ボルシアMGが撃ち合い制して4位浮上! 4失点のドルトムントは後半戦初戦で昨季に並ぶ7敗目…《ブンデスリーガ》

2021.01.23 06:44 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第18節、ボルシアMGvsドルトムントが22日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、ホームのボルシアMGが4-2で勝利した。

直近3勝1分けと好調を維持する7位のボルシアMG(勝ち点28)は、前節ブレーメンに1-0で競り勝ち良い形でシーズンを折り返した。難敵ドルトムントとの後半初戦に向けてはブレーメン戦から先発3人を変更。ヴェントとヴォルフ、ヘアマンに代えてベンセバイニ、ザカリア、シュティンドルを起用。また、唾吐きで5試合の出場停止を科されていたテュラムと、コロナ禍でのパーティー問題で批判に晒されるエンボロが揃ってベンチに入った。


一方、前節レバークーゼンに競り負けて直近2戦未勝利で前半戦を終えた4位のドルトムント(勝ち点29)。来季新指揮官として招へいも噂されるローゼ監督率いるチームとのアウェイゲームでは、レバークーゼン戦から先発2人を変更。出場停止のデラネイに代わって出場停止明けのジャンが復帰し、ムニエに代わってモレイが右サイドバックに入った。

注目の強豪対決はいきなり動く。開始40秒過ぎにドルトムントの自陣ボックス付近でのボール回しにプレッシャーをかけたボルシアMGがボックス手前でホフマンがベリンガムからボール奪取。すぐさま近くでパスを受けたノイハウスが左足のシュートを放つと、DFフンメルスが出した足に当たってコースが変わりゴール左隅に決まった。

ホームチームの電光石火の先制点かに思われたが、主審によるオンフィールドレビューの結果、ホフマンのボール奪取がプッシングと判断されてゴールは取り消しとなった。

開始早々のゴールは逃したものの、アグレッシブさで勝るボルシアMGは直後の6分にもボックス手前でクラマーのパスを足元で受けたホフマンが鋭い右足のグラウンドシュートを枠の左隅に飛ばし、GKビュルキに最初のファインセーブを強いる。

すると、11分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのホフマンが入れた絶妙なクロスをゴール前に飛び込んだエルベディが頭で合わせてゴールネットを揺らす。再びVARの長いレビューが入ったが、オンサイドが支持されてゴールが認められた。

一度はVARに救われるも拙い入りでリードを許したドルトムントは、ボルシアMGが予想外の[3-5-2]の布陣を採用した影響もあってチグハグな戦いに終始。それでも、15分を過ぎた辺りから徐々に相手を押し返すと、怪物ハーランドが魅せる。

22分、ショートカウンターからボックス手前左でボールを持ったサンチョがカットインからスルーパスを狙う。これに反応したハーランドがうまくDFと入れ替わってボックス左に抜け出すと、飛び出したGKの脇を抜く技ありの左足シュートを流し込んだ。

この同点ゴールで完全に流れを掴んだアウェイチームは直後の26分にはセットプレーの流れからボックス内でアカンジ、ジャンと続けて枠内にシュートを飛ばすが、ここはGKの好守とDFのゴールカバーに阻まれる。それでも、28分にはショートカウンターからボックス付近でロイス、ベリンガム、サンチョと細かく繋ぎ、最後はゴール前のハーランドの足元にボールが入ると、鋭い反転からの左足シュートがゴールネットを揺らし、わずか6分間でドッペルパックを達成した。

一方、逆転を許したボルシアMGはザカリアを3バックの中央から右サイドハーフに移し、直近数試合と同じ形に並びを戻す。すると、ハーランドに対して今度はエルベディがドッペルパックを決める。32分、ボックス手前左の好位置で得たFKの場面でキッカーのシュティンドルが壁の間を抜く低い弾道のシュートを枠に飛ばす。これをGKビュルキが前に弾くと、こぼれ球をエルベディがタップインで決めた。

2-2のタイに戻った試合はここからカウンターを打ち合うオープンな展開に。39分には左サイドを突破したロイスを起点としたカウンターからボックス右でパスを受けたサンチョに決定機も、左隅を狙ったシュートは枠の左に。一方、ボルシアMGもボックス手前でフリーになったノイハウスにシュートチャンスも、右足のミドルシュートはわずかに枠の左に外れた。

イーブンのスコアで折り返した試合は後半も早い時間帯にスコアが動く。49分、ホフマンの仕掛けからノイハウスを経由したボールが左サイド深くのベンセバイニに渡る。ここで中に切り込んだベンゼバイニが右足で放った低い弾道のシュートがゴール前の密集をすり抜けてゴール右下隅の完璧なコースに決まった。

後半も拙い入りとなったドルトムントは、直後の53分にも相手のカウンターからボックス内に抜け出したプレアにあわや4失点目という決定機を許すなど、劣勢の状況が続く。

その後はややドルトムントに流れが傾き始めた中、後半半ば過ぎに互いに交代カードを切る。ボルシアMGはホフマン、シュティンドル、プレアに代えて渦中のテュラム、エンボロと共にヴォルフを投入。対してビハインドを追うドルトムントはロイスを下げてレイナを投入した。

すると、この交代策がスコアを動かす。78分、ノイハウスの左CKをゴール前で競り勝ったテュラムが打点の高いヘディングシュートを決め、禊のゴールとした。

その後、逃げ切り態勢に入ったホームチームに対してドルトムントが攻勢を仕掛けていくが、途中出場のムココの強烈なミドルシュートもGKゾンマーの好守に阻まれ、最後までゴールをこじ開けることはできなかった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで打ち勝ったボルシアMGが2連勝で4位に浮上。一方、連敗で3戦未勝利のドルトムントは昨季の敗戦数に並ぶ7敗目でトップ4陥落となった。

関連ニュース
thumb

DFBポカールベスト4のドルトムント、公式戦4連勝に指揮官も手応え「何より勝利が重要だった」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が、カップ戦勝利を挙げたチームを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 ドルトムントは2日に行われたDFBポカール準々決勝で、ボルシアMGと対戦。公式戦3連勝中と勢いに乗るチームは、前半こそ拮抗した展開となったが後半見事なカウンターから先制に成功。その後は退場者を出しながらもリードを守り抜き、1-0で勝利した。 この結果、公式戦4連勝を達成したドルトムントは、DFBポカールでベスト4進出が決定。来シーズンから自クラブで指揮を執ることが決定しているマルコ・ローゼ監督に対して、大きな勝利を挙げている。 試合後のインタビューに応じたテルジッチ監督は、積極的な姿勢を見せたチームを称賛。特に後半の戦い方を評価した。 「前半は、両チームがお互いの良さを打ち消し合う展開だったと思う。後半はかなりパフォーマンスが良くなり、より自分たちを示し、より多くボールを奪おうとしていた」 「我々はゴールに迫り、相手に脅威を与えられていただろう。この勝利は当然の結果だと思っている。ボルシアMGは、スタートからいきなりプレッシャーをかけようとしてきた。我々は前半2分で4回もボールロストしてしまったこともあり、やや低調な展開になってしまったね」 「ただし、我々はその状況に対応し、そこからはほとんど支配を譲らなかったと思う。今日はノックアウトゲームであり、何より勝利が重要だった。そして、我々はそれを成し遂げたんだ。だから今日はとても満足している」 2021.03.03 11:18 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ヴォルフスブルクDFラクロワに関心!

ドルトムントがヴォルフスブルクに所属するU-20フランス代表DFマクサンス・ラクロワ(20)に関心を示しているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ドルトムントではサイドバックとセンターバックのバックアッパーを担う元ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク(35)が今シーズン終了後に現役を引退し、U-21フランス代表DFダン=アクセル・ザガドゥ(21)も度重なる負傷に悩まされており、来シーズンに向けてセンターバックの補強が優先事項のひとつとなっている。 そういった中、ここ最近ではフィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(23)、カリアリのポーランド代表DFセバスティアン・ウォルキエビッツ(20)、PSGのU-19チームに在籍しているU-18フランス代表DFスマイラ・クリバリ(17)らが具体的な獲得候補として名前が挙がっている。 その補強リストに新たに加わることになったのが、ブンデスリーガ1年目でハイパフォーマンスを披露し、注目を集めている20歳のフランス人DFだ。 U-17フランス代表で2017年のU-17ワールドカップにも出場したラクロワは、ソショーでプロデビューを飾った190cmのセンターバック。昨夏に500万ユーロ(約6億4000万円)の移籍金でヴォルフスブルクに加入すると、ここまでリーグ戦21試合に出場するなど、すぐさま絶対的な主力に定着した。 強さと速さを兼ね備えたアスリート系センターバックながら判断力にも優れた守備者は、右足のキック精度も上々で積極的にフィードや縦パスを狙い攻撃面でも一定の貢献度を見せている。 ただ、ヴォルフスブルクとの間に契約解除条項はなく、相応の移籍金が必要なこと、現時点でのヴォルフスブルクの順位がチャンピオンズリーグ出場圏内の3位に位置することもあり、ドルトムントとしては引き抜きに向けて幾つもの障害をクリアする必要がある。 2021.03.03 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが来季指揮官率いるボルシアMG撃破でベスト4進出! 圧巻カウンターからサンチョが決勝点《DFBポカール》

DFBポカール準々決勝、ボルシアMGvsドルトムントが2日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、0-1で勝利したドルトムントが準決勝進出を決めた。 3回戦でシュツットガルトを退けたブンデスリーガで9位のボルシアMGは、直近の公式戦4敗1分けと深刻な不振に陥っている。6戦ぶりの勝利でベスト4進出を目指すこの一戦では、痛恨の逆転負けとなったRBライプツィヒ戦から先発6人を変更。両サイドバックの主力やテュラム、プレア、シュティンドルが復帰した。 一方、3回戦で2部のパーダーボルンに競り勝ったドルトムントは直近の公式戦3連勝でリーグ戦でも5位に浮上。3-0で快勝した直近のビーレフェルト戦からはレイナに代えてデラネイを起用した以外、同じメンバーを起用した。 試合は開始早々にドルトムントにアクシデント。スプリントした際に足を痛めたラファエウ・ゲレイロが足を痛めてプレー続行不可能となり、5分にシュルツが緊急投入された。 早々のアクシデントによって嫌な入りとなったアウェイチームだが、9分にはボックス左で浮き球のルーズボールの反応したロイスに決定機。だが、ここはうまくヒザをかぶせることができず、右足のボレーシュートは精度を欠いた。 以降は球際での強度の高い攻防、素早いトランジションと見ごたえのある攻防を見せる両チーム。だが、球際の部分でやや勝るホームチームは相手サイドバックの裏を効果的に突いて幾度か際どい場面を作り出す。 前半半ばを過ぎても拮抗した状況が続く中、36分にはドルトムントに絶好機。最後尾のフンメルスからのフィードに反応したハーランドがDFエルベディと完璧に入れ替わってボックス内まで抜け出すが、ここはGKシッペルの巧みな詰め方とエルベディの決死の戻りに焦ったか、シュートを枠の左に外してしまう。 一方、ボルシアMGも前半ラストプレーではプレアのスルーパスに抜け出したテュラムがボックス内でDFジャンを先に滑らせて切り返しからシュートをゴールネットへ流し込む。だが、ギリギリの抜け出しがオフサイドとなり、ゴールは認められず。 0-0で折り返した後半はドルトムントが良い入りを見せる。53分にはボックス左に抜け出したロイスからのマイナスの折り返しをゴール前で収めたハーランドが左足のシュートを流し込み、ゴールネットを揺らす。だが、オンフィールドレビューの結果、ハーランドがボールのないところでDFベンセバイニの足をかけて倒したと判定され、ゴールは認められず。 一方、このピンチを凌いだボルシアMGは徐々に攻勢を強めると、59分にはセットプレーの二次攻撃からベンセバイニが強烈な左足のミドルシュートを枠に飛ばす。だが、ここはGKヒッツのビッグセーブに阻まれた。 以降は一進一退の攻防が続く中、ドルトムントの圧巻のロングカウンターが発動する。66分、相手CKの場面でうまくボールを奪ったシュルツが左サイドを持ち上がって中央のハーランドに縦パスを通す。これをノルウェーー代表が右を並走するロイスにワンタッチで繋ぐと、ロイスもすかさず左サイドでスプリントしたサンチョにダイレクトスルーパスを通す。そのままボックス内まで持ち込んだサンチョが冷静にゴール左隅へシュートを流し込んだ。 圧巻のカウンターアタックで先手を奪ったドルトムントは直後に殊勲のサンチョを下げてアザールを投入。対するボルシアMGは同じタイミングでラザロ、76分にはエンボロ、ザカリア、ヴォルフと一気に3枚の交代カードを切ってゴールを目指す。 後半終盤にかけてはボルシアMGが押し込む時間帯が続くが、83分にはロイスのスルーパスに抜け出したハーランドに決定機。だが、DFに寄せられながらやや遠目から放ったシュートはGKの好守に阻まれて試合を決定づける2点目を奪い切れない。 その後、試合終了間際の93分にはベンセバイニと小競り合いを起こしたダフードにこの試合2枚目のイエローカードが掲示され、ドルトムントは数的不利を背負うことに。 そして、形振り構わぬ猛攻に打って出たボルシアMGは後半ラストプレーでボックス右でフリーのライナーに絶好のシュートチャンスが訪れたが、渾身の右足シュートは枠を捉えることができず、試合はこのままタイムアップを迎えた。 この結果、来季から自クラブで指揮を執るローゼ監督率いるボルシアMGに競り勝ったドルトムントが準決勝進出を決めた。 2021.03.03 07:05 Wed
twitterfacebook
thumb

サンチョ躍動のドルトムントが堂安&奥川のビーレフェルトに快勝、次節はデア・クラシカー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第23節、ドルトムントvsビーレフェルトが27日に行われ、3-0でドルトムントが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は75分まで、MF奥川雅也は75分から出場している。 前節シャルケとのレヴィア・ダービーを快勝した6位ドルトムント(勝ち点36)は、シャルケ戦のスタメンからブラントとデラネイに代えてレイナとベリンガムを起用した。 一方、前節ヴォルフスブルクに完敗した16位ビーレフェルト(勝ち点18)は、開幕からスタメン出場を続ける堂安がフラットな[4-4-2]の右MFで先発となり、前節ブンデスデビューを飾った奥川は引き続きベンチスタートとなった。 中盤アンカーにダフード、2列目に右からレイナ、ロイス、ベリンガム、サンチョと並べる[4-1-4-1]で臨んだドルトムントが立ち上がりから攻勢をかけた中、ビーレフェルトは6分に堂安がルーズボールをダイレクトでシュートに持ち込む決定機を演出。 さらに12分、堂安のパスを受けたクンゼがボックス内からGKノイアー強襲のシュートを放った。 攻め込みながらもゴールが遠いドルトムントは、28分にFKの流れからロイスがバー直撃のシュートを放つと、39分にはビッグチャンス。相手のミスパスをカットしたサンチョが持ち上がってラストパスを送り、ボックス左のハーランドがシュートに持ち込むも、GKオルテガのファインセーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ドルトムントが開始3分に先制する。サンチョのパスを受けたペナルティアーク中央のダフードがゴール左にミドルシュートを突き刺した。 さらに57分、ドルトムントがリードを広げる。ボックス内で仕掛けたロイスがピーペルに倒されてPKを獲得。これをサンチョが決めてリードを広げた。 守備に追われる展開が続くビーレフェルトは、堂安が69分にカットインからシュートに持ち込みかけると、続く71分にはドリブルでボックス左まで持ち上がってシュートに持ち込んだ。 その堂安に代えてビーレフェルトは75分、奥川を左サイドに投入。しかし81分、ドルトムントが勝負を決定付ける。サンチョのスルーパスでボックス左に侵入したハーランドが折り返し、ヘイニエルが決めた。 レアル・マドリーからレンタルで加入しているヘイニエルに移籍後初弾も生まれたドルトムントが快勝でリーグ戦2連勝とし、次節バイエルンとのデア・クラシカーに臨むこととなった。 2021.02.28 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、第2GKのヒッツと2023年まで契約延長

ドルトムントは25日、元スイス代表GKマルビン・ヒッツ(33)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。今季で契約切れだったため、2年延長した格好だ。 2018年夏にアウグスブルクからドルトムントに加入したヒッツは、これまでドルトムントで公式戦25試合に出場。 正GKのスイス代表GKロマン・ビュルキ(30)の前に第2GKの座に甘んじてはいるものの、ビュルキの負傷を受けてここ1カ月は出場機会に恵まれていた。 チャンピオンズリーグではセビージャ戦の3-2の勝利に貢献し、ブンデスリーガでは4試合の出場で4失点に抑え、チームは2勝1分け1敗の成績を収めていた。また、DFBポカールでは2部のパーダーボルンとラウンド16を戦い、延長戦の末に勝利と、結果を出していた。 2021.02.26 07:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly