【DAZN欧州組応援部】12月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

2021.01.14 12:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、12月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。

対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は11/25(水)〜12/28(月)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。

★参加10メディア ※順不同
DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー

「DAZN欧州組応援部」12月度のTOP3選手はこちら!


3位:FW南野拓実(リバプール)
Getty Images

出場試合:3試合(先発2試合)
出場時間:225分
成績:1ゴール0アシスト
チーム成績:1勝2分け


2020年の1月に加入した南野は、12月19日のプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦で待望のプレミア初ゴールを記録。中盤でのプレーでユルゲン・クロップ監督の信頼を得つつある中で、なんとか加入1年以内にリーグ戦でゴールを記録した。

2位:DF冨安健洋(ボローニャ)
Getty Images

出場試合:6試合(先発6試合)
出場時間:540分
成績:1ゴール0アシスト
チーム成績:1勝3分け2敗


11月度も2位だった冨安は、2カ月連続で2位にランクイン。安定したパフォーマンスでチームの守備を支えるとサイドバックでもプレー。チームも徐々に結果が出るようになり、12月23日のセリエA第14節のアタランタ戦では右サイドバックとして出場しシーズン初ゴールを記録した。

1位:FW鈴木優磨(シント=トロイデン)
©STVV

出場試合:6試合(先発6試合)
出場時間:497分
成績:3ゴール2アシスト
チーム成績:2勝1分け3敗


12月度の1位に輝いた鈴木はついに覚醒の予感。今シーズンはコンスタントに結果を残してきたが、12月に入り3ゴールを記録。アシストも2つ記録した。チームの結果がなかなか出ない中で、新監督を迎えても信頼を掴み取った。

超WS的期待の選手:MF森岡亮太(シャルルロワ)
Getty Images

出場試合:7試合(先発7試合)
出場時間:630分
成績:1ゴール2アシスト
チーム成績:3勝1分け3敗


期間中のゴールは1だが、2アシストを記録。チーム内での信頼を得ているほか、リーグ3位と状態は良い。ただ、期間中はチームとしてなかなか結果が出ず。それでも森岡が結果を残した試合は勝利しており、しっかりとこの先も数字を残したいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

【ブンデス第18節プレビュー】後半戦スタート、堂安vs鎌田&長谷部の日本人対決

ミッドウィークに行われた前半戦最終戦となった前節、レバークーゼンがドルトムントに、ライプツィヒがウニオン・ベルリンにそれぞれ競り勝ち、上位対決を制した。ヘルプスト・マイスターを確定させていたバイエルンは相手のPK失敗に助けられた中、前半戦最終戦を勝利で飾り、2位ライプツィヒとの4ポイント差を維持して後半戦へ折り返している。迎える第18節、MF堂安の15位ビーレフェルト(勝ち点17)vsMF鎌田&長谷部のフランクフルト(勝ち点27)による日本人対決が行われる。 堂安は前節、MF遠藤航との日本人対決が実現した中、今季3ゴール目を決めるなど全3ゴールに絡む大活躍を見せた。シーズン当初のポゼッション主体のサッカーから、しっかり守ってカウンターを狙う戦いにシフトしているビーレフェルト。チームの戦い方が明確になってきた中、開幕から連続スタメンを続ける堂安も持ち味を発揮している状況だ。好調シュツットガルト相手に快勝した自信を持って2戦連続の日本人対決で好結果を残せるか。 一方、前節フライブルク戦では途中出場のMF鎌田がオウンゴール誘発のシュートを放って引き分けとしたフランクフルト。連勝は4で止まったが、6戦負けなしと依然として好調を維持している。ここ2試合、ベンチスタートと不本意な鎌田だが、アピールに成功したことでビーレフェルト戦は先発のチャンスが訪れるかもしれない。DFアブラアムの移籍によってキャプテンを務める長谷部が引き続きボランチでプレーするかにも注目だ。 金曜には7位ボルシアMG(勝ち点28)vs4位ドルトムント(勝ち点29)の好カードが組まれている。ボルシアMGは前節ブレーメン戦を1-0と押し切ってバイエルン撃破の勢いを持続した。ここ4戦で3勝と好調のチームは唾吐き行為によって5試合の出場停止処分を受けていたFWテュラムが復帰を果たすが、ベストメンバーで不調のドルトムント撃破を目論む。 一方、前節レバークーゼン戦では後半にMFブラントの恩返し弾で追い付いたものの、最終的には1-2と競り負ける形となったドルトムント。MFロイスの不調が気になるところだが、古巣相手に復調のキッカケを掴めるか。 アウグスブルクのPK失敗に助けられる形となった首位バイエルン(勝ち点39)は、最下位シャルケ(勝ち点7)とのアウェイ戦に臨む。芳しくない試合内容が続く王者だが、1年ぶりの勝利から2連敗とどん底を抜け出せずにいるシャルケを気持ちよく下して後半戦をスタートできるか。 ウニオン・ベルリンとの上位対決を途中出場のMFフォルスベリ弾で制した2位ライプツィヒ(勝ち点35)は、シャルケ同様に降格圏に沈む17位マインツ(勝ち点7)とのアウェイ戦に臨む。ウニオン戦では守備に徹してきた相手からゴールをこじ開けて見せたライプツィヒ。マインツも同様の戦い方を選択してくるだろうが、ライプツィヒはその守備を打ち破れるか。 攻撃陣の主力2枚を出場停止で欠いたことも響き、ビーレフェルトにまさかの完敗を喫した10位シュツットガルト(勝ち点22)は、9位フライブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨む。ビーレフェルト戦では遠藤航も攻守のバランスを取り切れなかったが、フライブルク戦で挽回となるか。 そしてライプツィヒ戦の終盤に出場し、4試合ぶりの起用となった6位ウニオン(勝ち点28)のMF遠藤渓太は、9位フライブルク(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨み、3試合ぶりの出場となった13位ブレーメン(勝ち点18)のFW大迫は14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)とのアウェイ戦にそれぞれ挑む。 ◆ブンデスリーガ第18節 ▽1/22(金) 《28:30》 ボルシアMGvsドルトムント ▽1/23(土) 《23:30》 マインツvsライプツィヒ フライブルクvsシュツットガルト アウグスブルクvsウニオン・ベルリン ビーレフェルトvsフランクフルト レバークーゼンvsヴォルフスブルク 《26:30》 ヘルタ・ベルリンvsブレーメン ▽1/24(日) 《23:30》 シャルケvsバイエルン 《26:00》 ホッフェンハイムvsケルン 2021.01.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

魂のハイハイクリアがヘンク伊東を阻む!雪のベルギーリーグで起きた衝撃の一幕が話題に「最後まで諦めるな」

ヘンクに所属する日本代表MF伊東純也の眼前で、ムスクロンのモンテネグロ代表MFデニ・ホチュコが執念のクリアを見せた。 ヘンクは16日、ジュピラー・プロ・リーグ第20節で16位ムスクロンとアウェイで対戦。伊東は左サイドで先発フル出場を果たした。 降雪の影響でピッチには多くの雪が残っていた中、ムスクロンが1-0と1点リードして迎えた54分、左サイドの伊東にパスが回る。プレスに来たホチュコに対し、伊東は切り返しでかわそうとするも、ボールはホチュコの足に当たりルーズボールとなる。 そのタイミングでホチュコは滑ったのかバランスを崩し、両手がピッチにつく形に。だが、ここで伊東にボールを奪われたらピンチになるという本能が働いたのか、ホチュコはそのまま、赤ちゃんのハイハイのような状態で突き進み、何とか頭でボールをタッチライン外へとクリアし、難を逃れていた。 ホチュコの魂のクリアは、SNS上でも拡散され、SNS専門メディアの『433』も「ネバーギブアップ!」とホチュコの諦めない心を称えた他、サポーターからはマンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表DFフィル・ジョーンズを彷彿とさせるという声も上がっている。 なお、この試合はホームのムスクロンが2-0で勝利したが、ヘンクはピッチがプレー可能な状態ではなかったとしリーグ側と試合の有効性について議論していることを明かしている。 <div id="cws_ad">◆ヘンク伊東を阻む魂のハイハイクリア!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> | Spelen op sneeuw is moeilijk, maar het kan nog moeilijker. <a href="https://twitter.com/hashtag/MOUGNK?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MOUGNK</a> <a href="https://t.co/e9dZEmW6QX">pic.twitter.com/e9dZEmW6QX</a></p>&mdash; Eleven Sports (NL) (@ElevenSportsBEn) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEn/status/1350522763157659652?ref_src=twsrc%5Etfw">January 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.22 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀が首位相手に守護神のゴールをお膳立て!ラ・リーガ史上7人目の快挙をアシスト

エイバルは21日、ラ・リーガ第19節でアトレティコ・マドリーと対戦。この試合で、歴史的なシーンが訪れた。 ホームにアトレティコを迎えたエイバル。MF乾貴士、FW武藤嘉紀がともに先発出場した試合は、エイバルが先制する展開となる。 9分、前線へのロングフィードに対して右ウイングで先発した武藤が走り込む。バウンドしたボールに武藤が追いつくが、その競合いでヤニク・フェレイラ・カラスコが後方からチャージ。これがファウルとなり、エイバルがPKを獲得する。 武藤が身体を張って獲得したPKだが、このキッカーを務めたのが守護神のマルコ・ドミトロビッチだった。 ドミトロビッチがボールを置こうとすると、主審も驚きの表情。リーグ戦、開始早々のPKをGKが蹴ることはかなり珍しい光景だ。 リーガ屈指の名手であるヤン・オブラク相手のPKであり、簡単なものではないと思われたがデータが何もなかったのか、ドミトロビッチは左に蹴り込み、エイバルが先制した。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=12rajci687fcr1nrsy4l1qkrq4" async></script></div> ドミトロビッチは当然初ゴール。これはラ・リーガ史上7人目のGKによるゴールとなった。 最後にGKがゴールを記録したのは2011年2月20日のアルメリア戦で、当時デポルティボ・ラ・コルーニャに所属していたダニエル・アランスビアが決めたもの。1-0で負けていた後半アディショナルタイムにヘディングで決めたものだった。 なお、GKによるPKの得点は2001年5月20日のオサスナ戦でラス・パルマスのナチョ・ゴンサレスが決めたものが最後。なお、この試合でナチョ・ゴンサレスは2本のPKを成功し、3-3の引き分けに終わっていた。 ドミトロビッチの見事なPKで先制したエイバルだが、40分にルイス・スアレスのゴールで追いつかれると、89分にはスアレスにPKを決められ、逆転負けに終わっていた。 2021.01.22 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

スアレスのドブレーテで逆転勝利のアトレティコが6連勝で首位を快走!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは21日、ラ・リーガ第19節でエイバルとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場、FW武藤嘉紀は77分までプレーした。 リーグ戦5連勝中の首位アトレティコ・マドリー(勝ち点41)は、先週のミッドウィークに行われたセビージャ戦から先発を3人変更。コケ、トリッピアー、エルモソに代えてサウール、ヴルサリコ、フェリペを先発で起用した。 一方、公式戦2連敗中の15位エイバル(勝ち点19)は、直近に行われたコパ・デル・レイ3回戦のナバルカルメロ戦から先発を7人変更。[4-2-3-1]の布陣を採用し、最前線にキケ・ガルシア、2列目に右から武藤、エスポジト、乾と並べた。 試合は早い時間にスコアが動く。10分、アルビージャのロングフィードに反応した武藤がボックス右でカラスコに倒され、エイバルがPKを獲得。このPKをGKドミトロビッチがゴール左隅に決めた。 先制を許したアトレティコ・マドリーは26分、左CKの流れからファーサイドに流れた浮き球をボックス右のコレアがボレーシュート。しかし、これはわずかにクロスバー上に外れた。 その後は膠着状態が続いたが、アトレティコが同点に追い付く。40分、セルヒオ・アルバレスのクリアをボックス手前のM・ジョレンテがブロックすると、こぼれ球に反応したスアレスがボックス右深くからゴール左隅にシュートを流し込んだ。 レマルとコレアを下げて後半開始からトレイラとフェリックスを投入したアトレティコは、立ち上がりからややポゼッションで上回る展開が続いたが、なかなかシュートチャンスまで繋げられない。 対するエイバルは、63分に中盤で獲得したFKからアルビージャが直接ゴールに迫ったが、これはわずかに枠に上。さらに69分には、左CKからビガスがヘディングシュートで合わせたが、これもゴール右に逸れた。 膠着状態が続く中、アトレティコは86分に決定機を迎える。アトレティコは88分に勝ち越しに成功する。自陣でこぼれ球を拾ったカラスコのロングフィードに反応したスアレスがボックス左でアルビージャに倒されPKを獲得。これをスアレスがパネンカでゴール中央に沈め、勝ち越しに成功。 結局、これが決勝点となりアトレティコが2-1で勝利。スアレスの2得点で逆転勝利を飾ったアトレィコは、6連勝で首位を快走している。 2021.01.22 07:52 Fri
twitterfacebook
thumb

PKの一撃に沈んだリバプールがアンフィールドで69戦ぶり敗戦、南野は終盤に出場《プレミアリーグ》

リバプールは21日、プレミアリーグ第18節でバーンリーをホームに迎え、0-1で敗れた。リバプールのMF南野拓実は85分から出場している。 4日前に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの首位攻防戦をゴールレスドローで終えた暫定4位のリバプール(勝ち点18)は、ユナイテッド戦のスタメンから3選手を変更。サラー、フィルミノ、コンディション不良のヘンダーソンに代えてオリジ、チェンバレン、負傷明けのマティプを起用した。 17位バーンリー(勝ち点16)に対し、3トップに右からシャキリ、オリジ、マネと並べたリバプールが押し込む展開で推移していく。 フラットな[4-4-2]のブロックを作るバーンリーに対し、21分にシャキリが、23分にチェンバレンがミドルシュートでそれぞれ牽制していった。 そして32分にはカウンターの流れからオリジがオンターゲットのシュートを記録すると、43分に先制のチャンス。ミーのバックパスミスをカットしたオリジが独走。GKと一対一となったが、シュートをバーに当ててしまい、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も押し込んだリバプールだったが、チャンスを作れずにいたことから57分にサラーとフィルミノを投入する。 すると60分に決定機。ワイナルドゥムの素晴らしい持ち上がりからラストパスを受けたボックス右のサラーがシュート。だが、GKポープの好守に阻まれた。 続く72分にはGKポープのフィードミスをカットした流れからフィルミノに決定機が訪れるも、シュートは枠に飛ばせない。 すると82分、PKを献上する。FKの流れからボックス中央に侵入してきたバーンズをGKアリソンが倒してしまった。このPKをバーンズに決められ、リバプールは先制されてしまう。 失点を受けて南野を投入したリバプールだったが、最終盤にかけてはチャンスを作れずに0-1で敗戦。PKの一撃に沈んだリバプールはアンフィールドでのリーグ戦では69戦ぶりの黒星となり、5戦勝ちなしとなった。 2021.01.22 06:57 Fri
twitterfacebook