PSGでキャリア初となるトロフィー獲得のポチェッティーノ「選手たちに感謝を伝えたい」

2021.01.14 13:33 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、自身にとって初となるタイトル獲得を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

昨シーズン国内3冠を達成したPSGは、13日に行われたトロフェ・デ・シャンピオン2020で、クープ・ドゥ・フランス準優勝のマルセイユと対戦。通常ならシーズン開幕前に行われる同大会だが、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により開催地が決まらなかったため、この日まで延期となっていた

同大会8連覇を目指すPSGは、前半FWマウロ・イカルディのゴールで先制すると、後半には負傷から復帰したFWネイマールがPKによるゴールをマーク。終盤1点を返されたものの、2-1のスコアで勝利を挙げ、大会8連覇を達成した。

これまでエスパニョールやトッテナムを率いてきたものの、タイトルがなかったポチェッティーノ監督にとって、これが指導者としてのキャリアで初のトロフィーとなっている。試合後のインタビューに応じたポチェッティーノ監督は、喜びを露わにしつつ関係者への感謝を語った。

「本当に誇りに思っているし、今はとても良い気分だよ。選手たちを祝福すると共に、今日の感謝を伝えたいね」

「我々を信頼し、素晴らしい仕事によってトロフィー獲得の機会を与えてくれたクラブやナセル・アル・ケライフィ会長、SDのレオナルド氏にも感謝しているよ」

「私は今幸せだよ。マルセイユを打ち倒し、このトロフィーを獲得できたからね。とても特別な夜になった」

コメント
関連ニュース
thumb

“神童”ムバッペが高速クロスに華麗なヒールキックを合わせる!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペの華麗なヒールキック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpWktIWk1PcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フランスサッカーの育成の名門、クレールフォンテーヌ国立研究所で英才教育を受けて育ったムバッペは、2015年にモナコでプロデビュー。爆発的なスピードと得点力を武器に一気に世界中が注目するタレントへと成長すると、2017年夏に、PSGへ加入した。 PSGでも若きエースとして活躍を続けるムバッペだが、2019年12月4日に行われたリーグ・アン第16節のナント戦では、華麗なゴールを記録している。 0-0で前半を折り返して迎えた52分、ハーフウェイライン付近でFWネイマールにボールが入ると、一気に攻撃のスイッチが入る。ドリブルでボールを相手陣内に運んだネイマールは、右サイド裏のスペースに抜け出すFWアンヘル・ディ・マリアにスルーパスを送る。 フリーでボックス右まで侵入したディ・マリアは、左足のアウトサイドで鋭いグラウンダーのクロスをゴール前に入れる。このボールに走りながら合わせたムバッペは、回転するような形で右足のヒールキックでシュートを放ち、見事な先制点を奪ってみせた。 試合は、終了間際にも追加点を決めたPSGが2-0で勝利している。 2021.01.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがフロレンツィの買い取りオプション行使へ

パリ・サンジェルマン(PSG)がイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(29)の買い取りオプションを行使するようだ。イタリア『Il Tempo』が伝えている。 ローマ生まれローマ育ちのフロレンツィは、2002年からローマでプレーするサイドアタッカー。2011年5月にトップチームデビューを飾った後、2度の左ヒザの重傷に見舞われながらも、これまでローマで公式戦280試合に出場して28ゴール32アシストを記録。 しかし、2019年夏に就任したパウロ・フォンセカ監督の下では出場機会に恵まれず、昨年1月にはバレンシアへレンタル移籍。昨夏にローマへ復帰するも構想外となっておりPSGへ買い取りオプション付きのレンタルで加入。今季はここまで公式戦20試合に出場し2ゴールを記録していた。 『Il Tempo』によればPSGのレオナルドSD(スポーツディレクター)は、右サイドの全ポジションをこなし、チームの中心選手になりつつあるフロレンツィを高く評価。すでに900万ユーロ(約11億3000万円)の買取オプションを行使する準備を進めているとのことだ。 2021.01.20 23:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョが欧州デビューを果たしたPSGで魅せた、緩急自在のドリブル&フィニッシュ【スーパーゴール図鑑/PSG編】

【得点者プロフィール】 ロナウジーニョ(当時22歳) 国籍:ブラジル 所属:パリ・サンジェルマン ポジション:FW 身長:181cm 母国ブラジルのグレミオでのプロデビューを経て、2001年夏に加入したPSGで一躍世界にその名を轟かせたロナウジーニョ氏。2003年夏にバルセロナに移籍するまでの2シーズンで公式戦77試合に出場し、25ゴール17アシストという数字を残している。 【試合詳細】 日程:2002年11月30日 大会:リーグ・アン第17節 対戦相手:モナコ 時間:前半24分(0-0) <div id="cws_ad">◆PSG時代のロナウジーニョが見せた緩急抜群のドリブル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3S0ViUTBzcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた24分、味方からのパスをボックスの手前でロナウジーニョが受けると、進路を塞ぐ相手DFと睨み合いのような状態に。しかし、一瞬の加速で相手を引きはがし、ボックス内に侵入したロナウジーニョは、ゴール右まで進むと、反対サイドのゴールネットに正確なシュートを流し込み、見事な先制点を挙げた。 ロナウジーニョのゴールで先制したPSGだったが、逆転を許し、試合には1-3で敗れている。 2021.01.18 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ナイジェリアの天才ジェイ・ジェイ・オコチャが決めた豪快なダイレクトシュート【スーパーゴール図鑑/PSG編】

【得点者プロフィール】 ジェイ・ジェイ・オコチャ(当時26歳) 国籍:ナイジェリア 所属:パリ・サンジェルマン ポジション:FW 身長:173cm 現役時代にナイジェリア代表やPSG、ボルトン、フェネルバフチェで魔法のようなテクニックを披露していたオコチャ氏。キャッチーな名前と共に、トリッキーかつ多彩なドリブルと決定的なラストパスに加え、強烈なミドルシュートを持ち、人気を博した。 【試合詳細】 日程:1999年9月12日 大会:リーグ・アン第6節 対戦相手:ボルドー 時間:後半39分(1-0) <div id="cws_ad">◆オコチャが決めた圧巻のダイレクトシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoZzNic3RmVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1-0とPSGがリードする展開で迎えた試合終盤の84分、右サイドでバウンドしたボールを受けると、そのままトラップせずに前を向く。 すると、右サイドのかなり深い位置だったが、オコチャはダイレクトシュートを選択。思い切り右足を振り抜くと、ボールは左のサイドネットに向かって一直線に向かっていった。 予想できない一発に相手GKも動けず。貴重な追加点となった。その後PSGはボルドーに1点を返されるも、2-1で勝利を飾っている。 2021.01.18 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ディ・マリアのセンスとテクニックが詰まったランニングボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月17日にご紹介するのは、今から約5年前にパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆そんなのあり? ディ・マリアが苦し紛れのパスをランニングボレー!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUbnV0YWs4ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 相手DFからのプレッシャーにあった味方がやや苦し紛れに出したパスに対し、それを一発で仕留め、ゴールまで決めてしまうディ・マリアのイマジネーションが圧巻です。 ◆その発想はなかった PSGに限らず、多くの舞台で数々のスーパーゴールを決めているディ・マリアですが、今回は彼がマンチェスター・ユナイテッドから移籍してきた2015-16シーズンのリーグ・アンで決めたボレーシュートをご紹介します。 2016年1月23日のリーグ・アン第22節のアンジェ戦。ズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)とルーカス・モウラ(現トッテナム)とディ・マリアの3トップで臨んだPSGは、前半からゴールを重ねます。 そして衝撃のゴールが生まれたのは、3-1で迎えた後半18分。味方からのロングボールに、前線で体を張ったルーカス・モウラが何とかボールを収め、倒れながらも苦し紛れに浮き球のパスを中央に送ります。すると、ここに走りこんだディ・マリアが走りながらダイレクトボレー。やや前に出ていた相手GKアレクサンドル・ルトゥリエの頭上を越えたシュートは、ゴールネットに吸い込まれました。 ディ・マリアの創造性とアイデア、そして左足の精度が詰まったゴールでした。 2021.01.17 07:00 Sun
twitterfacebook