ライプツィヒが逸材CBシマカン巡るミランとの争奪戦に勝利か?

2021.01.16 07:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒがストラスブールに所属するU-20フランス代表DFモハメド・シマカン(20)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。

ギニア人の両親の下、マルセイユで生まれ育ったシマカンは2019年7月にストラスブールでトップチームデビュー。187cmの長身に加え、右サイドバックでもプレー可能なスピードを兼備するアスリート型のセンターバックで、一対一に無類の強さを見せる若き守備者だ。また、プレー判断や左足の精度には大いに課題を残すものの、ビルドアップの局面でも貢献できるセンターバックだ。


現在、ヒザを痛めているものの、今季リーグ・アンで19試合に出場し、印象的なパフォーマンスを継続するシマカンに対しては以前からミランが強い関心を示しており、有力な新天地候補に挙がっていた。

だが、『スカイ』やフランスメディアが伝えるところによれば、ここに来てライプツィヒ移籍の可能性が高まっているようだ。

現在、ライプツィヒはストラスブールに対して公式なオファーは掲示していないが、シマカン本人と個人間で合意に至った模様。また、ライプツィヒは今冬に獲得を決めた後、シーズン終了まではレンタルバックという形でストラスブールに残留させることを検討しているという。

伸びしろ十分のフランス人DFは、来夏ライプツィヒを去ることが決定的と見られるフランス代表DFダヨ・ウパメカノの後釜に座ることになるのか…。

関連ニュース
thumb

ライプツィヒで急成長のアンヘリーニョがペップを批判「飼い殺そうとしていた」

ライプツィヒのスペイン人DFアンヘリーニョがマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督を批判している。 今月12日にシティからライプツィヒへの完全移籍が決まったアンヘリーニョ。2019年夏から2020年冬にかけてグアルディオラ監督の下でプレーしたアンヘリーニョは、同監督についてライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督と比較しながらドイツ『キッカー』に持論を述べた。 「両監督には大きな違いがある。ナーゲルスマン監督は全選手と緊密にコミュニケーションを取っている。率直で気さくな人柄だね。戦術に関しては両者共にボールを持つことを好み、即時奪回を求めている点が共通している」 「ただ、ナーゲルスマン監督は自信を与えてくれた一方、グアルディオラ監督は違った。彼は僕を飼い殺そうとしていた。良いプレーができなかったら次にチャンスが来ることはなかった。もちろん、グアルディオラ監督からも多くを学んだ。その反面、思うようなプレーができなかったんだ」 「ナーゲルスマン監督にはとても感謝している。選手は信頼してくれる監督に報いたいと思うものだ。今後も一緒に仕事ができればと思う。グアルディオラ監督とは6カ月仕事をしたが、もう十分だよ。二度と経験したくないね」 ナーゲルスマン監督の下で花開いたアンヘリーニョは今季、公式戦31試合の出場で8ゴール11アシストと躍動している。 2021.02.25 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ、モウリーニョの解任考慮? 後任にナーゲルスマン名前も監督交代には大きなハードル…

トッテナムがジョゼ・モウリーニョ監督(58)の後任としてRBライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督(33)をリストアップしているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 2019年11月からトッテナムの指揮を執り、今季で2年目のモウリーニョ監督。チームは今季のプレミアリーグにおいて、昨年11月中旬から12月中旬にかけて首位を走る時期もあったが、いまやチャンピンズリーグ(CL)出場圏内の4位ウェストハムとも9ポイント(1試合未消化)の差が生まれ、10勝6分け8敗の暫定9位に沈む。とりわけ、直近のリーグ戦6試合で1勝5敗と深刻な低迷に陥っている。 EFLカップで決勝進出、ヨーロッパリーグ(EL)でもベスト16進出をほぼ決定しており、まだまだ挽回のチャンスは十分にあるが、今後のヴォルフスベルガー、バーンリー、クリスタル・パレス、フルアムと格下相手の4連戦がひとまずポルトガル人指揮官の今後の去就を見定める判断材料となるようだ。 そして、ダニエル・レヴィ会長はモウリーニョ監督の解任に動く場合、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の解任後にも後任候補に挙がっていたナーゲルスマン監督の招へいを目指すようだ。 ホッフェンハイム、ライプツィヒで確かな手腕を発揮する青年監督は、国内外のビッグクラブ行きも噂される卓越した戦術家であり、先日にはプレミアリーグ行きにも関心を示していた。 ただ、2023年まで契約を残すモウリーニョ監督を解任する場合、巨額な違約金が必要なこと。同じくライプツィヒと2023年まで契約を残すナーゲルスマン監督には契約解除条項がなく、引き抜きには同じく巨額の違約金が必要なことから、監督交代を実現させるためには非常に大きなハードルがある。 2021.02.23 23:18 Tue
twitterfacebook
thumb

首位バイエルン肉薄のライプツィヒ、ナーゲルスマンは「重要な意味を持つ勝利」に喜び

RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督がチームのパフォーマンスを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 ライプツィヒは21日に行われたブンデスリーガ第22節でヘルタ・ベルリンと対戦。ミッドウィークに開催されたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグではリバプールに敗れたが、この日は3-0のスコアで完勝した。この勝利により、ライプツィヒと首位バイエルンの差は「2」まで縮まっており、タイトル争いは熱を帯びている。 ナーゲルスマン監督もチームがCLの黒星から立ち直ったことを評価しており、特にリバプール戦で致命的なミスを冒したMFマルセル・ザビッツァーとDFノルディ・ムキエレのこの日のプレーを称えた。 「まず、今日は良いチームとの対戦だった。ピッチの状態が悪く、信じられないほど難しい環境での試合だったから、両チームともに非常に苦しい試合になったと思う」 「我々はこの試合、本当に勝ちたいと思っていたが、ピッチからもそれが伝わってきた。最終的に、我々も1つ、2つのチャンスを許してしまっていたから、この結果は少し良過ぎたかもしれない。週半ばの試合で疲弊してから、すぐに戻ってくるのは簡単ではないだろう。だから、この勝利は嬉しい限りだ」 「今週、ザビ(マルセル・ザビッツァー)とノルディ(・ムキエレ)には不運なミスがあったが、今日は本当に良い反応を見せてくれたと思う。ミスに頭を垂れるのではなく、またアクセルを踏んでくれたんだ」 「もちろん、バイエルンと2ポイント差まで詰められたことは嬉しい。我々を追いかけてくるチームもあるから、今日の勝利はさらに重要な意味を持っていた」 2021.02.22 17:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘルタに3発快勝のライプツィヒが4連勝!首位バイエルンとの勝ち点差を「2」に縮める《ブンデスリーガ》

RBライプツィヒは21日、ブンデスリーガ第22節でヘルタ・ベルリンと対戦し、3-0で勝利した。 リーグ戦3連勝中の2位ライプツィヒ(勝ち点44)が、7試合未勝利の15位ヘルタ・ベルリン(勝ち点18)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでリバプールに完敗したライプツィヒは、その試合から先発を4人変更。エンクンクやカンプル、ウパメカノらに代えてユスフ・ポウルセンやファン・ヒチャン、ハルステンベルクらが先発に名を連ねた。 ライプツィヒは開始早々の5分にチャンス。ハルステンベルクのロングパスでDFの裏に抜け出したファン・ヒチャンに決定機が訪れるも、左足のシュートはGKグラーチの好セーブに阻まれた。 一進一退の展開が続く中、ライプツィヒは18分にピンチ。スルーパスで左サイドを抜け出した18がボックス左からクロスをいれると、ファーサイドを駆け上がったピョンテクが飛び込んだが、これはわずかに届かず。 難を逃れたライプツィヒは28分、バイタルエリア左でパスを受けたザビッツァーがカットインから右足を振り抜くと、GKヤルシュテインの意表を突いたミドルシュートがゴール右に突き刺さった。 さらに35分には、バイタルエリア中央で獲得したFKからザビッツァーが直接ゴールを狙ったが、このシュートはゴール右に逸れた。 迎えた後半、リードするライプツィヒは開始早々の51分にピンチ。トゥザールのスルーパスでボックス内まで侵入したマテウス・クーニャが左足を振り抜いたが、このシュートはGKグラーチが右足でブロック。 ピンチを凌いだライプツィヒは、59分にファン・ヒチャンとハイダラを下げてエンクンクとムキエレを投入。すると71分、ハイプレスをかけたアダムスがボックス内のゲンドゥージからボールを奪うと、ボックス右でこぼれ球を拾ったムキエレが縦に切り込みシュートをニアサイドに突き刺した。 さらに84分には、ショートコーナーを受けたザビッツァーの左クロスからオルバンがヘディングシュートを叩き込み、試合を決定づける3点目を奪った。 その後も危なげない試合運びで時計を進めたライプツィヒが、3-0で勝利。リーグ戦4連勝で首位バイエルンとの勝ち点差を2に縮めた。 2021.02.22 01:24 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣リバプールに敗れ、肩を落とすライプツィヒ守護神グラーチ「後半の10分間で全て変わった」

RBライプツィヒで守護神を務めるハンガリー代表GKペーテル・グラーチが、チャンピオンズリーグ(CL)でチームが犯したミスを悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールに所属した過去もあるグラーチは、16日に行われたCLラウンド16・1stレグで先発出場。この試合は新型コロナウイルス(COID-19)の影響により中立地であるハンガリーのブタペスト開催となっており、グラーチにとっては故郷での一戦となった。 しかし、試合ではMFマルセル・ザビッツァー、DFノルディ・ムキエレがそれぞれ致命的なミスを犯したこともあり2失点。反撃に転じるも最後まで得点は奪えず、0-2で敗戦した。 故郷への凱旋、さらに古巣相手の試合で良い結果を残せず、ベスト8への進出も厳しい状況となったことに対して、グラーチも試合でのミスが痛恨だったと嘆いている。 「僕たちは試合で非常に良いスタートを切れたし、早い段階でリードを奪うチャンスもあった。信じられないようなクオリティを持つチームとの対戦だとは、事前に分かっていたんだ。リバプールを相手にしたら、どんなに小さなミスでも罰せられてしまうだろう」 「前半は互角の勝負だったと思う。しかし、後半の10分間で全てが変わってしまった。残念なことに、この2失点は試合を完全に間違った方向に向けてしまったと思う。他ならぬ僕たちのせいだ。でも、それがフットボールでもある」 また、グラーチは2ndレグに向けた意気込みも表明。後半失点を喫した後の戦い方を自信にしたいと語った。 「後半最後の30分は、2ndレグに向けて良い自信になるはずだ。試合の行方を分からなくするような、良いチャンスもあったしね。2ndレグではまず先制点をマークして、自分たちの道を取り戻すため戦いたい」 2021.02.17 13:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly