入りも出場機会がなかった。 一方で、アントワープのMF三好康児はベンチスタート。71分に途中出場を果たしている。 リーグ戦2連敗中のシント=トロイデンが、2位のアントワープのホームに乗り込んだ一戦。序盤はアントワープがボールを握る展開が続く。 5分、ラムケル・ゼが左サイドを抜け出すと、そのままボックス内に持ち込みシュート。しかし、これはGKシュミット・ダニエルがセーブする。 17分には右サイドからのクロスが流れるも、ラムケル・ゼが拾うとマイナスのパス。ボックス手前中央で受けたリオル・ラファエロフがコントロールから横パス。最後は、アブドゥライエ・セックがシュートも力なくシュミット・ダニエルがセーブする。 押し込まれ続けたシント=トロイデンは43分にチャンス。鈴木が敵陣でボールを持って攻め込むと、イロンベ・ムボヨからのパスに抜け出し、ボックス左からクロス。これをクリスティアン・ブルースがヘッドで合わせるが、枠を外れる。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1faj43njis4mb1upt0nu199i8b" async></script></div> 前半アディショナルタイムにはアントワープが決定機。右サイドからのグラウンダーのクロスに走り込んだリッチー・デ・ラエトが合わせにいくも、GKシュミット・ダニエルがセーブする。 ゴールレスで迎えた後半、シント=トロイデンが攻め込む。66分にはFKからのクロスに対してボックス内に飛び込んだ鈴木がダイレクトでシュート。しかし、枠に飛ばせない。 直後にはアントワープが決定機。ボックス左からジョルダン・ルカクがクロスを上げると、ピーター・ゲルケンスがヘッド。しかし、これはわずかに枠の右に外れる。 82分には浮き球のボールをボックス中央でディミトリ・ラヴァレーがヘッド。シュートはネットを揺らすが、その前にファウルがありノーゴールとなる。 結局そのままスコアは動かずに試合終了。シント=トロイデンは上位相手のドローで連敗をストップした。 アントワープ 0-0 シント=トロイデン 2021.02.22 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

伊東純也と鈴木優磨の日本人対決は、伊東のヘンクに軍配《クロッキーカップ》

10日、クロッキーカップ(ベルギーカップ)のラウンド16が行われ、ヘンクvsシント=トロイデンの一戦は1-0でヘンクが勝利した。 ヘンクの日本代表FW伊東純也は右ウイングとして先発フル出場。シント=トロイデンのFW鈴木優磨は2トップの一角でフル出場を果たし、GKシュミット・ダニエル、DF松原后はベンチ入りも出場機会がなかった。 伊東と鈴木の日本人対決となったこの試合。リーグ戦での好調を維持するヘンクは強力な3トップがシント=トロイデンのゴールに迫る。 6分、伊東が決定機を迎えるも、これはテイシェイラがなんとか対応。13分にはクリスチャン・トルストベットのシュートがポストに救われる。 なんとか耐えていたシント=トロイデンは、集中した守備で得点を許さず、ゴールレスで前半を終える。 迎えた後半、シント=トロイデンはチャンスを迎えるも決めきれずにいると81分には伊東が再び決定機。しかし、シュートはテイシェイラが再びブロック。これは手に当たったかと思われたが、PKの判定とはならなかった。 しかし、87分に痛恨の失点。リーグ得点王のFWポール・オヌアチュがブライアン・ヘイネンのクロスをボレーで蹴り込み先制。そのまま1-0でヘンクが勝利し、ベスト8に駒を進めた。 ヘンク 1-0 シント=トロイデン 1-0 87分:ポール・オヌアチュ(ヘンク) 2021.02.11 14:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly