ケイン弾で先制も逃げ切り失敗のスパーズ、格下フルアム相手に手痛いドロー…《プレミアリーグ》

2021.01.14 07:12 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第16節延期分、トッテナムvsフルアムが13日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。

直近公式戦3連勝で4位に位置するトッテナムは暫定3位浮上を目指す一戦で降格圏の18位に沈む昇格組のフルアムと対戦した。5-0で大勝した直近のFAカップからはムサ・シソコを除く先発10人を入れ替え、ケインやホイビュルク、ソン・フンミンが先発に復帰した。

なお、トッテナムは当初、第18節でアストン・ビラと対戦予定だったが、ビラに新型コロナウイルスのクラスターが発生した影響で開催延期に。その空いた日程に昨年12月30日に開催予定だったフルアム戦を急遽組み込むことになった。

イレギュラーな形での開催となったロンドン・ダービーは、地力で勝るホームチームがボールを握り、アウェイチームが堅守速攻で迎え撃つ形となる。最初の決定機は6分、ボックス中央でオーリエのクロスに反応したレギロンの最初のシュートがDFに当たって再び足元に戻る。そして、すかさず右足を振り抜くが、これは枠を外れる。

一方、粘り強く守りながらカウンターを仕掛けて序盤からセットプレーのチャンスを得るフルアムは15分、右CKの二次攻撃から最後はボックス右のザンボ・アンギサが左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKロリスにはじき出された。

15分を過ぎて相手の守備にアジャストし始めたトッテナムは、中間ポジションでボールを引き出すケインやエンドンベレを起点に両サイドバックが良い形で相手の背後を取る。そして、18分にオーリエのクロス、24分にはエンドンベレの浮き球からゴール前のソン・フンミンに続けてビッグチャンスも、GKアレオラのビッグセーブに阻まれる。

しかし、25分にはダイナミックな攻めから見事な先制ゴールが決まる。自陣中央のホイビュルクのロングフィードに抜け出した左サイドのレギロンがワントラップから完璧なクロスをゴール前に供給すると、これをケインがダイビングヘッドで叩き込んだ。

エースのファインゴールで先制に成功したトッテナムはここから完全に主導権を握る。30分には右サイドに抜け出したオーリエの高速クロスをゴール前のケインが頭で合わすが、これはシュートをふかしてしまう。さらに40分、ショートカウンターからケインのラストパスに抜け出したホイビュルクにシュートチャンスも、ここは焦ってシュートを打ったことでGKアレオラに難なくセーブされた。

追加点こそ奪えなかったものの、良い流れで試合を折り返したトッテナムは後半も立ち上がりに個人技でゴール前に侵入したムサ・シソコが決定機を創出。さらに、55分にはセットプレーの二次攻撃からウィンクスのミドルシュートでゴールに迫るが、これは相手GKの好守に遭う。

後半序盤以降はフルアムにボールを握られて押し込まれ始めるトッテナムだが、最後のところでは最終ラインを中心にきっちり身体を張って相手の攻撃を撥ね返す。そして、71分にはエンドンベレのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがボックス内で絶好機を迎える。だが、丁寧に右隅を狙ったシュートは右ポストを叩いて絶好機を逸した。
すると、トッテナムはこのチャンスを逃したツケを払うことに。74分、左サイドで仕掛けた途中出場のルックマンがDFサンチェスを振り切ってゴールラインぎりぎりで折り返すと、これを中央でフリーのカバレイロが頭で右隅に流し込んだ。

逃げ切り失敗のトッテナムは勝ち点3を奪いに行くべくすぐさまラメラ、ヴィニシウスと攻撃的な交代カードを切っていく。だが、全体が間延びし始めた中、ボックス内に抜け出したロフタス=チークにあわや逆転ゴールという場面を作られるなど、流れを引き寄せられない。
その後、89分にはボックス手前中央でキープしたラメラの短いスルーパスに抜け出したソン・フンミンの折り返しをゴール前のレギロンが押し込んでゴールネットを揺らす。これが劇的勝ち越しゴールになるかに思われたが、ソン・フンミンが抜け出したタイミングでオフサイドを取られてゴールは認められず。

そして、試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、クラブOBパーカー監督率いるフルアムに手痛いドローを喫したトッテナムの公式戦連勝がストップした。

コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール! 天才デレ・アリ、空中での反転トラップからそのままボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月23日にご紹介するのは、今から5年前にトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆抜群のセンスと極上のテクニック!“神童”デレ・アリが決めた、シーズンベストゴールに選ばれた衝撃のワンダーゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiZEdkTk44NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 浮き球のパスをトラップすると、2トラップ目で相手選手をかわしつつ反転、そしてそのままボレーシュートでゴール左隅に決める。デレ・アリの創造性溢れるワンダーゴールです。 ◆2015-16シーズンベストゴール 今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得られず、やや干されているデレ・アリですが、イングランド人らしからぬスキルフルなプレースタイルで、トッテナムの攻撃を支えてきました。 デレ・アリがブレイクを果たした2015-16シーズンの2016年1月23日に行われた、プレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦では、リーグ史に残るスーパーゴールを決めています。 ホームのクリスタル・パレスに先制されながらも、1-1と追いついて迎えた84分、敵陣ボックス手前で右サイドから大きなサイドチェンジのボールを、MFクリスティアン・エリクセンがヘディングで中央やや左にいたアリに落とします。 アリはこれを地面に落とさずトラップすると、プレッシャーをかけに来たMFミル・ジェディナクを反転しながらのフリックで華麗にかわすと、高く上がったボールの落下点に完璧にミートするボレーシュートを放ちます。トップスピンのかかったボールは、低くコントロールされ、ゴール左下にキレイに決まりました。 このゴールはイギリス『BBC』が選ぶこのシーズンのプレミアリーグベストゴールに選出されています。 2021.01.23 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズで苦しむベイルにセバージョスが同情「かつてベイルがいたプレミアじゃない」

アーセナルのスペイン代表MFダニ・セバージョスが、トッテナムで苦しむウェールズ代表FWガレス・ベイルの現状を心配している。イギリス『ミラー』が伝えた。 ベイルはレアル・マドリーを構想外となった後、昨夏に古巣のトッテナムへレンタルで加入。しかし、負傷の影響もありジョゼ・モウリーニョ監督から信頼を得ることはできず、ここまでリーグ戦はわずか4試合の出場にとどまっている。 こうした状況に対して、マドリー時代にチームメイトだったセバージョスは、スペイン『EFE』のインタビューに応じた際、現在のベイルが抱える問題について語った。 「ベイルがプレミアにいた7年前と比べて、リーグは変わったと思う。たとえば、トーマス・パルティや(リバプールの)ファビーニョは、プレミアが非常にフィジカルなリーグだと知っていたと思う。それでも、実際にプレーすると、想像の2倍の激しさを実感するんだ」 「プレミアリーグは、すぐに適応するのが難しいリーグさ。それが今、ベイルに起きていることなのかもしれないね」 また、2シーズン続けてアーセナルにレンタル移籍をしているセバージョスは、自身の去就についても言及。今後もマドリーからレンタルで移籍する可能性を、口にしている。 「マドリーにいたときの自分は、平等にチャンスがあるということを知る必要があった。再びプレーしたいと、夢中になっていたんだ。ただ、ある時この状況を変えようと思った。マドリー以外のクラブで、重要な存在になることがベストだと気づいたんだ」 「もし再びレンタル移籍となれば、またプレーする機会を得られるだろうね。それ以外、今言えることはないよ」 2021.01.21 18:02 Thu
twitterfacebook
thumb

アジアの星、ソン・フンミンがハッシュタグ絵文字に!? トッテナムが韓国版ツイッターアカウント開設

トッテナムがクラブの公式ツイッターの韓国語版アカウントを開設したことを発表した。 トッテナムでは韓国代表FWソン・フンミンがエース級の活躍を見せているが、その効果は絶大で、トッテナムは今韓国で最も注目され、応援されているクラブだという。また、その活躍を一目見ようと、近年は数千人規模の韓国人サポーターがロンドンを訪れているようだ。 ソン・フンミンも2020年の韓国で最もツイートされたアスリートであり、そのファン層をさらに拡大させることが目的とのことだ。 韓国語版アカウント(@Spurs_KR)の立ち上げを記念して、今ならツイッターで指定のハッシュタグをつけて投稿すると、ソン・フンミンの顔がデザインされた特殊な絵文字が出てくるようだ。 気になった方は一度、自身でもツイートしてみてはいかがだろうか。 ◆ソン・フンミンの絵文字が出てくるハッシュタグ •#Sonny •#NiceOneSonny •#HeungMinSon •#토트넘(トッテナム) •#손흥민(ソン・フンミン) <div id="cws_ad">◆似てる?ソン・フンミンの特殊絵文字(ツイッターのアプリもしくはWEBでご覧いただくと絵文字が現れます)<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ko" dir="ltr">2020-2021 프리미어리그, 각각 12골을 기록하며 득점 순위 공동 2위를 달리고 있는 쏘니 - 케인 듀오! <a href="https://twitter.com/hashtag/%EC%86%90%ED%9D%A5%EB%AF%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#손흥민</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EC%BC%80%EC%9D%B8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#케인</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%ED%86%A0%ED%8A%B8%EB%84%98?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#토트넘</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a> <a href="https://t.co/OlcyjVgYWW">pic.twitter.com/OlcyjVgYWW</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur(@Spurs_KR) <a href="https://twitter.com/Spurs_KR/status/1351363751891460100?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.19 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムの19歳MFホワイトが英3部ポーツマスへレンタル

リーグ1(イングランド3部相当)のポーツマスは18日、トッテナムからイングランド人MFハーヴェイ・ホワイト(19)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 U-18イングランド代表歴を持ち、トッテナムアカデミー出身のハーヴェイは昨年11月26日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第4節のルドゴレツ戦でトップチームデビュー。10日に行われたFAカップ3回戦のマリン戦では自身初のフル出場も果たしており、将来が期待される選手の一人だ。 この移籍を受け、ハーヴェイは公式サイトを通じてコメントした。 「僕にとっては初めてのローンで、すごく挑戦的なものになるだろうね。これまで8カ月ほどプロの環境にいたけど、ここからは違ったものになるだろう。僕はセットプレーが大好きで、ボールを動かし続けようとしている。多くのアシストを記録しているし、自分が効果的だと思いたいよ」 「明日は試合があるし、毎週土曜日と火曜日にもある。多くの試合があるんだ。願わくはピッチに立って、このチームがチャンピオンシップに復帰するための手助けをしたい」 「僕はここにいる間に進歩していきたいと思っているし、どこまでいけるかを見てみたいんだ。最高のレベルでプレーしたいからね」 2021.01.19 09:46 Tue
twitterfacebook
thumb

賭博違反のトリッピアー、FIFAがアトレティコの訴えを却下し10週間の出場停止が確定

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーへの10週間の出場停止処分を改めて科すことを発表した。 トリッピアーは、2019年夏にトッテナムからアトレティコへ移籍する際、友人グループに移籍に関する内部情報を漏洩。2020年5月にイングランドサッカー協会(FA)が違反行為と定める賭博に関与したとして、告発されていた。 FAの調査の結果、トリッピアーは7つの違反疑惑の内、3件の嫌疑は晴れたものの、残る4件の違反行為が立証されたため、10週間の出場停止と7万ポンド(約980万円)の罰金処分が科されていた。 しかし、FAが下したこの制裁措置に対して、スペインリーグとアトレティコ・マドリーはFA傘下で現在プレーしていないトリッピアーに対する出場停止処分は受け入れられないとし、訴えを申し入れていた。その結果、一時的に出場停止処分が凍結され、12日に行われたラ・リーガ第1節延期分のセビージャ戦でトリッピアーは復帰していた。 だが、今回の決定によりトリッピアーは2月28日まで出場停止処分が科され、2月23日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグのチェルシー戦を含め、今後9試合を欠場することが決まった。 2021.01.18 23:30 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly