風に乗ったゴールキックがネットを揺らす、英4部での珍事に試合後は相手GKに謝罪

2021.01.20 19:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ2(イングランド4部)で、珍しいGKによるゴールが生まれた。舞台となったのはチェルトナムvsニューポート・カウンティの一戦。12分にニューポートのGKトム・キングがゴールキックを右足で思い切り蹴ると、ボールは風に乗ってグングンと伸びていき、相手陣内のペナルティーアーク付近に落ちる。


あまりの飛距離にチェルトナムのDFとGKの間に落ちたボールは、ワンバウンドすると大きく跳ね、チェルトナムのGKジョシュア・グリフィスの懸命のジャンプも及ばず、そのままゴールネットを揺らした。

試合はこのゴールでニューポートが先制点を奪ったものの、チェルトナムが追いつき1-1で引き分けとなっている。

試合後、イギリス『BBC』のインタビューに応えたキングは、相手GKに謝罪したことを明かしている。

「これは僕がプロレベルで得点した最初のゴールだ。彼(グリフィス)がゴールラインから外れていたと言いたいが、そうではなかった。幸いなことに上手くいったが、今夜は1ポイントではなく3ポイントを目指していた」

「多くの人が驚いた。ゴールを祝う方法すら知らなかったし、試合後に相手ゴールキーパーに謝罪した。昨シーズンのモアカム戦では僕が決められそうだった。ゴールを決められる側にいるのはいいことではない」

◆風が凄い!ゴールキック直接弾!
関連ニュース
thumb

快勝のスパーズ、モウリーニョは2G1Aのベイル称賛 「コンディションが非常に良い」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がプレミアリーグでの快勝を喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 トッテナムは2月28日に行われた第26節でバーンリーと対戦。前節のウェストハム戦を落として、リーグ連敗となったものの、この日はFWガレス・ベイルが2ゴール1アシストもあり、4-0のスコアで完勝を収めている。 順位を8位に上げ、1試合未消化でありながら4位との勝ち点差も「6」まで縮めたモウリーニョ監督は試合後、ヨーロッパリーグ(EL)での快勝に引き続き、好パフォーマンスを披露したチームを称えている。 「ELの4-0という結果自体にはあまり意味を持たないが、良いパフォーマンスだったと思う。そして、今日はより勝利が必要となる重要な試合だった。勝ち点3が必要であり、その方法は94分に勝ち越しゴールを決めてのものでも良かった。だが、もちろん、自分たちのやり方で勝てる方が良い」 「堅実で優れたパフォーマンスだったと思う。開始2、3分でゴールを決められれば、状況は少し楽になるね。ハーフタイムまでで3-0になったのは重要だったが、バーンリーは最後の1秒までベストを要求してくるチームだ。結果はどうであれ、最後まで走り続ける」 「チームはたくさんの努力をしたと思う。非常にポジティブなチームパフォーマンスだった。92分と93分に、2つのCKが相手にあったが、我々は4-0ではなく、1-0のときのように守れた。この姿勢こそが根本的にチームが必要とすることなんだ」 また、モウリーニョ監督はこの試合で大活躍だったベイルにも言及。ゴールという結果だけでなく、パフォーマンス全般に満足感を示した。 「2ゴールだけでなく、根本的に彼には今日のような強度のパフォーマンスが重要だったんだ。今の彼は一定ではなく、プレーするエリアをときには外、ときには中に位置を変えたり、スピードに緩急をつけられたりしている」 「彼は非常に良いプレーをしてくれた。コンディションも非常に良い。何より、チームの勝利に貢献してくれたことが最も重要だ。彼には満足しているよ」 2021.03.01 11:58 Mon
twitterfacebook
thumb

「このゴールは君のために」 リバプールのC・ジョーンズが父親急逝の守護神にゴールを捧げる

リバプールのU-21イングランド代表MFカーティス・ジョーンズが自身のゴールをチームメイトのブラジル代表GKアリソン・ベッカーやその家族に捧げると話した。クラブ公式サイトが伝えている。 C・ジョーンズは2月28日に行われたプレミアリーグ第26節のシェフィールド・ユナイテッド戦で先発出場。リーグ戦4試合連続スタメンとなったこの試合で後半に貴重な先制ゴールをマークして、チームの5試合ぶりの勝利に多大な貢献を果たした。 試合後にインタビューを受けたC・ジョーンズは24日に父親を事故で亡くしてこの試合を欠場していたアリソンと、その家族にゴールを捧げたいとコメント。チームメイトの力になれることを願っている。 「自分にとってもチームにとっても難しい時期だった。得点できたことは嬉しいよ。この場を借りて、このゴールはアリ(アリソン・ベッカー)のお父さんに捧げると言いたい。彼が安らかに眠れますように。そしてアリ、これを見ていたら言いたい。このゴールは君のためのものだよ」 「彼は強い人であり、チームの大黒柱だ。今日、この場にいなくて、寂しい思いをしているのは確かだね。彼や彼のお父さん、そして彼の家族のため、このゴールを捧げたいと思う」 また、C・ジョーンズはシェフィールド・ユナイテッド戦の内容についても言及。好パフォーマンスを披露し、ゴールを決められたことに満足感を示している。 「チームとしてのパフォーマンスは良く、勝ち点3にも満足している。また次の試合に向けて頑張りたいね。僕らは良い試合をしても、思うようにゴールを奪えていなかった。でも、今日の試合はすべてをうまくまとめられた良い例だ。僕もゴールを決められて満足しているし、ボビー(ロベルト・フィルミノ)や他のチームメイトのためにもなって嬉しい」 2021.03.01 11:21 Mon
twitterfacebook
thumb

アウェイ20戦不敗もまたビッグ6に勝てずのスールシャール「PKが与えられるべきだった」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が不満を口にした。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは2月28日に行われたプレミアリーグ第26節でチェルシーと対戦。13ポイント差の首位マンチェスター・シティを追っていくためにも勝利で飾りたい一戦だったが、こう着状態を最後まで破れず、ゴールレスドローに終わった。 リーグ戦でのアウェイ連続不敗を20試合(13勝7分け)に伸ばしたが、ここまで未勝利のビッグ6戦(5分け2敗)でまたも勝ち切れずの結果に。2位の座をより確固たるものにするチャンスも逸したスールシャール監督は試合後、結果を嘆いた。 「十分にゴールを決められていないのは確かだ。アウェイでクリーンシートをやってのけたわけだが、チームの次なるステップは今日みたいな試合でゴールを決め、勝ち切ること。3ポイントが必要なのだ」 「PKのチャンスが与えられるべきだったとも思う。それに関してはブルーノ(・フェルナンデス)を支持する。しかしながら、後半に作った4、5回のチャンスでパスの数が足りず、質を欠いてもいた」 ノルウェー人指揮官はまた、15分にチェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイが自陣ボックス内でハンドした疑いがかけられ、VAR加入の結果、PKなしのジャッジが下った場面に言及。不満を吐露した。 「PKのチャンスを与えられたかもしれない。それは非常に明らかだったから、なぜ主審がPKを宣告しなかったのか理解に苦しむ。きっと手の位置が自然なポジションにあったと考えたのだろう」 「もう過ぎたことだが、PKのチャンスが与えられるべきだったのは明白だったと思う。ここ数カ月、PKのチャンスが与えられ過ぎていると騒がれて以降、その数が減っているのが少し気がかりだ」 「監督がレフェリーの判定に影響を及ぼすようなことがあってはならない」 さらに、「監督なら自然だと思うが、チームに不利な判定があれば反論したくなるもの」とも語り、結果的にこの試合の結末に大きく直結したPKなしの判定に対する不当性を主張している。 「私は審判がそうした反論に影響されないと信じてもいるだが、今日のジャッジに関してはビデオをチェックして驚いた。その瞬間はPKだと思わず、その理由をわかってもいたが、ビデオで見直してみると、手の位置は不自然だった」 2021.03.01 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

5試合ぶりの勝利を喜ぶクロップ、改めてチームへの信頼強調 「一体感を疑ったことはない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がプレミアリーグでの久々の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは2月28日に行われたプレミアリーグ第26節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。リーグ4連敗中と絶不調のリバプールだったが、この日はMFカーティス・ジョーンズのゴールで先制に成功すると、追加点もマークし、2-0のスコアで勝利した。 この結果、5試合ぶりの勝利を飾り、4位との勝ち点差を「2」まで縮めたクロップ監督は試合後、勝利を喜ぶと共に、先制点のシーンではゴールが取り消される可能性を考えていたと明かした。 「このチームの一体感を疑ったことはなかった。世界なんてこんなもので、試合に勝てば一体感を持っていると皆が知り、勝てなければそれがないと思われる。実際はそんな単純なものではないんだ。今回も特別な1週間だったよ」 「カーティス(・ジョーンズ)の『このゴールを(父親が急逝した)アリ(アリソン・ベッカー)に捧げる』と言うコメントはとても良かった。だが、もちろん、アリのためだけでなく、我々がすべてを試せばこうした結果になるのは明らかだった」 「この勝利は非常に大きい。上位のチームに近づくには明らかにポイントが必要だった。2つのゴールはディフレクトしたボールと、明らかに相手全員がボールは外に出たと勘違いしたゴールだった。私の記憶が正しければ、シェフィールドの選手はその瞬間、皆が立ち止まっていたはずだ」 「私がゴールを喜べなかったのはより良いポジションにいた彼らがゴールキックだと思っていそうだったからだ。それに、シェフィールドのベンチがiPadで映像を見ていて、『ボールはアウトだ』と言っていた。だから、私も『そうか、ボールは出ていたんだな』と思ったよ。ボールが出ていなかったと知ったときは大きな驚きだった」 また、クロップ監督は先制点を記録したC・ジョーンズのプレーについても言及。より決定的な仕事を求めていたと語りつつ、その期待に選手が応えたことを喜んだ。 「カーティスには多くの可能性がある。ポテンシャルは並外れているからね。今週もたくさん話し合いの場を持ち、ビデオセッションも行った。彼はボールの扱いがとてもうまく、コントロールも良い。だが、決定的な場面でもっと活躍する必要があると話したんだ。だから、今夜はそれがうまくいったことに満足している」 2021.03.01 10:24 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷交代バーンズも最低1カ月半アウト? レスター故障者多数

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がイングランド代表MFハーヴェイ・バーンズの離脱を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 レスターの育成組織出身で、2018-19シーズンから頭角を表していき、2019-20シーズンからロジャーズ監督の信頼を完全に勝ち取ったバーンズ。今季もトップ4争いを演じるチームの原動力として、抜群の存在感を誇るサイドアタッカーだ。 しかし、1キャップのイングランド代表歴も持つバーンズは2月28日に本拠地で行われたプレミアリーグ第26節のアーセナル戦に先発すると、後半開始早々に左ヒザを負傷。ピッチで治療を受けたが、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデルと交代した。 試合もアーセナルに1-3の逆転負けを喫して、公式戦連敗のロジャーズ監督はバーンズの状態について「良い知らせなんてない」と話し始め、1カ月半程度の離脱を示唆している。 「手術が必要に感じる。(復帰までに)最低でも6週間ほどかかるだろう。数週間前に痛めたヒザを悪化させてしまったんだ。我々からすれば、大きな痛手だ。詳細は月曜日にわかってくるだろう」 レスターは現在、DFウェズ・モーガン、DFジェームズ・ジャスティン、DFヴェスレイ・フォファナ、MFジェームズ・マディソン、MFデニス・プラート、FWアジョセ・ペレスが戦線離脱。マンチェスター勢を追う3位に位置しているが、苦しい台所事情のなかでその座を守れるか。 2021.03.01 09:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly