2位ライプツィヒ、降格圏マインツにまさかの逆転負け《ブンデスリーガ》

2021.01.24 01:43 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ライプツィヒは23日、ブンデスリーガ第18節でマインツとのアウェイ戦に臨み、2-3で逆転負けした。

前節ウニオン・ベルリンとの上位対決を制して首位バイエルンとの4ポイント差を維持した2位ライプツィヒ(勝ち点35)は、最前線にセルロート、2シャドーにダニ・オルモとフォルスベリを据えた。


降格圏に沈む17位マインツ(勝ち点7)に対し、[3-4-3]で臨んだライプツィヒが押し込む入りとなると、15分に先制する。ザビッツァーの強烈なミドルシュートがバーを直撃し、ルーズボールをアダムスが押し込んだ。

しかし24分、右サイドからのFKをGKグラーチが不用意に弾くと、ルーズボールをニアカテに蹴り込まれて同点とされた。

それでも30分に勝ち越す。CKの流れからハルステンベルクが蹴り込んだ。

ところが35分、再びニアカテにゴールを許してしまう。左CKからファーサイドのベルにヘッドで折り返され、ニアカテに押し込まれた。

2-2で迎えた後半、開始5分にライプツィヒは逆転されてしまう。自陣左サイドをダ・コスタに突破された流れからバレイロに決められた。

まさかの追う展開となったライプツィヒはDFのハルステンベルクを削ってエンクンクを投入。しかし、集中した守備を見せるマインツ相手にチャンスを生み出すことができない。

結局、2-3でまさかの敗戦。降格圏に沈むマインツに敗れて首位バイエルンにプレッシャーをかけることができなかった。


関連ニュース
thumb

DFBポカール準決勝対戦カード決定!ドルトムントはバイエルン撃破のホルシュタイン・キールと激突

7日にDFBポカール準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準決勝の対戦カードが決定した。 4大会ぶり5度目の優勝を目指すドルトムントは、準々決勝でボルシアMGに1-0と辛勝し4強入り。そして、準決勝では2回戦で優勝候補筆頭のバイエルンからジャイアントキリングを決めた2部所属のホルシュタイン・キールとの対戦が決定した。 また、今季のブンデスリーガで首位バイエルンを追走する2位のRBライプツィヒは、準々決勝でヴォルフスブルクを2-0で下し準決勝進出を果たした。そして、2大会ぶりの決勝進出を目指すユリアン・ナーゲルスマン監督率いるライプツィヒは、4月7日に延期されたFW大迫勇也を擁するブレーメンと2部所属のヤーン・レーゲンスブルクの勝者との対戦が決定した。 なお、準決勝は5月1日と2日に開催予定だ。準決勝対戦カードは以下の通り。 ◆DFBポカール準決勝 5/1,2 ブレーメンorヤーン・レーゲンスブルク(2部)vsRBライプツィヒ ドルトムントvsホルシュタイン・キール(2部) 2021.03.08 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

3発快勝のライプツィヒ、バイエルンにプレッシャー《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは6日、ブンデスリーガ第24節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節ボルシアMG相手に2点のビハインドをひっくり返す劇的な試合を演じた2位ライプツィヒ(勝ち点50)は、首位バイエルンとの2ポイント差をキープした中、Y・ポウルセンとセルロートの2トップで臨んだ。 8位フライブルク(勝ち点34)に対し、 ライプツィヒが押し込む展開で立ち上がっていくも、決定的なシュートシーンは生み出せない。 それでも41分、ライプツィヒが先制する。GKミュラーのパスミスをカットした流れから、Y・ポウルセンのラストパスを受けたエンクンクが蹴り込んだ。 迎えた後半も主導権を握るライプツィヒは64分に突き放す。ショートカウンターの流れからエンクンクがスルーパスに抜け出し、最後はボックス右のセルロートが押し込んだ。 余裕の展開としたライプツィヒは79分に勝負を決める。セルロートのポストプレーから、ペナルティアーク左のフォルスベリがダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 このまま3-0で快勝としたライプツィヒがこの後ドルトムントと試合を行う首位バイエルンを暫定でかわし、プレッシャーをかけている。 2021.03.07 01:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒに痛手…オルバンが左手骨折で数日アウト

ライプツィヒは4日、ハンガリー代表DFヴィリー・オルバンが左手の中手骨の骨折と、手術を受けたことを発表した。 3日に行われたDFBポカール準々決勝のヴォルフスブルク戦で先発出場したオルバンは、前半に手を痛め、ハーフタイムで交代していた。途中、医療スタッフが同選手の左手に処置を施すシーンがあったが、骨折していたようだ。 離脱期間は「数日間」とされており、その後はギブスを着けてプレーできるようになるとのことだ。 今シーズンのオルバンは、ここまで公式戦30試合に出場。ブンデスリーガでは20試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 チームは今後、6日にブンデスリーガ第24節のフライブルク戦を戦った後、10日にはチャンピオンズリーグのリバプール戦2ndレグ、14日にはリーグ戦でフランクフルトとの上位戦が控えている。 2021.03.04 21:16 Thu
twitterfacebook
thumb

CLリバプールvsライプツィヒの2ndレグも中立地ブダペスト開催に

欧州サッカー連盟(UEFA)は4日、チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16のリバプールvsライプツィヒの2ndレグがハンガリーのブダペストで行われることを発表した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ヨーロッパの国際大会は開催地変更を余儀なくされている。特に変異株が流行しているイギリスのクラブは各国で入場制限が敷かれており、ラウンド16の1stレグでは、いずれもアウェイ戦となったリバプール、チェルシー、マンチェスター・シティの試合が中立地開催となっていた。 そして、本来リバプールのホームで行われる予定だった10日のリバプールvsライプツィヒも開催地が変更に。1stレグと同じブダペストでが舞台となる。2月16日に行われた1stレグでは、FWモハメド・サラーとFWサディオ・マネのゴールで、リバプールが0-2で先勝している。 なお、18日に予定されているヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16のモルデvsグラナダの1stレグも、ブダペストで行われることが決定している。 2021.03.04 19:54 Thu
twitterfacebook
thumb

DFBポカールベスト4進出のライプツィヒ、ナーゲルスマンは「最後まで戦ってくれた」チーム称賛

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督が、カップ戦での勝利に歓喜している。クラブ公式サイトが伝えた。 ライプツィヒは3日に行われたDFBポカール準々決勝で、ヴォルフスブルクと対戦。ブンデスリーガでも上位争いを繰り広げる相手に対して前半は拮抗した展開となったが、63分に先制点を奪う。試合終了間際にはFWファン・ヒチャンが2点目を決め、2-0で勝利。この結果、ライプツィヒはDFBポカールベスト4進出が決定。クラブ初タイトルに向け、大きな1勝となっている。 試合後のインタビューに応じたナーゲルスマン監督は、チーム全体のパフォーマンスに満足しているとコメント。そのうえで、1点目のアシストを記録するなど印象的な活躍を見せたFWアレクサンデル・セルロートを特に称えている。 「選手たちは今日、非常に良いゲームをしてくれたと思う。チームにしっかりコミットしていたと思うし、最後まで戦ってくれた。こうした姿勢は、私もピッチ脇でお手本にしたい」 「先週のボルシアMG戦でもそうだったが、アレックス(アレクサンデル・セルロート)は今日も非常によくやってくれた。試合に大きな影響を与えてくれたと思う」 「本来のアレックスがようやくチームに来てくれたと感じているよ。彼は堅い守備を誇るチーム相手に、多くのチャンスを作ってくれるんだ。それから、ゴールを決めてくれたファン・ヒチャンについても嬉しく思っている」 2021.03.04 12:44 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly