バルサを撃破!ビルバオのエース、ウィリアムズがスーペルコパ決勝で決めたゴラッソ【インクレディブル・ゴールズ】

2021.01.23 18:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はアスレティック・ビルバオのスペイン人FWイニャキ・ウィリアムズが決めたゴールだ。


◆ウィリアムズが6年ぶりのトロフィーをもたらしたゴラッソ

16歳からビルバオの下部組織に入団したウィリアムズは、20歳でファーストチームデビュー。ストライカーとして活躍を続け、今ではチームのエースへと成長している。

抜群の身体能力を武器に得点を重ねるウィリアムズだが、2021年1月17日に行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のバルセロナ戦では、見事なゴールでチームの勝利に貢献している。

下馬評で有利とされるバルセロナが試合の主導権を握る展開となったこの試合。1-1で前半を折り返したが、77分にバルセロナが勝ち越しに成功する。そのままバルセロナが逃げ切るかと思われた90分、ビルバオが土壇場で2-2の同点に追いつくと、迎えた93分、ドラマが待っていた。

バルセロナ陣内にビルバオ攻撃陣が攻め入ると、ボールはボックス内左にいたウィリアムズの下へ。ウィリアムズが細かいステップでマークをずらし、一瞬の隙を突いてミドルシュートを放つと、右足のシュートは美しい軌道を描いてゴール右上のポストの内側を叩いてゴールイン。劇的な決勝ゴールとなった。

試合はそのまま3-2で終了し、ビルバオが勝利。バルセロナを撃破し、2015年のスーペルコパ以来となる、6年ぶりのトロフィーを獲得している。
関連ニュース
thumb

キレキレ連続直角ターンでDFを翻弄!中島&塩谷の同僚が決めた華麗なスーパーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアル・アインに所属するUAE代表FWカイオ・カネドが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆連続直角ターンで相手を翻弄!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0MnRNRjZNZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> ブラジル生まれのカイオは母国のクラブを渡り歩いた後、2014年夏にUAEリーグに移籍。2019年夏からは、日本代表の塩谷司や中島翔哉も所属する強豪アル・アインに活躍の場を移している。 2020年11月には、UAEに帰化して代表デビューを果たしているカイオだが、2021年2月19日に行われたアラビアン・ガルフリーグ第17節のアル・フジャイラ戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた23分、DFバンダル・モハメドの自陣からのロングパスを相手陣の左サイドでカイオが受ける。ボックスの手間でボールを収めたカイオは、鮮やかなキックフェイントからの直角ターンでマークをかわすと、ブロックに来たもう1人のDFも鮮やかなターンで軽々と抜き去る。フリーでゴール前に進むと、GKの頭上を抜く強烈なシュートを叩き込んだ。 このゴールで勢いに乗ったアル・アイン。後半も攻勢が続き、3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="842" data-sg-movie-title="【連続直角ターンでDFを翻弄!】中島&塩谷の同僚が決めた華麗なスーパーゴール"></span> 2021.02.25 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

4vs1でも止められず!ナポリMFが見せた圧巻の単独中央突破【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリの北マケドニア代表エリフ・エルマスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆4vs1でも止められず!エルマスのソロゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMYXpobWNOViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国マケドニアのラボトニツキで弱冠15歳の若さでプロデビューしたエルマスは、その後フェネルバフチェに渡るとすぐに頭角を現し、2019年夏にナポリに加入した。 抜群のボールスキルとビジョンで攻守に存在感を発揮するエルマスだが、2021年1月31日に行われたセリエA第20節のパルマ戦では、圧巻のソロゴールを決めている。 0-0のまま迎えた32分、カウンターから相手陣内中央でボールを持ったエルマスは、自らドリブルで仕掛けていくことを選択。ボックス付近で守りを固める相手DF4人に囲まれながらも、細かいボールタッチと軽快なステップでマークを寄せ付けず、ボックス内に侵入するとすかさず左足でシュート。低く抑えられた鋭いシュートは、ゴール右下に決まった。 このゴールで先制したナポリは、リードを守りながら終盤にも1点を加え、2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="841" data-sg-movie-title="【4vs1でも止められず!】ナポリMFが見せた圧巻の単独中央突破"></span> 2021.02.25 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「勝つか、お前らを殺すかだ!」史上初の降格をかけた大一番で名門コロコロを救った圧巻のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はコロコロのアルゼンチン人FWパブロ・ソラーリが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆救世主が見せた圧巻のソロゴール!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoMm5GREJkcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1925年に創設されたコロコロはチリ1部リーグで最多32度の優勝回数を誇る同国屈指の名門として知られている。しかし今シーズンは深刻な低迷に陥り、レギュラーシーズンを16位で終えると、2021年2月17日に行われたプレーオフで、ウニベルシダ・デ・コンセプシオンと残留をかけた一発勝負に挑むこととなっていた。 クラブ創立以来初の降格危機を迎えたクラブに対し、一部の過激なファンは「Ganan o los matamos(お前らが勝つか、俺らがお前らを殺すかだ)」との脅迫とも取れる驚愕のバナーを掲示。そういった事情もあり、コロコロはまさに生きるか死ぬかの大一番に臨んでいた。 すると迎えた19分、右サイドでボールを受けたソラーリは、ドリブルで積極的に仕掛けていくと、キレのあるターンでDFを抜き去りゴールへ接近。コースを切りに来た相手も鮮やかなターンでかわすと、ゴール右の角度のない位置からシュート。GKの股を抜くゴールを沈め、値千金の先制点を挙げてみせた。 試合はそのままコロコロがリードを守り、1-0で勝利し、残留を決めた。なお、決勝ゴールのソラーリは、アルゼンチンのタジェレスからレンタルで加入していた19歳の選手であり、チリの名門クラブは思わぬ救世主の活躍で窮地を脱することとなった。 <span data-sg-movie-id="838" data-sg-movie-title="【降格のピンチを救う!】大一番で名門コロコロを救った圧巻のソロゴール"></span> 2021.02.24 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン時代のK・ボアテングが豪快アクロバティックボレーでアーセナルを粉砕!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はモンツァに所属する元ガーナ代表FWケビン=プリンス・ボアテングがミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆K・ボアテングが決めた豪快アクロバティックボレー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNZTYzU2lnQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ヘルタ・ベルリンでデビューしたボアテングは、トッテナムやドルトムント、ミランやバルセロナなど数多くのビッグクラブでプレー。今シーズンからはセリエBのモンツァでプレーしている。 ダイナミックなプレーが特長のボアテングだが、ミラン時代の2012年2月15日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16のアーセナルとの1stレグでは、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、MFアントニオ・ノチェリーノの浮き球のパスにボックス内で抜け出したボアテング。胸でボールをコントロールすると、ボックス内右の角度の厳しい位置から、体を強引にひねりながらジャンピングボレーシュート。パチンコ玉のような豪快な一撃はGKヴォイチェフ・シュチェスニーの守るニアポストを破り、ゴール左上に突き刺さった。 このゴールで勢いに乗ったミランは、1stレグを4-0で圧勝している。 <span data-sg-movie-id="836" data-sg-movie-title="【アーセナルを粉砕!】ミラン時代のK・ボアテングが決めた豪快アクロバティックボレー"></span> 2021.02.24 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

まるでスローモーション…!超絶カーブシュートが驚きの滞空時間で完璧なコースにゴールイン【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はセリエCのバーリに所属するイタリア人FWミルコ・アンテヌッチがリーズ・ユナイテッド時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スローモーションのように見える超絶カーブシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsNEh0R1RGMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> イタリア下部リーグのジュリアノーヴァでデビューしたアンテヌッチは、国内クラブを渡り歩いた後、2014年夏に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)所属のリーズに加入した。 現在は再びイタリア下部リーグで活躍するアンテヌッチだが、2015年8月8日に行われたチャンピオンシップ第1節のバーンリー戦では、衝撃のゴールを決めている。 終盤まで0-0のまま迎えた83分、左サイドから攻めたリーズがボックス内にクロス。これはクリアされるも、クリアボールを相手陣内中央のDFガエタノ・ベラルディがヘディングでボックス手前のアンテヌッチにボールを送る。 胸トラップで上手くボールを収めたアンテヌッチは、キックフェイントで鮮やかにマークを外すと、ボックス外から左足でミドルシュート。強烈なカーブのかかったシュートは、ゆっくりとした速度でゴール左上へ飛んでいくと、グングン変化しながら完璧なコースにゴールインした。 まるでスローモーションの映像のようなゴールで先制したリーズだったが、直後に失点。試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="834" data-sg-movie-title="【まるでスローモーション…!】超絶カーブシュートが驚きの滞空時間で完璧なコースにゴールイン"></span> 2021.02.24 08:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly