【DAZN欧州組応援部】12月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

2021.01.14 12:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、12月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。

対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は11/25(水)〜12/28(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。

★参加10メディア ※順不同
DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー

「DAZN欧州組応援部」12月度のTOP3選手はこちら!


3位:FW南野拓実(リバプール)
Getty Images

出場試合:3試合(先発2試合)
出場時間:225分
成績:1ゴール0アシスト
チーム成績:1勝2分け


2020年の1月に加入した南野は、12月19日のプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦で待望のプレミア初ゴールを記録。中盤でのプレーでユルゲン・クロップ監督の信頼を得つつある中で、なんとか加入1年以内にリーグ戦でゴールを記録した。

2位:DF冨安健洋(ボローニャ)
Getty Images

出場試合:6試合(先発6試合)
出場時間:540分
成績:1ゴール0アシスト
チーム成績:1勝3分け2敗


11月度も2位だった冨安は、2カ月連続で2位にランクイン。安定したパフォーマンスでチームの守備を支えるとサイドバックでもプレー。チームも徐々に結果が出るようになり、12月23日のセリエA第14節のアタランタ戦では右サイドバックとして出場しシーズン初ゴールを記録した。

1位:FW鈴木優磨(シント=トロイデン)
©STVV

出場試合:6試合(先発6試合)
出場時間:497分
成績:3ゴール2アシスト
チーム成績:2勝1分け3敗


12月度の1位に輝いた鈴木はついに覚醒の予感。今シーズンはコンスタントに結果を残してきたが、12月に入り3ゴールを記録。アシストも2つ記録した。チームの結果がなかなか出ない中で、新監督を迎えても信頼を掴み取った。

超WS的期待の選手:MF森岡亮太(シャルルロワ)
Getty Images

出場試合:7試合(先発7試合)
出場時間:630分
成績:1ゴール2アシスト
チーム成績:3勝1分け3敗


期間中のゴールは1だが、2アシストを記録。チーム内での信頼を得ているほか、リーグ3位と状態は良い。ただ、期間中はチームとしてなかなか結果が出ず。それでも森岡が結果を残した試合は勝利しており、しっかりとこの先も数字を残したいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

香川真司の去就、ギリシャ1部PAOKで決まり?

元日本代表MF香川真司(31)の新天地がギリシャになる可能性が高まっているようだ。 昨季まで所属したサラゴサのスペイン地元紙『el Periodico de Aragon』によると、香川の移籍先に浮上したのはギリシャ1部の名門PAOK。両者の交渉が大きく先進している状況のようだ。 当初、スペインでのプレー続行を希望した香川はドイツ2部のクラブやブラジル、カタール、トルコからのオファーを拒否。しかし、今冬の移籍市場閉幕日が迫るなかで、考えを改めたという。 PAOKとの契約は2022年6月までの1年半となり、よほどのサプライズがなければ、ギリシャ行きが決まる見通しとのことだ。 昨年10月にもPAOKから打診を受けた香川だが、その当時は拒否。しかし、今回は経済的にもより良い条件でのオファーが届き、PAOKとの本格交渉に発展したとみられる。 香川はドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、ベシクタシュを渡り歩き、2019年夏にサラゴサ入り。しかし、昨年10月に契約解除となり、フリーの状況だった。 昨年末にセレッソ大阪復帰の可能性が浮上した際、SNSを通じてヨーロッパでのプレー続行を模索する意思を示した香川。新天地探しは最終局面を迎えていることは間違いなさそうだ。 2021.01.24 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレーメンが敵地でヘルタに4発快勝!大迫は終盤の投入で見せ場なし《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは23日、ブンデスリーガ第18節でヘルタ・ベルリンと対戦し4-1で勝利した。大迫は85分からプレーしている。 前節ボルシアMGに惜敗した13位ブレーメン(勝ち点18)が、3試合勝利のない14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)のホームに乗り込んだ一戦。大迫は3試合連続のベンチスタートとなった。 試合が動いたのは10分、左クロスをボックス内でゼルケが落とすと、これに反応したシュミットがミッテルシュタットのスライディングタックルで足を踏まれ、ブレーメンがPKを獲得。このPKをゼルケがゴール右に突き刺した。 先制したブレーメンだったが、すぐにヘルタ・ベルリンの反撃に遭う。19分、ボックス右から切り込んだマテウス・クーニャをエンボムが倒してしまいPKを献上。しかし、マテウス・クーニャのPKはGKパブレンカが完璧なシュートストップを披露し難を逃れた。 ピンチを凌いだブレーメンは、セットプレーから追加点を奪う。29分、ビッテンコートの右CKをニアに走り込んだトプラクが頭で合わせると、これがゴール右に突き刺さった。 その後、前半終了間際にコルドバのゴールで1点を返されたブレーメンだが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、積極的な入りを見せたヘルタ・ベルリンに対しブレーメンは57分に追加点を奪う。バイタルエリア手前でパスを受けたM・エッゲシュタインがゴール前にパスを送ると、絶妙なタイミングで飛び出したビッテンコートがワントラップから反転しシュートを流し込んだ。 リードを広げたブレーメンは、77分にもサージェントが強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺し、4点目。その後、85分に4人目の交代カードとして大迫が投入されたが、シュートなどの見せ場は訪れず。 結局、試合はそのまま4-1でタイムアップ。アウェイで快勝したブレーメンは、順位を一つ上げて12位に浮上している。 2021.01.24 04:58 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤がフル出場もシュツットガルトはフライブルクとの中位対決で逆転負け…《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは23日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクと対戦し1-2で敗戦した。遠藤はフル出場している。 前節、堂安律の所属するビーレフェルトに0-3と完敗した10位シュツットガルト(勝ち点22)は、その試合からスタメンを4人変更。遠藤はボランチで開幕から18試合連続でスタメンとなった。 リーグ戦2試合勝利のない9位フライブルク(勝ち点24)に対し、シュツットガルトは7分に決定機。4のロングフィードを受けた左サイドで受けたワマンギトゥカがボックス左まで切り込みクロスを供給。これに反応したディダヴィのシュートは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をワマンギトゥカが押し込んだ。 幸先良く先制したシュツットガルトだったが、14分にフライブルクの反撃に遭う。ロングパスで左サイドを駆け上がったギュンターのダイレクトクロスを中央で受けたチョン・ウヨンがトラップミス。これはカバーに戻ったマンガラが先にボールを触ったが、こぼれ球をデミロビッチに流し込まれ、同点に追い付かれた。 その後、やや押し込まれる時間の続いたシュツットガルトは、37分にショートカウンターからチョン・ウヨンにゴールネットを揺らされ、逆転を許してしまう。 リードを許したシュツットガルトだが、前半終了間際に同点のチャンスを迎える。45分、左サイドからカットインしたワマンギトゥカがボックス左でハベラーに倒され、PKを獲得。しかし、ニコラス・ゴンサレスのPKはGKミュラーの完璧なシュートストップに阻まれた。 迎えた後半は、開始早々に決定機を作ったシュツットガルトが主導権を握るが、その後は相手のゴールを脅かすようなチャンスは作れず時間が経過。 同点ゴールを目指すシュツットガルトは、62分にカストロを下げてクリモビッツを、68分にディダヴィを下げてカラジッチを投入。すると75分、マンガラの左クロスからゴール右手前にすべり込んだマヴロパノスが右足で合わせたが、このシュートはGKミュラーのファインセーブに防がれた。 攻勢を続けるシュツットガルトは、86分に途中出場のE・トミーがボックス左からゴールを狙ったが、これは右ポストを直撃。さらに90分には、ニコラス・ゴンザレスがゴールに迫ったが、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。終盤の猛攻も実らずシュツットガルトは連敗を喫した。 2021.01.24 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

コスティッチ躍動のフランクフルトが堂安フル出場のビーレフェルトに5発圧勝、鎌田が1アシスト《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第18節、ビーレフェルトvsフランクフルトが23日に行われ、1-5でフランクフルトが圧勝した。 ビーレフェルトのMF堂安律はフル出場、フランクフルトのMF鎌田大地は77分まで、MF長谷部誠は71分までプレーしている。 前節、シュツットガルトの遠藤航との日本人対決が実現した中、堂安の全3ゴールに絡む大活躍により勝利した15位ビーレフェルト(勝ち点17)は、堂安が開幕から18試合連続スタメンとなった。 一方、前節フライブルク戦では途中出場の鎌田がオウンゴール誘発のシュートを放って引き分けとした8位フランクフルト(勝ち点27)は、長谷部が7試合連続スタメンとなり、鎌田が3試合ぶりに先発復帰となった。 堂安が[4-4-2]の右MFで、長谷部が[3-4-2-1]のボランチで、鎌田が2シャドーの一角でスタートした日本人対決。 立ち上がりの主導権争いを経て、10分に堂安がカットインから枠内シュートを放ったビーレフェルトだったが、先制したのはフランクフルト。25分、左サイドからのコスティッチのクロスのルーズボールをアンドレ・シウバが蹴り込んだ。 さらに2分後、スーパーゴールでフランクフルトに追加点が生まれる。ショートコーナーを使った流れからボックス手前右、約30mの位置からコスティッチの放った強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 止まらないフランクフルトは33分、ボックス右からのドゥルムのシュートのルーズボールをコスティッチが落とし、ボックス中央のアンドレ・シウバが蹴り込んで3-0とした。 8分間で3失点となったビーレフェルトの反撃は36分、右サイドからのブルナーのクロスをコルドバがヘッドで押し込み、1点を返して前半を終えた。 しかし、迎えた後半開始6分、フランクフルトが決定的な4点目を奪う。鎌田のパスを受けたボックス左のコスティッチのクロスがニルソンのオウンゴールを誘った。 さらに75分、コスティッチのパスを受けたボックス左の鎌田がマイナスに折り返し、途中出場のヨビッチが蹴り込んでフランクフルトに5点目。コスティッチが全5得点に絡んで圧勝としたフランクフルトが日本人対決を制している。 2021.01.24 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司が4戦ぶり先発のウエスカが格上ビジャレアルとドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第20節、ウエスカvsビジャレアルが23日に行われ、0-0のドローに終わった。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は先発し57分までプレーした。 前節、パチェタ新体制の初陣となったヘタフェ戦を0-1で落とした最下位のウエスカ(勝ち点12)は、4位のビジャレアル(勝ち点33)とのホームゲームで新体制初白星を狙った。リーグ戦では3試合連続途中出場が続いていた岡崎だが、この一戦では4戦ぶりにスタメンで起用された。 ホームのウエスカが引き続き[3-4-3]の布陣を採用した中、ジェラール・モレノら一部主力を欠くビジャレアルは同じく[3-4-3]の布陣でミラーゲームを仕掛けた。 立ち上がりから中盤での潰し合いが目立ち、互いに相手の守備ブロックをこじ開ける有効な攻めを見出せない。19分にはボールを握っていたビジャレアルがパレホのミドルシュートで相手ゴールに迫るが、これは大きく枠を外れた。 一方、ヘタフェ戦に続き守備では締まったプレーを見せるウエスカだが、岡崎ら前線の選手になかなかボールが収まらず、攻撃が停滞。さしたる決定機を作れぬまま、前半を0-0のスコアで終えた。 迎えた後半の立ち上がりに両チームを通じて最初の決定機が訪れる。51分、左サイドを突破したペドラサのクロスをゴール前に走り込んできたモイ・ゴメスが右足のダイレクトで枠に飛ばすが、ここはGKの好守に阻まれた。その直後にはウエスカのオンティベロスが個人技で左サイドを突破してフィニッシュまで持ち込むが、肝心のシュートはGKアセンホに難なくセーブされた。 膠着状態が続く中、先に動いたのはホームのウエスカ。岡崎、オンティベロス、エスクリチェと3トップを全員ベンチに下げてラファ・ミル、ミケル・リコ、セルヒオ・ゴメスを一気にピッチに送り込んだ。 一方、後半に入っても攻めあぐねるアウェイチームも後半半ばを過ぎて交代カードを切っていく。存在感を欠いたバッカに代えてアルカセル、84分には最終ラインのフネス・モリを下げてストライカーのフェル・ニーニョをピッチへ送り込んだ。 試合終盤にかけては前線の枚数を増やしたビジャレアルが押し込む展開となったが、エース不在で迫力を欠く攻撃はことごとくウエスカの守備に撥ね返され、このまま0-0でタイムアップを迎えた。 パチェタ新体制初勝利とはならなかったものの、ウエスカが上位相手に最低限の勝ち点1を奪取。一方、エメリ監督の消極的な采配も影響して勝ち切れなかったビジャレアルは2戦連続ドローとなった。 2021.01.24 00:08 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly