フィル・ネビルがイングランド女子代表監督を辞任、ベッカムの下へ?

2021.01.18 21:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランドサッカー協会(FA)は18日、イングランド女子代表のフィル・ネビル監督(43)の辞任を発表した。ネビル氏は現役時代はマンチェスター・ユナイテッドやエバートンでプレー。イングランド代表も経験していた。


2018年1月にイングランド女子代表の監督に就任するも、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて代表戦のカレンダーが大幅に変更になった結果、2021年に開催予定のUEFA女子ユーロが2022年7月に延期となっていた。

2020年4月には今年9月限りで退任することを発表し、後任にはオランダ女子代表を務めるサリーナ・ヴィーフマン監督が就任することが決定していたが、予定よりも早く退任することとなった。

なお、ヴィーフマン新監督は今年開催予定の東京オリンピックにオランダ女子代表を率いて出場することとなり、イングランド女子代表は暫定監督を探す必要がある。

フィル・ネビル監督は、FAを通じてコメントしている。

「イングランド代表を指揮できて光栄だ。FAとライオネス(イングランド女子代表の愛称)でのキャリアの中で、最高の3年間を楽しんできた」

「イングランドのシャツを着ている選手は、私がこれまで一緒に仕事をする権利をを持っていた中で、最も才能があり献身的なアスリートだった。彼女らは私とともにチャレンジし、監督として成長させてくれた。共有できた素晴らしい思い出にとても感謝している」

「FAが私に多大なサポートをしてくれたことにも感謝したい。特にスー・キャンベルと、才能ある私のサポートスタッフは、成長をサポートするためのエネルギー、コミットメント、熱意に満ちていた。イングランドの女子チームが今後も成功することを願い、今後数年間の旅路を楽しみにしている」

なお、フィル・ネビル氏はユナイテッド時代の同僚であるデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミの監督就任が噂されている。
関連ニュース
thumb

ホッフェンハイム、オーストリア代表MFバウムガルトナーと2025年まで契約延長

ホッフェンハイムは5日、オーストリア代表MFクリストフ・バウムガルトナー(21)との契約を2025年6月まで延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 2017年夏に母国のザンクト・ポルテンからホッフェンハイムに加入した攻撃的MFのバウムガルトナーは、2019年5月にトップチームデビュー。昨季より主力に定着し、ブンデスリーガ26試合の出場で7ゴール4アシストを記録していた。 そして今季もここまでブンデスリーガ22試合の出場で4ゴール5アシストを、ヨーロッパリーグでは8試合の出場で3ゴール2アシストを記録し、主力として活躍している。 昨年9月にはオーストリア代表デビューも果たしていた。 2021.03.06 00:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ、セリエA屈指の若手CBイバニェスと2025年まで契約延長!

ローマは4日、U-23ブラジル代表DFロジェール・イバニェス(22)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 ローマとの新たな契約にサインしたイバニェスは、クラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「今回の契約延長は僕にとって本当に大きな意味があるんだ。このクラブを代表してプレーすることに値することを示そうと、ここまでハードワークを続けてきたからね」 「自分自身、改善を続ける必要があることを理解しているけど、1つだけ確かなことがあるんだ。それは将来のために、僕が持っているすべてのものをローマに捧げることだ」 また、ローマでゼネラル・マネージャーを務めるチアゴ・ピント氏は、伸びしろ十分のイバニェスが過去に在籍した偉大なるブラジル人プレーヤーの系譜を受け継ぐ存在になると確信している。 「ロジェールは、このクラブが現在と将来の双方で共に築き上げたいと考えている、若くて才能のあるプレーヤーの1人だ」 「ローマに加入して以来、一貫して改善を続けているが、彼にはまだまだ成長の余地があることを確信している」 「また、歴史的にクラブで大きな成功を収めてきたローマのブラジル人プレーヤーの誇り高い伝統を継続できることを嬉しく思う」 2020年1月にアタランタから買い取り義務付きの1年半のレンタルで加入したイバニェスは、ここまでローマで公式戦36試合に出場し1ゴールを記録。今季ここまでは公式戦26試合に出場するなど、3バックのレギュラーに定着している。 ラツィオとのデルビー・デッラ・カピターレでは2失点に絡む失態を犯したが、機動力と出足の鋭さを生かした守備範囲の広さ、元ドイツ代表DFマッツ・フンメルスを彷彿とさせる高精度のフィードや持ち上がりといったビルドアップの質も高く、セリエA屈指の万能型センターバックとしての評価を高めている。 2021.03.05 02:10 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台、清水、湘南でプレーしたFWクリスランが韓国2部の富川FCに加入

Kリーグ2(韓国2部)の富川FCは4日、ポルトガル1部のブラガからブラジル人FWクリスラン(28)を獲得したことを発表した。背番号は「9」を着用する。 複数のクラブを渡り歩き、2015年にブラガ入りしたクリスランは、2017年にベガルタ仙台へ期限付き移籍で加入。その後、2018年は清水エスパルスへ期限付き移籍すると、2019年から湘南ベルマーレに期限付き移籍していた。 日本で3チームを渡り歩いたクリスランは、明治安田生命J1リーグ59試合に出場し13ゴール7アシストを記録。昨シーズンは双方合意の下で移籍先を探していたが、所属先が見つからず昨年8月にブラガへの復帰が発表されていた。 クリスランの加入する富川FCは、2013年にKリーグに加盟。2020シーズンはKリーグ2を8位で終えると、2月28日に行われた2021シーズン開幕節では大田シチズンに1-2で敗戦した。 2021.03.05 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、元コロンビア代表MFカルロス・サンチェスがフリー加入

ワトフォードは4日、元コロンビア代表MFカルロス・サンチェス(35)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 カルロス・サンチェスは、リーベル・プレートでプロデビュー後、ヴァランシエンヌ、エルチェ、アストン・ビラ、フィオレンティーナ、エスパニョールとヨーロッパ各国のクラブを渡り歩き、2018年にフィオレンティーナからウェストハムに完全移籍で加入。同クラブでは昨シーズン終了時に契約が満了するまで公式戦17試合に出場していた。 また、2007年から2018年までプレーしたにコロンビア代表では通算88試合に出場。2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会と2度のワールドカップにも出場していた実力者だ。 なお、8カ月ぶりに新天地が決定した百戦錬磨の守備的MFは、今月6日に行われるチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレスト戦から出場可能となる。 2021.03.04 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、17歳の逸材FWブレアと新契約締結!

リバプールは3日、イングランド人FWハーヴィー・ブレア(17)と新契約を締結したことを発表した。契約の詳細に関しては明かされていない。 ハダースフィールド生まれでマンチェスター・ユナイテッドのアカデミー育ちのブレアは、U-12カテゴリーからリバプールのアカデミーに加入。前線の複数ポジションでプレー可能なスピードとボールスキルに長けた逸材アタッカーは、昨年にプロ契約にサインした。 今シーズンからU-18チームでプレーすることになったが、シーズン序盤に負傷離脱を余儀なくされたが、ここまでU-18プレミアリーグで4試合2ゴールの数字を残している。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Harvey Blair has signed a new extended contract with the Reds </p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1367069112187449345?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.04 00:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly