風に乗ったゴールキックがネットを揺らす、英4部での珍事に試合後は相手GKに謝罪

2021.01.20 19:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーグ2(イングランド4部)で、珍しいGKによるゴールが生まれた。舞台となったのはチェルトナムvsニューポート・カウンティの一戦。12分にニューポートのGKトム・キングがゴールキックを右足で思い切り蹴ると、ボールは風に乗ってグングンと伸びていき、相手陣内のペナルティーアーク付近に落ちる。


あまりの飛距離にチェルトナムのDFとGKの間に落ちたボールは、ワンバウンドすると大きく跳ね、チェルトナムのGKジョシュア・グリフィスの懸命のジャンプも及ばず、そのままゴールネットを揺らした。

試合はこのゴールでニューポートが先制点を奪ったものの、チェルトナムが追いつき1-1で引き分けとなっている。

試合後、イギリス『BBC』のインタビューに応えたキングは、相手GKに謝罪したことを明かしている。

「これは僕がプロレベルで得点した最初のゴールだ。彼(グリフィス)がゴールラインから外れていたと言いたいが、そうではなかった。幸いなことに上手くいったが、今夜は1ポイントではなく3ポイントを目指していた」

「多くの人が驚いた。ゴールを祝う方法すら知らなかったし、試合後に相手ゴールキーパーに謝罪した。昨シーズンのモアカム戦では僕が決められそうだった。ゴールを決められる側にいるのはいいことではない」

◆風が凄い!ゴールキック直接弾!
関連ニュース
thumb

スパーズが2021年初の連勝! 開幕以来スタメンのデレ・アリ絡んだOGを守り抜きフルアムに辛勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、フルアムvsトッテナムが4日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのトッテナムが0-1で勝利した。   現在、1試合未消化で8位のトッテナム(勝ち点39)は前節バーンリーを相手に4-0の快勝。リーグ戦の連敗をストップすると共に3試合ぶりの白星を手にした。2021年初の連勝を狙う今節は前回対戦で引き分けた18位のフルアム(勝ち点23)と対戦。バーンリー戦からは先発3人を変更。両サイドバックをレギロン、オーリエからドハーティ、ベン・デイビスに入れ替え、ルーカス・モウラに代わってデレ・アリが開幕戦以来となるリーグ戦でのスタメン復帰を果たした。   今季2度目のロンドン・ダービーは出足で勝るフルアムが押し込む入りを見せる。格上相手に前から圧力をかけるホームチームは、左サイドのロフタス=チークのキープ力を生かしてサイドバックも積極的に高い位置を取って攻撃に厚みを加える。その流れの中でロビンソンらがフィニッシュに絡んでいく。   一方、トッテナムも15分を過ぎた辺りから相手のプレッシャーに順応すると、ここから相手守備を引っくり返すカウンターからチャンスを創出。まずは16分、エンドンベレの仕掛けで得たFKをキッカーのベイルがブレ球で狙うと、直後の18分には左サイドのソン・フンミンが入れた右足アウトにかけた絶妙なクロスをゴール前でドフリーのケインが頭で合わすが、これはGKアレオラの守備範囲。   それでも、続けて良い形の攻めを見せたアウェイチームは19分、得意のロングカウンターでゴールをこじ開ける。自陣でボールを持ったベイルからの縦パスを受けたデレ・アリが左サイドでフリーのソン・フンミンへ繋ぐ。そして、ボックス左にそのまま持ち込んだ韓国代表FWからのグラウンダーの折り返しを、ゴール前に走り込んだデレ・アリが右足アウトで合わせると、後方にいたDFアダラバイヨに当たってゴール方向に向かったボールが右隅へ決まった。   デレ・アリの今季プレミア初ゴールとはならずも、オウンゴールで先制に成功したトッテナムは、以降もスムーズなポジティブトランジションからうまく浮くデレ・アリ、ソン・フンミンを起点に良い形でカウンターを仕掛けていく。   その流れから4戦ぶりのゴールを目指すソン・フンミンが際どい2本のシュート、エンドンベレのスルーパスに反応したケインがボックス内で相手と交錯してPK獲得に迫る場面を創出。また、守備の局面でもドハーティやホイビュルクが強度の高いプレーで相手の起点を潰す。前半ラストプレーではロビンソンに突破を許してマジャの落としからレミナに決定機に持ち込まれたが、ここはシュートミスに助けられた。   1点リードで試合を折り返したトッテナムだが、後半は相手の攻勢に晒される展開に。立ち上がりに続けて与えたCKからアンデルセン、アダラバイヨに枠を捉えたヘディングシュートを放たれるも、ここはGKロリスの連続セーブで凌ぐ。   以降は相手に押し込まれる中でカウンターチャンスを幾度か得るが、前半のように前線の選手に良い形でボールが繋がらず、なかなかフィニッシュで攻撃を完結できない。   すると、63分には相手の波状攻撃を受けてボックス内でルーズボールを拾ったマジャに左足のシュートを決められる。だが、VARのレビューの結果、DFサンチェスのクリアをレミナが腕を使ってブロックしたとの微妙な判定により、ゴールは取り消しとなった。   判定に救われてリードを維持したトッテナムは68分、ベイルとデレ・アリを下げてルーカス、ムサ・シソコを同時投入。さらに、75分にはエンドンベレを下げてこの日が29歳のバースデーとなったラメラを3枚目のカードとして切った。   互いに交代枠を使い切った残り15分の攻防ではそのバースデーボーイが攻守に気を吐く。83分にはシソコからの縦パスを受けゴール前に走り込むケインへ絶妙なラストパスを通すが、ケインのシュートは勇敢に飛び出したGKアレオラのビッグセーブに阻まれ、試合を決定づける2点目とはならず。   以降はホームチームのミトロビッチを目がけたシンプルなロングボール、サイドからの再三のクロスを撥ね返し続けたトッテナムが、辛くも2試合連続クリーンシートで試合をクローズ。   相手のオウンゴールで得た決勝点を微妙なVAR判定などもあり、何とか守り切る辛勝ながらも昨年11月の4連勝以来となるリーグ連勝を飾ったトッテナムが熾烈なトップ4争いにおいて価値ある勝ち点3を手にした。 2021.03.05 04:59 Fri
twitterfacebook
thumb

リシャルリソン弾で逃げ切ったエバートンが3連勝で暫定4位浮上!《プレミアリーグ》

エバートンは4日、プレミアリーグ第29節でWBAとアウェイで対戦し、1-0で勝利した。 リーグ戦連勝中の7位エバートン(勝ち点43)は、直近に行われたサウサンプトン戦から先発を3人変更。シグルドソンやミナ、GKオルセンに代えてベルナール、M・キーン、GKピックフォードを先発で起用。キャルバート=ルーウィンとリシャルリソンを2トップに据えた[3-4-1-2]で試合に臨んだ。 降格圏に沈む19位WBA(勝ち点17)に対し、エバートンは開始早々の2分にピンチ。右サイドを突破したギャラガーのクロスをディアニェが頭で合わせると、ふわりと浮いたボールが枠を捉えたが、これはGKピックフォードが何とか左手で弾き出し、難を逃れた。 その後はアウェイのエバートンがボールの主導権を握って相手陣内に攻め込む場面を増やしていくが、最後の場面で連係ミスや相手守備の粘りに遭い、なかなか決定機まで持ち込めない。 膠着状態が続く中、エバートンは38分に敵陣での細かなパス交換からボックス左に抜け出したリシャルリソンがシュートを放ったが、わずかに枠の上に外れた。 さらに42分には、左サイドを持ち上がったベルナールがラストパスを送ると、相手DFにディフレクトしたこぼれ球をボックス内で拾ったキャルバート=ルーウィンがシュート。しかし、これはGKジョンストンのブロックに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半も一進一退の展開が続く中、エバートンは52分にピンチ。右サイドからのロングスローをボックス内のバートリーが頭で繋ぐと、ゴール前のディアニェがヘディングシュート。しかし、これは枠に上に外れた。 ゴールが遠いエバートンは、59分にイウォビを下げてアラン、64分にドゥクレを下げてシグルドソンをピッチに送り出すと、直後のCKでスコアが動く。65分、左CKの跳ね返りを再び左サイドで拾ったシグルドソンのクロスをリシャルリソンが頭で叩き込んだ。 先制点で勢いづくエバートンは、76分にも敵陣でのボール奪取からショートカウンター。リシャルリソンのスルーパスでボックス左に侵入したディーニュの折り返しをキャルバート=ルーウィンがダイレクトで狙ったが、これは枠の上に外れた。 終盤にかけてWBAの反撃を受けたエバートンは、93分にメイトランド=ナイルズの右クロスをボックス中央で収めたディアニェにゴールネットを揺らされたが、VARの末にオフサイドの判定となりゴールは取り消しに。 九死に一生を得たエバートンは、そのまま1-0で勝利。3連勝で暫定4位に浮上している。 2021.03.05 04:57 Fri
twitterfacebook
thumb

“個人的な事情”でパレス戦欠場のデ・ヘアは今後5試合欠場? 妊娠中のパートナーと共に母国一時帰国か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが今後5試合を欠場する見込みだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ユナイテッド在籍10年目の守護神は今シーズンもプレミアリーグ24試合に出場。だが、3日に行われた第29節のクリスタル・パレス戦(0-0)では遠征メンバーから外れていた。 守護神不在の理由に関してオーレ・グンナー・スールシャール監督は、パレス戦前後の会見の場で、ケガや体調不良ではなく「個人的な事情」とのみ説明していた。 そして、今回『デイリー・メール』が新たに伝える情報によると、デ・ヘアの“個人的な事情”とは、昨年11月に第一子妊娠を公表したパートナーのエドゥルネさんに関することのようだ。 エドゥルネさんの健康状態や出産時期などの詳細は不明も、デ・ヘアはクラブからの許可を得てエドゥルネさんと共に母国のスペインに一時帰国しているという。 また、スールシャール監督はデ・ヘアに対して、今月末のインターナショナルマッチウィークが終了するまでスペイン滞在を許可しているようだ。 仮に、今回の報道が事実である場合、デ・ヘアは次節のマンチェスター・シティとのダービーや、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のミランとの2試合を含め今後の公式戦5試合を欠場することになる。 また、パレス戦を含めて6試合でプレー機会が与えられるイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンにとっては、守護神奪取に向けた最大のアピールの場となる。 2021.03.05 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フィル・チスナル氏が78歳で逝去…ユナイテッドからリバプールに移籍した最後の選手

かつてマンチェスター・ユナイテッド、リバプールなどでプレーしたイングランド人FWのフィル・チスナル氏(享年78)が4日に逝去した。ユナイテッドとリバプールがクラブOBの逝去に哀悼の意を表している。 ユナイテッドのアカデミー出身のチスナル氏は1959年にプロ契約を締結。当時の指揮官サー・マット・バスビーの下、ミュンヘンの悲劇から再建を図るユナイテッド期待の若手アタッカーとして1961年12月にトップチームデビュー。1964年までの在籍期間に公式戦47試合に出場し、10ゴールを挙げていた。 そして、1964年4月には当時の指揮官ビル・シャンクリーからの熱心な誘いを受け、ライバルチームのリバプールに移籍。だが、同クラブでは思うように出場機会を得られず、1967年にサウスエンド・ユナイテッドに完全移籍。その後、1972年にストックポート・カウンティで現役を引退した。 選手として大きな実績を残すことはできなかったが、ユナイテッドとリバプールというイングランド最大のライバル関係において“禁断の移籍”を果たした最後の選手として広く知られている存在だった。 2021.03.04 23:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、元コロンビア代表MFカルロス・サンチェスがフリー加入

ワトフォードは4日、元コロンビア代表MFカルロス・サンチェス(35)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 カルロス・サンチェスは、リーベル・プレートでプロデビュー後、ヴァランシエンヌ、エルチェ、アストン・ビラ、フィオレンティーナ、エスパニョールとヨーロッパ各国のクラブを渡り歩き、2018年にフィオレンティーナからウェストハムに完全移籍で加入。同クラブでは昨シーズン終了時に契約が満了するまで公式戦17試合に出場していた。 また、2007年から2018年までプレーしたにコロンビア代表では通算88試合に出場。2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会と2度のワールドカップにも出場していた実力者だ。 なお、8カ月ぶりに新天地が決定した百戦錬磨の守備的MFは、今月6日に行われるチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレスト戦から出場可能となる。 2021.03.04 22:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly