4部相手に先制許すも残り10分で逆転のシティが公式戦10連勝で5回戦へ!《FAカップ》

2021.01.24 04:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FAカップ4回戦、チェルトナム・タウンvsマンチェスター・シティが23日に行われ、1-3で勝利したシティが5回戦進出を決めた。3回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティを破って4回戦に駒を進めたシティは、今ラウンドでフットボールリーグ2(イングランド4部)のチェルトナムと対戦した。


目下、公式戦9連勝でプレミアリーグでも2位に浮上した絶好調のシティだが、直近のアストン・ビラ戦でデ・ブライネがハムストリングを痛めて1カ月以上の離脱が決定。そのため、格下との一戦ではハーウッド=ベリス、ドイルと最終ラインと中盤に若手を抜擢も、前線はマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、フェラン・トーレスと主力クラスを送り込み、新たなオプション構築を図った。

開始30秒過ぎにボックス右に抜け出したジェズスにいきなりGKと一対一の決定機が訪れるなど、立ち上がりから攻勢を仕掛けるシティ。

この試合、最前線にジェズスとフェラン・トーレスを並べ左右のウイングバックにマフレズ、メンディを配置する可変式の[3-5-2]を採用したグアルディオラのチームは、以降は劣悪なピッチと球際を強調する相手にやや面食らったものの、きっちり主導権を握る。12分には右CKの二次攻撃からメンディが決定的なシュートを放つが、ここはDFトザーの圧巻のゴールカバーに阻まれた。

相手を押し込むものの、最後のところでうまくいかないシティ。23分には最終ラインが一瞬の隙を突かれてメイにボックス左への侵入を許してニア下を狙った際どいシュートを打たれるが、ここはGKステッフェンの好守で凌ぐ。

前半半ばから終盤にかけてもシティが大半の時間ボールの主導権を握るが、中央を固める相手の守備を揺さぶり切れず。フォーデンやフェルナンジーニョのミドルシュートなど、攻撃にアクセントを加えていくがゴールが遠い。

その後、スタジアム近隣で突如打ち上げられた花火の影響で5分ほどの中断を余儀なくされた中、これで流れが変わるかに思われたが、チェルトナムも得意のロングスローなどで堂々たる応戦をみせ、試合は0-0のままハーフタイムに突入した。

互いに選手交代なしで迎えた後半、フェラン・トーレスを右ウイングバック、マフレズをフォーデンと共にジェズスと近い位置に配置して立ち位置に変化を加える。そして、より前がかりな戦いを見せると、53分にはボックス手前中央で縦パスを引き出したフォーデンのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したジェズスがボックス左で右足のシュートを狙うが、これは惜しくも右ポストの外側を掠めた。

この絶好機を逸したシティは前半終盤から脅威となる予感のあった相手十八番のプレーからまさかの先制を許す。59分、自陣右サイドで与えたスローインの場面でスロワーのトザーにロングスローをゴール前に投げ込まれると、ゴール前の混戦でロイド身体に当てて落としたボールをGKステッフェンの眼前に飛び込んできたメイにワンタッチで流し込まれた。

4部相手に公式戦5試合継続していたクリーンシートの記録を破られたシティはすぐさま反撃を開始。68分にはドイル、ハーウッド=ベリスの若手2人を下げてルベン・ジアス、ギュンドアンと主力をピッチに送り込む。直後の70分にはフォーデンのスルーパスに抜け出したマフレズがボックス内でGKと一対一の絶好機を迎えるが、利き足とは逆の右足で放ったシュートはややコースが甘くGKグリフィスのビッグセーブに阻まれた。

その後、77分にはメンディに代えてカンセロをピッチに送り込んだシティはこの交代が待望の同点ゴールをもたらす。81分、ボックス手前左でロングボールのこぼれを回収したフェラン・トーレスから横パスを受けたカンセロが狙いすましたクロスを入れると、オフサイドラインのジェズスとうまく入れ替わる形でゴール左に抜け出したフォーデンがワンタッチで流し込んだ。

さらに、畳みかけるシティは84分、相手陣内中央でボールを持ったフェルナンジーニョからの縦パスに反応したジェズスが絶妙な動き出しでゴール前に飛び出すと、後方からのボールを巧みなファーストタッチで足元に収めてすかさず右足のシュート。これがゴールネットを揺らして瞬く間の逆転ゴールとした。

その後、ゲームコントロール優先の戦い方にシフトしたシティは試合終了間際の94分にもカンセロの斜めのスルーパスに抜け出したギュンドアンがボックス右で折り返したボールを、ゴール前に飛び込んだフェラン・トーレスがワンタッチで流し込み、勝利を決定づける3点目とした。

この直後に試合終了を告げるホイッスルが鳴り響き、4部相手に冷や汗をかかされるも最後はきっちり勝ち切ったシティが公式戦10連勝を達成。この結果、5回戦ではチャンピオンシップのスウォンジーとの対戦が決定した。
関連ニュース
thumb

FAカップで負傷のデ・ブライネ、右足首の負傷も全治は再検査

マンチェスター・シティは19日、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの負傷を発表した。 クラブの発表によると、デ・ブライネは右足首を負傷したとのこと。ケガの範囲や程度はまだわかっていないとのことだ。 デ・ブライネは引き続き検査を行うとのこと。21日に行われるプレミアリーグ第32節のアストン・ビラ戦は欠場するとのことだ。 デ・ブライネは17日に行われたFAカップ準決勝のチェルシー戦でに先発出場。後半開始早々に右足首を負傷。48分にイングランド代表MFフィル・フォーデンとの交代でピッチを後にしていた。 今シーズンのデ・ブライネは、ここまで公式戦35試合の出場で8ゴール16アシストを記録。戦線離脱を強いられた時期もあったが、今季もプレーメーカーぶりを遺憾なく発揮していた。 FAカップはチェルシーに敗れ敗退となったが、プレミアリーグで優勝を争っているほか、チャンピオンズリーグでベスト4に進出し、28日にはパリ・サンジェルマンとの準決勝1stレグが控えている。 長期離脱という見方もあるが、どのような診断が下るか注目が集まる。 2021.04.19 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

タイトル渇望のスールシャール、シティ優勝有力のPL捨てず…「どの試合も大事」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がマンチェスター・シティに最後までプレッシャーをかけていくと語った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 プレミアリーグ2位につけるユナイテッドだが、1試合多く試合を消化する首位シティとは11ポイント差。18日に本拠地で行われる第32節のバーンリー戦はその差を「8」に縮める可能性を秘めたゲームとなる。 ただ、今節が終わると、残り6試合。8ポイント差に縮めても依然としてシティの王座奪還が有力だが、ノルウェー人指揮官はわずかな望みがある限り、タイトルレースを戦い抜く姿勢を強調している。 「マンチェスター・ユナイテッドにとって、いかなる試合であっても大事。いとも簡単にポイントをギブするつもりなんてない」 「シティに追いつけるか? フットボール界だと、奇妙な出来事があったりするもの。もちろん、彼らは非常に手強く、期待したり、求めたりするのは無理があるかもしれないがね」 「しかし、我々は自分たちの仕事をできる限りやっていくのが先決。残るリーグ戦で全勝する必要がある。それはわかっている。それからシティに何かが起こるのを祈るしかない」 「彼らの動向をコントロールしかねるもの。我々にも難しい試合が残っているわけだから、目の前の試合を戦っていく必要がある」 また、スールシャール監督はいまだ獲得できずにいるタイトルへの思いを口に。プレミアリーグ優勝が叶わずとも、準決勝まで勝ち残るヨーロッパリーグ(EL)制覇に闘志を燃やした。 「我々は最高の形で今季を締めくくることを目指しており、そのためにもELを制するのが一番だと思っている。昨季の準決勝敗退は我々にとって本当に傷つくものだった」 「ELの試合を戦う選手たちの集中ぶりを見れば、今回こそ決勝でトロフィーを掲げたいという思いが伝わってくるはずだ。昨季の出来事が我々のモチベーションになっている」 「挫折はさらなる動機にもなり得る。狂わせることもあるが、奮い立たせることだってあるのさ。過去4つの準決勝で敗退したが、選手たちから今回こそはという決意を感じる」 「ローマ戦が本当に楽しみだ」 2021.04.18 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯敗退で4冠ならずのシティ、デ・ブライネ離脱の追い打ちか

今季に獲得できるタイトルの1つを逃したマンチェスター・シティだが、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの離脱というバッドニュースもあるかもしれない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 シティは17日にFAカップ準決勝のチェルシー戦で0-1の敗戦。ベスト4敗退が決まり、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ(CL)、カラバオカップの4冠という夢が絶たれてしまった。 そんなシティの司令塔として、大一番に先発したデ・ブライネだが、後半開始早々に右足首を負傷。48分にイングランド代表MFフィル・フォーデンとの交代でピッチを後にしている。 今後も3つのタイトルがかかった戦いを残すジョゼップ・グアルディオラ監督だが、試合後にデ・ブライネの状態を問われると、「わからない」としつつ、思わしくない見立てを口にした。 「まだ痛みがあるみたいだ。明日、ドクターの検査を受ける。良くなさそうだが、明日になればわかるだろう」 なお、今季のデ・ブライネはここまで公式戦35試合の出場で8得点16アシストを記録。戦線離脱を強いられた時期もあったが、今季もプレーメーカーぶりを遺憾なく発揮している。 2021.04.18 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーがツィエク弾で2年連続決勝進出、シティは4冠の夢潰える《FAカップ》

FAカップ準決勝、チェルシーvsマンチェスター・シティが17日に行われ、1-0でチェルシーが勝利した。 準々決勝でシェフィールド・ユナイテッドを下したチェルシーと、エバートンを下したシティによる準決勝。 共にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝に進出している両チームの決勝進出を懸けた一戦。チェルシーは4日前に行われたCLポルト戦のスタメンから3選手を変更。ハヴァーツ、プリシッチ、GKメンディに代えてツィエク、ヴェルナー、GKケパを起用した。 一方、4冠の可能性を残すシティはCLドルトムント戦のスタメンから8選手を変更。デ・ブライネ、ルベン・ジアス、ロドリのみ引き続きスタメンとなった。 [3-4-3]で臨んだチェルシーは3トップに右からツィエク、ヴェルナー、マウントと配置。そのチェルシーは開始6分、ツィエクがネットを揺らすも、その前にラストパスを出したヴェルナーがオフサイドでノーゴールとなった。 一方、徐々にポゼッションを高める展開としていったシティは[4-3-3]で臨み3トップに右からフェラン・トーレス、ガブリエウ・ジェズス、スターリングと並べた。 シティにシュートチャンスを与えず迎えた19分、チェルシーはチルウェルがボレーシュートで牽制すると、34分にチャンス。R・ジェームズがCKの流れからコントロールシュートでゴールに迫ったが、枠を捉えきれなかった。 ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、ゴールレスで前半を終えた。迎えた後半、開始3分にデ・ブライネが右足を痛めてフォーデンと交代となったシティに対し、チェルシーは55分に先制する。 マウントのスルーパスに抜け出したヴェルナーがボックス左に侵入。ラストパスを出し、ツィエクが押し込んだ。 さらに59分、ツィエクに追加点のチャンス。しかし、ロングボールに抜け出してGKと一対一となるも、シュートはステッフェンにセーブされた。 追うシティはフェラン・トーレスに代えてギュンドアンを投入。しかし、終盤にかけてもチェルシーの集中した守備を崩せず無得点で終了。4冠の夢が潰えている。一方、勝ち上がったチェルシーは、2年連続決勝進出となった。 2021.04.18 03:35 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯準決勝でチェルシーと対戦するシティ、指揮官「前回対戦がターニングポイントだった」

FAカップ準決勝のチェルシー戦が控えるマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、前回対戦がターニングポイントだったと語っている。クラブ公式サイトが試合前のコメントを伝えた。 2シーズンぶりのプレミアリーグ優勝へ邁進するシティ。直近のリーズ・ユナイテッド戦は敗戦を喫したものの、2位のマンチェスター・ユナイテッドとは11ポイント差をつけており、チャンピオンズリーグではドルトムントを退け準決勝へ進出。現状で四冠の可能性を残している。 その一つであるFAカップでは17日に準決勝でチェルシーと対戦する。1月3日に行われたプレミアリーグ第17節での一戦は、前半だけで3点を奪ったシティが快勝を収めたが、グアルディオラ監督はその試合がターニングポイントだったと語った。 「(3月10日の)サウサンプトン戦は2番目に重要な試合だったが、スタンフォード・ブリッジでは負傷者と新型コロナウィルスの影響で14人の選手しかいない中、我々に自信を与えてくれた瞬間だった」 「それは我々がこの位置にいるための、今シーズンの早い段階での重要な3つの瞬間のひとつだった。だが、チェルシー戦の勝利は特に我々はできると思わせてくれるものだったよ」 「私はアカデミーの選手に大きな信頼を寄せている。バルセロナ時代もそうだったようにね。だからトップチームの選手が14人だけでも、私に恐れはなかった」 だが、当時と現在のチェルシーは大きく異なるチームとなっており、1月末の就任からリーグ戦でわずか1敗に抑えているトーマス・トゥヘル監督をスペイン人指揮官は称賛している。 「明日、我々はヨーロッパで最高のチームの1つと対戦する。トーマス・トゥヘルは現在、最高の監督の一人であり、あのチームはタレントが豊富に揃っている」 「彼らは全てをコントロールする。彼らはあらゆるものを持っている。結果を得るために最高のプレーをしてくるだろう。これは我々にとって挑戦となる」 2021.04.17 14:43 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly