山形のトップチーム関係者1名が新型コロナウイルス陽性… 本人は無症状

2021.01.14 15:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
モンテディオ山形は14日、トップチーム関係者に1名に新型コロナウイルス陽性反応が確認されたことを報告した。クラブの発表によると、12日にトップチーム関係者に対して行ったPCR検査の結果、14日に医師の診察により陽性が確定。本人に発熱や倦怠感などはなく無症状で感染経路は不明。現在、村山地域の病院に入院・静養しているとのことだ。


なお、他の関係者のPCR検査については検査機関より全員陰性の結果報告を受けているが、濃厚接触者は確認中の状況で現在は特定できていないという。
今後のチームトレーニング、キックオフイベント・キャンプは予定通り実施すると発表した上で新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度感染症防止策の周知、徹底をはかっていく構えを強調した。
関連ニュース
thumb

秋田が沖野弾でJ2初勝利! 凌いだ相模原もJ2初勝ち点【明治安田J2第2節】

明治安田生命J2リーグ第2節の6試合が7日に各地で開催された。 昨年のJ3リーグ王者であるブラウブリッツ秋田は栃木SCとの開幕黒星同士の一戦に臨み、J2リーグ初昇格後2戦目にして初勝利を手にしている。 秋田は敵陣右サイドでFKのチャンスを獲得した11分、キッカーがゴール前にクロスを上げると見せかけ、マイナス方向にグラウンダーのパスを出すと、バイタルエリア中央から沖野が右足ダイレクト。これがゴール左に決まり、先制に成功する。 アウェイで序盤に幸先良く先取した秋田はその後のペースを握り、終了間際に中村がクロスバー直撃のシュートを放つなど、追加点に迫る場面も。後半に入り、栃木も交代カードを駆使して徐々に反撃に転じたが、秋田が堅守を生かして逃げ切った。 秋田と同じくクラブ初のJ2リーグ参戦となるSC相模原はザスパクサツ群馬とホームで対戦。本拠連戦の相模原は序盤から群馬にペースを握られたが、GK三浦のファインセーブで凌ぎ、ワンチャンスを狙って反攻に転じるなど、粘り強く戦う。 無得点で折り返した試合も群馬がボールを握り続け、50分に大前がFKのチャンスから直接狙ったが、クロスバーを直撃。その後も大前を中心に攻勢を続けた群馬だが、相模原もこの試合がデビュー戦の3年目GK三浦を中心に守りを崩さない。 終盤も途中出場の進に右ポストを叩くフィニッシュを許すなど、試合を通じて群馬に22本のシュートを浴びた相模原だが、最後まで得点を許さず、勝ち点1をゲット。J2リーグでの初勝利こそお預けとなったものの、初の勝ち点を奪取した。 ◆第2節 ▽3/7 SC相模原 0-0 ザスパクサツ群馬 栃木SC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ブラウブリッツ秋田</span> 京都サンガF.C. 0-0 松本山雅FC ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ツエーゲン金沢</span> 愛媛FC 1-1 ジェフユナイテッド千葉 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> ▽3/6 ▽3/6 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 V・ファーレン長崎 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> ジュビロ磐田 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> ギラヴァンツ北九州 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-1 レノファ山口FC 2021.03.07 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

本間退場の新潟が高木弾で開幕連勝! ミスも重なった磐田は連敗発進【明治安田J2第2節】

明治安田生命J2リーグ第2節の5試合が6日に各地で開催された。 本拠開幕戦のアルビレックス新潟はV・ファーレン長崎と対戦。ともに開幕節を白星で飾ったチーム同士の一戦は互いに攻め合う展開になるが、それぞれの守備陣も奮闘してゴールレスで試合を折り返す。 すると、新潟がバイタルエリア左の位置でFKのチャンスを獲得した52分、キッカーの高木が右足で強振。ニア側を突いたボールがクリアを試みた相手の足を弾いてゴールマウスに突き刺さり、先制する。 リードを許した長崎は57分、新潟の本間が2枚目のイエローカードで退場となり、数的優位に。この状況を生かして攻勢を強め、ルアンや都倉がシュートを放っていくが、ゴールに繋がらならない。 結局、新潟が数的不利ながら1点のリードを守り抜いて、開幕白星同士の一戦を見事に勝利。開幕連勝スタートを切っている。 開幕黒星のジュビロ磐田はドロー発進のFC町田ゼルビアと対戦。本拠開幕戦で初勝利を狙った磐田だが、町田が前線からプレッシャーをかけた9分にGK八田のキックミスを拾った中島が右足で押し込み、先制する。 ミスから先制を許してしまった磐田だが、30分にボックス右に流れ、大森からボールを受けたルキアンが中央に折り返すと、松本が反応。体勢を崩しながら合わせ切り、磐田が前半のうちに追いついてみせる。 しかし、敵地ながら初勝利を目指す町田も32分、中島が敵陣右サイド深くから右足クロスを上げ、ニアサイドの平戸がヘディングシュート。これが相手GKもノーチャンスのゴール左に吸い込まれ、再び勝ち越した。 1点リードの町田は磐田が前がかるなか、73分に吉尾とのパス交換で右サイドを抜け出した平戸がチャンスメーク。右足グラウンダーのクロスを送ると、63分から出場の長谷川アーリアジャスールが左足で合わせ、突き放した。 後半も先に失点して劣勢の磐田は4枚目の交代カードで小川航基を入れ、攻撃の活性化を図るが、町田がしっかりと守り抜いて今季初勝利。磐田は開幕2連敗という結果に終わっている。 そのほか、FC琉球はホームでレノファ山口FCと対戦して、開始1分に阿部のゴールで幸先よく先取すると、27分に田中が追加点。後半に1点を返されるが、それ以上の反撃を許さず、開幕2連勝を飾った。 ◆第2節 ▽3/6 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 V・ファーレン長崎 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> ジュビロ磐田 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> ギラヴァンツ北九州 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-1 レノファ山口FC ▽3/7 《13:00》 SC相模原 vs ザスパクサツ群馬 《14:00》 栃木SC vs ブラウブリッツ秋田 京都サンガF.C. vs 松本山雅FC ファジアーノ岡山 vs ツエーゲン金沢 愛媛FC vs ジェフユナイテッド千葉 《15:00》 東京ヴェルディ vs モンテディオ山形 2021.03.06 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎がブラジル人ウインガー獲得へオファー、所属クラブは提示額に難色

V・ファーレン長崎が、新たなブラジル人選手獲得に動いているようだ。ブラジル『O Dia』が報じた。 長崎が狙っているとされるのは、アトレチコ・ゴイアニエンセに所属するブラジル人MFウェリントン・ラト(28)とのことだ。 『O Dia』によると、長崎は公式オファーを出したとのこと。最初は1年間のレンタル移籍で10万ドル(約1080万円)を支払う契約、さらにレンタル終了後に100万ドル(約1億800万円)で買い取りオプションが付いているオファーだったようだ。 ウェリントン・ラトは左ウイングを主戦場に中盤の様々なポジションでプレーできるユーティリティ性のある選手。2020年10月にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエCのフェロヴィアリオから加入。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、19試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 しかし、アトレチコ・ゴイアニエンセは長崎のオファーには満足せず、主力として考えているウェリントン・ラトを手放すつもりはないとのこと。交渉は引き続き行われるが、まだまだ時間がかかるようだ。 一方で、ウェリントン・ラトは長崎から提示されたサラリーを気に入った様子。ただし、クラブへの恩もあるとし、無理に退団するつもりはないとのこと。クラブとの交渉を続けるようだ。 2021.03.06 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢MFホドルフォが全治3カ月…左第五中足骨骨折で手術

ツエーゲン金沢は6日、MFホドルフォの戦線離脱を報告した。 ホドルフォは2日のトレーニング中に左第五中足骨を骨折。金沢市内の病院で手術を受け、全治3カ月の見込みだ。 ホドルフォは昨季から金沢でプレー。2月27日に行われた明治安田生命J2リーグ開幕節のV・ファーレン長崎戦はベンチ外だった。 2021.03.06 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮が早稲田大学DF鈴木俊也の2023シーズン加入内定を発表、今季は特別指定に「精一杯尽くしたい」

大宮アルディージャは4日、早稲田大学のDF鈴木俊也(20)が2023シーズンに加入する事が内定したことを発表した。 鈴木は静岡県出身で、FC東京U-15深川で育ち、早稲田実業高校へと進学。そのまま早稲田大学へと進学した。 左利きのセンターバックである鈴木は、フィードも得意としている。現在大学2年である鈴木は、2021シーズンの特別指定選手にも承認。第2節のヴァンフォーレ甲府戦から出場可能となっている。 鈴木はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャを愛するすべての皆さま、はじめまして。早稲田大学ア式蹴球部の鈴木俊也です。この度、2023シーズンより大宮アルディージャに加入することが内定致しました。2021シーズンは特別指定選手として、大学の活動との両立を目指します」 「自分の武器である左足からのフィードやパスを最大限発揮するだけでなく、与えていただいた機会を通じて期待値以上の成長を果たし、大宮のJ2優勝、そしてJ1昇格のために精一杯尽くしたいと思います。よろしくお願いいたします!」 2021.03.04 15:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly