泥沼リバプール… ユナイテッド戦を前にクロップ「バーンリー戦の敗北が助けになる」

2021.01.24 19:33 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ戦5戦未勝利と泥沼にはまるリバプールだが、ユルゲン・クロップ監督は復調できると信じているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

プレミアリーグも折り返し地点に到達し、週末明けには後半戦がスタートする。だが、王者リバプールは大きな困難に直面している。


21日に前半戦最後となるバーンリー戦を戦ったリバプールだったが、0-1で敗れ、ホームでは69試合ぶりに黒星を喫してしまった。この結果、チームはリーグ戦5試合未勝利に加え、その間わずか1得点と、その貫禄は失われつつある。

28日にプレミアリーグ第20節のトッテナム戦が控えるが、その前に24日に行われるFAカップ4回戦でマンチェスター・ユナイテッドと激突する。クロップ監督は試合前会見の場で「外部からのプレッシャーは感じていない」とし、現在置かれている状況を分析した。

「私は人生において常に自分にプレッシャーをかけている。もう慣れたものだよ。私は自分が長期的に幸せになることが非常に難しい人間であることを理解している。短期的に興奮するのは簡単なんだが、長期となるとそうはいかない」

「成功を成し遂げた場合、ふたつの方向性がある。ひとつは同じレベルを維持すること。これは周りがそれを許すはずもなく難しいことだ。もうひとつは、それが少しずつ衰えていくケースだ。現状、我々は大きく衰えていることを実感しているよ。もちろん、これは変えなければならないことだ」

「挑戦したからといって全てを手に入れなければならないとは思っていない。それでも我々は本当に戦う準備はできている。しかし、現在の我々は正しい道具を扱えていない。それが真実であり、間違いなく改善しなければいけないことだ」

「唯一の問題は、我々が直面している問題が常にテレビで放映されていることだ。つまり、誰もが小さな歩みでさえ見ているということ。でも、とにかくやるべきことをやるだけなのだ」

「チームとしての我々に疑問を感じているわけではない。全くもってね。しかし、こういった時にはチームが一丸となって正しいことをしなければならない」

「バーンリーとの試合に負けてしまったことで本当に落ち込んだよ。アンフィールドでのリーグ戦無敗記録のことではない。あれは素晴らしい記録だったけどね。振り返ってみても、負けた理由が見つからないのだ。でも負けてしまった。あの試合で起こったあらゆる事象やPK、さらには我々もチャンスを作ったことも含めて、これら全ての要因が重なった結果なのだろう」

「そういったことがあったからこそ、物事を適切な方へ変えるために、時に最悪を経験することも必要なのだ。今は100%の気持ちで挑戦し、進んでいく時だ」

「もし我々が(バーンリー戦で)悪い試合をして1-0で勝っていたら、世界は『いつものサッカーではないが、結果を残している』と言うだろう。しかし長期的に見れば、それはなんの成長にも繋がらない。だが本当の結果に向き合うことで、あの敗戦が本当の力になってくれるはずだ」

関連ニュース
thumb

10月以来の出場で完封勝利に貢献のリバプールGKアドリアン「どんな出来事にも備える必要がある」

リバプールのスペイン人GKアドリアンが、久々の公式戦出場を喜ぶとともに、チームの復調にも自信を見せた。クラブ公式サイトが伝えた。 アドリアンは2月28日に行われたプレミアリーグ第26節のシェフィールド・ユナイテッド戦で先発出場。守護神を務めるGKアリソン・ベッカーが父親の不慮の死により欠場、セカンドGKカオイムヒン・ケレハーも負傷していたことにより、急遽巡ってきたチャンスとなった。 リーグ戦では10月の第5節以来の出場となったこの試合、ピンチを防ぐセーブも見せクリーンシートを達成。チームの5試合ぶりの勝利に貢献したアドリアンは、出番がない時期も準備は続けていたと強調しつつ、父親を亡くしたアリソンを気遣っている。 「公平を期すために言っておきたいけど、僕はリバプールと契約した瞬間から、メンタリティやキャラクターが変わったことはないよ。どんな出来事にも備える必要があり、できる限りチームを助けようとしなければならない」 「監督は僕にチャンスを与えてくれた。ただ、それはアリ(アリソン・ベッカー)の父親が亡くなったからだったけどね…。それでも当然、いつものように準備をする必要があり、皆がお互いを後押ししていた。そして今夜は、僕にとってのチャンスだったんだ」 また、アドリアンはクリーンシートを達成しての勝利が、チームの自信につながるとコメント。同時に、シェフィールド戦で先発したDFナット・フィリップスとDFオザン・カバクのセンターバックコンビを称えている。 「僕たちは一生懸命仕事をしてきた。ここ数週間でいくつかの悪い結果があったが、チームは常に一緒だったよ。今シーズンは最初から決して楽なシーズンではなかったが、我々はカムバックを果たして、素晴らしい3ポイントを手にできたと思う」 「DFやGKとのコミュニケーションは、毎試合一緒にプレーすることで生まれるものだ。周知の通り、僕らは守備陣に多くの負傷者を抱えている。ボールを奪いにかかってくるストライカーたちと戦うのは簡単ではないが、センターバックは素晴らしい仕事をしてくれたよ。ナット(・フィリップス)とオザン(・カバク)は誇りに思って欲しいね」 2021.03.03 13:18 Wed
twitterfacebook
thumb

エジプト、東京五輪にサラー招集の意向! 「世界で最も重要な選手の一人を呼ぶのは普通のこと」

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(28)が東京オリンピックに参加するU-24エジプト代表に招集されることになった。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 2019年に行われたU-23アフリカ・ネーションズカップを初制覇したエジプトは、アフリカ王者として東京五輪の出場権を獲得。そして、今年7月23日から8月8日の日程で開催予定の東京五輪に向けて、シャウキ・ガリブ監督は母国メディアの取材に対して、メンバー選考のプランを明かした。 その中で注目されるオーバーエイジの3枠に関して、A代表でエースを務めるサラー、同じく守護神を務めるアル・アハリGKモハメド・エルシェナウィ(32)を招集する意向を明言した。 「エジプトのアンダー23チームの予備登録メンバーでは、モハメド・サラーとモハメド・エル・シェナウィがもう一人のゴールキーパーと並んで選ばれることになるだろう」 「サラーは現在、世界で最も重要なプレーヤーの一人であり、エジプトのオリンピック代表に彼を呼ぶのは普通のことだ」 「来年3月のインターナショナルブレイク後にリバプールとの公式協議を開始する予定だ」 なお、招集に関して代表チーム側に強制力がない五輪に関してはリバプール側に派遣を拒否する権利があるものの、大会が開催される場合、サラー自身が参戦を熱望することも考えられ、クラブサイドが受け入れざるを得ない可能性もある。 その場合、サラーは来シーズンに向けたプレシーズンのトレーニングを全休すると共に、プレミアリーグのシーズン開幕に間に合わなくなる。 多くのフットボールファンはサラーが五輪の舞台でプレーすることを望むはずだが、リバプールとしては招集を拒否したいという思いがが強いはずだ。 2021.03.03 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールのレジェンド、セント・ジョン氏が82歳で逝去…シャンクリー指揮下で118ゴールを挙げた名FW

リバプールのレジェンドである元スコットランド代表FWのイアン・セント・ジョン氏(享年82)が1日に逝去した。リバプールは2日、偉大なるストライカーの訃報を伝えた。 母国のマザーウェルでプロキャリアをスタートしたセント・ジョン氏は、1961年にリバプールへ加入。1971年までの10年間の在籍期間に公式戦425試合に出場し、118ゴールを記録。 伝説の指揮官として知られるビル・シャンクリー監督の下、加入初年度に1部昇格に貢献すると、1963-64シーズンと1965-66シーズンの2度のリーグ優勝、1964-65シーズンのFAカップ制覇など7つのタイトル獲得に貢献。とりわけ、1965年のFAカップ決勝、リーズ・ユナイテッド戦での延長戦で決めた決勝点は同氏のリバプールのキャリアにおけるハイライトの一つとして長きに渡って語られてきた。 リバプール退団後はヘレニクやケープタウン・シティという南アフリカのクラブ、コヴェントリー、トレンメア・ローヴァーズというイングランドのクラブでプレー。現役引退後はマザーウェルやポーツマスで指揮を執っていた。 晩年は2014年に患った膀胱癌などの影響で長らく闘病生活が続いており、死因は不明も病気によって82年の生涯を終えることになった。 2021.03.02 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

チアゴとリバプールのミスマッチを指摘するスコールズ氏「プレースタイルに合っていない」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFポール・スコールズ氏が、リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが不調に陥る理由を説明している。イギリス『ミラー』が伝えた。 チアゴは今シーズン、バイエルンから移籍金2700万ポンド(約39億円)でリバプールに移籍。バイエルンの3冠獲得に多大な貢献を果たした経歴を持っていることもあり、チームを更なる高みに導く役割が期待されていた。 しかし、先発デビューを飾ったプレミアリーグ第5節のエバートン戦で負傷すると、年末の第16節ニューカッスル戦でようやく復帰。そこからはリーグ10試合連続で先発出場を飾っているが、チームはその間わずか3勝であり、チアゴ本人もここまでゴールやアシストは記録していない。 ここまで思っていたほどのパフォーマンスを発揮できていないチアゴに対して、『プレミアリーグ・プロダクション』に出演したスコールズ氏は、そもそもユルゲン・クロップ監督のスタイルに合っていないのではないかと指摘した。 「チアゴ(・アルカンタラ)に、リバプールの中盤3枚でプレーするほどの脚力があるとは思えない。彼に合っているのは、中盤で腰を下ろして試合に取り組む役割だろう」 「中盤3枚に広範囲を動き回る役割が求められるなら、彼はそういうタイプの選手ではないから難しいだろうね。彼は左サイドバックのカバーに走るようなタイプではないんだ。だから、単純に彼のプレースタイルに合っていない」 「彼はただ中央に居座るだけでいいんだ。試合をコントロールして、各選手をプレーに引き込んでいく。これが彼の得意とするところだと思うが、それがリバプールのプレースタイルに合っているかどうかは疑問だね」 「彼がクロップのプレースタイルに合っていると思うかい? 今リバプールにいる中盤や前線の選手のタイプを考えて欲しい。皆が時速100マイルで走るような選手たちだ」 チアゴとリバプールの相性の悪さについて触れたスコールズ氏は、同時に古巣マンチェスター・ユナイテッドの方がスペイン代表MFに合っているのではないかとコメントしている。 「どちらかというと、彼はユナイテッドの方が向いているのではないかな。ユナイテッドであれば、強度が高い2人のボランチがいるから、チアゴは中盤でよりゲームコントロールに専念できると思う」 2021.03.02 17:59 Tue
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥムが去就不透明のリバプール、ウディネーゼ主将デ・パウルに関心か

リバプールが、ウディネーゼのアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(26)の獲得を検討しているようだ。イタリアの情報をもとにイギリス『デイリー・メール』が伝えている。 デ・パウルは2016年夏にバレンシアから加入。セントラルMFを本職とする選手で、リバプールは今夏の退団の噂があるオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの後釜として注目しているようだ。 ウディネーゼの主将に関しては、以前から移籍の噂が取り沙汰されており、スポーツ・ディレクターを務めるパスクアーレ・マリーノ氏は以前、 「彼はヨーロッパの多くのトップクラブに欠けている特性を持っている。移籍することを望んではいないが、仮に彼と契約できたチームは1ランク上のレベルに引き上がるはずだ」と移籍を示唆。 また、本人も「ここでの最後の日がいつになるか分からない。でもその瞬間までウディネーゼのために全てを捧げるよ」とクラブの公式サイトでコメント。今冬の移籍の話もあったが、それについては「すぐに監督と会って、どこにも行きたくないと伝えた」と話している。 アルゼンチン代表で19試合に出場するデ・パウルはクラブと2024年夏までの契約を結んでおり、クラブは3000万ユーロ(約38億5000万円)の移籍金を要求する構えのようだ。 なお、同選手にはインテルやユベントスも関心を示していると報じられている。 2021.03.02 14:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly