エイブラハムのハットで2部ルートン撃破のチェルシーが5回戦進出!《FAカップ》

2021.01.24 23:18 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FAカップ4回戦、チェルシーvsルートン・タウンが24日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-1で勝利したチェルシーが5回戦進出を決めた。

3回戦で4部のモアカムを一蹴して4回戦に駒を進めたチェルシーは、チャンピオンシップ(イングランド2部)のルートンと対戦した。直近のレスター・シティとのリーグ戦に完敗し、ランパード監督の去就問題も騒がしくなっている。そういった中、勝利必須のこの一戦ではリース・ジェームズ、マウント、エイブラハム、プリシッチの一部主力を除く先発7人を変更。前線は1トップにエイブラハムを置き、2列目に右からツィエク、ヴェルナー、プリシッチを並べた。


雪化粧のスタンフォード・ブリッジで幕を開けた一戦はホームチームが地力の差を見せつける立ち上がりに。スリッピーなピッチ状況の影響はあるものの、圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいく。

すると11分、右サイドでのクイックスローからボックス右に抜け出したヴェルナーがゴールライン際でマイナスに折り返すと、これをゴール前に走り込んだエイブラハムがワンタッチで流し込んだ。

幸先よく先制に成功したチェルシーは17分にもボックス手前右でリース・ジェームズが浮き球で入れたクロスをゴール前で完全に競り勝ったエイブラハムが頭で合わせ、瞬く間にリードを広げた。

格下相手に格の違いを見せつけるチェルシーはその後も積極的に3点目を狙う中、プリシッチが際どいシュートを放っていく。だが、30分には右サイドのブリーが入れた折り返しに反応したクラークのダイレクトシュートがDFズマにディフレクトしてわずかにコースが変わると、GKケパがはじき切れず、そのままゴールネットへ。相手のファーストチャンスで失点を喫した。

この失点をキッカケにルートンに勢いを与えてしまい、徐々に押し返され始めるチェルシー。相変わらずボールを握ってフィニッシュの数こそ多いものの、相手により危険な攻撃を許す。

2-1で折り返した後半序盤の60分にはリース・ジェームズの軽い対応から一気に攻撃をスピードアップされ、ボックス右でムパンズのスルーパスに反応したコーニックに決定的なシュートを打たれるが、ここはGKケパの好守で凌いだ。

早く3点目を奪って試合を決めたいホームチームは70分、プリシッチを下げてハドソン=オドイを投入すると、この交代が見事に嵌る。74分、左サイドでボールを持ったハドソン=オドイが中央のギルモアとのパス交換でボックス左に抜け出して精度の高いグラウンダーのクロスを供給。これをゴール前のエイブラハムがきっちり押し込んでハットトリックを達成した。

ランパード采配的中でようやく点差を2点に戻したチェルシーは殊勲のエイブラハムに代えてジルーを投入するなど、ここから試合をクローズにかかる。85分には途中出場のコバチッチのスルーパスに抜け出したヴェルナーがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。ここで試合を決める4点目を奪う絶好のチャンスが訪れたが、自らキッカーを務めたヴェルナーのシュートはコースが甘くGKに止められてしまった。

悩めるエース候補のPK失敗でやや後味は悪くなったものの、下部カテゴリーのクラブにきっちり勝ち切ったチェルシーがレスター戦敗戦をひとまず払しょく。なお、5回戦ではチャンピオンシップのバーンズリーとの対戦が決定している。

関連ニュース
thumb

元チェルシーのジョシュ・マクイークランが3部のMKドンズに加入

元チェルシーのイングランド人MFジョシュ・マクイークラン(28)が、リーグ・ワン(イングランド3部)のMKドンズに加入した。 チェルシーの下部組織出身のマクイークラン。かつては多くの有望な若手を抱えるチェルシーの中でも屈指の逸材としてその将来が嘱望された。2010年にトップチームデビューを果たすものの、その後の2年間での出場はわずか22試合にとどまり、2012年1月以降はレンタル移籍で多くのクラブを渡り歩いた。 チェルシーを完全に退団したのは2015年夏。チャンピオンシップ(イングランド2部)のブレントフォードで4年過ごし、3019年夏にはバーミンガムに加入。ブレントフォードでは主力としてプレーしたが、バーミンガムではヒザの前十字靭帯を損傷し、2020年2月以降、一度も公式戦出場がない状況だった。 そして、バーミンガムとは今年1月末に契約を終わらせフリーに。リハビリとトレーニングのためにMKドンズの練習に参加していたところを、今回正式加入する運びとなった。契約は今季いっぱいとなる。 2021.03.02 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド対チェルシーの疑惑シーン、元プレミア主審は「明らかなハンド」と断言

マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーで起こった疑惑の判定について、マーク・クラッテンバーグ氏はハンドだと断定した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 議論を呼んでいるのは、先月28日に行われたプレミアリーグ第26節のユナイテッドvsチェルシーでの出来事。15分にチェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイが自陣ボックス内でハンドをした疑いがあったものの、VARが介入した結果、ユナイテッドにはPKが与えられなかったというシーンだ。 この件について見解を示したのは、プレミアリーグの元主審で、2015-16シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)決勝でも笛を吹いた経験のあるクラッテンバーグ氏。判定は不当であり、PKが与えられるべきだったと語った。 「カラム・ハドソン=オドイの明らかなハンドに、PKが与えられなかったことに驚いている。腕は不自然な位置にあり、ボールが彼の手に当たっていた」 「VARを務めていたクリス・カバナーは、主審のスチュアート・アットウェルが明確なPKを見逃したと考え、ピッチサイドのモニターで確認する機会を与えた」 「アットウェルがなぜ、我々と同じ角度から見ていたにもかかわらず、指摘しなかったのかは不思議だ」 イングランドのフットボール界で大きな話題となっているこのジャッジ。今シーズンからからプレミアリーグに導入されたVARにもまだ、課題は多く残っているようだ。 2021.03.02 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、DFトモリを完全移籍で獲得希望?チェルシーに36億円支払いか

ミランが、チェルシーからレンタル移籍で獲得したイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)に関して完全移籍での獲得を画策しているようだ。 トモリは、チェルシーのアカデミー出身で、ファーストチーム昇格後は武者修行を続けていた中、2019-20シーズンはフランク・ランパード監督の下でチャンスを手にし、プレミアリーグで15試合に出場し1ゴールを記録するなど出場機会を得ていた。 しかし、今シーズンはDFチアゴ・シウバが加入した影響もあり出場機会を失うと、1月にミランへとレンタル移籍。ミランでは、セリエAで4試合、ヨロッパリーグで2試合、コッパ・イタリアで1試合とコンスタントに出場している。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ミランはトモリをチームに留まらせたいと考えており、レンタル期間が終わるシーズン終了後に完全移籍での獲得を申し出るとのこと。2800万ユーロ(約36億円)をチェルシーに支払うようだ。 トモリがミランへ移籍した後、チェルシーはランパード監督を解任しており、後任のトーマス・トゥヘル監督の下で構想に入るかは不透明な状況だ。 2021.03.02 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

映像チェックもPKなし…試合後に怒り露わのユナイテッドDFショーが耳にした主審とキャプテンの会話は聞き間違い

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーが大きな間違いをしていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2月28日に行われたプレミアリーグ第26節のチェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドの一戦。試合は0-0のゴールレスドローになったが、大きな話題を呼んだシーンがこの試合にはあった。 事件は14分、ユナイテッドがボックス手前でFKを獲得すると、マーカス・ラッシュフォードが直接シュート。このシュートはGKエドゥアール・メンディがパンチングする。 すると、そのこぼれ球を拾おうとMFメイソン・グリーンウッドとMFカラム・ハドソン=オドイが競り合うことに。最終的にチェルシーがボールを蹴り出しプレーが続行された。 その後、およそ1分間プレーが続行。ハキム・ツィエクがシュートを放ち、GKダビド・デ・ヘアがキャッチするところまで続いたが、突如として試合が止められることとなった。 インプレー中だったが、VARによりグリーンウッドとハドソン=オドイが競り合ったシーンのチェックが入り、主審のスチュアート・アトウェル氏がモニターでオンフィールド・レビューを実施する。 リプレー映像を見る限り、明らかにハドソン=オドイの手がボールに触れており、その後グリーンウッドの腕に触れているのが確認できたが、アトウェル氏は早々にチェックを切り上げPKなしの判定を下していた。 後々になってPKを取られると確信していたと思われるハドソン=オドイは、早くチェックを終えろという態度を取っていたが、まさかのPKなしに不思議な反応。一方のユナイテッドの選手たちも、わざわざインプレーを止めてのチェックだったにも関わらず、PKなしの判定となったため、両チームの選手たちは混乱。指揮官同士も言い合うなど、謎の判定が物議を醸していた。 ドロップボールから試合は再開することとなったが、その際にアトウェル主審とハリー・マグワイアが何やら会話。その会話を聞いたショーが、試合後に怒りを露わにしていた。 「僕はハンドを見た。それがメイソン(・グリーンウッド)なのかカラム(・ハドソン=オドイ)なのかわからなかった。僕らは続けただけだ。あとでチェックがあることも知らなかった」 「PKにならないのになぜ彼らがプレーを止めたのかわからない。レフェリーがハリー・マグワイアにも話していたのを聞いた。『もし私がそれをPKだと言ったら、後でたくさんの話題になってしまう』と言っていたのを聞いたから、もう何が起こったのかわからない」 「ハリーはそれがPKだと言われたと言っていた。彼はVARによるPKだと言われたので、何が起きたのかわからない」 「なぜ彼が試合を止めたのかもわからない。彼が止めるという事なら、PKを与えようとしていると思うだろう。僕たちがボールを持っていたし、僕たちは攻撃していたんだ」 「VARと混同しているのは、PKにならないのであれば試合の流れを止めずに続けた方が良いからだ。でも、僕もそうは思わないし、騒ぎ立てるつもりはない。チームは勝つために十分な事をしたんだ」 ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督も試合後にPKの判定が下されなかったことに激怒。一方で、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は「 どうなるとVARが介入するのか?」と苦言を呈していた。 観ている者だけでなく現場でも混乱を生んだ今回の判定。しかし、主審と話したマグワイアはショーが耳にしたという会話は完全に聞き間違いであるとし、ショーが怒りをぶちまけたこと自体が間違っていたとクラブに報告したとのこと。なんとも恥ずかしいショーだが、審判の対応が混乱を招いたことはいうまでもないだろう。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ole demonstrating to the official Hudson-Odoi&#39;s handball <a href="https://t.co/ltc5fALmOp">pic.twitter.com/ltc5fALmOp</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1366079907365814273?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.01 21:54 Mon
twitterfacebook
thumb

アウェイ20戦不敗もまたビッグ6に勝てずのスールシャール「PKが与えられるべきだった」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が不満を口にした。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは2月28日に行われたプレミアリーグ第26節でチェルシーと対戦。13ポイント差の首位マンチェスター・シティを追っていくためにも勝利で飾りたい一戦だったが、こう着状態を最後まで破れず、ゴールレスドローに終わった。 リーグ戦でのアウェイ連続不敗を20試合(13勝7分け)に伸ばしたが、ここまで未勝利のビッグ6戦(5分け2敗)でまたも勝ち切れずの結果に。2位の座をより確固たるものにするチャンスも逸したスールシャール監督は試合後、結果を嘆いた。 「十分にゴールを決められていないのは確かだ。アウェイでクリーンシートをやってのけたわけだが、チームの次なるステップは今日みたいな試合でゴールを決め、勝ち切ること。3ポイントが必要なのだ」 「PKのチャンスが与えられるべきだったとも思う。それに関してはブルーノ(・フェルナンデス)を支持する。しかしながら、後半に作った4、5回のチャンスでパスの数が足りず、質を欠いてもいた」 ノルウェー人指揮官はまた、15分にチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイが自陣ボックス内でハンドした疑いがかけられ、VAR加入の結果、PKなしのジャッジが下った場面に言及。不満を吐露した。 「PKのチャンスを与えられたかもしれない。それは非常に明らかだったから、なぜ主審がPKを宣告しなかったのか理解に苦しむ。きっと手の位置が自然なポジションにあったと考えたのだろう」 「もう過ぎたことだが、PKのチャンスが与えられるべきだったのは明白だったと思う。ここ数カ月、PKのチャンスが与えられ過ぎていると騒がれて以降、その数が減っているのが少し気がかりだ」 「監督がレフェリーの判定に影響を及ぼすようなことがあってはならない」 さらに、「監督なら自然だと思うが、チームに不利な判定があれば反論したくなるもの」とも語り、結果的にこの試合の結末に大きく直結したPKなしの判定に対する不当性を主張している。 「私は審判がそうした反論に影響されないと信じてもいるだが、今日のジャッジに関してはビデオをチェックして驚いた。その瞬間はPKだと思わず、その理由をわかってもいたが、ビデオで見直してみると、手の位置は不自然だった」 2021.03.01 10:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly