ビルバオとの決勝に臨むクーマン、メッシの状態に言及「出場するかの最終決定は彼次第」

2021.01.17 12:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのロナルド・クーマン監督が、就任後初タイトルが懸かるスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝に向けて意気込んだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

バルセロナは13日に行われたスーペル・コパ準決勝でPK戦の末にレアル・ソシエダを撃破。クーマン新体制での初タイトル獲得を目指し、準決勝でレアル・マドリーに勝利を収めたアスレティック・ビルバオと17日に行われる決勝で対峙する。


その一戦に向けた記者会見に出席したクーマン監督は、疲労はありながらも、チーム状態は良いと言及。ハードワークを得意としているビルバオ相手に自分たちのサッカーをしたいと意気込んだ。

「チームは好調で、特に決勝戦を戦うことに満足している。しかし、かなりの疲労もある。完治するには3日か4日あれば十分だ。懸命にハードワークをし、非常に競争力のある相手との試合が待っている」

「彼らがプレッシャーをかけてきた場合、我々のプレーをして、支配するように努めなければいけない。マドリー戦では彼らがプレッシャーをかけるのを見ていたから、自分たちが試合に入ることは難しいと思う。難しいが、我々が決勝で戦えるレベルにいなくてはいけない」

また、クーマン監督は負傷の影響により、準決勝を欠場したエースのFWリオネル・メッシのコンディションについてもコメント。最終判断は選手本人に任せる意向だと明かしている。

「昨日は個人トレーニングをした。今日、彼の様子を確認する。彼の最終確認次第だ。彼は自分の身体を理解してる。我々は彼の違和感がどのような状態かを待つ必要がある。彼が試合に出場できることを願っているよ」

「最高の選手がいれば常に勝つ可能性は高く、それが世界最高の選手であれば、より多くのチャンスがあるということだ。レオの創造性のおかげでチームはより強くなるが、時々欠ける時がある。しかし、彼がいなければ他の選手が出場して、彼がいてもいなくても同じように試合をするだろう」

「しかし、彼は100%でなければいけない。これは今シーズン最後の試合ではない。だけど、最終決定は彼次第だ」

関連ニュース
thumb

後半に3発、メッシのドブレーテでバルセロナがエルチェに快勝《ラ・リーガ》

バルセロナは24日、ラ・リーガ第1節延期分でエルチェとのホーム戦に臨み、3-0で快勝した。 3日前のカディス戦を終盤のPK被弾で引き分けに持ち込まれた4位バルセロナ(勝ち点47)は、カディス戦のスタメンから5選手を変更。ブスケッツやグリーズマン、デンベレらがベンチスタートとなった。 前節エイバル戦で17試合ぶりに勝利した降格圏に位置する18位エルチェ(勝ち点21)に対し、メッシ、トリンコン、ブラースヴァイトの3トップで臨んだバルセロナが立ち上がりからボールを握っていく。 5分にボジェのシュートでゴールに迫られたものの、その後も敵陣で隙を窺うと、20分に決定機。ボックス右でメッシのパスを受けたトリンコンがドリブルシュートでゴールに迫ったが、GKバディアのファインセーブに阻まれた。 しかし、前半半ば以降はフラットな[4-4-2]で構えるエルチェを崩し切れず、43分にはペレ・ミラにGKテア・シュテーゲン強襲のシュートを打たれた中、ゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半、ピャニッチに代えてデンベレを左サイドに投入したバルセロナは、ブラースヴァイトとメッシが2トップを形成する[4-4-2]に変更。すると開始3分に均衡を破る。決めたのはリーガ7戦連発となるメッシ。ブラースヴァイトとのパス交換でボックス中央に侵入したメッシがシュートを決めきった。 2トップへの変更がいきなり実ったバルセロナは、その後も中央でメッシとブラースヴァイトが起点となってエルチェを翻弄していく。 67分にトリンコンを下げてブスケッツを投入したバルセロナはシステムを変えず、ペドリを左サイドに移した。すると69分、バルセロナに追加点が生まれる。デ・ヨングがドリブルでボックス左に侵入。マイナスに折り返し、受けたメッシが難なくドリブルシュートを決めた。 さらに73分、メッシの浮き球パスをボックス左のブラースヴァイトがヘッドで落とすと、ジョルディ・アルバがボレーで蹴り込んで3-0。 大勢を決めたバルセロナはピケやジョルディ・アルバらをベンチに下げ、82分にはグリーズマンがバー直撃のシュートを浴びせた中、3-0で快勝。勝利を取り戻している。 2021.02.25 04:50 Thu
twitterfacebook
thumb

批判に晒されるラングレをクーマン監督が擁護「一選手に敗戦の罪を被せるようなことはしない」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、批判に晒されているフランス代表DFクレマン・ラングレを擁護する姿勢を示している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 しばらく延期されていたラ・リーガ第1節のエルチェ戦が24日に控えるバルセロナ。最近のチームは、1-4で敗れたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦や、コパ・デル・レイのセビージャ戦を含めて公式戦4試合で1勝1分け2敗と負け越しており、エルチェ戦では3試合ぶりの白星を目指すことになる。 21日に行われた第24節のカディス戦では、前半にFWリオネル・メッシのPKで先制したものの、試合終了間際の89分にラングレが相手にPKを与えてしまい、土壇場でドロー決着。これでバルセロナはリーガの優勝争いから一歩後退したと指摘されたほか、PK献上のラングレに対する批判の声は高まる一方となっている。 しかし、クーマン監督はラングレ一人の責任ではないとしてフランス代表DFを擁護。また、25歳の同選手のような若い選手の起用が多い点に関して意見を述べている。 「クレマンと話した。彼は素晴らしいプロフェッショナルで、大きな責任を感じている真面目な選手だ。前にも言ったように、一選手に敗戦の罪を被せるようなことはしない。もちろん、彼はもっと良いプレーができるだろうし、エラーをしたのは事実だ。だが、他の選手も同じようなエラーをすることもある」 「若手に過度に依存しているわけではない。私は彼らに機会を与えるという観点から彼らのことを考えている。とはいえ火中の栗を拾うには経験豊富な選手たちが必要だ。若手が多い分、そのバランスを取らなければならない。チームのエネルギーとフレッシュさを維持するためにはね」 2021.02.24 14:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ヒザ手術のコウチーニョ、予想より復帰に遅れか

ヒザのケガで戦線離脱中のバルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの回復が芳しくないようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 コウチーニョは1月2日に左ヒザ外側半月板の手術を実施。ケガをしたのは昨年12月29日に行われたラ・リーガ第16節のエイバル戦で、後半途中から出場した同選手だったが、アディショナルタイムに負傷していた。 手術直後にクラブからは3カ月の離脱と発表されていたが、1カ月半が経過した現状を踏まえた結果、復帰は当初の予想より1、2週間遅れることになるという。 3月末または4月初めの復帰を目指していたコウチーニョだったが、4月11日に予定されているラ・リーガ第30節のレアル・マドリー戦の出場も望み薄となっているようだ。 2021.02.23 21:53 Tue
twitterfacebook
thumb

元仏代表DFマテューがバルサでの苦悩を語る「孤独を感じていた」同胞ラングレへの同情も

元フランス代表DFジェレミー・マテューが、スペイン『RAC1』のインタビューでバルセロナでの苦悩を語っている。 2014年から2017年にかけてバルセロナでプレーしていたマテュー。在籍3シーズンで公式戦91試合に出場し、ケガで欠場した試合は少なくなかったものの、ほぼ主力としてプレーした印象だ。 だが、本人の考えは異なるようだ。マテューは2017年4月に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグのユベントス戦を回想。この試合で3バックの一角として先発した同選手だったが、担当していた左側の守備は明らかな穴となり、2失点した前半だけで交代を命じられていた。 「バルサでの最後の年は最悪だったよ。確かにトリノで負けた原因は自分にあったと感じているけど、なぜそれだけで吊し上げられたのかわからない。サッカーは11人でやるものなのに」 「ドレッシングルームでは孤独を感じたよ。誰も手を差し伸べてはくれなかった。僕に言わせればこんなのサッカーではないよ」 この試合後には、各国のメディアが挙ってマテューのプレーを批判しており、強度・アジリティ・スピードなどあらゆる面で劣っていたと酷評するメディアもあった。 マテューはまた、現在似たような状況に陥っている同胞で後輩のDFクレマン・ラングレに同情の声を寄せている。 「今はラングレがその被害に遭っている。彼がどんな気持ちが僕にはわかるよ。そういう時は状況が好転することを願ってポジティブに振る舞い、ベストを尽くすしかないんだ」 そして、最後に矛先は当時監督を務めていたルイス・エンリケに。マテューと同じ2014年夏にバルセロナの監督に就任し、その後の3シーズンを指揮したため、マテューとは丸々3年間共にした。 しかし、マテューによるとその3年間でほとんど会話はなかった模様。さらに、上述のユベントス戦同様に前半のみで交代となった2017年4月のマラガ戦を引き合いにし、批判の声を強めた。 「エンリケとは全く会話は無かった。僕も少しは愛情を受けたい。スポルティング(・リスボン)では感じることができたんだ。彼らは勇気を与えてくれた」 「でもバルセロナではそれが無かった。例えばミスしてしまったマラガ戦の次の日、彼(エンリケ)は僕に何も言ってはくれなかった。一言もね」 なお、元フランス代表DFは一時昨シーズン限りでの引退を表明していたが、新型コロナウイルス感染が広がった昨年4月に引退を撤回。しかし、同年6月に左ヒザにケガを負ってしまい、スポルティング退団後に引退した。 2021.02.23 20:21 Tue
twitterfacebook
thumb

王国の点取り屋ロマーリオが至高のテクニックから見せた絶妙ループシュート【スーパーゴール図鑑/バルセロナ編】

【得点者プロフィール】 ロマーリオ(当時27歳) 国籍:ブラジル 所属:バルセロナ ポジション:FW 身長:169cm ブラジルの強豪ヴァスコ・ダ・ガマでデビューしたロマーリオ氏は、1988年に加入したPSVで大ブレイクし、1993年には当時ヨハン・クライフ氏が率いたバルセロナに加入。ブラジル人らしい緩急自在なテクニックに加えて、ゴールパターンの多さから優れた決定力を持つストライカーとして、所属したどのクラブでもゴールを量産した。 【試合詳細】 日程:1993年9月5日 大会:ラ・リーガ第1節 対戦相手:レアル・ソシエダ 時間:後半43分(2-0) <div id="cws_ad">◆いとも簡単にGKを欺く!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwR01FaVo4NiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バルセロナデビュー戦となったこの試合で、ロマーリオはいきなり大爆発。既に2得点を挙げ、デビュー戦でのハットトリックも見えてきた中で迎えた88分、センターサークル付近でボールを持ったMFジョゼップ・グアルディオラが、前線に張っていたロマーリオへ浮き球のスルーパス。 オフサイドを狙ってラインを上げてきた相手との駆け引きを制したロマーリオは、完璧なタイミングで裏へ抜け、オンサイドかつ完全にフリーの状態でボールを受けると、後ろからのボールを胸トラップ。完璧にボールをコントロールすると、ボールを地面に落とさず、いきなりループシュート。完全にタイミングを外されたGKは、必死にゴールへ戻るも、シュートは美しい放物線を描いてゴールに吸い込まれた。 ハットトリックのかかった場面でも柔軟な発想で相手の虚を突き、見事3点目を決めてみせたロマーリオ。デビュー戦でいきなり大活躍を見せたロマーリオの得点により、3-0でバルセロナが勝利している。 2021.02.23 20:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly