魂のハイハイクリアがヘンク伊東を阻む!雪のベルギーリーグで起きた衝撃の一幕が話題に「最後まで諦めるな」

2021.01.22 12:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也の眼前で、ムスクロンのモンテネグロ代表MFデニ・ホチュコが執念のクリアを見せた。ヘンクは16日、ジュピラー・プロ・リーグ第20節で16位ムスクロンとアウェイで対戦。伊東は左サイドで先発フル出場を果たした。


降雪の影響でピッチには多くの雪が残っていた中、ムスクロンが1-0と1点リードして迎えた54分、左サイドの伊東にパスが回る。プレスに来たホチュコに対し、伊東は切り返しでかわそうとするも、ボールはホチュコの足に当たりルーズボールとなる。

そのタイミングでホチュコは滑ったのかバランスを崩し、両手がピッチにつく形に。だが、ここで伊東にボールを奪われたらピンチになるという本能が働いたのか、ホチュコはそのまま、赤ちゃんのハイハイのような状態で突き進み、何とか頭でボールをタッチライン外へとクリアし、難を逃れていた。

ホチュコの魂のクリアは、SNS上でも拡散され、SNS専門メディアの『433』も「ネバーギブアップ!」とホチュコの諦めない心を称えた他、サポーターからはマンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表DFフィル・ジョーンズを彷彿とさせるという声も上がっている。

なお、この試合はホームのムスクロンが2-0で勝利したが、ヘンクはピッチがプレー可能な状態ではなかったとしリーグ側と試合の有効性について議論していることを明かしている。

◆ヘンク伊東を阻む魂のハイハイクリア!


関連ニュース
thumb

伊東純也と鈴木優磨の日本人対決は、伊東のヘンクに軍配《クロッキーカップ》

10日、クロッキーカップ(ベルギーカップ)のラウンド16が行われ、ヘンクvsシント=トロイデンの一戦は1-0でヘンクが勝利した。 ヘンクの日本代表FW伊東純也は右ウイングとして先発フル出場。シント=トロイデンのFW鈴木優磨は2トップの一角でフル出場を果たし、GKシュミット・ダニエル、DF松原后はベンチ入りも出場機会がなかった。 伊東と鈴木の日本人対決となったこの試合。リーグ戦での好調を維持するヘンクは強力な3トップがシント=トロイデンのゴールに迫る。 6分、伊東が決定機を迎えるも、これはテイシェイラがなんとか対応。13分にはクリスチャン・トルストベットのシュートがポストに救われる。 なんとか耐えていたシント=トロイデンは、集中した守備で得点を許さず、ゴールレスで前半を終える。 迎えた後半、シント=トロイデンはチャンスを迎えるも決めきれずにいると81分には伊東が再び決定機。しかし、シュートはテイシェイラが再びブロック。これは手に当たったかと思われたが、PKの判定とはならなかった。 しかし、87分に痛恨の失点。リーグ得点王のFWポール・オヌアチュがブライアン・ヘイネンのクロスをボレーで蹴り込み先制。そのまま1-0でヘンクが勝利し、ベスト8に駒を進めた。 ヘンク 1-0 シント=トロイデン 1-0 87分:ポール・オヌアチュ(ヘンク) 2021.02.11 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「美しいゴール」伊東純也が1G1Aの大活躍!技ありバックヒール弾には称賛の声「Aクラス」

ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也が今シーズン6点目を決めた。 ヘンクは24日、ジュピラー・プロ・リーグ第21節でリーグ首位のクラブ・ブルージュとアウェイで対戦。伊東はフル出場している。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1j3uly30l2ie19run42vdkst7" async></script></div> 試合開始早々に先制を許したヘンクだったが、24分、味方のスルーパスに反応したDFヘラルド・アルテアガが左サイドを抜け出すと、ゴール前に低弾道のクロスを供給。相手DFの前に体を入れた伊東がジャンプしながら左足のバックヒールで合わせ、技ありのゴールを決めた。 このゴールには、ベルギー『sporza』も「伊東が逆足で美しいゴールを決める」と称賛したほか、『Eleven Sports』ポルトガル版の公式インスタグラムでも「Aクラス」と題して、伊東のゴールシーンを取り上げている。 伊東はさらに34分にもMFバスティアン・トマのゴールをアシストし、1ゴール1アシストの活躍を見せたが、チームはその後逆転を許し、2-3で敗れた。 伊東は今シーズンのリーグ戦22試合で6ゴール8アシストを記録しているが、ヘンクはここ5試合で2分3敗と調子を落としており、クラブ・ブルージュに勝ち点差12をつけられている。 2021.01.25 12:14 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタ、伊東純也の相棒SBメーレを獲得を正式発表!1月からチームに合流

アタランタは30日、ヘンクに所属するデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(23)を完全移籍で獲得した。なお、メーレは冬の移籍市場が開幕する2021年1月4日付けで正式にアタランタの一員となる。 母国のオールボーでプロキャリアをスタートしたメーレは2017年にヘンクに完全移籍。右サイドバックと右サイドハーフを主戦場に推進力、突破力、クロス精度を特長とする185cmの大型サイドバックは、ここまで公式戦130試合に出場し、6ゴール22アシストを記録。 今シーズンはここまでリーグ戦16試合1ゴール4アシストの数字を残しており、一列前でプレーする日本代表FW伊東純也とも良い関係性を築いていた。また、2020年9月にデビューしたデンマーク代表では、通算6試合に出場1ゴールの数字を残している。 アタランタではオランダ代表MFハンス・ハテブールが主力を担う右ウイングバックのバックアップとしてイタリア代表DFクリスティアン・ピッチーニを今夏レンタルで獲得したが、ケガの影響でリーグ戦1試合の出場に留まっている。 2020.12.31 00:39 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタ、伊東純也の相棒SBメーレを獲得! ハテブールのバックアップに

ヘンクに所属するデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(23)がアタランタに完全移籍することが決定した。ヘンクが22日、同選手のアタランタ行きを明かした。 母国のオールボーでプロキャリアをスタートしたメーレは2017年にヘンクに完全移籍。右サイドバックと右サイドハーフを主戦場に推進力、突破力、クロス精度を特長とする185cmの大型サイドバックは、ここまで公式戦130試合に出場し、6ゴール22アシストを記録。 今シーズンはここまでリーグ戦16試合1ゴール4アシストの数字を残しており、一列前でプレーする日本代表FW伊東純也とも良い関係性を築いている。 なお、デンマーク代表として通算6試合1ゴールの数字を残しているメーレは、今週末のワースランド・ベフェレン戦後にヘンクを離れて来年1月2日付けでアタランタと2025年夏までの契約にサインする予定だ。 移籍金に関してイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などは1000万ユーロ(約12億6000万円)程度と報じている。 アタランタではオランダ代表MFハンス・ハテブールが主力を担う右ウイングバックのバックアップとしてイタリア代表DFクリスティアン・ピッチーニを今夏レンタルで獲得したが、ケガの影響でリーグ戦1試合の出場に留まっている。 2020.12.23 23:57 Wed
twitterfacebook
thumb

三好康児がゴール、伊東純也がアシストの日本人対決はヘンクに軍配!7連勝で首位浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

6日、ジュピラー・プロ・リーグ第15節のヘンクvsアントワープが行われ、4-2でヘンクが勝利を収めた。 ヘンクの日本代表FW伊東純也とアントワープの日本代表MF三好康児がともに先発した試合は、アントワープが先手を取る。 開始3分、ディフェンスライン裏へのパスに反応した三好が右サイドからカットイン。そのまま左足を振り抜くと、ゴール右に決まる。 しかし、微妙な判定でオフサイドと一旦はなるものの、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した結果、ゴールが認められることとなった。 先制を許したホームのヘンクだったが10分、ボックス内左に侵入した伊東がパスを受けると、これを後方から三好がチャージして止めに行く。伊東は倒れPKをアピールするも、ファウルとはならない。 伊東は16分、GKからのビルドアップを試みるアントワープのパスをカット。ボックス内に侵入しシュートを放つが枠を捉えられない。 それでも19分、右サイドのスペースにパスが出ると、ダニエル・ムニョスが猛然をオーバーラップ。ボックス右からグラウンダーのパス。これは中央のテオ・ボンゴンダに合わないものの、ファーサイドのポール・オヌアチュが蹴り込み、ヘンクが同点に追いつく。 さらに23分には左サイドのFKからゴール前にクロス。これをファーサイドでムニョスがヘディングで折り返すと、オヌアチュが押し込んでヘンクが逆転に成功する。 2-1でヘンクがリードして迎えた後半も、ホームのヘンクがペースを握る。50分には自陣からの高速カウンター。ロングスルーパスに伊東が抜け出すと、相手DFとの競り合いにも勝ちボックス内に侵入。そのままフィニッシュに行くが、シュートは枠を外れる。 それでも59分、相手GKからのビルドアップのパスをカットしたボンゴンダがそのままシュート。これ決まり3-1とリードを2点とする。 72分には伊東のスルーパスに抜け出した本込んだがネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で取り消し。77分には味方との連携からブライアン・ヘイネンの落としを伊東がシュートもGKがセーブする。 防戦が続いたアントワープは83分、ボックス左からジョルダン・ルカクが上げたクロスを、ディウメルシ・ムボカニがヘッド。これが決まり再び1点差に。 それでもヘンクは88分にカウンターから再び伊東が抜け出すと、並走していたシリル・デセルスへパス。デセルスはGKもかわしシュート。これが決まり4-2。ヘンクが勝利し7連勝で首位に浮上した。 ヘンク 4-2 アントワープ 【ヘンク】 ポール・オヌアチュ(前19、前23) テオ・ボンゴンダ(後14) シリル・デセルス(後43) 【アントワープ】 三好康児(前3) ディウメルシ・ムボカニ(後38) 2020.12.07 11:26 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly