ドローでトップ4浮上ならずのスパーズ、モウリーニョは「試合を殺せなかった」と悔やむ

2021.01.14 10:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、試合を決め切れずドローとなったことを悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。

トッテナムは、13日に行われたプレミアリーグ第16節でフルアムと対戦。この日は第18節のアストン・ビラ戦が開催される予定だったが、アストン・ビラで新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生したため中止となり、急遽延期分のフルアム戦が組まれた。

勝てばトップ4に浮上できる一戦、前半にFWハリー・ケインのゴールで先制したトッテナムだが、その後は決定機を生かせない場面が続くと、後半フルアムに同点とされる。その後両者に得点は生まれず、試合は1-1のドローで終了した。

この結果、トッテナムは4位浮上のチャンスを逃し6位にとどまることに。試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督も、チームがチャンスを生かせなかったと悔やんだ。

「いつものようにチャンスはあったと思う。前半には試合を終わらせるチャンスがあり、後半にもビッグチャンスを作れていた。その後ミスを犯してしまい、その代償を支払うことになったね」

「私は後半に負けていたことを認めなければならないし、選手がもっといいプレーをすべきだったと認める必要がある。彼らは努力をしたと思うが、それでもウーゴ(・ロリス)はセーブをできず、我々はゲームを殺せなかった」

トッテナムは週末のプレミアリーグ第19節で、シェフィールド・ユナイテッドと対戦する。現在リーグ最下位のクラブとの対戦である以上、勝利が期待されるが、モウリーニョ監督は順位で力量を判断してはならないと強調した。

「シェフィールドは非常に良いチームだ。結果だけを見て判断してはいけないよ。私は彼らを、リーグ最下位で前節初勝利を収めたばかりのチームとは見ていない。私は彼らが、良いチームだと思っているからね」

コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 天才デレ・アリ、空中での反転トラップからそのままボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月23日にご紹介するのは、今から5年前にトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆抜群のセンスと極上のテクニック!“神童”デレ・アリが決めた、シーズンベストゴールに選ばれた衝撃のワンダーゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiZEdkTk44NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 浮き球のパスをトラップすると、2トラップ目で相手選手をかわしつつ反転、そしてそのままボレーシュートでゴール左隅に決める。デレ・アリの創造性溢れるワンダーゴールです。 ◆2015-16シーズンベストゴール 今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得られず、やや干されているデレ・アリですが、イングランド人らしからぬスキルフルなプレースタイルで、トッテナムの攻撃を支えてきました。 デレ・アリがブレイクを果たした2015-16シーズンの2016年1月23日に行われた、プレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦では、リーグ史に残るスーパーゴールを決めています。 ホームのクリスタル・パレスに先制されながらも、1-1と追いついて迎えた84分、敵陣ボックス手前で右サイドから大きなサイドチェンジのボールを、MFクリスティアン・エリクセンがヘディングで中央やや左にいたアリに落とします。 アリはこれを地面に落とさずトラップすると、プレッシャーをかけに来たMFミル・ジェディナクを反転しながらのフリックで華麗にかわすと、高く上がったボールの落下点に完璧にミートするボレーシュートを放ちます。トップスピンのかかったボールは、低くコントロールされ、ゴール左下にキレイに決まりました。 このゴールはイギリス『BBC』が選ぶこのシーズンのプレミアリーグベストゴールに選出されています。 2021.01.23 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズで苦しむベイルにセバージョスが同情「かつてベイルがいたプレミアじゃない」

アーセナルのスペイン代表MFダニ・セバージョスが、トッテナムで苦しむウェールズ代表FWガレス・ベイルの現状を心配している。イギリス『ミラー』が伝えた。 ベイルはレアル・マドリーを構想外となった後、昨夏に古巣のトッテナムへレンタルで加入。しかし、負傷の影響もありジョゼ・モウリーニョ監督から信頼を得ることはできず、ここまでリーグ戦はわずか4試合の出場にとどまっている。 こうした状況に対して、マドリー時代にチームメイトだったセバージョスは、スペイン『EFE』のインタビューに応じた際、現在のベイルが抱える問題について語った。 「ベイルがプレミアにいた7年前と比べて、リーグは変わったと思う。たとえば、トーマス・パルティや(リバプールの)ファビーニョは、プレミアが非常にフィジカルなリーグだと知っていたと思う。それでも、実際にプレーすると、想像の2倍の激しさを実感するんだ」 「プレミアリーグは、すぐに適応するのが難しいリーグさ。それが今、ベイルに起きていることなのかもしれないね」 また、2シーズン続けてアーセナルにレンタル移籍をしているセバージョスは、自身の去就についても言及。今後もマドリーからレンタルで移籍する可能性を、口にしている。 「マドリーにいたときの自分は、平等にチャンスがあるということを知る必要があった。再びプレーしたいと、夢中になっていたんだ。ただ、ある時この状況を変えようと思った。マドリー以外のクラブで、重要な存在になることがベストだと気づいたんだ」 「もし再びレンタル移籍となれば、またプレーする機会を得られるだろうね。それ以外、今言えることはないよ」 2021.01.21 18:02 Thu
twitterfacebook
thumb

アジアの星、ソン・フンミンがハッシュタグ絵文字に!? トッテナムが韓国版ツイッターアカウント開設

トッテナムがクラブの公式ツイッターの韓国語版アカウントを開設したことを発表した。 トッテナムでは韓国代表FWソン・フンミンがエース級の活躍を見せているが、その効果は絶大で、トッテナムは今韓国で最も注目され、応援されているクラブだという。また、その活躍を一目見ようと、近年は数千人規模の韓国人サポーターがロンドンを訪れているようだ。 ソン・フンミンも2020年の韓国で最もツイートされたアスリートであり、そのファン層をさらに拡大させることが目的とのことだ。 韓国語版アカウント(@Spurs_KR)の立ち上げを記念して、今ならツイッターで指定のハッシュタグをつけて投稿すると、ソン・フンミンの顔がデザインされた特殊な絵文字が出てくるようだ。 気になった方は一度、自身でもツイートしてみてはいかがだろうか。 ◆ソン・フンミンの絵文字が出てくるハッシュタグ •#Sonny •#NiceOneSonny •#HeungMinSon •#토트넘(トッテナム) •#손흥민(ソン・フンミン) <div id="cws_ad">◆似てる?ソン・フンミンの特殊絵文字(ツイッターのアプリもしくはWEBでご覧いただくと絵文字が現れます)<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ko" dir="ltr">2020-2021 프리미어리그, 각각 12골을 기록하며 득점 순위 공동 2위를 달리고 있는 쏘니 - 케인 듀오! <a href="https://twitter.com/hashtag/%EC%86%90%ED%9D%A5%EB%AF%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#손흥민</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EC%BC%80%EC%9D%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#케인</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%ED%86%A0%ED%8A%B8%EB%84%98?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#토트넘</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a> <a href="https://t.co/OlcyjVgYWW">pic.twitter.com/OlcyjVgYWW</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur(@Spurs_KR) <a href="https://twitter.com/Spurs_KR/status/1351363751891460100?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.19 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムの19歳MFホワイトが英3部ポーツマスへレンタル

リーグ1(イングランド3部相当)のポーツマスは18日、トッテナムからイングランド人MFハーヴェイ・ホワイト(19)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 U-18イングランド代表歴を持ち、トッテナムアカデミー出身のハーヴェイは昨年11月26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第4節のルドゴレツ戦でトップチームデビュー。10日に行われたFAカップ3回戦のマリン戦では自身初のフル出場も果たしており、将来が期待される選手の一人だ。 この移籍を受け、ハーヴェイは公式サイトを通じてコメントした。 「僕にとっては初めてのローンで、すごく挑戦的なものになるだろうね。これまで8カ月ほどプロの環境にいたけど、ここからは違ったものになるだろう。僕はセットプレーが大好きで、ボールを動かし続けようとしている。多くのアシストを記録しているし、自分が効果的だと思いたいよ」 「明日は試合があるし、毎週土曜日と火曜日にもある。多くの試合があるんだ。願わくはピッチに立って、このチームがチャンピオンシップに復帰するための手助けをしたい」 「僕はここにいる間に進歩していきたいと思っているし、どこまでいけるかを見てみたいんだ。最高のレベルでプレーしたいからね」 2021.01.19 09:46 Tue
twitterfacebook
thumb

賭博違反のトリッピアー、FIFAがアトレティコの訴えを却下し10週間の出場停止が確定

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーへの10週間の出場停止処分を改めて科すことを発表した。 トリッピアーは、2019年夏にトッテナムからアトレティコへ移籍する際、友人グループに移籍に関する内部情報を漏洩。2020年5月にイングランドサッカー協会(FA)が違反行為と定める賭博に関与したとして、告発されていた。 FAの調査の結果、トリッピアーは7つの違反疑惑の内、3件の嫌疑は晴れたものの、残る4件の違反行為が立証されたため、10週間の出場停止と7万ポンド(約980万円)の罰金処分が科されていた。 しかし、FAが下したこの制裁措置に対して、スペインリーグとアトレティコ・マドリーはFA傘下で現在プレーしていないトリッピアーに対する出場停止処分は受け入れられないとし、訴えを申し入れていた。その結果、一時的に出場停止処分が凍結され、12日に行われたラ・リーガ第1節延期分のセビージャ戦でトリッピアーは復帰していた。 だが、今回の決定によりトリッピアーは2月28日まで出場停止処分が科され、2月23日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグのチェルシー戦を含め、今後9試合を欠場することが決まった。 2021.01.18 23:30 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly