仙台MF関口訓充に第三子となる次女が誕生「会えることをとても楽しみにしています」

2021.02.10 13:53 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ベガルタ仙台は10日、MF関口訓充に第三子とが誕生したことを発表した。クラブの発表によると、関口の次女は1月31日に誕生したとのことだ。


関口はクラブを通じてコメントしている。

「元気な娘を産んでくれた妻、無事に産まれてきてくれた娘に感謝したいと思います。キャンプから帰って、会えることをとても楽しみにしています」

「守るべき家族がさらに増えたことをエネルギーにして、今シーズンも全力でプレーします。応援をよろしくお願いいたします」

関口は2018年にセレッソ大阪から6年ぶりに仙台へ復帰。2020シーズンは明治安田J1で30試合に出場していた。
関連ニュース
thumb

仙台MF田中渉がトレーニング中に負傷、全治約8週間

ベガルタ仙台は8日、MF田中渉の負傷を発表した。 クラブの発表によると、田中は3月31日のトレーニング中に負傷したとのことだ。 チームドクターの診断の結果、右ハムストリングス肉離れと診断。全治は約8週間の見込みとのことだ。 田中は2019年に桐生第一高校から入団。2020シーズンは明治安田J1で7試合に出場していた。今シーズンはここまで出場機会はなかった。 2021.04.08 13:17 Thu
twitterfacebook
thumb

徳島3連勝で7年前の勝利数に並ぶ!仙台は押し込むも精度欠いて6連敗【明治安田J1第8節】

7日、明治安田J1リーグ第8節の徳島ヴォルティスvsベガルタ仙台が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、1-0で徳島が勝利した。 現在2連勝と勢いに乗りたい徳島と、前節の敗戦で最下位に転落した仙台の一戦となった。 徳島は前節と同じスタメンを発表していたが、試合前に石井秀典が負傷。ジエゴが急遽先発することとなった。 対する仙台はスタメンを3名変更。シマオ・マテ、富田晋伍、マルティノスが外れ、平岡康裕、上原力也、加藤千尋が起用された。加藤はプロ初先発となった。 試合は序盤からホームの徳島がペースを握ることに。6分、左からの藤原のクロスに対して垣田が合わせに行くもわずかに合わず。宮代もファーに飛び込むがDFがクリアする。 13分にはボックス内左でパスを受けた西村が相手2人に挟まれながらも間を抜き、そのままシュート。しかし、これはミートせずにボックス右に外れていく 押し込む徳島は22分にもビッグチャンス。右CKからのクロスに岸本が飛び込んでヘッド。これはGKヤクブ・スウォビィクがセーブする。続くCKからも岸本がヘッドで合わせるが今度は上原がライン上でヘディングでクリアする。 3本連続でのCKとなると、今度も岸本がヘッド。これもGKヤクブ・スウォビィクがセーブするが、こぼれ球を岸本が蹴り込み、徳島が先制する。 29分には再び徳島がCKのチャンス。これをニアサイドで岸本が足で合わせるが、これは枠を外れていく。 先制を許した仙台はサイドを効果的に使って徳島ゴールを目指す。すると37分、GKヤクブ・スウォビィクからのフィードを収めた赤﨑がボックス内に侵入し早いクロスを送るが、GK上福元がキャッチする。 仙台は42分にもビッグチャンス。ボックス内右でパスを受けた西村が相手をかわして左足シュート。これは枠を捉えたが、GK上福元がわずかに触りゴールとはならない。 徳島リードで迎えた後半、仙台は氣田に代えて蜂須賀孝治を入れる。 後半も徳島のペースで試合が進む中、仙台も徐々に反撃に出る。それでもスコアが動かない中、徳島は64分に3枚替え。宮代、藤原、鈴木に代わり、杉森考起、藤田譲瑠チマ、浜下瑛が投入される。 77分、左サイドからの蜂須賀のクロスをボックス内で加藤がバックヘッド。しかし、わずかに右に外れる。 仙台はここから攻勢に出ると、84分にもビッグチャンス。途中出場の吉野恭平がボックス内でパスを受けてシュート。これがDFにブロックされて溢れると再びシュート。さらにこぼれ球をもう一度シュートを放つが、最後はGK上福元がセーブする。 仙台はチャンスを作りながらもフィニッシュの精度を欠くことに。徳島も身体を張って1点を守りにいくと、そのままタイムアップ。1-0で徳島が勝利し、J1で3連勝。7年前の勝利数に並んだ。一方の仙台はこれで6連敗となり、今季初白星はまたお預けとなった。 徳島ヴォルティス 1-0 ベガルタ仙台 【徳島】 岸本武流(前24) <span class="paragraph-title">【動画】3度目の正直!徳島MF岸本武流がCKから決勝弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1v7x6seddipan1cf1xug111gwi" async></script> 2021.04.07 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:徳島vs仙台】徳島はJ1で3連勝なるか? 最下位転落の仙台はどこから手をつけるか

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2021年4月7日(水) 19:00キックオフ 徳島ヴォルティス(8pt/9位) vs ベガルタ仙台(1pt/20位) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] J1で連勝を収めた徳島と、ついに最下位に転落してしまった仙台の一戦。 ◆いざ3連勝、ホーム2勝目へ【徳島ヴォルティス】 前節は清水エスパルス相手に3ゴールを奪い、今シーズン初のクリーンシートも記録。0-3で勝利し、J1の舞台で連勝を飾った。 攻守が噛み合った中での快勝はチームとしても手応えを感じたはず。このまま上昇気流に乗っていきたいところだろう。 とはいえ、徳島は前節からYBCルヴァンカップを含めてまさかの公式戦11連戦に。試練を迎えていく中で、着実に下位からは勝ち点を奪っていく必要がある。 J1に残るためにも、チーム一丸となってしっかりと戦い抜けるかが課題となるだけに、この勢いを持ってしっかりと3連勝を収められるか。チーム力も試される一戦となりそうだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:上福元直人 DF:岸本武流、福岡将太、石井秀典、ジエゴ MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲 MF:渡井理己、宮代大聖、藤原志龍 FW:垣田裕暉 ヘッドコーチ:甲本偉嗣 ◆気がつけば最下位、どう盛り返す【ベガルタ仙台】 前節はホームにヴィッセル神戸を迎えての一戦。しかし、見せ場もないまま0-2で敗れ、5連敗となった。 シーズン当初からの課題であった試合の入りに失敗した神戸戦は、その後も盛り返すことなく90分間が終了。苦しく厳しい戦いが続いている状況だ。 ケガ人がいること、補強した外国人選手が合流できていない現状を考えると、台所事情が苦しいのも理解できる。それでも、試合はやってくるだけに、いかに修正していくかが重要だ。 特にチグハグなプレーが目立ち、チーム内での意思統一と戦い方が整理されていない印象。選手間でのコミュニケーションをしっかりととり、要らないミスをなくすことから手をつけなければいけないだろう。 今シーズンは4チームが自動昇格。現時点では出遅れたチームも多くあるが、調子の良いチームはどんどん抜け出している状況。苦しんでいる中でも出遅れると、痛い結末が早くも見えてしまうだけに、まずは初白星を掴みたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:蜂須賀孝治、アピアタウィア久、平岡康裕、石原崇兆 MF:マルティノス、上原力也、松下佳貴、氣田亮真 FW:西村拓真、赤崎秀平 監督:手倉森誠 2021.04.07 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台が獲得したFWフェリペ・カルドーソが意気込み「良いシーズンを過ごすためにハードワーク」

ベガルタ仙台に加入するブラジル人FWフェリペ・カルドーソ(23)がJリーグでのプレーに意気込んだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 フェリペ・カルドーソは、サントスからのレンタル移籍で仙台へと加入。2022年1月1日までの契約となる。 ポンチプレッタ、サントス、セアラー、フルミネンセでプレー経験のあるフェリペ・カルドーソ。これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは42試合に出場し5ゴール1アシストを記録していた。 初めてブラジル国外への移籍となるフェリペ・カルドーソは改めて日本でのプレーについてコメント。とても楽しみにし、活躍したいと意気込んだ。 「このような機会に恵まれ、とても嬉しく思います。日本は素晴らしい国で、僕はこの国を知り、リーグ戦でプレーできることを光栄に思う。チームメイトを助け、良いシーズンを過ごすためにハードワークしている」 「ブラジル以外では初めてのクラブとなるし、とても楽しみだ。たくさんのブラジル人選手が活躍しているけど、僕もその1人になりたいと思っている」 「チームにはフォギーニョもいるし、適応するために彼が大いに助けてくれるだろう。興奮しているよ」 2021.04.05 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

巻き返しへ!仙台がサントスのFWフェリペ・カルドーソを期限付きで獲得「勝利への意欲、闘争心、決断力に期待してください」

ベガルタ仙台は1日、ブラジルのサントスからFWフェリペ・カルドーソ(23)を期限付き移籍で獲得することを発表した。なお、移籍期間は2022年1月1日までとなる。 フェリペ・カルドーソは日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日する予定。その後はJリーグバブルに入り、その後にチームへと合流する。 フェリペ・カルドーソは、2019年1月にポンチ・プレッタからサントスへと完全移籍。2019年7月からはセアラー、2020年1月からはフルミネンセへとレンタル移籍していた。 また、これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは42試合に出場し5ゴール1アシストを記録している。 フェリペ・カルドーソはクラブを通じてコメントしている。 「ベガルタ仙台でプレーができるチャンスをいただき、とてもうれしいです。今回の移籍は私にとって新たな挑戦です。選手、スタッフ、そしてファン、サポーターのみなさまとお会いすることをとても楽しみにしています」 「私の勝利への意欲、闘争心、決断力に期待してください。とても幸せなシーズンになると確信しています。共に戦い、上位に進出しましょう。応援よろしくお願いいたします」 2021.04.01 13:22 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly