風に乗ったゴールキックがネットを揺らす、英4部での珍事に試合後は相手GKに謝罪

2021.01.20 19:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ2(イングランド4部)で、珍しいGKによるゴールが生まれた。舞台となったのはチェルトナムvsニューポート・カウンティの一戦。12分にニューポートのGKトム・キングがゴールキックを右足で思い切り蹴ると、ボールは風に乗ってグングンと伸びていき、相手陣内のペナルティーアーク付近に落ちる。


あまりの飛距離にチェルトナムのDFとGKの間に落ちたボールは、ワンバウンドすると大きく跳ね、チェルトナムのGKジョシュア・グリフィスの懸命のジャンプも及ばず、そのままゴールネットを揺らした。

試合はこのゴールでニューポートが先制点を奪ったものの、チェルトナムが追いつき1-1で引き分けとなっている。

試合後、イギリス『BBC』のインタビューに応えたキングは、相手GKに謝罪したことを明かしている。

「これは僕がプロレベルで得点した最初のゴールだ。彼(グリフィス)がゴールラインから外れていたと言いたいが、そうではなかった。幸いなことに上手くいったが、今夜は1ポイントではなく3ポイントを目指していた」

「多くの人が驚いた。ゴールを祝う方法すら知らなかったし、試合後に相手ゴールキーパーに謝罪した。昨シーズンのモアカム戦では僕が決められそうだった。ゴールを決められる側にいるのはいいことではない」

◆風が凄い!ゴールキック直接弾!
関連ニュース
thumb

カンテの“疑惑シーン”にリバプールサポーターも紛糾「どうしてこれがハンドじゃない!?」

リバプールのサポーターがチェルシー戦の判定に疑問を呈している。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 リバプールは4日に行われたプレミアリーグ第29節でチェルシーとホームで対戦。現在4連敗中のアンフィールドで0-1で敗れ、クラブ史上初となるホーム5連敗を喫した。 攻撃陣が冴えない試合だったが、48分には疑惑のシーンもあった。ボックス右にFWロベルト・フィルミノが侵入すると、深さを取って右足でクロス。ボールはマークしていたチェルシーMFエンゴロ・カンテの右手にしっかりと当たったように見えた。 <div id="cws_ad">カンテの右手に当たったシーンは3:28~<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=113zskewni3et1s3vh7lxg5fos" async></script></div> リバプールの選手がハンドをアピールするも、マーティン・アトキンソン主審は聞き入れず、VARが介入することもなかった。 『リバプール・エコー』は「どうしてこれがハンドじゃない!?」「ハンドが何なのかもうわからない」「レミナのがハンドでなぜカンテはハンドじゃないんだ」といったサポーターからの声を紹介している。 同日に行われたフルアムvsトッテナムの一戦で、フルアムのMFマリオ・レミナが腕を使ってブロックしたとの微妙な判定により、ゴールは取り消しとなっていたこともあり、判定の一貫性のなさに対しての不満が多く出ている。 <div id="cws_ad">◆ハンドが取られたレミナのシーンと比較<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="no" dir="ltr">Lemina = handball<br>Kante = no handball<br><br><a href="https://t.co/XXgTmuAIzU">pic.twitter.com/XXgTmuAIzU</a></p>&mdash; Goal (@goal) <a href="https://twitter.com/goal/status/1367587079266263044?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.06 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

目の覚めるような一発!元ドイツ代表MFがスパーズで決めた豪快ミドル/2013-14【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はブラックバーンの元ドイツ代表MFルイス・ホルトビーがトッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ホルトビーの豪快な一発<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmVTJwSzduZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くしてシャルケで頭角を現したホルトビーは、多くのビッグクラブから注目を集める中、2013年1月にトッテナムに加入。2014年1月までの1年間同クラブでプレーした。 中盤から前のポジションであればどこでもプレーできる器用さを持った現代的なMFであるホルトビーだが、2013年12月4日に行われたプレミアリーグ第14節のフルアム戦では、豪快なゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた82分、右サイドの高い位置でDFカイル・ウォーカーがボールを持つと、ドリブルでボックス右角手前まで侵入し、中央へマイナスのパスを送る。ホルトビーがこのパスを受けると、中央へ進み、ペナルティーアーク手前から豪快なシュート。左足で放たれた強烈なシュートは、GKにセーブする隙を与えないゴール右上のコースに決まった。 ホルトビーの見事な勝ち越しゴールでリードを奪ったトッテナム。2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="898" data-sg-movie-title="【目の覚めるような一発!】元ドイツ代表MFがスパーズで決めた豪快ミドル"></span> 2021.03.06 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

トゥヘルも選手の代表派遣に懸念の声…「隔離されれば、望むグループを作れなくなる」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が選手の代表派遣に懸念の声を上げた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 22日の週から代表ウィークがスタートするが、イギリスは現在、海外からの帰国者に対する新型コロナウイルス対策を強化。指定するレッドリスト国からの入国者に至っては例外なく10日間にわたるホテルでの自己隔離を義務づけており、欧州を拠点とする選手を多数擁するブラジルもその1つだ。 リバプールのユルゲン・クロップ監督やマンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が代表派遣の見送りを示唆するなか、同じく多くの代表選手を擁するチェルシーのトゥヘル監督も難色を示した。 「当然、心配だね。私の目標はプレミアリーグを戦うことであり、選手が隔離されれば、我々が望むグループを作れなくなってしまうからだ」 「しかし、クラブがこの問題をどう対処していくべきかをわかっているのも確かさ。選手が代表先に行けないとなれば、それが結果だ」 「今の状況は異常。それに適応していかなければならず、クラブとしての決断を下す。この状況を非常に心配している」 なお、国際サッカー連盟(FIFA)は先月、各クラブに対して選手が帰国時に5日以上の隔離が必要になる場合、派遣の拒否権を与えている。 2021.03.06 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

倒れた頭部に相手がボールを蹴る…一瞬怒りも冷静さ失わなかったマネに称賛集まる「名誉ある行動」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネの立ち居振る舞いに称賛が集まっている。イギリス『GIVE ME SPORT』が伝えている。 マネは、4日に行われたプレミアリーグ第29節のチェルシー戦に先発出場。28分にはモハメド・サラーの浮き球の斜めのパスに完璧に抜け出し、GKとの一対一のビッグチャンスを迎えるも、ファーストタッチがうまくいかずにシュートまで持ち込めないなど、沈黙した。 さらにチェルシーの1点リードで迎えた試合終了間際の88分、右サイドでボールを持ったマネがチェルシーのDFアントニオ・リュディガーに倒されファウルを獲得すると、マーティン・アトキンソン主審の笛が鳴った後に、転がっていたボールを近くにいたチェルシーMFマテオ・コバチッチが蹴り、そのボールがマネの頭を直撃した。 故意かは分からないものの、コバチッチの不必要なプレーにマネは怒り、一触即発となった。コバチッチは謝罪をしながらも笑みを浮かべるなど、悪態をついていたが、ビハインドのチーム状況を思い出したのか、マネは冷静さを取り戻しそれ以上の騒動に発展することはなかった。 結局、どちらにもカードが提示されることはなかったが、『GIVE ME SPORT』はマネの行動を「名誉ある行動」として称賛。サポーターからも「素晴らしい自制心」「マネは本当に素晴らしい」といった声が上がっている。 <div id="cws_ad">◆マネが一瞬怒りを見せるもこの後すぐに冷静さを取り戻す<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Not even a yellow card for Kovacic but that’s ok, he doesn’t play for Liverpool <a href="https://t.co/vrdpsOJeKG">pic.twitter.com/vrdpsOJeKG</a></p>&mdash; (@alexis_xh) <a href="https://twitter.com/alexis_xh/status/1367601674798452743?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

極上アウトサイドシュート!ブラジルの名手オスカルが見せた美しいミドル/2014-15【スーパーゴール図鑑/チェルシー】

【得点者プロフィール】 オスカル(当時23歳) 国籍:ブラジル 所属:チェルシー ポジション:MF 身長:179cm 母国クラブで若くしてブレイクしたオスカルは、2012年夏にチェルシーに加入。優れたテクニックを武器に強豪チェルシー攻撃陣の一角を担い、プレミアリーグ2度の優勝に貢献している。 【試合詳細】 日程:2014年11月1日 大会:プレミアリーグ第10節 対戦相手:QPR 時間:前半32分(0-0) <div id="cws_ad">◆オスカルの極上テクニカルゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpZ2kzUXlGYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた32分、中央突破に成功したMFセスク・ファブレガスからのパスを、オスカルがボックス内右で受ける。するとオスカルは角度の厳しい位置からダイレクトシュート。右足のアウトサイドで放たれたシュートは、ファーサイドのゴールネットに突き刺さり、見事な先制ゴールとなった。 オスカルの素晴らしいゴールで先制したチェルシー。この後追いつかれるも、勝ち越しに成功し、2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="896" data-sg-movie-title="【極上アウトサイドシュート!】ブラジルの名手オスカルが見せた美しいミドル"></span> 2021.03.05 20:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly