富山退団のDF松原優吉がFCマルヤス岡崎に完全移籍

2021.01.18 11:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
カターレ富山は18日、DF松原優吉(32)がFCマルヤス岡崎に完全移籍することを発表した。

松原は近畿大学から2011年に富山へ入団。2013年にAC長野パルセイロへと完全移籍すると、2020年に復帰していた。

2020シーズンは明治安田J3で10試合の出場を記録したが、退団することが決定していた。

松原はクラブを通じてコメントしている。

「マルヤス岡崎に関わる皆さんはじめまして。今シーズン加入しました松原優吉です。チームの力になれるように全力でプレーします。今シーズンよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

18日予定の八戸vs富山が中止に…八戸に複数の濃厚接触者でエントリー要件満たせず

Jリーグは18日、同日に予定した明治安田生命J3リーグ第19節のヴァンラーレ八戸vsカターレ富山に関して、開催中止を発表した。 19時から八戸の本拠地プライフーズスタジアムでキックオフを迎える予定だったが、八戸で複数名が新型コロナウイルス陽性者が発生。管轄の保健所からトップチーム選手の複数名が濃厚接触者に指定され、活動停止の要請を受けた。 これにより、八戸は『2021明治安田生命J1・J2・J3リーグ試合実施要項』に定めるエントリー要件に満たないことに。チェアマンもJリーグ規約に定めるエントリー下限人数を満たないことが明らかだと判断したため、試合中止が決定した。 なお、代替日や中止試合のチケット取り扱いについては決定次第、発表されるという。 2021.09.18 16:34 Sat
twitterfacebook
thumb

長野に3発快勝の富山が暫定首位浮上!4位岐阜は最下位鳥取にまさかの完敗【明治安田J3第18節】

明治安田生命J3リーグ第18節の3試合が、4日に各地で行われた。 2位のカターレ富山(勝ち点29)は、ホームで7位AC長野パルセイロ(勝ち点24)と対戦。前節のアスルクラロ沼津戦で5試合ぶりの黒星を喫した富山だが、開始早々に先手を取る。9分に右サイド深くに侵入した吉平が中央へグラウンダーのクロスを供給すると、走り込んだ姫野が右足のダイレクトシュート。これがゴール左隅に決まり、幸先よく先制に成功する。 39分には富山が更にリードを広げる。吉平がボックス中央手前までドリブルで運び、横にパスを送ると、走り込んできたのはまたしても姫野。ミドルレンジからのシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を挙げた。 ホームチームの攻撃は止まらない。カウンターの形から右サイドの裏を取った椎名が中央へと折り返すと、中央にいた吉平が右足で押し込み3点目。富山が前半終了間際に大きくリードを広げた。 後半に入っても、長野に大きなチャンスを作らせなかった富山。試合は3-0のまま終了し、暫定首位に浮上した。対する長野は前節のいわてグルージャ盛岡戦に続き、連敗を喫した。 その他、4位のFC岐阜は最下位ガイナーレ鳥取を相手に0-3とホームでまさかの完敗を喫し、5位へと順位を落とした。 また、4位のいわてグルージャ盛岡は、アウェイで鹿児島ユナイテッドFCを1-2で破り、暫定2位まで順位を上げた。 ◆第18節 ▽9/11(土) FC岐阜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ガイナーレ鳥取</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-0 AC長野パルセイロ 鹿児島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 いわてグルージャ盛岡</span> ▽9/12(日) 《15:00》 福島ユナイテッドFC vs アスルクラロ沼津 カマタマーレ讃岐 vs ヴァンラーレ八戸 テゲバジャーロ宮崎 vs Y.S.C.C.横浜 《15:30》 FC今治 vs 藤枝MYFC 2021.09.11 21:21 Sat
twitterfacebook
thumb

J3藤枝の2選手が新型コロナ陽性、富山では関わった選手・スタッフが検査

藤枝MYFCは31日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、両選手は29日に発熱があり、トップチームの選手・スタッフ全員が抗原検査を実施。1人が陽性判定となり、他の選手やスタッフは陰性となった。 その結果、当日の活動を見合わせ、選手・スタッフ全員がPCR検査を受けたところ、30日に2選手が陽性判定を受けたとのことだ。 両選手ともに、28日に行われたアウェイでのカターレ富山戦への遠征に参加。その日まで発熱などはなかったが、戻ってから37度の発熱があったとのことだ。 もう1名の選手も遠征時には発熱などはなかったが、29日に37.8度の発熱。抗原定性検査では陰性だったが、PCR検査では陽性だった。 濃厚接触者の特定に関しては関係各所の指導に沿って適宜対応するとしている。 また、9月4日のカマタマーレ讃岐戦に関しては、キックオフ3時間前にJリーグオンサイト検査を実施し、陰性だったもののみが試合にエントリーされる。 なお、対戦相手だった富山ものこの件を報告。関係した可能性を否定できない選手17名、関係者6名のオンサイト検査を実施し、30日に陰性が確認。会話をした選手2名、関係者3名については、31日にPCR検査を追加で実施するとのことだ。 2021.08.31 10:43 Tue
twitterfacebook
thumb

富山が藤枝に競り勝ち首位キープ!2位以下は大混戦に【明治安田J3第16節】

明治安田生命J3リーグ第16節の5試合が28日に各地で行われた。 約1カ月の中断期間を終え、首位のカターレ富山(勝ち点26)は11位藤枝MYFC(勝ち点14)と対戦。 ホームで勝ち点「3」を得たい富山は18分に先手を取る。相手陣内中央付近でフリーキックを獲得し、キッカーは椎名。ボックス内に柔らかいボールを放り込むと、林堂が頭で合わせて先制に成功した。 それでも藤枝も28分に反撃。河上が右サイドのスペースに抜け出すと、中央へグラウンダーのクロスを送る。そこに走り込んだ鈴木が左足で合わせ、同点に追いついた。 後半に入ると、富山は完全にペースを握られ何本もシュートを許す展開に。しかし64分にワンチャンスを掴む。末木がボックス内に浮き球のパスを送ると、受けた高橋がボックス右に持ち込み、右足のシュート。これがゴールネットを揺らし、勝ち越しに成功した。 その後も両チームボックス内外からシュートシーンを作るも、結局得点には至らず。富山が2-1で勝利し、首位をキープした。 そのほか、4位ロアッソ熊本は最下位ガイナーレ鳥取とのアウェイ戦で2-1と勝利し、暫定的に首位富山と2ポイント差の2位に浮上。5位福島ユナイテッドFCは、2位FC岐阜との上位対決を4-0で圧勝し、3位まで順位を上げた。 ◆第16節 ▽8/28 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 3</span>-2 ヴァンラーレ八戸 FC岐阜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 福島ユナイテッドFC</span> カマタマーレ讃岐 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 鹿児島ユナイテッドFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 2</span>-1 藤枝MYFC ガイナーレ鳥取 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> ▽8/29 《15:00》 テゲバジャーロ宮崎 vs AC長野パルセイロ 《16:00》 FC今治 vs アスルクラロ沼津 2021.08.28 21:53 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎DF鹿山拓真が富山にレンタル 「全てをかけて闘います」

カターレ富山は24日、V・ファーレン長崎からDF鹿山拓真(25)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「33」。期間は2022年1月31日までとなる。 東海学園大学出身の鹿山は2018年3月から特別指定選手として長崎入りすると、翌シーズンから正式入団。2年目の昨季こそ明治安田生命J2リーグ14試合に出場したが、今季はここまで1試合の出番しかなかった。 鹿山は富山入りを受けて、それぞれの公式サイトを通じてコメントした。 ◆カターレ富山 「カターレ富山に関わる皆様。初めまして! この度、V・ファーレン長崎より加入しました鹿山拓真です。J2復帰の為に、全てをかけて闘います。宜しくお願いします!!」 ◆V・ファーレン長崎 「この度、カターレ富山に移籍することになりました。シーズン途中にも関わらずチームを離れることは、とても残念で、悔しい気持ちでいっぱいですが、自分の成長を期待して送り出してくれたチーム関係者の皆さん、選手・スタッフの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」 「この約2年半の間で、このチームを離れて、と考えることは何度もありました。自分の成長のためにも、このチームを出るべきなのか、とたくさん悩みましたが、大学3年生の時にV・ファーレン長崎でプレーすることを即決し、地元長崎で活躍して、地元を元気にしたい!という想いを忘れることができず、やっぱり長崎で活躍したい!という想いでここまで頑張ってきました」 「しかし、今年で25歳になり、サッカー選手としては、決して若くはない年齢です。しっかり経験を積み、もっと成長していくためにこのチャンスを逃してはいけないと思い、この決断をしました」 「大好きなチーム、大好きな街を離れることはすごくすごく寂しいですが、もっともっと大きくなって帰ってこられるように富山で頑張ってきます!! ありがとう!長崎!!愛してます!行ってきます!」 2021.07.24 14:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly