バスケ界のレジェンド、ロッドマン氏の娘がプロサッカー選手に! NWSLドラフトで1巡目全体2位で指名

2021.01.14 22:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バスケ界のレジェンドであるデニス・ロッドマン氏(59)の娘であるU-20アメリカ女子代表FWトリニティー・ロッドマン(18)がアメリカ女子プロサッカーリーグのNWSLのワシントン・スピリットに加入することが決定した。トリニティーの父親はNBAのシカゴ・ブルズやデトロイト・ピストンズ、サンアントニオ・スパーズなどでプレーし、通算7度のリバウンド王に輝いたロッドマン氏。


そのレジェンドの血を引くトリニティーはワシントン州立大学に在籍し、これまでアメリカの世代別代表チームで主力を担ってきたスピードと決定力に優れたアタッカーだ。

そして、トリニティーは13日に行われたNWSLドラフトで1巡目全体2位でワシントン・スピリットに指名され、父と同じプロスポーツの世界に足を踏み入れることになった。

なお、トリニティーは『ESPN』のインタビューを通じて、「父は素晴らしいプレーヤーだったし、その遺伝子を引き継いでいるけれど、彼の娘としてだけでなくトリニティーとして知ってもらいたいわ」と、偉大な父親を超えるようなアスリートとなることを誓っている。
関連ニュース
thumb

元セレソンFWパトがオーランドにフリー加入! 過去には同胞カカが在籍

メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するオーランド・シティは13日、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(31)の加入を発表した。契約期間は1年となる。 セレソン時代の元同僚であるMFカカ、MFジュリオ・バチスタに続き、クラブ歴代3人目の元ブラジル代表の獲得に成功したオーランドの補強担当のルイス・ムッツィ氏は、百戦錬磨のベテランへの期待を口にしている。 「我々はパトをオーランドに迎えることができて非常に興奮している。彼は世界のトップクラブで活躍し、国際レベルでの実績を持つベテランプレーヤーだ。パトがもたらす経験は、クラブにとって非常に貴重なものになるだろう」 かつてミランで活躍したパトは、コリンチャンスやサンパウロ、チェルシー、ビジャレアル、さらには中国の天津天海足球倶楽部を渡り歩き、2019年5月にサンパウロへ復帰。だが、2020年8月に退団して以降はフリーの状態が続いていた。 また、ブラジル代表では通算27試合に出場し、10ゴールを挙げている。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">We&#39;re looking forward to seeing this at <a href="https://twitter.com/ExploriaStadium?ref_src=twsrc%5Etfw">@ExploriaStadium</a>. <br><br>Welcome to Orlando, <a href="https://twitter.com/Pato?ref_src=twsrc%5Etfw">@Pato</a>! <a href="https://twitter.com/hashtag/VamosOrlando?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#VamosOrlando</a> <a href="https://t.co/WIYs6HLa5g">pic.twitter.com/WIYs6HLa5g</a></p>&mdash; Orlando City SC (@OrlandoCitySC) <a href="https://twitter.com/OrlandoCitySC/status/1360623091391623176?ref_src=twsrc%5Etfw">February 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.14 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋入りも噂されたノルウェー代表FWヨンセンがMLSのモントリオールに完全移籍

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のCFモントリオール(かつてのモントリオール・インパクト)は3日、蔚山現代でプレーしていたノルウェー代表FWビヨルン・ヨンセン(29)の完全移籍加入を発表した。 契約期間は2023年までの2年契約で、1年間の延長オプションもついているとのことだ。なお、正式契約は国際移籍証明書の発行とメディカルチェックを受けてからとなる。 ヨンセンは、母国ノルウェーやスペイン、ポルトガルの下部リーグでプレーしたのち、ハーツやADOデン・ハーグ、AZ、ローゼンボリでプレー。2020年1月にKリーグ1(韓国1部)の蔚山現代へと加入した。 蔚山ではKリーグ1で15試合に出場し3ゴール1アシストを記録。また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも9試合に出場し5ゴール1アシストを記録。準決勝のヴィッセル神戸戦でも1ゴールを記録していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtQ3dIODF3RyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> また、ノルウェー代表としても16試合に出場し5ゴールを記録していた。 ヨンセンは名古屋グランパスへの移籍も一部で報じられていたが、最終的にはアメリカへ渡ることとなった。 2021.02.04 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

テニス界のスーパースターの大坂なおみが米女子サッカーNWSLクラブの共同オーナーに

女子プロテニス界のスーパースターの1人である大坂なおみ(23)が、アメリカの女子プロサッカーリーグであるNWSLのノースカロライナ・カレッジに投資し、共同オーナーとなった。 これまで全米オープンを2度、全豪オープンを1度制覇し、2019年には男女通じてアジア人初の世界ランキング1位に輝いた大坂。2020年にはアメリカ経済誌『フォーブス』が2019年に稼いだ年収が女子スポーツ史上最高額となる3740万ドル(当時のレートで約40億円)に到達したことも報じられていた。 そのテニス界のスーパースターである大坂は28日、自身の公式『ツイッター』を通じてカレッジに投資を行い、共同オーナーになったことを明かした。 「今回のノースカロライナ・カレッジへの投資は、チームオーナーという立場をはるかに超えたもので、それぞれの分野でロールモデルでありリーダーであり、すべての若い女性アスリートたちにインスピレーションを与えてくれる素晴らしい女性たちへの投資です」 「同時に、地域社会における多様性と平等のためにカレッジが行っているすべてのことに敬意を抱いています。これからのサポートとクラブの前進を心から楽しみにしています」 アメリカ南部ノースカロライナ州に本拠を置くカレッジは2018シーズンからNWSLでリーグ2連覇を達成し、NWSLシールズを3度、女子インターナショナルチャンピオンズカップを制した国内屈指の強豪だ。 2021.01.28 23:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトやリヨンで名を馳せたFWリサンドロ・ロペスがMLSのアトランタ・ユナイテッドに加入

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドは25日、元アルゼンチン代表FWリサンドロ・ロペス(37)がフリートランスファーで加入することを発表した。 リサンドロ・ロペスは、母国アルゼンチンのラシン・クラブでキャリアをスタート。2005年7月に海を渡りポルトへ加入すると、一躍名をあげる。 ポルトではプリメイラ・リーガで106試合に出場し49ゴール16アシストを記録。2009年7月にリヨンへと完全移籍すると、リーグ・アンでは119試合に出場し59ゴール17アシストを記録。2013年8月にカタールのアル・ガラファへと完全移籍した。 <div id="cws_ad">◆リヨン時代のスーパーゴール集!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4RTBnV0s4NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カタールでは公式戦48試合で16ゴールを記録。2015年2月にブラジルのインテルナシオナルへと移籍すると、公式戦30試合で7ゴール4アシストを記録。2016年1月に古巣のラシン・クラブへと復帰していた。今シーズンはプリメーラ・ディビシオン(アルゼンチン1部)で20試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 リサンドロ・ロペスが加入するアトランタ・ユナイテッドは、アルゼンチン代表DFとしても活躍したガブリエル・エインセ監督が就任していた。 2021.01.26 16:38 Tue
twitterfacebook
thumb

クリンスマンの息子・ジョナサンがLAギャラクシーと契約延長

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは15日、アメリカ代表GKジョナサン・クリンスマン(23)との契約延長を発表した。 かつてドイツ代表のエースとして活躍し、ドイツ代表やアメリカ代表の監督も務めたユルゲン・クリンスマン氏を父に持つジョナサンは、2020年8月にスイスのザンクト・ガレンから加入した。 これまで、バイエルンやヘルタ・ベルリンに所属するもプレー機会はなく、ザンクト・ガレンでも思うような出場機会を得られずにMLSへと活躍の場を移した。 2020シーズンのMLSでは4試合に出場。クリーンシートも達成している。 チームのGM(ゼネラル・マネージャー)を務めるデニス・テ・クローゼ氏は「ジョナサンは昨シーズン我々のチームで貴重な経験を積んだ才能ある選手だ」とコメント。「我々はGKのポジションをさらに強化できることを嬉しく思っている。彼がLAギャラクシーの選手として成長し続けることを楽しみにしている」と期待を寄せている。 2021.01.16 22:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly