岡崎先発のウエスカ、ラファ・ミルのハットで今季2勝目、パチェタ体制3戦目で初勝利《ラ・リーガ》

2021.01.30 06:53 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウエスカは29日、ラ・リーガ第21節でバジャドリーとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。ウエスカのFW岡崎慎司は54分までプレーしている。パチェタ体制2戦目となった最下位ウエスカ(勝ち点13)は前節、ビジャレアル相手にゴールレスドローとした。そのビジャレアル戦で先発したもののシュート0本に終わった岡崎が[3-5-2]の2トップの一角で2試合連続スタメンとなった。


16位バジャドリー(勝ち点20)に対し、開始2分にラファ・ミルが際どいコントロールシュートを浴びせたウエスカが良い入りを見せる。

自陣に引くバジャドリー相手にウエスカが押し込む展開とした中、22分には右CKからラファ・ミルがヘディングシュートを放つと、28分にもラファ・ミルが右クロスにヘッドで合わせたが、枠を捉えていたシュートはGKにセーブされた。

それでも37分、再三チャンスが来ていたラファ・ミルがゴールをこじ開ける。右サイドからのマフェオのクロスをファーサイドのラファ・ミルがヘッドで押し込んだ。

さらに45分にはルーズボールに反応した岡崎がボレーシュートで牽制したウエスカが前半を1点リードで終えた。

迎えた後半、開始5分にウエスカがリードを広げる。マフェオの浮き球パスに抜け出したラファ・ミルがボックス内に侵入し、DF2人をブロックしつつシュートを決めきった。

54分に岡崎がピッチを後にした中、3分後にラファ・ミルがハットトリックを達成する。ロングボールをラファ・ミルがヘッドで逸らし、これを受けたエスクリチェのリターンパスをボックス手前右で受け直したラファ・ミルが絶妙なコントロールシュートを蹴り込んだ。

ラファ・ミルの大活躍で試合の大勢を決めたウエスカは、終盤にかけても危なげなく試合を進める。追加タイムに失点したものの、3-1で快勝。パチェタ体制3戦目で初勝利とし、今季2勝目を挙げている。
関連ニュース
thumb

岡崎相棒のラファ・ミルにラ・リーガ強豪3クラブが関心!

ウエスカに所属するスペイン人FWラファ・ミル(23)にラ・リーガの強豪3クラブが関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 バルセロナのマシアに在籍経験もある191cmの大型ストライカーのラファ・ミルは、バレンシアでトップチームデビュー。その後、2018年1月にウォルバーハンプトンに新天地を求めるも、トップチーム定着とはならず。 以降はラス・パルマス、ノッティンガム・フォレスト、2020年1月には当時セグンダAに所属していたウエスカに1年半のレンタル移籍で加入し、日本代表FW岡崎慎司とのコンビでプリメーラ昇格の立役者となった。 すると、今シーズンのラ・リーガではチームが厳しい残留争いに身を置く中で30試合12ゴールを挙げる見事な活躍を披露。屈強なフィジカルを生かしたボールキープ、空中戦の強さに加え、ウイングでもプレー可能なスピードを生かした個での打開と、地上戦でも空中戦でも戦える万能型のセンターフォワードとして評価を高めている。 その活躍を受け、古巣バルセロナとセビージャ、アトレティコ・マドリーの強豪3クラブが獲得に関心を寄せているという。 とりわけ、リヨンからレンタル中のフランス人FWムサ・デンベレの買い取りオプションの行使を見送る意向を持ち、ユベントスに貸し出しているスペイン代表FWアルバロ・モラタの復帰の可能性が低いアトレティコはより強い関心を示しているという。 なお、シメオネ好みのプロフィールを持つラファ・ミルに対して、保有元のウルブスは今夏に1500万ユーロ(約19億6000万円)前後での売却を考慮しており、十分に手が出させる金額と思われる。 一方、バルセロナに関してはジョアン・ラポルタ新会長と、ラファ・ミルの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏の良好な関係性が交渉をスムーズに運ばせる可能性があるという。 2021.04.15 00:32 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎欠場のウエスカが残留圏内を争う直接対決で完勝し今季初のリーグ戦連勝!《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは9日、ラ・リーガ第30節でエルチェと対戦し3-1で勝利した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節のレバンテ戦で5試合ぶりに白星を飾った18位ウエスカ(勝ち点24)が、17位エルチェ(勝ち点26)をホームに迎えた一戦。岡崎は7試合連続のベンチスタートとなった。 残留圏内を争う両者の一戦は、開始早々にスコアが動く。ウエスカは3分、ショートコーナを受けたフェレイロの右クロスをゴール前のラファ・ミルが頭で合わせると、これがゴール右に吸い込まれた。 しかし、リードしたのも束の間、ウエスカはその2分後に同点を許す。5分、細かなパスワークで右サイドを崩されると、ボックス右から侵入したバラガンのクロスがブロックに入ったヴァヴロの足に当たりゴールに吸い込まれた。 一進一退の展開が続いたが、ウエスカは23分に勝ち越しのチャンスを迎える。ドリブルでボックス左から侵入したサンドロ・ラミレスの折り返しをボックス中央に走り込んだペドロ・ロペスがモヒカに倒されると、主審はPKを宣告。しかし、VARの末に判定が覆り、PKは取り消された。 それでもウエスカは30分、敵陣バイタルエリア左でパスカットに成功したサンドロ・ラミレスがカットインからミドルシュート。GKバディアがこのシュートに触れるも弾ききれずにゴール左隅に吸い込まれた。 ウエスカのリードで迎えた後半は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。その後も互いに決定機の作れないまま試合は終盤に突入。すると86分、ウエスカはスローインをボックス右深くで受けたミケル・リコのクロスがモヒカのハンドを誘いPKを獲得。 ラファ・ミルのPKは、GKバディアにコースを読まれたがボールは右脇下を抜けてゴールマウスに吸い込まれた。 結局、試合はそのまま3-1でウエスカが勝利。今季リーグ戦初の連勝となったウエスカは、暫定ながら16位まで順位を上げた。 2021.04.10 06:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ラファ・ミルのドブレーテで岡崎不出場のウエスカがレバンテに快勝、暫定で最下位脱出《ラ・リーガ》

ウエスカは2日、ラ・リーガ第29節でレバンテとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。ウエスカのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 代表ウィーク前に行われた前節オサスナ戦をゴールレスドローで終え、4試合勝利のない最下位ウエスカ(勝ち点21)は、岡崎が6試合連続ベンチスタートとなった。 10位レバンテ(勝ち点35)に対し、[3-5-2]で臨んだウエスカはラファ・ミルとサンドロ・ラミレスの2トップでスタート。そのウエスカは5分にモラレスにGK強襲のシュートを打たれたが、一進一退の攻防に持ち込むと、15分に先制する。 右サイドのフェレイロが左足で上げたインスウィングクロスをファーサイドのラファ・ミルが左足ダイレクトで押し込んだ。 先制後は自陣に引いたウエスカがリードを保ったままハーフタイムに入った。 迎えた後半、カウンターで牽制していたウエスカは54分に追加点。セオアネのスルーパスに反応したラファ・ミルがボックス手前右から意表を突いたループシュートでネットを揺らした。 2点をリードしたウエスカはレバンテの反撃を許さずに時間を進めていく。終盤にかけても危なげない試合運びを見せたウエスカがそのまま2-0で快勝。 5試合ぶりの白星を収めたウエスカが暫定ながら最下位を脱出し、18位に浮上している。 2021.04.03 05:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ウエスカvsオサスナは互いに決定力を欠きゴールレスドロー…岡崎は2試合連続の欠場《ラ・リーガ》

岡崎慎司の所属するウエスカは20日、ラ・リーガ第28節でオサスナと対戦し、0-0で終了した。岡崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 4試合ぶりの白星を狙う最下位のウエスカ(勝ち点20)が、13位オサスナ(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。ウエスカの岡崎は5試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ウエスカは最初の23分に決定機。ミケル・リコの左クロスのクリアボールを拾ったヴァヴロがボックス右手前からハーフボレーでゴールを狙ったが、これはクロスバーを直撃した。 さらにウエスカは、28分にもガランの左クロスからニアに走り込んだラファ・ミルがヘディングシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはオサスナ。52分、ボックス左深くまで切り込んだキケ・バルハのクロスをボックス右でフリーのホニーが左足ボレーで合わせたが、シュートはゴール右に逸れた。 先制点の欲しいウエスカは、58分にサンドロ・ラミレスを下げてエスクリチェを投入。さらに右足を負傷しプレー続行不可能となったヴァヴロを下げてインスーアを緊急投入した。 膠着状態が続く中、ウエスカは73分に右サイドからカットインしたフェレイロのミドルシュートが枠を捉えたが、これはGKフアン・ペレスのセーブに防がれる。 一方、オサスナは81分にセットプレーからゴールに迫る。ショートコーナーの返しを受けたN・ビダルが右クロスを供給すると、ゴール前に飛び込んだキケ・バルハが頭で合わせたが、これはGKアンドレス・フェルナンデスが正面で弾き出した。 ウエスカは、試合終了間際の後半アディショナルタイム5分にラファ・ミルのパスからボックス内に侵入したエスクリチェに決定機が訪れたが、シュートは枠を捉えきれず、直後にタイムアップ。ゴールレスドローで勝ち点1を分け合っている。 2021.03.21 04:41 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシのドブレーテを含む4発でウエスカ粉砕のバルセロナが2を死守!岡崎は出場せず…《ラ・リーガ》

バルセロナは15日、ラ・リーガ第27節でウエスカと対戦し4-1で勝利した。ウエスカのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦3連勝中の2位バルセロナ(勝ち点56)が、最下位に沈むウエスカ(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。 3試合連続クリーンシート中のバルセロナは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのパリ・サンジェルマン戦と同じスタメンを採用。[3-4-3]の布陣を前線は右からグリーズマン、デンベレ、メッシで形成した。 岡崎が4試合連続のベンチスタートとなったウエスカに対し、押し気味に試合を運んだバルセロナは13分、ブスケッツのパスをバイタルエリア中央で受けたメッシがペナルティアーク左横まで切り込みシュート。外から巻いてくるシュートがクロスバーに当たり、そのままゴールネットを揺らした。 先制点で勢いに乗りたいバルセロナだった、26分にピンチ。プリードのロングフィードをボックス右横まで追ったラファ・ミルがヒールパスで落とすと、これを受けたマフェオがカットインからシュート。ゴール左隅を捉えたシュートはGKテア・シュテーゲンが右手で何とか弾き、難を逃れた。 ピンチを凌いだバルセロナは32分、メッシのスルーパスでボックス左深くに抜け出したジョルディ・アルバが角度の厳しいところからシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃。 それでも攻勢を続けるバルセロナは、35分にバイタルエリア手前でパスを受けたグリーズマンがペナルティアーク手前までも持ち上がると、強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 このまま前半終了かと思われたが、ウエスカは前半アディショナルタイム1分に1点を返す。相手CK流れからクリアボールを中盤で拾ったマフェオが素早く右サイドのスペースに展開すると、駆け上がったフェレイロがクロス。ゴール前に詰めたラファ・ミルは空振りに終わるも、飛び出したGKテア・シュテーゲンに倒されると主審はPKを宣告。このPKをラファ・ミルがゴール右隅に決めた。 前半終了間際の失点により1点差で後半を迎えたバルセロナは、開始早々にセットプレーからウエスカを突き放す。53分、ショートコーナーの流れから返しを受けたメッシが左クロスを供給すると、ゴール前で合わせたミンゲサのヘディングシュートがゴール右隅に突き刺さった。 再び2点差とされたウエスカは57分、フェレイロのパスで右サイドを駆け上がったマフェオのクロスをファーサイドのエスクリチェが頭で折り返すとフリーのラファ・ミルが胸で押し込もうとしたが、ボールは枠の上に外れてしまった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、バルセロナ試合終了間際に再びスコアが動く。90分、トリンコンのパスを右サイドで受けたメッシがダイアゴナルドリブルで切り込みミドルシュート。狙いすましたシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 結局、試合はそのまま4-1でタイムアップ。4連勝を飾ったバルセロナが2位を死守している。 2021.03.16 07:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly